いらない家具を処分したい! 正しく家具を捨てる方法 3選

買い替えや模様替え・引越しなどをきっかけに、家具を処分したいと思うことがあるでしょう。
しかし、いらなくなったからといって簡単に捨てられるサイズではないだけに、捨てる方法に迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?
家具の捨て方には、いくつか種類があります。
今回は、3種類の処分方法を取り上げてご紹介していきたいと思います。
家具の処分方法にお悩みの方は是非参考にしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1. 粗大ゴミとして処分する方法

一般的に家具が不要となって捨てる場合、粗大ゴミとして処分することができます。
可燃ごみや不燃ごみとしてそのまま捨てることはできず、家具を捨てる場合は粗大ゴミとして出す申請も必要になるでしょう。
住んでいる地域によってルールは異なりますが、多くの地域では電話で予約を受け付け、粗大ゴミの日までにシールを購入、そのシールを貼り付けて粗大ゴミを出しておくという方法がとられています。
お金は必要にはなりますが、確実に引き取ってもらえるので安心です。

2. リサイクルショップで買取をしてもらう方法

中古の家具を扱っているリサイクルショップに買取を依頼するという方法もあります。
自分にとってはいらない家具であっても、他の人からしてみるとまだ使えるものであれば引き取ってもらうことができるでしょう。
リサイクルにもなるので物を捨てずに済みますし、また次に使ってくれる人がいると思うと嬉しいものです。
売却した金額を受け取ることもでき、次の家具を買う足しにもなります。
売れるかどうか不安だという場合でも、まずは買い取ってもらえるか試しに相談してみましょう。
捨てるよりもリサイクルにしたほうが地球にもいいですし、資源を大切ににするという意味でもリサイクルショップで買取をしてもらうのはいい方法です。

3. 不用品回収業者を利用する

不用品回収業者に依頼をするという方法あります。
粗大ゴミとして捨てる時との違いは、すぐに回収してもらえるという点です。
粗大ゴミは捨てられる日が決まっているので、その日にしか捨てることができません。
捨てたいと思っているのに1ヶ月後にしか捨てられないとなれば、その間置いておかなくてはならないのです。
今すぐに処分したいならば、不用品回収業者が一番。早ければ連絡したその日に引き取りにきてもらえます。
また、大きな家具でも家まで取りに来てくれるで、外に搬出するのが大変な家具を捨てる際にはとても助かります。

まとめ

今回は家具を処分するための3つの方法をご紹介しました。

  • 粗大ゴミとして処分する方法
  • リサイクルショップで買取をしてもらう方法
  • 不用品回収業者に回収をしてもらう方法

粗大ゴミとして処分すれば比較的低価格で処分することができますが、回収日が決まっていたり、自分で運び出さなければいけなかったりと多少面倒な部分も。
すぐにでも処分したいという場合や、大きくて自分で運びだすが大変という場合は、不用品回収業者に依頼をするのがオススメです。
まだキレイな家具は、リサイクル業者に買い取ってもらうという方法もあります。
ただし、買い取ってもらえるかどうかはリサイクル業者の判断も必要なので、まずは見積りなどを依頼をしてみるといいでしょう。