古い布団の処分にお悩みの方は必見! 処分・再利用の方法教えます!

ご家庭にある布団が古くなった場合、どのように処分すればいいのか…とお悩みの方は少なくありません。布団はかさ張るし大きいので、新しい布団を買ったら古い布団はすぐ処分したいものです。

そこで、どのように古い布団を処分すればいいのか、捨て方や再生方法、再利用方法などをご紹介します。きっと、ご家庭にあったお悩み解決方法を見つけられるでしょう。

  1. 布団の処分方法
  2. 古くなった布団の再生・再利用法

1.布団の処分方法

引っ越しや模様替え、大掃除などで古い布団を処分したいとき、どのような方法があるのでしょうか。代表的な処分方法をご紹介しましょう。

1-1.自治体の粗大ごみに出す方法

布団は、布・化繊・綿(わた)・羽毛など、すべて燃える素材でできています。けれども、燃えるごみに出すことはできません。布団はシングルサイズでも大きいために、ほとんどの自治体は「粗大ごみ」として処分するように定めています。各市区町村役場のホームページを見れば、粗大ごみの出し方が詳しく説明されているので確認してください。

一般的には…

  • 電話やインターネットで各自治体の「粗大ごみ受付センター」に申し込み、希望する収集日を決める。
  • 「有料粗大ごみ処理シール」を購入する。
  • 布団は畳んでビニールテープやひもなどで広がらないように縛っておく。
  • 指定された回収日に、粗大ごみ処理シールを貼った布団を指定場所に出す。

以上の流れです。

粗大ごみ処理シールは、「粗大ごみ処理券取扱店」のマークがあるお店で扱っています。また、ほとんどのコンビニエンスストアでも扱っているので簡単に購入できるでしょう。

1-2.小さく切る方法

布団を可能な限り小さく切って、燃えるごみに出すという方法もあります。よく切れる大きめのハサミを用意しましょう。布部分と綿(わた)部分を同時に切るのは大変なので、最初に布部分だけを切ってください。それから、中身を切るか手でちぎって小さくしてごみ袋に入れます。

羽毛布団の場合は、部屋中に羽根が舞い散ってしまうこともあるので作業するときは気を付けましょう。布部分を切ったらビニール袋を切り口に近づけて、少しずつ羽根を入れるようにしてください。

布団を小さく切って燃えるごみに出す方法は、処分費用はかからない代わりにかなり労力と時間を必要とします。また、大きな布団の場合は燃えるごみの袋に詰めるといくつも数ができてしまうこともあるでしょう。

粗大ごみの処分費用は地域によっても異なりますが300円程度です。切って袋に詰めてごみ置き場まで運んで…の、手間を考えると粗大ごみに出したほうが楽に処分できるでしょう。

1-3.不用品回収サービス業者に依頼する

引っ越しなどで、古い布団だけではなく古い家具や家電など処分したいものがたくさんある場合は、不用品回収サービス業者を利用する方法もおすすめです。

家具や家電などは大きくて重たいものが多いので粗大ごみやリサイクルごみとして処分するのは大変でしょう。さまざまな品物を扱っている不用品回収サービス業者なら、最初に見積もりをしてから回収にきてもらえるので1度に片付きます。

不用品回収サービス業者は、回収に対応できる地域があるので、まずは、電話で問い合わせをしてみましょう。

その際に、処分したい品物を伝えて回収可能か、料金はどれくらいかかるかも聞いてみてください。

布団は自治体にゴミとして回収してもらえるんですね。
はい。出し方は自治体によって異なるので、必ず事前に確認しましょう。

2.古くなった布団の再生・再利用法

古くなった布団だけれど、品質がよく高価だったのでなんとか再生したい、捨てるのはもったいないので再利用したいというケースは少なくありません。古い布団の再生・再利用にはどのような方法があるのでしょうか。

2-1.布団の打ち直し

布団の打ち直しとは、古くなってぺしゃんこになった布団をふっくらとよみがえらせることです。布団店によって方法の詳細は異なります。

一般的には…

  • 長年使用してぺしゃんこになった中綿を機械でほぐしごみなどを取り除いてからふっくらとさせる。
  • ごみなどを取り除き、新しい中綿を足して全体のボリュームアップをする。

などの方法があるようです。

打ち直しの場合は、好みの新しい生地で表情を変えたり、サイズを変化させたりすることも可能になります。古い布団の状態、大きさなどによっても値段は異なるので打ち直しをしている布団店のホームページで価格を比較してみましょう。

2-2.布団の再利用

2-2-1.座布団などへの作り替え

布団の打ち直しを扱っている店では、大きな布団から座布団やクッション、ベビー布団への作り替えを行っているところもあります。布団の打ち直し同様に、もととなる布団の状態によって作れるものや個数、料金は異なるようです。

2-2-2.自分でリメイク

古い布団を捨てるのはもったいないから自分でリメイクしたい!と思っている方におすすめなのがクッションに作り替える方法です。ミシンを持っていなくても、今はリーズナブルな金額でヌードクッション用の袋(クッションの中綿を詰める無地のクッションカバー)や、クッションカバーが販売されているので気軽に挑戦できます。

  • まずは、リメイクする布団を洗うかクリーニングに出して清潔な状態にする。
  • 布団を切って、無地のヌードクッション用カバーに、布団の中綿を少しずつ移す。
  • 形を整えてから、お好みのクッションカバーを付ける。

注意事項

  •  羽根布団の場合は、大きく布団生地を切ると羽根が飛び散るので注意してください。窓を閉め風のない部屋で作業してください。
  • 無地のヌードクッション用カバーは、できるだけサテン生地のように「目が詰まった」素材を選びましょう。ざっくりした生地だと羽毛の場合は小さな羽根がどんどん外に飛び出してしまいます。
  • 外側に使用するクッションカバーは、ヌードクッション用カバーのサイズよりも少し大きめを選びましょう。
  • クッション作りは初めてなのでちょっと不安という人は、外側のクッションカバーはニットやカットソーなど伸縮性のある素材を選ぶようにしてください。

2-2-3.物資として再利用

布団は新品で未使用の製品でもない限り、リサイクルショップなどに売ることはできないものです。

けれども、使用済みの布団を海外支援の物資として再利用している団体に寄付することもできます。洗濯をして清潔な状態にすれば、海外の発展途上国に寄付をしたり割れ物や家具のクッションとしてコンテナで利用したりできるのです。

また、多くの動物保護団体では冬場に犬や猫のベッドとして使用済みの布団などを募集しています。古い布団だけれども、再利用することで誰かの役に立てたいと思う方は問い合わせをしてみましょう。

布団は打ち直しをしたり、座布団などにリメイクしたりできるんですね。
はい。ただし、布団の素材によっては打ち直しができないこともあります。

まとめ

古い布団の処分にお悩みだった方も、解決策が見つかったことと思います。

一般的な方法は、自治体の粗大ごみに出す方法です。しかしながら、高価な布団やまだ使用できる布団の場合は、再生・再利用する方法もあります。

もし、再生や再利用が面倒なようでしたら物資支援を行っている団体や動物保護団体などに寄付をするのもおすすめです。

また、布団のほかにも家電や家具なども処分したい場合は、不用品回収サービス業者にまとめて処分を依頼するという方法もあります。まずは電話で回収可能かどうかを問い合わせてください。業者の場合は最初に見積もりを取って料金を明確にしてくれる信頼できる業者を選びましょう。ご自分にあった方法で、古い布団を処分してくださいね。