エアコンの移設は自分でできるのか? 業者に依頼する注意点も紹介

エアコンの移設は自分でしても大丈夫かどうか、不安になっている方は多いと思います。簡単にできると思いがちですが、エアコンの移設はとても大変な作業です。日曜大工に慣れている人でも難しい工程となっていますし、冷媒ガスを扱うこともあります。移設方法を間違ってしまうとエアコン本体が使えなくなることもあるので注意しなければなりません。

本記事では、エアコンの移設について詳しく説明します。

  1. エアコンの移設は自分でできるのか?
  2. エアコンの移設を業者に依頼するには?
  3. エアコンの移設を業者に依頼する際の注意点
  4. 古いエアコンの処分方法
  5. エアコンの移設に関してよくある質問

この記事を読むことで、エアコンを移設する際の注意点や古いエアコンの処分方法も分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.エアコンの移設は自分でできるのか?

最初に、エアコンの移設は自分でできるのか、チェックしておきましょう。

1-1.自分でも移設はできる

エアコンは自分でも移設することが可能です。ただし、プラスドライバーやペンチ・モンキーレンチなど必要な道具を用意しなければなりません。また、エアコンを移設するために、ポンプダウンで冷媒ガスを回収しなければならなかったり、エアコン室外機や室内機も扱ったりとやるべき作業がたくさんあります。自分でも移設はできますが、ある程度の知識を持っていなければなりませんし、工事にも慣れている人が行うべきでしょう。

1-2.工事作業に不慣れな人は要注意!

エアコンの移設を自分でする場合、工事作業に不慣れな人は注意が必要です。前述したように、エアコンはポンプダウンで冷媒ガスを回収しなければなりません。取り外しに失敗してしまうと、エアコンの故障や事故を引き起こしてしまう危険があります。実際に、自分でエアコンを無理に移設した結果、壊してしまったというケースもあるので要注意です。工事作業に不慣れな人は、無理に自分で移設せず、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

2.エアコンの移設を業者に依頼するには?

ここでは、エアコンの移設を業者に依頼する方法やポイントを解説します。

2-1.お住まいや使用しているエアコンで選択する

エアコンを移設する場合、以下のような3つの選択肢があります。

  • 引っ越し業者に合わせてエアコンの引っ越しも依頼する
  • 引っ越し業者とは別にエアコンの工事専門業者に依頼する
  • 古いエアコンを処分して新しいエアコンに買い換える

引っ越しを機会にエアコンを移設するのであれば、引っ越し業者にまとめて依頼したほうがスピーディーに作業を進められるでしょう。引っ越し以外で移設するのであれば、エアコンの工事専門業者に依頼するのも選択肢の1つです。また、買い換えを検討している方は、販売店にエアコンの撤去と移設を依頼するケースが多いでしょう。お住まいの状況や使用しているエアコン・そのときの状況などで最適な方法を選んでください。

2-2.エアコンの移設費用は約2万~3万円

あくまで目安となりますが、エアコンの移設費用は約2万~3万円かかるでしょう。エアコン工事専門業者に依頼する場合、取り外しに約6,600円~、取り付けに約13,750円~となります。業者の中には取り外しと取り付けをセットにしているところもあり、セットプランの場合は約9,000~25,000円で済むでしょう。また、引っ越し業者に依頼する際は、約2万~3万円かかります。引っ越し業者は専門業者と比べて、料金が高くなる傾向があるので、なるべく費用を抑えたい方は、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

2-3.エアコン移設費用の内訳

エアコンの移設を業者に依頼する場合、内訳をしっかりとチェックしておきましょう。エアコンの移設費用における内訳は以下のとおりです。

  • エアコンの取り外し費用
  • エアコンや室外機の運搬費用
  • エアコンの取り付け費用
  • そのほかの追加料金

室外機と室内機が屋上・狭い場所など作業がしにくい場所に設置されていると、作業が困難になります。作業が困難になるほど費用が割高になる可能性があるため、注意しておかなければなりません。

3.エアコンの移設を業者に依頼する際の注意点

ここでは、エアコンの移設を業者に依頼する際の注意点をいくつか紹介します。

3-1.業者とのトラブルに要注意!

業者にエアコン移設を依頼する場合、起こり得るトラブルに注意しなければなりません。エアコン移設工事は料金・工事品質などトラブルが発生しやすいといわれています。たとえば、見積もりと異なる追加料金が発生したり、エアコン故障のトラブルになったりするなどです。エアコン工事は見積もり段階では分からない追加工事が発生するケースが多く、事前の見積もりとは違う金額を請求されることがよくあります。そこを狙って、不正を働き、高額な料金を請求してくる悪徳業者も存在しているのです。そのため、事前に追加工事がないか、発生する場合はいくらかかるのか確認しておかなければなりません。

3-2.業者選びのポイントをチェック!

エアコン移設工事のトラブルを防ぐためには、業者選びが重要なポイントとなります。前述したように、引っ越し業者か、エアコン工事専門業者か、販売店に依頼するか決めた上で慎重に業者を選びましょう。業者選びのポイントとしては、以下の項目に注目してください。

  • エアコン移設工事に長(た)けているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • どのような質問をしても分かりやすく答えてくれるか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較してください。1社だけにしぼらず複数の業者を比較することで悪徳業者と優良業者が見極めやすくなります。

3-3.移設前にチェックしておきたいポイント

エアコンの移設を依頼する前に、チェックしておきたいポイントがあります。事前に確認しておかなければ、せっかく新しいエアコンを購入したのに取り付けができなかった……というケースがあるからです。移設前に下記のポイントをチェックしておきましょう。

  • 配管穴・専用コンセントの有無
  • エアコンの設置スペースが十分にあるか
  • 契約アンペア数

室外機と室内機をつなぐ配管を通すために、配管穴と専用コンセントは必ずチェックしておかなければなりません。穴がない場合は、穴開け工事をすることになるので注意が必要です。また、室内機や室外機を設置するために必要なスペースも確認しなければなりません。そして、契約アンペア数はエアコン使用時の電気使用量と見合っていないとブレーカーが落ちてしまうことになります。そのようにならないためにも、稼働時に必要なアンペア数が足りているか確認が必要です。

4.古いエアコンの処分方法

ここでは、古いエアコンの処分方法とポイントを解説します。

4-1.エアコンは自治体で処分できない

エアコンは家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体で処分できません。家電リサイクル法とは、家電に含まれている貴重な資源を再利用すること、廃棄量を減らすことが目的とした法律です。自治体で処分してしまうと、罰金が科せられる可能性があるので注意しなければなりません。ちなみに、家電リサイクル法に基づいた処分方法は、郵便局へ家電リサイクル料金を支払い、メーカーへ回収依頼をすることになります。もしくは、販売店にリサイクル料金を支払って回収を依頼することになるでしょう。

4-2.買い換えの際は購入店に引き取りを依頼する

新しいエアコンへの買い換えを検討している方は、購入店に古いエアコンの引き取りを依頼するといいでしょう。ほとんどの販売店では、エアコンの回収を行っています。購入だけでなく、古いエアコンの回収も依頼できるため、手っ取り早く済ませることができるでしょう。古いエアコンを持ち運んだり、自分で取り換えたりする必要もありません。ただし、購入店に引き取りを依頼する際は、リサイクル料金を支払わなければならないので気をつけてください。

4-3.自分で指定引取場所にエアコンを持ち運ぶ

自分でエアコンを処分する場合、指定引取場所に直接持ち運ぶ方法もあります。指定引取場所とは、家電リサイクルを適切に行うために都道府県ごとに定められた収集所です。エアコンを持ち運ぶのはとても大変ですが、業者に支払う収集運搬費用が節約できます。なお、指定引取場所は都道府県によって異なるため、自治体のホームページ等で確認しましょう。また、自分でエアコンを運搬する場合は、以下のような手順となります。

  1. 郵便局に備え付けられている家電リサイクル券に必要事項を記入する
  2. 郵便局窓口またはゆうちょ銀行でリサイクル料金を支払う
  3. 指定引取場所に連絡し、持ち込みが必要な日時を確認する
  4. 指定引取場所までエアコンを持参する

4-4.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者にエアコンの回収を依頼するのも方法の1つです。不用品回収業者の多くは、さまざまな不用品を扱っています。中には、エアコンの取り外しを行ってくれる業者もあるので、すぐに処分したい方やほかにも不用品を処分したい方にはおすすめです。まとめて要らないものを処分できるのが、不用品回収業者に依頼するメリットといえるでしょう。ただし、不用品の量が多くなるほど費用が高くなってしまうので、見積書の内容はしっかりと確認することが大切です。

5.エアコンの移設に関してよくある質問

エアコンの移設に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.エアコンの処分費用はいくらぐらいかかるのか?
A.処分方法によってエアコンの処分費用は変わります。家電リサイクル法に基づいて処分する場合、リサイクル料金は990円(税込)です。ただ、製造メーカーや機種によってリサイクル料金が異なるため、家電リサイクル券センターのリサイクル料金一覧表で確認しましょう。また、不用品回収業者に依頼する際は、約5,000~かかる可能性があります。処分費用のほかエアコンの運搬費用が数千円かかるでしょう。

Q.自分でエアコンを移設する際の注意点は?
A.配線を引っ張りすぎたり、室外機の扱いを誤ったりするとエアコンを壊してしまう恐れがあるので、どのような作業でも丁寧にやさしくを心がけてください。また、エアコンを自分で運搬する際は、重量から腰を痛めてしまう恐れがあります。安全面を徹底するのはもちろんのこと、無理は禁物です。

Q.エアコンの買い換え時期はいつがいいのか?
A.エアコンの製品寿命は10年前後といわれているため、10年以上を経過している場合は新しいエアコンに買い換えたほうがいいでしょう。また、メーカーの部品保有期間は約6年となっているケースがほとんどです。6年以上のエアコンは修理したくても部品がそろわない可能性があるため、買い換えたほうがいいでしょう。

Q.エアコンを買取に出すことはできるのか?
A.正常に機能する状態であれば、エアコンを買取に出すことが可能です。中古市場でもエアコンは一定の需要があるため、買取専門業者やリサイクルショップで買い取ってもらえるでしょう。ただし、壊れて使えなくなったり不具合が生じたりしている場合は、買取不可になる可能性があります。査定に出す際は、事前にエアコンの稼働を確認しておきましょう。

Q.不用品回収業者選びのポイントは?
A.どの不用品回収業者に依頼すればいいのか分からなくなっているときは、以下のポイントに注目してください。

  • 回収実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 産業廃棄物収集運搬や古物商許可を取得しているか

まとめ

エアコンの移設はとても大変な作業になるため、無理は禁物です。室外機や室内機を扱う必要があるので、慣れていない方は無理をせずに専門業者へ依頼したほうがいいでしょう。専門業者に依頼する場合、約1万円の費用がかかります。念のために、どのくらいの費用がかかるのか見積もりをチェックしておきましょう。また、エアコンは家電リサイクル法の対象品目になるため、自治体で処分できません。家電リサイクル法に則って処分する必要があるため、その点はしっかりと把握しておきましょう。