コピー機を処分するには?業務用コピー機を処分する際の注意点も!

コピー機を処分するにはどのような方法があるのかわからず、困っている人も多いのではないでしょうか?
不要になったコピー機だからといって、ただゴミの収集場所に出したとしても持って行ってもらえません。

そこで、正しいコピー機の処分方法について知っておきましょう。
捨てることを検討している人もいるかもしれませんが、状態によっては売ることも可能です。
高く買い取ってもらうためのポイントもご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コピー機の処分方法
  2. コピー機の処分に関する注意
  3. リサイクル業者に依頼しよう
  4. まとめ

1.コピー機の処分方法

1-1.自治体の粗大ゴミに出す

コピー機を粗大ゴミとして廃棄する方法もあります。
こちらの方法を選択する場合は各自治体によって回収方法が違うので、事前に確認しておきましょう。

粗大ゴミは毎日回収しているわけではなく、多くの地域では月に数回程度の回収となっているようです。
コピー機をゴミとして処分する場合は、先にコンビニエンスストアや郵便局で粗大ゴミ処理券を購入し、粗大ゴミに貼って出さなければなりません。
自分で処理施設に持ち込むという方法もありますが、それがむずかしい場合は自治体が定めている収集日に出す形になるでしょう。

1-2.産業廃棄物として処分する

業務用として使っていたコピー機を処分する際には、粗大ゴミとして回収してもらうのではなく産業廃棄物として処分しなければなりません。

何台処分するのか、どれくらいのサイズのコピー機なのかによっても処理費用は違ってきますが、一般的に1万円以上の費用がかかってしまうと思っておいたほうがいいでしょう。

処分台数が多くなるとその分費用も増えるので、その他の方法から先に検討することをおすすめします。

1-3.リサイクル業者を利用する

おすすめの方法がリサイクル業者を利用してコピー機を処分するという方法です。
ゴミに出す場合も産業廃棄物として処理する場合も費用がかかってしまいますが、リサイクル業者に買い取ってもらえればお金をもらって処分できますよね。

リサイクル業者に引き取ってもらうのは面倒だと思っている人もいるかもしれませんが、とても手軽です。

2.コピー機の処分に関する注意

2-1.家庭用コピー機の処分方法

家庭用コピー機は業務用コピー機と比較してそれほど大きくありませんよね。
コピー機は家電リサイクル法の対象にはならないため、粗大ゴミとして処分できます。

処分する以外に新しくコピー機を購入する際に販売店へお願いして引き取ってもらう方法がありますが、全ての店舗で引き取りを行っているわけではありません。
粗大ゴミとして処分する他、リサイクル業者に引き取ってもらったり、オークションに出品するという方法もあります。

2-2.業務用コピー機の処分方法

業務用コピー機は需要が高いため、リサイクル業者の中にも積極的に買い取りを行っているところがあります。
先に説明したように自治体に粗大ゴミとして回収してもらうことはできないので、リサイクル業者に買い取ってもらうかオークションに出品する、または産業廃棄物として処理する形になるでしょう。

2-3.コピー機を正しく処分しないと…

コピー機の中には内部メモリが搭載されており、データが残っているものもあります。
そういったものを不法投棄したりすると、中に入っているデータが盗まれて悪用されてしまうこともあるので注意しましょう。

それから、粗大ゴミとしてゴミの収集所に置いていたものを持って行かれてしまったというトラブルもあるようです。
自治体に回収を依頼する際にはこういったことがないように収集時間が近くなってから持っていったほうがいいでしょう。

3.リサイクル業者に依頼しよう

3-1.リサイクル業者の選び方

リサイクル業者を選ぶ際には、買い取りができないと判断された場合にもしっかり対応してくれるところを選びましょう。
これは買い取りができないからお返しします、といった業者では困りますよね。

ですが実際に買い取りが不可能なコピー機は返却するという形を取っているリサイクル業者もあるので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。
買い取りが不可能だった時に有料回収になるのか無料回収してもらえるのかというのは必ず確認しておきたいポイントです。

3-2.コピー機を買い取ってもらうまでの流れ

リサイクル業者によってコピー機を買い取ってもらうまでの流れは違いますが、まずはどういった買取方法が選択できるのかを確認しておきましょう。
買取方法は大きく分けて出張買取・郵送買取・持込買取といった3種類があります。

いずれの場合も事前に買い取りを依頼したいコピー機について電話やメールで連絡することになるでしょう。
この時にスムーズにコピー機の情報を伝えられるように、メーカーや型番などを確認しておいたほうがいいです。
コピー機の側面や裏側に型番などが書かれたシールが貼ってあることが多いので、メモしておきましょう。

出張買取を選択した場合、いつ引き取りにきてもらいたいのか希望日時を伝え、査定に来てもらいます。
そこで伝えられた金額に問題がなければそのまま現金を受け取り完了となりますが、中には出張査定が有料というところもあるので注意しておかなければなりません。
コピー機が重くて部屋から運び出せない場合も担当者が運んでくれるので安心ですね。
業務用複合機などは重いものが多いので、出張買取のほうが向いています。

郵送買取の場合は先に見積もりを出してもらえるところを選択するのがおすすめです。
仮にリサイクル業者に到着してから見積もりという形になると、金額に納得がいかなかった場合の返送費用が自己負担になってしまうこともあります。
事前査定に問題がなければコピー機を郵送で送り、正式な査定を受けて金額に問題がなければ買取額を振り込んでもらって完了です。

持込買取は事前に持ち込み日時を連絡して直接リサイクル業者にコピー機を持ち込む方法なので、リサイクル業者の近くに住んでいる人でなければ利用するのがむずかしいでしょう。

3-3.高くコピー機を買い取ってもらうポイント

できるだけ高くコピー機を買い取ってもらうためには事前に掃除しておくのがポイントです。
ほこりをかぶったまま査定してもらうよりも、キレイにしてから査定してもらったほうが高値もつくのでしっかり掃除しましょう。

また購入時についてきた箱や取扱説明書がそろっていると高価買取が期待できます。

それと不用品をまとめて引き取ってもらったほうが高価買取も期待できるので、パソコンや液晶モニター、プリンターなど、他にも不用品がないか確認しておきましょう。

オフィスの引越しなどで不用品が大量に出てしまった場合も、まとめて買い取ってくれるリサイクル業者を選べば片付けの手間を抑えられます。

まとめ

いかがでしたか?

  • コピー機を処分するにはどのような方法があるのか?
  • コピー機の種類と処分方法の違い
  • リサイクル業者に依頼してコピー機を処分する

以上のことについてご紹介しました。
もう使えないコピー機であれば、できるだけ費用を抑えて処分しましょう。
不要になったコピー機を捨てるだけなのにお金をかけたくないですよね。

リサイクル業者に依頼をすれば価値あるものは買い取ってもらえるだけでなく、処分することになったとしても費用を最低限に抑えられます。

不要になったコピー機を処分する際には今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。