椅子で集中力がアップするって本当? おすすめの椅子5選を紹介!

「集中力は椅子と関係があるというのは本当か?」「集中力が上がる椅子が欲しい」という人は多いでしょう。実は、集中力と椅子には深い関係があります。「長時間座っていると体が痛くなって集中できない」「受験生の子供に集中力が上がる椅子を使わせたい」という人は、詳しく知っておいたほうがよいでしょう。

この記事では、椅子と集中力の関係や、集中力がアップする椅子の選び方などを詳しくご紹介します。

  1. 椅子と集中力にはどんな関係があるのか?
  2. 集中力が上がる椅子の選び方
  3. 集中力アップにおすすめの椅子5選
  4. 椅子と集中力に関するよくある質問

この記事を読むことで、集中力を上げる椅子の条件や、自分に合わない椅子を使うことのデメリットなどがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.椅子と集中力にはどんな関係があるのか?

まずは、椅子と集中力の関係について解説しましょう。

1-1.猫背だと脳への酸素供給量が減る

自分に合わない椅子を使っていると、正しい姿勢を維持できなくなります。自然と猫背の状態になり、十分に肺の機能が働かず、脳に十分な量の酸素が行き渡らなくなってしまうのです。そうなると、脳は酸欠の状態になり、疲労してしまいます。頭がぼーっとして集中力が低下してしまうのです。

1-2.体の痛みが気になって作業に集中できない

たとえ正しい姿勢をキープしていても、椅子が合わないと体のあちこちが痛くなります。お尻や腰・背中などの痛みが気になって作業に集中しにくくなってしまうのです。また、痛みが原因で何度も座り直し、体が疲れてしまうことも、集中力低下の原因になります。

1-3.よい姿勢だと交感神経が優位になる

姿勢がよいときは脳の交感神経が優位になることがわかっています。交感神経は活動するときに働く神経なので、いわゆる「やる気が高まっている状態」になるのです。そのような状態だと、仕事や勉強の効率も上がるでしょう。

2.集中力が上がる椅子の選び方

集中力が上がる椅子を選ぶ際は、以下のポイントをチェックするとよいでしょう。

2-1.座面は適度な硬さか

まずは、座面の硬さをチェックしましょう。柔らかいほうが体にフィットするので座りやすいと思う人が多いはずです。しかし、柔らかすぎると姿勢が不安定になるため、疲れやすくなってしまいます。そのため、座面は硬すぎず、柔らかすぎないものを選ぶようにしましょう。

2-2.背もたれは体にフィットする形状か

背もたれの形状も重要なポイントです。私たちの背骨は自然なS字カーブを描いているため、そのカーブにきちんとフィットするものを選ぶことをおすすめします。背もたれの形状を調整できるタイプの椅子もあるため、自分に合った形に調整しながら使用するのもよいでしょう。

2-3.座面の高さは調整可能か

座面の高さを調整できる椅子を選びましょう。椅子に座ったとき、ひざと足首の角度が90度になるのが理想です。座面の高さが身長に合っていない場合、長時間座っていると疲れてしまうため、必ず確認してください。

2-4.ひじ掛けは付いているか

仕事や勉強などで長時間椅子に座り続ける場合は、ひじ掛けが付いたタイプがおすすめです。ひじ掛けを使うと腕の重さを支えてくれるため、体の疲れを軽減できます。少し休憩したいときもリラックスしやすいでしょう。

3.集中力アップにおすすめの椅子5選

集中力を上げたい人におすすめの椅子をご紹介しましょう。

3-1.アーユル・チェアー キャスタータイプ プレミアムモデル

「坐骨(ざこつ)で座る」をキャッチコピーにした椅子で、座ると自然に骨盤が立ち、理想の姿勢を維持できます。学校や学習塾でも導入しているところが多く、子供の集中力アップに大変役立つ椅子として評判です。成長に合わせて豊富なラインナップが展開されているのも魅力の一つでしょう。

  • 価格:71,500円

3-2.サンワダイレクト 全部入り高級メッシュチェア

通気性のよい高級メッシュ生地を全面に使用しており、長時間座っていても蒸れることなく快適です。座面の高さはもちろんのこと、背もたれやひじ掛け・へッドレストの高さや角度も調整可能となっており、自分が一番座りやすい形にすることができます。

  • 価格:56,800円

3-3.コクヨ オフィスチェア シロッコ

機能性だけでなくデザイン性にもこだわった椅子で、カラーバリエーションも豊富です。背もたれの面積が広く、ロッキング機能が搭載されているため、抜群の座り心地を実現した椅子となっています。

  • 実売参考価格:約43,000円~

3-4.DXRACER ゲーミングチェア DXR-BKN

世界中のプロゲーマーが愛用している椅子で、勉強用の椅子としてもおすすめです。ヘッドレストが首元をしっかり固定し、疲れにくい姿勢をキープすることができます。リクライニング機能が搭載されており、座ったまま体を伸ばすことができるため、大変便利です。

  • 実売参考価格:約30,000円~

3-5.タンスのゲン G-AIR ロッキング

通気性に優れたメッシュ素材の椅子で、腰部分にサポートクッションが付いています。取り外しが可能なひじ掛けは、幅調整も可能です。低価格でありながら多機能な椅子となっており、大変人気を集めています。

  • 実売参考価格:約5,000円~

4.椅子と集中力に関するよくある質問

「集中力が上がる椅子がほしい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.椅子に座っているときの姿勢が悪いと、どのような悪影響が及ぶのでしょうか?
A.集中力の低下以外にも、腰痛や肩こり・眼精疲労・血行不良などの原因になります。

Q.猫背だとなぜ疲れやすくなるのでしょうか?
A.本来真っすぐなはずの背骨が曲がるため、首を支えるために肩や腰に余計な負荷がかかってしまうためです。

Q.椅子に座ったとき床に足が着かないと集中しにくいのでしょうか?
A.はい。足がぶらぶらしていると正しい姿勢を維持しにくいため、集中力が低下してしまいます。

Q.椅子には深く腰かけたほうがよいのでしょうか?
A.浅く座るとお尻が痛くなりやすいため、深く腰かけるようにしてください。

Q.椅子を購入する際は、やはり実際に座ってみたほうがよいでしょうか?
A.はい。実際に座ってみてわかることも多いと思います。通販で購入する場合も、実店舗で同じモデルの椅子に座って確かめておくのがおすすめです。

まとめ

集中力を高める椅子の選び方やおすすめの椅子などをまとめてご紹介しました。椅子は集中力に大きく影響します。実際に、椅子を買い替えたことで子供の成績が上がったケースも数多く報告されているのです。ぜひこの記事を参考に、集中力をアップできる椅子を探してください。