ノートパソコンの液晶割れで慌てない!おすすめの対処法を教えます!

ノートパソコンの液晶割れが突然起きると、動揺しますよね。
今回は、ノートパソコンが液晶割れしても慌てないように、おすすめの対処法をご紹介しましょう。

  1. ノートPCが液晶割れしたときの対処法はこれ!
  2. ノートPCの液晶割れの原因を学んでおこう
  3. ノートPCを処分する場合の注意点を確認しよう!
  4. まとめ

この記事を読むと、ノートパソコンの液晶割れの対処法がわかります。
また、ノートPCを処分する場合の注意点や、液晶割れの予防法も学べるのでお役立ちですよ。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ノートPCが液晶割れしたときの対処法はこれ!

ノートPCが液晶割れした場合の、対処法を解説します。
液晶割れの状態にもよりますが、現状に合わせて適切な対処法を行いましょう。

1-1.そのまま放置して使用する

ノートPCの液晶割れがごく軽い場合で、とりあえずそのまま使用しても差し支えない場合は、そのまま使う手もあります。
まずは、応急処理として液晶割れの部分を透明テープで補強し、割れた部分が広がらないようにしましょう。
ただし、液晶割れを起こしたことで、その後に思わぬ不具合が出るケースもありますので、安心しすぎないでください。

1-2.メーカー修理に出す

ノートPCが液晶割れした場合、メーカー修理に出す方法が最も確実となりますが、修理代が必要になります。
液晶割れの状態だと、メーカー保証期間内であっても有償修理になる場合がほとんどと覚えておいてください。
場合によっては、修理代よりも新品に買い替えた方が安くなる可能性も。
また、メーカー修理に出すときは、ハードディスク内のバックアップを取っておくことも忘れないようにしましょう。

1-3.ノートPCを外付けハードディスク化して使う

液晶割れしたノートPCを、外付けハードディスク化して使用することもできます。
画面は割れてしまって見づらくても、内部のハードディスクが問題なく使える場合は、ほかのPCの外付けハードディスクとして活用する方法も検討しましょう。

1-4.ノートPCを外部ディスプレイにつないで使う

ノートPCの液晶割れはそのままにして、外部ディスプレイにつないで使う方法もあります。
たとえば、外部ディスプレイにつなぐことで液晶割れしたノートPCをそのまま使えるでしょう。
すでに外部ディスプレイを持っている人には、おすすめの対処法になります。
また、テレビを外部モニターとして使用することが可能な場合もありますから、調べてみると良いでしょう。

2.ノートPCの液晶割れの原因を学んでおこう

ノートPCの液晶割れにも、必ず原因があります。
どうして液晶割れが起こるのか、主な原因を学んでおきましょう。

2-1.画面に硬い物をぶつけてしまった

ノートPCの液晶に、何かの拍子で硬い物がぶつかってしまうと液晶割れを起こします。
ノートPCを扱うときは、特に液晶部分に硬い物がぶつからないように注意してください。
周囲を片付けて、余分な物を置かない環境で作業することも大切ですよ。

2-2.狭いかばんの中で画面に圧力がかかった

かばんに入れておいたのに、液晶割れを起こす場合もあります。
原因は、かばんの内寸がノートPCの大きさに対して狭すぎることが挙げられるでしょう。
また、特定の部分に圧力がかかりやすい状態になっていたことが予測されます。
たとえば、マウスなどが一緒の場所に収納されていた場合、液晶の一部に圧力がかかりすぎた可能性も。
ノートPCは、適切な大きさのかばんに入れ、特定の部分に圧力がかからないように注意しましょう。

2-3.画面を強く拭(ふ)きすぎてしまった

液晶画面は非常にデリケートなので、画面に強く力をかけて拭(ふ)くと液晶が割れてしまいます。
ノートPCの画面を拭(ふ)くときは、力を入れずに軽くなでるようにしましょう。
汚れが目立つ部分だけ集中的に拭(ふ)くと、想像以上に力を加えてしまっています。
液晶画面専用のクリーナーやクロスを使えば、余分な力を加えなくても汚れを落とせるでしょう。

2-4.不注意によりノートPCが落下した

ノートPCは、気軽に持ち運びできるサイズと重さが大きな特徴のひとつ。
ですが、その分落下しやすい性質がありますから、持ち運びは慎重に行う必要があります。
持ち運びをするときは、専用のケースに入れるなどをして、特に気を付けて運ぶようにしましょう。
また、ひざの上など不安定な場所で使うことを止めて、安定した机の上で作業をすることをおすすめします。

3.ノートPCを処分する場合の注意点を確認しよう!

液晶割れを起こした場合、不要なノートPCとして処分することになるでしょう。
そこで、不要なノートPCの処分方法についてまとめてみました。

3-1.自治体のごみ収集に出すのはNG

ノートPCをそのままごみ収集に出すのは、いけません。
なぜならば、ノートPCはリサイクル法でリサイクル品として回収すると決められているからです。
ごみとして出すことは、法律違反にもなりますから、行わないようにしましょう。

3-2.基本はメーカーやパソコン回収業者に回収を依頼する

不要になったノートPCの処分は、「PCリサイクルマーク」が付いている物はメーカーに送付すれば無料で行ってもらえます。
「PCリサイクルマーク」が付いていない物は、不要なパソコンの回収を扱っている業者に回収を依頼しましょう。
その際は、信頼できる業者に依頼してください。

3-3.ハードディスク内の個人情報消去を忘れずに

ノートPCを処分するときは、ハードディスク内の個人情報を処分することを忘れないようにしましょう。
ハードディスク内の個人情報をそのままにして処分することで、悪意のある第三者によって悪用される心配が残ります。
できれば、ハードディスク自体を物理的に壊してしまうと安心でしょう。
業者にハードディスク内の消去作業を依頼した場合は、きちんと情報が消去されたことに対する証明書をもらうことをおすすめします

4.まとめ

さて、今回はノートパソコンが液晶割れしてしまった場合の対処法について、詳しくご説明をしてきました。
では、ここまでの内容をまとめておきます。

  • ノートPCの液晶割れは状態に応じて適切に対処する
  • 将来繰り返さないために液晶割れの原因を学んでおく
  • 不要になったノートPCの処分方法を確認して処分する

記事を参考にして、液晶割れの状態により適切な対処法を実行してくださいね。