キッチンマットが必要な理由は? お手入れ方法やおすすめの代用品も!

「何となくキッチンマットを使っているけど、そもそもどんな役割や必要性があるのだろう」とお考えではありませんか? キッチンマットを使うと、キッチンの床が汚れるのを防いでくれるので便利です。しかし、本当にキッチンマットを使う必要があるのか気になりますよね。それに、キッチンマットがなくてもほかのもので代用できるのなら、どんなものがよいか知りたいことでしょう。

そこで今回は、キッチンマットが必要な理由を詳しく解説します。

  1. キッチンマットの役割
  2. キッチンマットは必要?
  3. キッチンマットのお手入れ方法
  4. キッチンマットの代用品として使えるものは?
  5. キッチンマットの必要性に関するよくある質問

この記事を読むことで、キッチンマットの主な役割や必要な理由などがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.キッチンマットの役割

最初に、キッチンマットの主な役割について見ていきましょう。

1-1.水はねや油汚れから床を守る

キッチンマットの主な役割は、水はねや油汚れから床を守ることです。キッチンで洗いものや調理をすれば、水はねや油汚れが必ず発生します。もしもキッチンマットがなければ、床に水はねや油汚れが付着し放題になり、床がすぐに汚れたり傷んだりしてしまうことでしょう。キッチンの床を長くキレイに使うためにも、また、掃除の手間を省くためにも、キッチンマットには大きな意味があるのです。

1-2.足元の冷えを防止する

キッチンマットを使うことで、足元の冷えを防止することができます。特に冬場はキッチンの床が冷えていて、長時間キッチンに立つと足元が冷えてしまいがちです。しかし、キッチンマットを敷いてあれば、床の冷たさを気にせずにキッチンに立つことができて助かります。中でも、冷え性の人は手放すことができないでしょう。

1-3.インテリアのアクセントになる

キッチンマットは、インテリアのアクセントにすることが可能です。ごくシンプルなキッチンにもの足りなさを感じるときは、キッチンマットに差し色を使うことでセンスよくまとまります。また、キッチンと合わせてカラーコーディネートしてもよいでしょう。理想のキッチン作りのためにも、キッチンマットは欠かすことができないのです。

2.キッチンマットは必要?

キッチンマットは必要か不必要か、それぞれの意見を詳しく見ていきましょう。

2-1.キッチンマットが必要な人の意見は?

キッチンマットが必要とする人の意見は、主に以下のとおりです。

  • 床を掃除する手間が省ける
  • 好きなデザインや色のものを使うと気分よく家事ができる
  • 足裏が冷たくならない
  • 賃貸なのでキッチンの床を傷めたくない
  • キッチンがオシャレに見える

2-2.キッチンマットが不要な人の意見は?

キッチンマットは不要とする人の意見には、以下のようなものがあります。

  • 洗濯する手間がかかって面倒
  • 放置すると雑菌やカビが繁殖してしまう
  • 床が冷たくてもスリッパをはけば問題ない
  • 予備を何枚も用意するにはお金がかかる
  • つまずいて転倒するのが怖い

2-3.自分にとってどんな役割があるのか考えてみる

キッチンマットが必要かどうかは、その人の考え方によります。じっくり考えて、自分にとってメリットが大きなほうを選ぶとよいでしょう。まずは、キッチンマットを実際に使ってみることで、メリット・デメリットの両方が分かるものです。実際に使ってみて必要性を感じることができないのなら、使用を中止してもよいでしょう。

3.キッチンマットのお手入れ方法

キッチンマットの正しいお手入れ方法を詳しくご紹介します。

3-1.こまめに油汚れや水分を拭き取る

キッチンマットは、こまめに汚れや水分を拭き取るようにしましょう。油汚れや水分は、付着してすぐなら簡単に取り去ることができます。調理や洗いものをした都度、キッチンペーパーなどでキッチンマットをサッと拭き取ってください。普段からこまめに拭き取ることで、キッチンマットの掃除や洗濯がグンと楽になります。

3-2.掃除機をかける

キッチンマットは、なるべく毎日掃除機をかけて清潔に保ちましょう。キッチンマットには、ハウスダストや髪の毛などもたまります。また、細かな食品カスなども付着しやすいものです。掃除機の設定をじゅうたん・カーペットモードにするか、吸い込み強度を強くして一定方向にゆっくりかけるようにしましょう。

3-3.洗濯ネットに入れて洗濯する

キッチンマットは、数日に1回程度、洗濯機で洗うことをおすすめします。キッチンマットは、必ず洗濯ネットに入れて単独で洗ってください。キッチンマットは裏にすべり止め加工がしてあるものが多く、ほかの洗濯ものを傷める可能性があるからです。また、キッチンマットは水分を含むと重くなり、洗濯槽の中で偏って故障の原因になることがあります。洗濯機に負担をかけずスムーズに洗濯するためにも、洗濯ネットを使うことを忘れないでください。

4.キッチンマットの代用品として使えるものは?

キッチンマットの代用品としておすすめのものをご紹介します。

4-1.玄関マット

玄関マットは、キッチンマットの代用品になります。見た目も使い心地も似ているので、違和感なく使うことができるでしょう。足元の冷えを防ぐ効果も十分あるのでおすすめです。ただし、玄関マットの中には、はっ水性が劣るものや、毛足が長すぎて使いにくいものもあるので注意してください。

4-2.バスマット

バスマットをキッチンマットの代用品として使うこともできます。バスマットは、キッチンマットより薄手で洗濯しやすいものが多いのがメリットです。半面、すべり止めが付いていないものが多く、キッチンで使用すると足元が滑りやすくなることがあります。また、バスマットは淡い色合いのものが主流で、キッチンのインテリアと合わないこともあるでしょう。

4-3.ジョイントマット

ジョイントマットをキッチンマットの代用品にすることもできます。ジョイントマットはクッション性が高く、必要な広さに合わせて組み合わせられるのが特徴です。汚れた部分だけ取り替えることもでき、比較的安価に入手できるのもメリットでしょう。ただし、洗濯ができないため、汚れたら廃棄することになるのがデメリットです。

4-4.タイルカーペット

タイルカーペットもキッチンマットの代用品になります。タイルカーペットとは、正方形や長方形の小型カーペットのことです。一般的なカーペットと同じ素材でできており、使用したい範囲に合わせてカットしたり好みによって色を組み合わせたりして使うことができます。たとえば、異なる2色のタイルカーペットを使用すれば、オシャレなキッチンマットとして代用可能です。

4-5.そのほかに代用品として使えるものは?

そのほかにも、キッチンマットの代用品として以下のようなものを使うことができます。いずれも使用済みであっても代用可能です。

  • ヨガマット
  • トイレマット
  • コルクマット
  • バスタオル
  • 古着

ただし、形状や素材によってはキッチンマットとしての機能を十分に発揮できないものもあるので注意してください。

5.キッチンマットの必要性に関するよくある質問

最後に、キッチンマットの必要性に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.ほとんどキッチンに立たない場合でもキッチンマットは必要?
A.キッチンに立つことがある以上は、キッチンマットがあるほうが便利なのは事実です。しかし、必要性を感じない人もいるでしょう。たとえば、キッチンマットを使わなくても、水はねや油汚れが床に付着したらすぐ掃除するようにすれば問題ありません。

Q.キッチンマットがすぐにぬれてしまうのはなぜ?
A.キッチンの水はねがひどい、知らないうちに水をこぼすことが多いなどの理由が考えられます。シンクの水を勢いよく出し過ぎると、水はねがひどくなるので注意しましょう。また、水を使うときは慌てずに作業するよう心がけてください。

Q.100均のキッチンマットを使用しても問題ない?
A.特に問題ありません。今は、100均の商品でも高品質なキッチンマットが多く売られています。ただし、ものによって品質の差が激しいので、購入時にきちんとチェックしてください。

Q.古新聞紙をキッチンマットの代用品にしてもよい?
A.床の汚れを防ぐという意味では代用可能でしょう。たとえば、揚げものを調理するときに敷いておくと油汚れを吸収してくれ、そのまま捨てることができて重宝します。ただし、新聞紙を敷くと滑りやすくなることがあるので注意してください。

Q.キッチンマットのレンタルサービスを利用するメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 定期的に交換してもらえる
  • 自分で洗濯する必要がない

デメリット

  • 週に1回程度の交換なので、普段は自分で掃除する必要がある
  • 初期費用や月額利用料がかかる

まとめ

今回は、キッチンマットが必要な理由について詳しく解説しました。キッチンマットを使うことで、水はねや油汚れがキッチンの床に付着するのを防いだり足元の冷えを予防したりすることが可能です。また、インテリアの一部として楽しむこともできます。キッチンマットが必要かどうか迷うときは、一定期間使ってみてから判断するとよいでしょう。なお、キッチンマットは、こまめに掃除や洗濯をして清潔に保つことが大切です。洗濯している間に困らないよう、複数枚用意してローテーションで使えるようにしたり玄関マットやバスマットなどで代用したりしてもよいでしょう。