エコな処分方法は? LANケーブルの捨て方・リサイクルのまとめ

LANケーブルが壊れてしまったときや、違う規格のケーブルを間違えて買ってしまったときなど、不要になったLANケーブルは、その捨て方や処分方法について悩んでしまいがちです。使っていないLANケーブルを買取に出したい・大量のLANケーブルの捨て方が分からないなど、それぞれの対策をご説明します。

  1. LANケーブルの処分方法
  2. LANケーブルは買取してもらえる?
  3. LANケーブルの処分についてよくある質問

LANケーブルを買取に出してエコに処分したい方にもピッタリの内容です。ぜひ最後まで読んでみてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.LANケーブルの処分方法

まずは、LANケーブルを処分する方法についてそれぞれご説明します。

1-1.LANケーブルは不燃ゴミが一般的

LANケーブルは、ほとんどの自治体で不燃ゴミとして回収されます。ただし、地域によっては可燃ゴミ・危険ゴミ・電気ゴミとして回収しているところもあるでしょう。自治体のHPをチェックすることで、お住まいの地域のゴミ分類方法を知ることができます。

1-2.手軽に捨てられるがエコでない場合も

ゴミとして捨てられることは、手軽にいつでも処分できるというメリットもあります。しかし、不燃ゴミのリサイクル方法は自治体によって異なり、中にはリサイクルされずに焼却処分されてしまうところもあるでしょう。リサイクルの取り組みについても、自治体のHPなどでチェックすることができます。

1-3.LANケーブルは家電量販店で回収してもらえる

基本的に、LANケーブルのメーカー回収はないと思ってよいでしょう。ただし、大手家電量販店では、LANケーブルなどパソコン周辺機器や家電製品を回収してもらえるところもあります。ただし、個人からの回収しか受け付けていないので、企業から出た不要LANケーブルは回収してもらえません。

1-4.LANケーブルの回収を不用品回収業者に依頼する

LANケーブルを不用品回収業者に回収してもらうことも可能です。家に取りに来てもらったり、宅配便で送ったりする方法があります。ただし、回収費用・出張費用がかかる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。また、LANケーブル1本のために不用品回収業者の出張サービスを利用するのは現実的ではないでしょう。宅配で送るか、他のものと併せて回収してもらうなどの方法がおすすめです。

2.LANケーブルは買取してもらえる?

次に、LANケーブルの買取についてご説明します。

2-1.中古LANケーブルは買取してもらいにくい

基本的に、中古LANケーブルの買取は難しいといえます。見た目がきれいだとしても、開封済みで一度でも通電していると中古品となってしまうのです。また、内部の断線などは外からは分からないことも、中古LANケーブルが売りにくい原因でしょう。

2-2.買取してもらえるLANケーブルとは?

そんな中でも、買取してもらえるLANケーブルもあります。その特徴は以下のとおりです。

  • 新品未開封
  • お得なまとめ買い(3本300円など)
  • 発売されたばかりのもの

2-3.LANケーブルの買取先とは?

LANケーブルを買取してもらうには、以下のお店に持ち込むとよいでしょう。

  • 中古PCショップ
  • リサイクルショップ
  • 不用品買取回収業者

2-4.中古LANケーブルの買取相場は?

前述のとおり、開封済み・中古品は買い取ってもらえないか、売れても1本10円程度の可能性があります。未開封品の場合、発売年度にもよりますが定価の20%~半額前後で買い取ってもらえるでしょう。

2-5.中古LANケーブルはネットでも売りにくい

ヤフオクやメルカリなど、ネットでのリセールでも、LANケーブルは売れにくいといえるでしょう。一部売れているものもありますが、ルーターとセット・3本300円など格安、という特徴があります。定価がそれほど高いものではないので、中古で欲しがる人は少ないといえるでしょう。

3.LANケーブルの処分についてよくある質問

LANケーブルの処分について、よくある質問にお答えします。

Q.大量のLANケーブルの捨て方は?
A.指定のゴミ袋に入りきらないほど大量のLANケーブルを捨てる場合は、自治体に処分方法を確認したほうがよいでしょう。場合によっては体積超過で粗大ゴミとなることや、事前に手続きが必要なこともあります。また、1kg以上・300m以上の大量のLANケーブルはスクラップ工場に持ち込むことで、ケーブルを有用な資源(金属など)として買い取ってもらえることもあるでしょう。

Q.LANケーブルに寿命はありますか?
A.LANケーブルは、物理的破損・紫外線などによる劣化がないかぎり何年でも使えるものです。ただし、頻繁に抜き差しをしたり、ひっかけたり折り曲げたりするような乱雑な使い方をしている場合は、コネクター部分が割れたり内部の導線が断線してしまったりすることがあるでしょう。

Q.LANケーブルは小型家電?
A.LANケーブルは、小型家電リサイクルボックスに入れて処分することもできます。小型家電リサイクルボックスは、電気屋さんやパソコンショップなどに設置されていることが多いでしょう。投入するだけでリサイクルできるので、お近くにある場合はぜひ利用してみてください。

Q.同じケーブルでも、自治体のゴミ区分が不燃と可燃に分かれているのですが
A.LANケーブルのように、電源のないケーブルは可燃ゴミとして取り扱い、アダプター付きのケーブルは不燃ゴミとして取り扱っている自治体もあります。

Q.回収業者の選び方は?
A.不用品回収業者を選ぶ際は、以下のポイントに注意しましょう。

  • 料金が分かりやすいこと
  • 出張・宅配など、好きな回収方法が選べること
  • LANケーブル以外にも不用品を多く受け付けていること
  • 古物商許可などを受けていること

まとめ

LANケーブルの処分方法についてご紹介しました。このように、LANケーブルの処分には、自治体による回収以外に、小型家電リサイクル法に従って専用の回収ボックスに投かんする、あるいは不用品回収業者に回収を依頼するなど、さまざまな方法があります。処分にかかる時間や手間だけでなく、費用なども考慮して、最適な処分方法を選んでみてください。