リサイクルショップの使い方について知りたい! 賢い使い方をマスターしよう!

要らないものを売りたいとき、多くの人が「リサイクルショップ」を利用するでしょう。
街中にあるリサイクルショップでは、幅広い品物を買い取っています。
自分が納得できるような売り方をするには、リサイクルショップの賢い使い方を知らなければなりません。
そこで、リサイクルショップの上手な使い方について説明します。
高く売るコツやリサイクルショップの選び方も一緒にチェックしていきましょう。

  1. リサイクルショップの上手な使い方
  2. 高く売るコツ
  3. リサイクルショップの選び方
  4. まとめ

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.リサイクルショップの上手な使い方

要らないものは捨てるのではなく、リサイクルショップを上手に利用していきましょう。上手な使い方について説明します。
リサイクルショップの利用を考えている人は、ぜひチェックしてくださいね。

1‐1.買い取りできるかどうか「査定」を依頼する

リサイクルショップに持っていくとすぐに買い取ってもらえます。
しかし、買い取りしてもらうかどうかは自分の判断でできるのです。
査定してもらったからと、必ず売らなければならないわけではありません。
そのため、まずは買い取りできるかどうか「査定」をリサイクルショップに依頼しましょう。
リサイクルショップでは査定を受け付けているところがたくさんあります。
いくつかのリサイクルショップに査定を依頼した後、自分で売りたいリサイクルショップを選びましょう。
すぐに売るのではなく、「査定」を利用することで良いリサイクルショップが選べます。
ホームページを持っているリサイクルショップでは、インターネットから査定が依頼できるでしょう。
売りたいものの写真と詳細をメールで送れば、おおよその買い取り金額がわかります。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

1‐2.リサイクルショップの特徴をつかむ

全国にはさまざまなリサイクルショップがあります。
すべての店舗が同じような内容ではありません。店舗によって特徴があります。
リサイクルショップを上手に利用するためには、リサイクルショップの特徴を把握しておかなければなりません。
たとえば、主に中古の家電や家具・洋服を取り扱っているお店、パソコンや機械を中心に売っているお店、雑誌や本などお店によって主に取り扱っている品物が違います。
基本的に、多くのリサイクルショップが幅広いものを買い取っていますが、お店によって得意となる品物が違うのです。
そのため、A店では高く売れたのにB店では高値がつかなかったこともあるでしょう。
リサイクルショップを利用する際は、それぞれの特徴をつかんでくださいね。

1‐3.大型店と小型店の違い

リサイクルショップには全国に店舗を持つ「大型店」と地方や個人経営の「小型店」があります。
上手に利用するためには、大型店と小型店の違いを把握しておかなければなりません。大型店のメリットは、幅広い品物を買い取ってくれる点です。
しかし、システムや仕組みが整っているので買い取り価格が安くなる傾向があるでしょう。
お店にとって利益となるものでなければ高値はつきません。
一方、小型店のメリットは値段交渉ができる点です。
なかなか買い取ってもらえないものでも、交渉しだいによっては買い取ってもらえることがあります。
小型店のデメリットは、取り扱っている品物の数が少ないことです。
それぞれのメリット・デメリットをきちんと理解しておくと良いでしょう。

2.高く売るコツ

2‐1.できるだけキレイに掃除する

リサイクルショップを利用する際、ほとんどの人が高い値段で売りたいでしょう。
高く売るためには、いくつかコツがあります。
コツとしてぜひつかんでほしいのが、できるだけキレイにすることです。
汚い状態のまま売ろうとしていませんか?
汚い状態のまま品物を持っていくと、お店のスタッフは嫌な気持ちになってしまいます。誰だってキレイなものの方が良いですよね。
自分でキレイにできる程度の汚れや傷であれば、売る前に掃除しておきましょう。
洋服を売る場合は洗濯・アイロンをする、家具の場合は中に入っているものすべてを取り出す、貼ってあるシールをすべてはずすなど、キレイにすることが大切ですよ。
キレイに掃除しただけでも、何円か買い取り価格がアップします。

2‐2.売れそうな「季節」を考える

新品状態に近いものほど高く売れます。
たとえ、新品状態でなくともコツをつかんでおけばスムーズに売れるでしょう。
高く売るコツ2つ目は、「売れそうな季節に売ること」です。
売りたいものによって高値がつく「時期」があります。
たとえば、洋服が1番わかりやすいでしょう。夏服を売りたいとき、これから冬服が必要になる秋に売っても意味がありません。欲しがっている人がいない限り、買い取る必要がないのです。
そのため、夏服は夏がやってくる前に売った方が効率的でしょう。
また、家電の場合は「春」「秋」に売ると高値がつく可能性があります。
家電や家具などは新しい生活を始める前に購入する人が多いのです。
このように、「売りたいものはいつ必要になるのか」考えてみてください。
高値がつく時期こそ、売るベストタイミングですよ。

3.リサイクルショップの選び方

3‐1.許可証を取得しているかどうか

全国にはたくさんのリサイクルショップがあります。
いったいどのリサイクルショップを選べば良いのか、悩んでしまう人も多いでしょう。注目してほしいのが、「許可証を取得しているかどうか」です。
リサイクルショップとして営業するためには、国や地方からの許可を取得しなければなりません。
許可を取得せずに運営しているところは、悪徳業者になります。
悪徳業者はできるだけ安くものを買い取り、高値で売る手法をとってくるでしょう。本当は高値がついたはずなのに、安い値段で取り引きしてしまうと悔しいですよね。
後悔しないためにも、許可証を取得しているか必ず確認してください。
リサイクルショップのホームページには、許可証番号が必ず載っています。
本当に信用できる業者かどうか見極めなければなりません。

3‐2.サービス内容を比較する

信用できるリサイクルショップを選ぶためにも、サービス内容を比較してください。
査定金額の比較はもちろん大切ですが、サービス内容も確認しておきたい項目です。
リサイクルショップによって出張買い取りや宅配買い取りができるかどうか異なります。
売りたいものがたくさんある場合、わざわざお店に持っていくのはとても大変ですよね。手間や時間がかかってしまいます。
そこで、宅配買い取りや出張買い取りを利用すれば、お店に持っていかなくても買い取ってもらえるのです。
自分の都合に合った方法で買い取りを進めることができるでしょう。
このように、お店によってサービス内容は異なります。
自分に合った買い取り方法を選んでくださいね。

4.まとめ

リサイクルショップの上手な使い方や高く売るコツ、リサイクルショップの選び方について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
上手に利用すれば、満足のいく買い取りができますよ。

  • 買い取りできるかどうか「査定」を利用する
  • リサイクルショップの特徴をつかむ
  • 大型店と小型店のメリット・デメリット
  • できるだけキレイに掃除する
  • 売れそうな「季節」を考える
  • 許可証を取得しているかどうか確認する
  • サービス内容を比較する

以上は、押さえておきたいポイントになります。
ポイントをしっかり踏まえつつ、上手にリサイクルショップを利用してくださいね。