「 家具・家電の役立ち情報 」一覧

リビングや自室にソファを置くにしても、どれがよいか悩んでいるなら、ポイントを理解することが大切です。自分のセンスだけ頼るのもいいですが、部屋に設置したとき、しっくりこない場合もあります。ソファは安いものではありません。購入して失敗だったと後悔しないために、ソファ選びのポイントを知って損はないです。素材の種類や構造はもちろん、サイズやデザインまで幅広く考えなければなりません。ソファの選び方についてポイントを理解しましょう。

    1. ソファの種類もさまざま! 背もたれやひじ掛けの有無をチェック
    2. ソファの選び方ポイント! 部屋の大きさや用途も考えて
    3. ソファ選びのサイズに関するポイント
    4. 素材別から見たソファのメリット・デメリット
    5. デザインから考えたソファの選び方のポイント
    6. ソファ選びでよくある質問

1.ソファの種類もさまざま! 背もたれやひじ掛けの有無をチェック

まずは、ソファの構造を理解しましょう。デザインやカラーやサイズも重要ですが、構造に問題があれば座り心地も大きく変わるため注意が必要です。背もたれ、クッション、ひじ掛け、脚などにも注目してください。

1-1.背もたれは高めのハイバックや低めのローバックがある

背もたれには、ハイバックやローバックなどがあります。ハイバックは背もたれが高く、ローバックは低いタイプです。ハイバックは頭部まで支えられる高さがポイントで、ソファに座って長時間、何かをする人に適しています。読書やテレビで映画鑑賞などを行う人にぴったりで、座り心地もよいものが多いです。

一方、ローバックはハイバックより背もたれが低く、存在感も大きくないため、部屋のレイアウトにこだわりたい人におすすめできます。ただし、座り心地はハイバックに劣ることが多いです。

ハイバックとローバック、どちらの背もたれを選ぶかは、普段、どんな使い方をするのか、レイアウトを考える上で邪魔にならないか事前に考えて選びましょう。

1-2.座り心地を左右するクッション

耐久性や座り心地を左右する要素のひとつがクッションです。フレームや衝撃吸収材の組み合わせでクッション性も変わります。一般的に使われる衝撃を吸収する素材として、コイルスプリングや、ウェービングテープ、S字バネが多いです。

1-2-1.コイルスプリングは耐久性が優れている

縦巻きタイプのコイルスプリングは高額なソファでよく使われます。耐久性が強く、体重を均等に受け止めるのが特徴です。

1-2-2.ウェービングテープは価格がリーズナブル

ウェービングテープは、ゴムをテープ状に加工した素材で、リーズナブルな価格が魅力となっています。コイルスプリングと比較すると、耐久性や弾力は落ちるのが特徴です。ただし、改良も行われており、耐久性が高いウェービングテープも出ているためあなどれません。他にも、軽量化やさまざまなデザインに対応できるだけの柔軟性があります。

1-2-3.S字バネはコイルスプリングほとではないがしなやかで弾力性が高い

S字バネは、別名波型スプリングと呼ばれる素材です。コイルスプリングより耐久性に不安はありますが、しなやかで弾力性は高いので選択肢に入れてもよいでしょう。

1-2-4.ウレタンのみは安いがクッション性はあまりない

他にも、バネがなくウレタンだけのソファもあります。安価なソファに採用されていることも多いですが、クッション性はあまり期待できません。

1-3.ひじ掛けの有無や低めか高いかも確認

もたれかかるときに便利なひじ掛けもチェックしたいところです。ひじ掛けはあるものと、ないものに分けることができます。ひじ掛けがあると、腕を置ける、寝転んだとき枕代わりになるのがメリットです。ただ、ひじ掛けがあると座る面積が単純にせまくなります。逆に、ひじ掛けがなければ見た目に寂しさを感じられる場合もあるでしょう。また、寝転んだとき枕代わりになるものがないことも考えておきたいところです。

1-4.脚が高いタイプは子供や赤ちゃんの落下リスクも考えて

脚があるかないかも使い勝手に影響を与えます。一般的に木製や金属製のものが多く、高いものから低いものまであるのが特徴です。脚が高いものは床が見えて軽い印象をもたらします。床を掃除しやすいことや通気性がよくダニ対策になるのがポイントです。お掃除ロボットなどを使用しているご家庭に適しています。

脚がないタイプはどっしりとした安定感が魅力でしょう。小さなお子さんがいるご家庭の場合、ソファから落下する心配もあるはずです。脚がなければ高さも低く安心感があります。

1-5.一人暮らし・新婚・家族などを考えたソファの選び方 

ソファの種類やタイプもさまざまです。何人で座ることを想定しているか、一人暮らし、同棲(どうせい)、新婚、ベッド代わりにできるかどうかも考慮してください。

1-5-1.一人掛けのソファはリクライニングタイプもある

一人掛けソファは、自分、あるいは家族、友人、恋人、一人だけが座れるタイプです。ひじかけがついているものから、リクライニングタイプまであります。

1-5-2.ラブソファは一人掛けよりも大きく二人掛けより小さい

ラブソファは二人掛けより少し小さいですが、一人掛けより大きなタイプです。一人だとゆったり座れますが、二人だと少し窮屈さを感じるかもしれません。ただ、コンパクトですから、部屋がせまく、一人掛けより少しだけゆったり座りたいが二人掛けほど大きくなくてもよいという人に適しています。

1-5-3.大きめのシェーズロングソファやコーナーソファ

大きめのソファで背もたれがあり足も伸ばせるソファです。大きいため部屋にはある程度スペースが必要となります。コーナーソファも大きめのソファです。リビングなどで多くの人が座ることを想定するならこのソファと言えます。コーナーに設置できる形状で、部屋の角を有効活用できるのが特徴です。

1-5-4.ソファベッドは寝転ぶこともできる

普段はソファ、眠るときはベッドにできるタイプです。一人暮らしで部屋がせまく、ソファとベッド両方を置くだけの十分なスペースがない人に適しています。また、友人や家族がよく宿泊しにくる人は、ソファベッドがあるとすぐに寝床を用意できるため便利です。マルチに使えることがソファベッドのメリットと言えます。

2.ソファの選び方ポイント! 部屋の大きさや用途も考えて

ソファ自体以外でも選ぶときのポイントがあります。置く場所やスペース、用途、人数などたくさんあるためチェックしてください。その点も考えておかないと、使いづらいソファになってしまうからです。

2-1.部屋の大きさや置き場所から考える

部屋の大きさと置き場所をいい加減に考えていると設置してから後悔します。床面積や、壁面、動線について意識してください。リビングに置くのか、それとも自室かでも、選べるソファの大きさや形状が変わります。事前に、床面積などを測っておきましょう。

また、壁面ではコンセントの場所もチェックしてください。たとえば、脚のないソファを置くとコードを下に潜らせることができません。いつも掃除機をかけるために使用していたコンセントが、ソファを置くことで使いづらくなる場合もあります。動線、つまり生活をする上での通り道がソファを置くことでせまくなる場合も多いです。

他にも動きが制限されてしまう場合もあります。ソファを置くことでタンスの引き出しが開かなくなれば、場所も変えなければなりません。部屋やソファの大きさと置き場所を考えず、ただ、気に入ったというだけで選ぶと後悔する羽目になります。

2-2.ソファの外寸とのバランスを考える

部屋の大きさを考えた上で大きさを考える場合、ソファの外寸とのバランスを考えてください。一般的な基準として一人暮らしのワンルームなら外寸130cm以下のソファがおすすめです。8畳洋室なら160cm以下、10畳~13畳は180cm以下、13畳~18畳以上なら220cm以下がよいでしょう。ただ、あくまで一般的な基準のひとつで、部屋の形状なども含めることを忘れてはいけません。

2-3.一人暮らし・赤ちゃんや子供がいるなど家族の人数を考えての選び方

座る人数や子供の有無も考えておきたいところです。人数が多ければそれだけ大きなソファが適しています。ただし、部屋の広さも考えた場合、限界があるのは否めません。部屋の広さと利用人数を考えてソファの大きさを選んでください。

誰がよく利用するかも並んで考えておきたいポイントです。小さな子供が利用することを想定するなら、脚の高いタイプで本当によいか考えましょう。ソファに寝転ばせていて、気づいたら落下していたという場合もあるからです。また、利用者の身体的な問題も考えなければなりません。高齢の家族が座りやすいかどうか、腰痛を抱えているかどうか、足が不自由な人でも座りやすいかどうかもソファ選びでは考えておきたいところです。

2-4.寝転ぶか座るのか使い方からの選び方

使い方に合わせた選び方もポイントのひとつです。ソファで横になって寝転ぶことが多い、あぐらをかいてテレビを見る、瞑想する、子供やペットを遊ぶことを想定するなら奥行きが広いタイプが適しています。ソファの前にテレビを置いて晩酌(ばんしゃく)をしたり、食事をしたり、仕事や読書をしたりするなら奥行きのせまいものがおすすめです。

他にも、プライベート用とビジネス用でも適しているソファは異なります。個人の好みも関係しますが、来客の多い人で応接間や事務所で使用するなら、デザインはシンプル、耐久性が高く長時間座っても疲れないものがよいでしょう。

2-5.耐久性や価格なども考えて選ぶことも大切

その他、耐久性や価格なども考えなければなりません。デザインも大きさも部屋にぴったりだとしても耐久性が弱いと非常に問題です。子供がソファで飛び跳ねたら脚が折れて転倒するような事故が起きる可能性もあります。何年も使うつもりで購入したのに、わずか3年で座面(ざめん)からバネが飛び出たら問題です。

価格も考えなければならない要素でしょう。予算がないのに高額ソファをローンで購入して生活がつらくなる状態は避けたいところです。わざと高額ソファを購入して、仕事へのモチベーションや気持ちを高ぶらせるなど明確な意図があればよいでしょう。後先考えず、ただ、気に入ったというだけで高額ソファを買うのはおすすめできません。

2-6.腰痛がある人のソファの選び方

腰痛がある人の場合、高いソファは避けたほうが無難です。座面が低いと腰の曲がりが大きくなると言われています。他にも、立ち上がる場合も座面が高いより低いほうがエネルギーもかかるのです。腰痛を持っている人は、ひとつの基準として、座面の高さ40cm以上のものをおすすめします。奥行きが深いタイプも姿勢が悪くなり、腰にダメージを与えやすいため注意してください。

3.ソファ選びのサイズに関するポイント

ソファのサイズについて詳細を解説します。ソファの大きさは使い勝手はもちろん、選ぶ上での重大なポイントになるからです。ソファの大きさを考える上で、何をポイントとして押さえればよいか知っておくことで失敗を回避できます。基本はソファ全体と実際に座る部分の幅や奥行きの面積を考えることがポイントです。

3-1.家や部屋に入るかどうかを考えて幅をチェック

幅を考えるときは、家や部屋に入れることができる、希望した場所に設置可能か、その点を考えてください。また、日常的にソファで寝転びたいなら、座面の幅を確認する必要があります。体が収まるだけの幅があるかどうかチェックしてください。

数人で腰掛けるだけの幅があるかどうかも確認が必要です。二人で座ったとき、お互いくっつきすぎれば窮屈となります。お店で現物を確認できるなら、実際に座ったり、寝転んだりするとよいでしょう。

3-2.奥行きも本体や座面の大きさも考える

奥行きも本体と座面を考えなければなりません。幅と同じく、家や部屋に入れられるかどうか確認してください。さらに、壁へ沿って設置する場合、奥行きがありすぎれば部屋のスペースもせまくなります。そうすると、生活動線の邪魔になることも多いです。隣の部屋へ行くためにいちいち体を横にしなければならないのも面倒でしょう。掃除もしづらくなる可能性があります。

座面の奥行きに関しては、使用方法に影響する部分です。あぐらをかく、寝転ぶ場合、奥行きがせまければ体の多くの部分が空中に出ることになります。ただ、前に小さなテーブルなどを置いて、食事をする、パソコンで作業するような人はせまいほうがよいでしょう。用途をイメージして座面の奥行きを考えてください。

3-3.背もたれの高さや座面もチェック

高さを考えるときは、座面や背もたれを考える必要があります。特に座面の高さは使い勝手に大きく影響する部分です。どんな使い方をするかで異なりますが、座って、あるいは寝転んでテレビを見る場合、高さが重要となります。ソファとテレビの高さがずれていると見づらくなるからです。テーブルを設置して、書き仕事をしたり、パソコンを使用したりするときも座面の高さしだいで作業がしづらくなります。

一方、背もたれの高さについても考えてください。長時間、テレビやホームプロジェクターで映画鑑賞を楽しみたいという人にとっては、頭部を支えられる高い背もたれが適しています。ただ、部屋がせまい、窮屈感を消したい、他の家具は背の低いものばかりだと、背もたれは低いほうがよいでしょう。

4.素材別から見たソファのメリット・デメリット

ソファの使い心地を決める重要な要素に素材があります。素材しだいで、座っても寝転んでも快適さが異なるからです。大きさや部屋の邪魔にならないという他の条件を満たしても、素材しだいで失敗する場合もよくあります。

ソファの素材は本当にさまざまで、メリットだけでなくデメリットもあることも無視できません。ソファで使用される一般的な素材について、メリットとデメリットをご紹介します。

4-1.人気でおしゃれな本革! 丈夫で長期間使える

本革のメリットは耐久性が高く丈夫で、メンテナンスをしっかり行えば長期間使えます。一生モノのソファになることも珍しくありません。使えば使うほど柔らかくなり、味わいが出て経年変化(けいねんへんか)を楽しめます。一方、デメリットはメンテナンスに手間がかかり、専用のクリーナーを使用が必要なところでしょう。

基本的に丈夫ですが、湿気、高温が弱点です。窓からの直射日光が当たる場所や、ヒーターのそばに設置した場合、表面でひび割れが生じるリスクが高まります。ソファに座って食事や晩酌を想定する場合、お水やお酒などをこぼさないように注意したいところです。さらに、ホコリなども汚れや傷みにつながります。このように、手間のかかる定期的なメンテナンスが状態を保つために必要です。

4-2.合成皮革はリーズナブルな値段で色の種類も豊富

合成皮革は本革と比較すると値段がリーズナブルなため、購入しやすいです。さまざまなカラーがあるため、デザインやカラーを重視する人に適しています。

他にも、本革と大きく異なるのはメンテナンスが簡単なところです。専用クリーナーでなくても水拭きが可能なため、汚れを簡単に取ることができます。ただ、寿命は短く、耐久性もないため十数年など長期的な使用には適していません。

また、酸性やアルカリ性に弱いため、化粧や薬品を落とすと大きなダメージとなることも多く注意が必要です。

4-3.ファブリック(布)は洗えて色の種類も豊富でおしゃれ 

ファブリックは布生地のことで、メリットはカラーバリエーションが豊富です。生地の質感も選択肢が多いため、肌触りにこだわりたい人に適しています。また、カバーリングタイプなら、汚れても外してドライクリーニングなどの洗濯も可能です。カラーに飽きたり古くなったりしても、他のものに交換すればよいだけなのも魅力でしょう。

デメリットは、布生地のために汗や液体でシミなどの汚れにつながる場合が多いことです。また、ダニやホコリが縫い目に入りやすいため注意しましょう。特にダニアレルギーを持っていることが分かっている人は、避けたほうが無難です。さらに、臭いが染み付きやすいことも注意してください。

4-4.硬さや質感は構造や素材が大きく影響

硬さなどの質感は、座面で使われている内部構造や素材が大きく影響します。座面で使用される素材の中で硬いものとしては、硬い高密度のウレタンが使用されることが多いです。高反発で耐久性も高く、沈み込みにくいため腰痛持ちの人に適しています。柔らかい素材としては、フェザーやシリコンファイルなどがあげられるでしょう。

5.デザインから考えたソファの選び方のポイント

飽きないソファを選ぶためには、デザインにもこだわりたいところです。ソファ自体の色や形をチェックする人は多いかもしれません。ただ、部屋にあるカーテンや雰囲気と合っているかどうかは見逃しがちです。デザインを中心としたソファの選び方のポイントをご紹介します。

5-1.色の選び方のコツは部屋との統一感

ソファを選ぶとき、部屋と色の統一感も考えなければなりません。基本的に、部屋の色は3つの要素で構成されています。ベースカラーとなるのは、部屋面接で一番広いところがポイントです。このことを考えると、床と天井があげられます。

ベースカラーの次に面積が広いのはアソートカラーです。カーテン、家具などのアクセントカラーとなります。面積が小さいカラーは雑貨などがあげられるでしょう。ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3つとなります。3つのカラーを合わせることで、統一した雰囲気を作れるのがポイントです。

5-2.ソファを中心とした色の選び方

ソファをリビングなど部屋の基準として色選びもできます。たとえば広い部屋の場合、ソファをアクセントにすると目立たせることが可能です。せまい部屋になると、ゴチャゴチャとなりますが、広いとバランスが取れます。ただ、あくまでソファをメインにして考えた場合です。他の家具や家電製品を中心にしたいとき、ソファの色が派手、明るすぎることで目立たなくなります。

また、カーテンとの相性も考えましょう。窓際に置いた場合、自然とカーテンとソファがお互い近くに位置します。基本的に、同系色のカーテンでトーンも統一するとまとまるでしょう。色味とトーンを全て異なる場合、違和感が強くなるため注意してください。

5-3.色のイメージも考えて

色は人の心に影響を与えると言われています。部屋、またはソファに合う部屋の色にしたいとき、何色を選ぶかは重要です。たとえばオレンジ色などは暖色系と言われています。暖かさがあり、楽しさや開放的なイメージの色と考えられているのです。

赤色は情熱や活動的な色で、元気になったり興奮させたりする心理効果があると言われています。ただし、暴力的なイメージもあり、短気な人は控えたほうがよいかもしれません。

黒などは高級感もありますが、同時に、暗闇や恐怖のイメージも含まれ、全体的に重くなるので注意が必要です。このように、色のイメージからソファ選びを考えるのもひとつの方法でしょう。

5-4.ソファの形や構造から考えた選び方

ソファの形も意識してください。形に関しては複数ありますが、大きく3つの形状に分けられます。スタンダード、カウチ、コーナータイプです。

スタンダードタイプは横長のソファで、一般的によく見られる形状と言えます。カウチは片側が長いソファで、コーナーはL字が特徴です。そこに、座面の高低差、ひじ掛けや脚の有無によって形も変わります。

5-5.メーカーやブランドで選ぶときの注意点

ソファ選びではメーカーを中心に探す人も多いのではないでしょうか。一般的に有名メーカーなら間違いないと考える人もいるかもしれません。ただ、メーカーのイメージだけで決めるのも問題です。大手メーカーから個人店、国産、輸入タイプもあります。

メーカーで探すならとにかく情報を集めてください。インターネットなどで、レビューなども含めて考えましょう。気になるメーカーがあり、店舗があるなら実際に行くことをおすすめします。遠方でなかなかいけないなら、カタログなどを送ってもらってください。

どんな有名メーカーだとしても、実際に座ったり、寝転んでみたりしなければ分からないことも多いです。長期的に使用することを考えるなら、使ってみましょう。

6.ソファ選びでよくある質問

ソファ選びでよくある質問についてご紹介します。一般的によくある質問のため、当てはまる人もいるのではないでしょうか。

Q.表面素材の一般的イメージってどんな感じ?
A.一般的にソファで使われる表面素材としては、本革、合成皮革、ファブリックがあります。一番高級感があり、実際に高価なのは本革です。ファブリックはカジュアル、合成皮革はモダンというイメージとなります。

Q.生活動線で注意したいことはある?
A.ソファを置いたとき、移動するのに邪魔と感じるのは60cm以下のスペースしかしないことです。家具と家具の間が60cm以上ないとスムーズに通れません。また、個人の体格や、荷物を持って移動する頻度(ひんど)が高いかどうかも影響します。どちらにしても、ソファを置いて生活動線がつぶれるのは避けたいところです。

Q.テレビとソファの距離はどれぐらいがいい?
A.130cm以上の距離を設けましょう。テレビの向かいにソファを置きたいと考える人も多いはずです。ただ、あまりに近いとテレビが見づらくなるだけでなく、目が疲れ、首や肩もこってしまいます。テレビ画面の大きさも考えなければなりませんが、大体130cm以上距離はあったほうがよいでしょう。

Q.お店へ行って座ったときに注意したいことってある?
A.一瞬座るのではなくしばらく座らなければ本当の座り心地は分かりません。本当によいソファを選ぶなら、一瞬だけ座って納得するのは早すぎます。お店に迷惑とならない程度に長く座るようにしてください。長く座りたいなら、店員さんに許可を得て、説明を聞くとよいでしょう。気になることを聞けば、5分ぐらいすぐ経過します。

Q.ソファ自体以外で注意したいことってある?
A.搬入(はんにゅう)できるかどうかチェックしてください。

  • エレベーターに入るか
  • 階段の踊り場で回せられるか
  • 玄関から家に入る大きさか
  • 廊下の幅はソファを運べるだけの余裕があるか

設置できるスペースがあっても、運べなければ意味がありません。玄関から入らない、廊下を運べない場合、一戸建てや階数が低いアパートやマンションなら、便利屋さんを活用し外に面する部屋の窓から搬入するという荒業(あらわざ)もあります。

ただ、費用がかかりますし階数が高いと無理という限界もあるため、購入前に搬入できるかどうか慎重に見極めてください。

まとめ

ソファ選びはポイントを押さえて、購入には慎重な判断が必要です。注意深く考えなければならないのは、半年や1年程度で使い捨てるようなものではないからと言えるでしょう。本革のソファならメンテナンスをしっかりすれば、一生モノにもなるからです。

また、値段も、数万円のものから、30万円以上するものもあります。適当に決めて、使ったら、3年程度でボロボロだと泣くに泣けません。また、高額でも自分の好みや使い勝手、スペースなど部屋とのバランスが悪ければ、後悔することになります。そうならないよう、ポイントをしっかり押さえてソファを選びましょう。


ストーブを使っているとき、付着しているホコリやススなどの汚れが気になっていませんか? 汚れが付着したままストーブを使い続けていると、そこから火がつき火災が起きる恐れがあります。外側だけでなく、目で確認できない内側も汚れが蓄積されている可能性もあるのです。しかし、誤った方法で掃除をすると、ヤケドをする危険があるので注意しなければなりません。

そこで本記事では、ストーブの正しい掃除方法と注意点を解説します。

  1. ストーブを安全に使うために掃除が必要
  2. ストーブ掃除の基本
  3. ストーブ掃除の仕方は?
  4. ストーブの掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、ストーブの正しい掃除方法が分かります。楽に掃除したい方は要チェックです。

続きを読む


「ミシンの調子が悪いので買い替えるべきか?」「もう使わないので捨てたいが、どうやって処分すればよいのか?」とお悩みではありませんか? 最近は比較的リーズナブルで高性能なミシンが増えてきているため、昔から使っていたミシンを処分して買い替えたいという人も多いのではないでしょうか。また、処分方法が分からず、「押し入れに眠ったまま」という家庭もあると思います。

この記事では、ミシンの買い時や処分方法・買取に出す方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 寿命がきたミシンは買い替えを
  2. ミシンの買い時は春先とセール時がおすすめ
  3. ミシンの処分方法は3つ
  4. ミシンを買取に出してお得に処分しよう
  5. ミシンの買い替えに関するよくある質問

この記事を読むことで、ミシンの寿命や安く購入できる時期・買取価格などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む


テレビの買い替えでお悩みでしょうか? テレビは値段が高いため、故障した場合は修理して使い続けるか、いっそのこと新製品に買い替えるか迷うものです。寿命の場合は、修理が不可能だったり修理代が高額になったりするので買い替えたほうがお得なこともあります。そこで、テレビの寿命や買い替えのタイミングなどとともに、古いテレビの処分方法などをご紹介しましょう。

  1. テレビを買い替えるタイミングは? 
  2. テレビの買い時はいつ?
  3. 古いテレビを処分するには?
  4. テレビの買い替えについてよくある質問

この記事を読んでいただければ、お悩みを解決することができます。ぜひお役立てください!

続きを読む


キッチン(台所)の家電は、使いやすい配置にすることが大切です。動線を意識しながら、すっきりしたレイアウトを考えましょう。目隠し収納などを取り入れると、おしゃれな印象にすることができます。狭いキッチンならコンパクトな収納にし、使いやすい環境を作りましょう。

本記事では、キッチン家電の配置についてご紹介します。

  1. キッチン家電の配置でおさえておきたい基本
  2. 参考にしたいキッチン家電の配置例
  3. キッチン家電を上手に配置するポイント
  4. キッチン家電の配置方法でよくある質問

この記事を読むことで、キッチン家電の配置についてよく分かります。配置の基本やポイントをしっかり理解し、キッチンを使いやすい環境にしましょう。

続きを読む


「エアコンの電気代を節約したい」という人は多いでしょう。夏場は必ずといっていいほど必要になるエアコンですが、一番気になるのは電気代だと思います。猛暑が続くと1日中エアコンをつけっぱなしにしている家も多いはずなので、少しでも電気代を節約できる方法があれば知りたいですよね。

この記事では、エアコンの電気代を節約する方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. エアコンの電気代は高い?
  2. エアコンの電気代を節約したい!
  3. エアコンの電気代節約方法
  4. エアコンの電気代はつけっぱなしで節約できる?
  5. エアコンの電気代節約に関するよくある質問

この記事を読むことで、エアコンの電気使用量や電気代を節約するポイントがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む


「きちんと掃除しているはずなのに冷蔵庫にカビが発生する」とお困りではないでしょうか。冷蔵庫は食品を保存するという目的があるため、カビの除去と予防は切実な問題と言えます。きちんと対策して、清潔で安全な冷蔵庫を維持したいですよね。まずは、どんな原因でカビが生えるのか・正しい対策方法はどんなものかなどを知る必要があります。そこで、今回は、冷蔵庫のカビについて詳しく解説しましょう。

  1. 冷蔵庫にカビが生える原因は?
  2. 冷蔵庫にカビが生えてしまったら
  3. 冷蔵庫にカビを生やさない予防法
  4. 冷蔵庫のカビに関するよくある質問

この記事を読むことで、冷蔵庫のカビ対策や予防法がよく分かり、正しく対策することができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

続きを読む


炊飯器はどんどん高機能になっているため、どのような基準で選べばいいか迷ってしまうことが多いと思います。新しい炊飯器への買い替えを考えている方や一人暮らしを始めようと考えている方は、加熱方法や容量など炊飯器選びのポイントをしっかり理解して選ぶようにしましょう。

本記事では、炊飯器の選び方をご紹介します。

  1. 炊飯器について
  2. 炊飯器・選び方のポイント
  3. 炊飯器の選び方
  4. 炊飯器の購入方法
  5. 炊飯器の選び方でよくある質問

この記事を読むことで、炊飯器の選び方がよく分かります。機能や炊き上がりについても理解し、自分に合う炊飯器を探しましょう。

続きを読む


「今あるエアコンを移設したい」などとお悩みではないでしょうか。故障しておらず、まだ十分に使えるエアコンなら買い替えなくても移設をすることも可能です。しかし、自分で移設できるのか・できない場合の依頼先はどこかなど分からないことも多くあることでしょう。そこで、今回は、エアコンの移設について詳しく解説します。

  1. エアコンの移設について
  2. エアコンの移設費用について
  3. エアコンを移設するべきか購入すべきか
  4. エアコンの移設に関するよくある質問

この記事を読むことで、エアコンの移設について詳しく分かり、スムーズに手配できるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

続きを読む


MacBookを何年くらい使っていますか? MacBookは大変人気のあるパソコンで、長く使っている方もいるでしょう。しかし、MacBookにも寿命があります。さまざまな不具合が続く場合、寿命が近いサインが出ている可能性があるでしょう。買い替えのタイミングを予測するためにも、MacBookの寿命について理解しておくことが大切です。

本記事では、MacBookの寿命や処分方法に関する情報をご紹介します。

  1. MacBookの寿命について
  2. MacBookの寿命が近い? よくある症状
  3. MacBookの買い替えについて
  4. MacBookの寿命でよくある質問

この記事を読むことで、MacBookの寿命についてよく分かります。また、少しでも長く使いたいと思っている方は、寿命を延ばす方法も併せて覚えておいてください。

続きを読む