こたつの処分方法で困っている人は必ずチェック! ~3つの処分方法~

「こたつ」は冬に大活躍してくれるアイテムとなっています。
1人暮らし用やファミリー用などさまざまな大きさのこたつが発売されており、古いこたつから新しいこたつに買い換えるときもあるでしょう。
新しいこたつに買い換えるとき、古いこたつはどのように処分したら良いのか、処分に困ってしまうものです。
とくに、大きいサイズのこたつは悩んでしまいます。
こたつの処分方法を知りたい人は必見です。どのような方法があるのか詳しく説明していきたいと思います。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者ではこたつも積極的に回収をしています。
こたつを不用品回収業者に処分してもらうときお金がいくらかかかってしまうので注意してください。
どのくらいの費用になるのかというと、だいたい3,000円~となっています。 こたつの大きさによって回収費用も変わってくるのであらかじめ不用品回収業者に見積もりを出してもらってください。
また、不用品回収業者によって回収費用は違います。 できるだけお金をかけたくないのであれば、いろいろな業者をピックアップし比較してみましょう。
比較することでどこの業者が1番安いのか知ることができます。 こたつはとても大きいので運ぶのが少々やっかいなものです。
しかし、不用品回収業者は依頼をすれば自宅にまで回収しにきてくれるのでわざわざ運ぶ必要もありません。
時間が短縮できますし、電話1本ですぐにやってきてくれるため、スピーディーに対応してくれるのもありがたいです。

粗大ゴミとして処分する

2つ目の処分方法としては、「粗大ゴミ」として捨てる方法です。 自治体によってこたつがどのようなゴミになるのか分かれますが、ほとんどの自治体では「粗大ゴミ」の分類になっています。
粗大ゴミとして捨てる場合、こたつの天板のみなのか、それともこたつの全てなのかによってかかる費用も違うので事前にチェックしておくことが重要です。
また、自治体によって費用も違います。
300円だったり、800円だったりと値段も大きく変わるので調べておいてください。
自治体の粗大ゴミとして捨てる場合はこたつを指定された場所にまで運ばなければなりません。
小さいこたつであれば1人でも運ぶことができるかもしれませんが、大きいこたつは2人~3人でなければ運ぶことはできないでしょう。
粗大ゴミとして捨てる場合はこのようなデメリットもあるということを覚えておいてください。

中古品店・ネットオークションで売る

まだ使うことができるこたつであれば、中古品店で売れる可能性があります。中古品店で売る場合はこたつ一式はもちろんのこと、説明書がついておけばなおさら良いです。故障しておらず、キレイな状態であれば高く売れるかもしれません。
こたつをただ捨てるのではなく、まだ使えそうなこたつであれば中古品店、またはネットオークションを利用して売るという方法も使えます。
ネットオークションでは中古品店で売ることができなかったこたつでも買い手があらわれるかもしれません。
捨てるより、少しでもお金に換えたいという人にはオススメの方法です。

まとめ

  • 不用品回収業者に依頼する
  • 粗大ゴミとして処分する
  • 中古品店、ネットオークションで売る

こたつの処分方法は以上3つの方法が挙げられます。自分が処分したいと思っているこたつの状況にあわせてぴったりの方法を選択してください。