仏壇の処分どうすればいい? 仏壇を捨てるときの注意点を解説

遺品整理で、一番処分に悩むのが仏壇です。住宅事情があるので引き取れない、仏壇に祭られている人とは縁がない…などさまざまな事情で処分したいというケースは少なくありません。仏壇の正しい処分方法をご紹介しましょう。

  1. 仏壇を手放す方法は?
  2. 仏壇はそのまま処分していいの?
  3. 仏壇を処分するときの注意点
  4. まとめ

1.仏壇を手放す方法は?

親や身近な親戚が亡くなったとき、残された遺品整理をすることがあります。そんなときに、どうしていいのか迷うのが仏壇でしょう。住宅事情を考えると引き取りはできない、親しい間柄ではないので引き取れないなど、いろいろな理由で処分を考えている人は多いと思います。ただし、仏壇は亡くなった方を供養するために置いてあるものなので、ほかの遺品と違って簡単に処分するのもためらわれるでしょう。仏壇を処分する基本的な方法をご紹介しましょう。

1-1.ぼだい寺に依頼する

お寺のなかには、だん家の仏壇を引き取ってくれるところもあります。ぼだい寺が引き取ってくれるかどうかを聞いてみましょう。お寺なら、仏壇を引き取った後に再供養をしてから処分をするので安心です。また、行っていなくても、お寺によっては仏壇の引き取り・供養を受け付けているところもあります。

費用は「おふせ」となるので、相場は決まっていません。事前に問い合わせのときにお寺の方に聞いてください。

1-2.仏具店に依頼する

仏壇を販売している仏具店では、古い仏壇だけではなく仏壇回りの付属品の引き取りサービスを行っているお店もあります。お店によって、サービス内容の詳細や料金などは異なるので事前に確認したほうがよいでしょう。

また、処分するだけではなくお炊きあげ供養をして、お炊きあげ証明書を発行するお店もあります。さらに、ほとんどの仏壇販売店では、引っ越しで部屋が狭くなった、古いので新しいものに変えたい…などの理由で新しい仏壇を買うときに、古い仏壇を引き取ってくれるようです。

仏壇はきちんと供養したいと思う人は、供養も行ってくれるお店を選んだほうがいいでしょう。

1-3.自治体の粗大ゴミで処分する

心理的に抵抗があるという人も多いと思いますが、仏壇は自治体の粗大ゴミで処分することができます。コンビニやスーパー、商店などで粗大ゴミシールを購入して仏壇に貼り、指定された回収場所に持っていきましょう。費用は、自治体にもよりますが2,000円程度が平均のようです。ただし、大きな仏壇の場合は重いので手伝ってくれる人員を確保する必要があります。

自治体によっては、高齢者など自分で運ぶことができない人のために、回収することもあるので事前に電話して確認してください。ぼだい寺は他県にあるので遠くて仏壇を持って行けない、仏具店も近くにはないし車で運べない…など、さまざまな事情があって処分に困っている場合には、粗大ゴミで処分することも考えてみましょう。

1-4.不用品回収業者に依頼

ぼだい寺や仏具店に仏壇の処分を依頼するにも、大き過ぎて持って行けない、重たくてこん包できないというケースも多いでしょう。そんなときに助かるのが、不用品回収業者です。日用品や家電、家具だけではなく仏壇を回収する業者を探してみましょう。事前に見積もりを提出してくれ、費用が明確な業者を選んでください。

業者によっては、無料で出張査定を行っています。仏壇や遺品整理の分野を得意としている不用品回収業者の場合、提携しているお寺に供養を依頼してくれることもあるので、確認してください。

2.仏壇はそのまま処分していいの?

仏壇は、ほかの不用品と違って何もしないで処分するのは抵抗を感じるでしょう。仏壇には「故人の魂が入っている」といわれているので祖末に廃棄はしたくないですよね。仏壇を処分するときには、どのような供養をしたらよいのでしょうか。

2-1.仏壇の供養について

仏壇を処分するときには、事前に行わなければならないことがあります。処分したい仏壇の「開眼法要(かいげんほうよう)」が行われているかどうか確認することです。

開眼法要とは、「入魂(にゅうこん)式」・「魂入れ」・「お性根入れ」などとも呼ばれ、仏壇や位はいを新しく作ったり修復したりしたときなどに、僧侶を招いて行う儀式です(浄土真宗では原則として行いません)。開眼法要を行ったかどうかを確認しなければならない理由は、行っていた場合は「閉眼(へいがん)法要」を行う必要があるからです。閉眼法要とは、仏壇に故人の魂を入れる開眼法要の逆で、故人の魂を納めていた仏壇の役割を終了する儀式となります。魂を抜いた後の仏壇は、ただの「もの」として扱っていいのです。

閉眼法要を行わずに仏壇を処分することは、故人の魂を捨てることになるので気をつけてください。閉眼法要は、通常はぼだい寺にお願いします。

もし、ぼだい寺が遠い、縁が切れているなどの場合は、近くのお寺や仏具店に相談してみましょう。また、同じ宗派のお坊さんに供養をお願いすることもできます。仏壇の引き取りから供養、処分までをすべて一式で受け付けているお店もあるので利用してみてはいかがでしょう。

3.仏壇を処分するときの注意点

ぼだい寺やお寺、仏壇店に供養や処分を依頼するときにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

3-1.供養・処分代は事前に確認を

仏壇の供養代や処分代は、どのくらいお金がかかるのか事前に確認しましょう。お寺に依頼する場合、費用はそのお寺によって異なります。供養と処分の両方を行う仏具店の料金例を挙げてみましょう。

  • 仏壇の大きさが高さ99㎝以下、幅59㎝以下の小さいサイズ…開眼供養が必要な場合、35,000円、不要な場合20.000円。
  • 仏壇の大きさが高さ160㎝〜179㎝以下、幅89cm以下の大きいサイズ…開眼供養が必要な場合、70,000円、不要な場合55.000円。

また、仏壇の供養を行うお寺と提携している不用品回収業者に依頼するときには、事前に見積もりを出してくれる業者に依頼してください。無料で出張査定サービスを行う業者もいます。大きな仏壇の場合は、運び出す前に査定してもらいましょう。

見積金額には、運搬料金などもすべて含まれているのか、後で追加料金が発生するようなことはないか、前もって確認してください。料金には幅があるので、自分の予算に合ったところを探しましょう。

3-2.引き出しの中をチェックしよう

仏壇をお寺や仏具店、不用品回収業者に処分を依頼する前に、引き出しの中身をチェックしてください。引き出しのなかに、位はいや遺影を入れっぱなしにしているケースは多いようです。さらに、葬儀のときに使用する数珠や真珠のアクセサリーなどをしまっていたり、現金や通帳、印鑑などの貴重品を入れていたりするケースもあります。引き出しのなかを全部チェックして、きれいに掃除をしてから渡すようにしてください。

まとめ

いかがでしたか? 大切な故人が祭られている仏壇は、どう処分していいか迷ってしまうものですよね。ほかの遺品と違って、仏壇は祖末に扱うわけにはいきません。普通の不用品と違って、仏壇を処分するときには供養することが大切です。「面倒くさいな…」と供養をしないで雑に処分するのはやめましょう。後悔しないようにきちんと手順を踏んで、仏壇に祭られていた人が感謝してくれるように、供養をしてから処分するようにしたいものです。また、費用や方法などもしっかり事前に確認してくださいね。