アイロンの捨て方は自治体? それとも回収業者? 上手に処分するコツ

「アイロンを捨てたいけど方法がわからない」「正しい捨て方かどうか不安」など、アイロンの処分で悩んでいる方は多いでしょう。アイロンは小型家電類の1つです。小型家電の処分方法は、法律で細かく決められているため、きちんと把握しておかなければなりません。間違った処分方法は、不法投棄などトラブルの原因になります。そこで、本記事では、アイロンを処分する前に知るべきことや小型家電リサイクル法・処分方法・それぞれのメリット・デメリットなど詳しく説明しましょう。

  1. アイロンを処分する前に知るべきこと
  2. 小型家電リサイクル法とアイロン
  3. アイロンの処分方法~自分で捨てる場合
  4. アイロンの処分方法~販売業者の下取りを利用する場合
  5. アイロンの処分方法~リセールする場合
  6. アイロンの処分方法~回収業者に依頼する場合
  7. アイロンの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、アイロンの正しい処分方法がわかり、スムーズに捨てることができます。アイロンを捨てたい方や方法がわからない方は、ぜひチェックしてください。

1.アイロンを処分する前に知るべきこと

アイロンは衣服のしわをとりたいときに活躍する家電製品です。古いアイロンを処分する前に、アイロンの寿命や修理・故障について詳しく見ていきたいと思います。

1-1.アイロンの寿命について

平均寿命は、およそ5年~8年といわれています。しかし、雑で誤った使い方をすると、たった数年で壊れる可能性もあるでしょう。逆に、丁寧な扱い方、お手入れをすれば10年以上使い続けることができます。

1-2.アイロンに多い故障とは?

電源が入らない・温まらないなどが主な故障になります。アイロンとしての機能を果たせなくなった内容が多いですね。また、プレートのコーディングがはげてきた・温度調節ができない・スチームが出ないなどのトラブルも起きています。

1-3.修理か、それとも廃棄か

故障した際、修理に出すべきか、それとも廃棄すべきか悩みどころです。判断基準として、使用年数をチェックしてみてください。購入してから5年以上使い続けているのであれば廃棄しましょう。そして、新しいアイロンを購入したほうが安心できます。また、アイロンの部品保有期間は5年になっているため、修理に必要な部品が用意できません。5年以上経過しているアイロンは廃棄、5年未満のアイロンは修理という判断ができます。

1-4.アイロンは何ゴミか?

ほとんどの自治体でアイロンは「不燃ゴミ」になっています。アイロンの大きさは粗大ゴミにはなりません。そのため、燃えないゴミの袋に入れて処分できるでしょう。ただし、自治体によっては別のゴミに分類されている可能性もあります。ホームページなどでゴミの分類を確認してください。