「 家具・家電の役立ち情報 」一覧

新居のインテリアを考えるのは楽しいですよね。生活環境が変わるのと同時に、インテリアを一新し、おしゃれな家にしてみたいという願望が湧き上がることでしょう。部屋によって間取りが異なるため、新居で家具や家電などのレイアウトを変えるのは必要なことです。インテリアを変えるにあたり、予算やテイストを決めておくことがポイントになります。新生活を想像しながら、快適な空間作りやインテリアについて考えてみましょう。本記事では、新居のインテリアをコーディネートする方法をご紹介します。

  1. 新居のインテリア・まずどうするか?
  2. 新居のインテリア・選び方
  3. 新居のインテリア・配置について
  4. インテリアコーディネートを紹介したサイト
  5. 新居のインテリアでよくある質問

この記事を読むことで、新居のインテリアについてよく分かります。 これから一人暮らしを始める・引っ越しの予定がある・新婚生活を始める方などは、インテリアコーディネートを新居の間取りを考えるときの参考にしてください。

続きを読む


新婚生活のスタートは、喜びと期待で胸が膨らむことでしょう。新居で生活を始めるとき、家を快適な空間にするため、家具選びや配置について考えるものです。家具は、どんな家にしたいのかにより、選ぶものが変わってきます。また、夫婦2人で話し合いながら決めるのも、楽しい時間です。しかし、新居の家具はどのようなものを選べばいいのか、どこで購入したらいいのか迷うことが多いでしょう。新婚の場合、将来を見据えて家具を購入することがポイントです。本記事では、新婚の家具選びについてご紹介します。

  1. 新婚に必要な家具とは?
  2. 新婚の家具・選び方について
  3. 新婚の家具をお得に購入する方法
  4. 新婚の家具でよくある質問

この記事を読むことで、新婚生活の家具選びについてよく分かります。新婚生活を順調に送るためにも、家具を購入するための予算や購入金額の相場などもしっかり理解しておきましょう。もうすぐ結婚予定の方や新婚生活の準備をする方は必見です。

続きを読む


5月も後半となり、梅雨入りも近づいてきました。梅雨時になると除湿機をよく使うという人も多いことでしょう。最近の除湿機は単に部屋の湿気を取り除くだけでなく、衣類乾燥機能を備えた製品も増えました。また、「除湿機の調子が悪いので、梅雨の前に買い替えを検討している」という人もいるでしょう。

今回は、除湿機の寿命や買い替えのタイミング、処分方法などを解説します。

  1. 除湿機の種類や寿命について
  2. 除湿機の寿命サインや寿命を延ばす方法
  3. 除湿機の買い替えや処分方法
  4. 除湿機の寿命や買い替え・処分に関するよくある質問

この記事を読めば、除湿機を買い替える目安もつけやすくなるでしょう。除湿機の買い替えや処分を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


パソコンの処分や引越しなどの際に、パソコンの梱包(こんぽう)が必要になる場合があります。パソコンは精密機器であるため、丁寧に梱包しなければ、故障や破損などが起こるでしょう。輸送時のトラブルを避けるためにも、正しい梱包方法を覚えておいてください。

今回は、パソコンを梱包する手順をご紹介します。

  1. パソコンの梱包方法について
  2. パソコンを梱包したら
  3. パソコンの梱包でよくある質問

この記事を読むことで、パソコンを安全に輸送するための梱包方法がよく分かります。引越しや処分の予定がある方は必見です。

1.パソコンの梱包方法について

安全に輸送するためにも、パソコンの梱包方法はしっかり覚えておきましょう。

1-1.用意するもの

パソコンの梱包方法は、ダンボールを使った方法や、紙袋などを使った簡易包装があります。いずれの方法でも必要になるのは、緩衝材・ガムテープ・フェルトペンです。外部から衝撃が加わっても、パソコンまで伝わらないように防護しなければなりません。緩衝材は新聞紙などを代用してもいいでしょう。ダンボールはパソコンのサイズに合うものを選んでください。サイズが大きすぎるものは、緩衝材を詰め込んで梱包しても、中で動いてしまう可能性があります。重量のあるデスクトップ型のパソコンは、簡易包装にせず、必ずダンボールを使ってしっかり梱包してください。ノートパソコンの場合、紙袋を使った包装でも問題ありません。ただし、引越し先でもパソコンを使うようなら、デスクトップ型・ノートパソコンにかかわらず、安全面を優先し、ダンボールを使った梱包がおすすめです。梱包を終えたら、目的に応じて「リサイクル品」「精密機器」などとフェルトペンで分かりやすく記載しましょう。

1-2.梱包方法・流れ

パソコン本体とケーブルは、あらかじめ分けておきましょう。パソコン本体を緩衝材で丁寧に包み込み、ガムテープでしっかり固定します。ダンボールに入れるときは、緩衝材をダンボールの底面に敷き、パソコンを入れてから再び緩衝材を詰め込んでください。すき間にケーブル類や付属品を詰め込むと安定します。紙袋を使った簡易包装の場合でも、緩衝材はたっぷり使うようにしましょう。緩衝材の間にパソコンを入れ、衝撃から守るように意識してください。紙袋の口はガムテープでしっかり固定しましょう。

1-3.パソコンを梱包するときのポイント

パソコンを梱包するときは、ダンボールとパソコンが触れ合わないように緩衝材を敷き詰めるのがポイントです。また、デスクトップ型などの大きなものは、排気口を上にし、横向きに入れると安定するでしょう。ノートパソコンも同じ要領で梱包してください。

1-4.梱包資材がない場合はどうするか?

ダンボールなどの梱包資材は、スーパーやコンビニで調達できます。無料で提供してくれる店舗がほとんどです。緩衝材は、100円ショップでも購入できます。包装資材専門店なら、大きめの緩衝材を入手できるでしょう。タオルや毛布を緩衝材の代わりに使う方法もおすすめです。宅配業者では、パソコンの引き取り・梱包・配送を一括して請け負うサービスがあり、梱包資材が用意できないときに便利でしょう。ただし、配送料以外に別途費用がかかるので注意してください。

1-5.パソコンの梱包をするときの注意点

ディスプレーはひび割れや傷が起こりやすい製品です。液晶部分を緩衝材で保護してから、ダンボールを3枚ほどあてて補強するといいでしょう。また、輸送時のトラブルを防ぐために、ダンボールの上下を示す「天」「地」を表記しておくと安心です。

2.パソコンを梱包したら

パソコンのリサイクルや処分時は、宅配回収や持ち込み回収を利用するケースが多いものです。特に、パソコンの無料回収を実施している業者が増えており、以前より利用しやすくなっています。梱包を終えたパソコンの発送について覚えておきましょう。

2-1.発送について

業者のリサイクル回収を利用する場合、業者ごとに利用できる宅配業者が異なります。指定の業者を確認し、伝票を記入して準備しましょう。内容物の欄に、「パソコン」と記載してください。精密機器を表示するシールを貼りつけてから発送しましょう。

2-2.引き取りについて

発送する場合、宅配便業者に直接持ち込んで発送する方法と集荷を依頼する方法があります。パソコンはわずかな揺れでも故障しやすいため、自宅まで引き取りに来てくれる集荷を利用すると便利でしょう。ただし、集荷費用がかかる場合があります。

3.パソコンの梱包でよくある質問

パソコンの梱包は、コツを覚えてしまえば簡単にできます。疑問点は作業前に解消しておきましょう。

Q.付属品も緩衝材で包んだほうがいいのか?
A.ケーブルやキーボードなどの付属品は、箱の中で動いてしまうことがあります。パソコン本体にダメージや傷を与えてしまう恐れがあるため、緩衝材で包んだほうが安全でしょう。

Q.引越しでパソコンの内部に故障が起きた場合、引越し業者に補償してもらえるのか?
A.引越し業者は「運送業者貨物賠償責任保険」に加入しています。しかし、パソコンの外側に傷や破損が生じた場合にだけ対応できるもので、内部の見えない故障は対象外となってしまうのです。そのため、故障が起こらないように梱包することが求められます。

Q.パソコンの梱包前にやっておくこととは?
A.輸送時のトラブルなどに備え、梱包前にデータのバックアップを取っておきましょう。データのバックアップを取っておけば、万が一、データが消失しても、新しいパソコンでデータを復旧することができます。外づけハードディスクやUSBメモリーなどを活用してください。オンラインストレージもおすすめです。

Q.ダンボールの高さが合わない場合はどうすべきか?
A.必ずしもダンボールのサイズがパソコンに見合うとは限りません。高さが余ってしまい、揺れが生じてしまうこともあります。高さを調整したい場合は、切り抜いたダンボールを内蓋としてパソコンの上から押さえるといいでしょう。内蓋はダンボールの内側にガムテープでしっかり固定してください。

Q.購入時の箱がある場合は利用してもいいのか?
A.購入時の箱は存分に活用しましょう。パソコンがすっぽり入るように設計されており、緩衝材などもダンボールに接着されています。付属品を入れることも可能です。

まとめ

いかがでしたか? パソコンはリサイクル回収や引越しなどの際に、輸送が必要になります。パソコンはわずかな衝撃や揺れに弱いため、しっかり梱包しなければ、故障やトラブルが起こるものです。まれに、データが消えてしまう事故も起こり得ます。緩衝材でパソコン全体をしっかり包み込み、ダンボールとパソコンが触れ合わないように梱包してください。ダンボール内にすき間を作らないよう、緩衝材で埋めることも大切です。輸送時の思わぬトラブルを防ぎ、安全に発送できるように準備しましょう。


木製家具は、自然の風合いを生かし、やさしい雰囲気を出すことができて人気です。ただし、長くキレイに使うためには、手入れやメンテナンスが必要になります。お気に入りの木製家具を長持ちさせるためにも、きちんと手入れをしましょう。しかし、どんな手入れをするといいのか、扱うときの注意点は何かなど、よく分からないことが多いものです。そこで、今回は、木製家具の手入れやメンテナンスについて詳しく解説します。

  1. 木製家具を扱うときの注意点
  2. 木製家具の手入れ方法
  3. 木製家具の手入れでよくある質問

この記事を読むことで、木製家具の手入れについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

続きを読む


電子レンジは、生活に欠かせない家電の1つです。ものを温めるだけでなく調理にも使えるため、電子レンジを毎日何回も使っている、という人も珍しくないでしょう。その一方で「電子レンジをそろそろ買い替えたいけれど、タイミングが分からずに困っている」と悩んでいる人もいると思います。
そこで、今回は電子レンジの買い替え時期や処分方法を解説しましょう。

  1. 電子レンジの買い替え時期とは?
  2. 修理か? 買い替えか?
  3. 電子レンジの処分方法
  4. 電子レンジの買い替えに関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、電子レンジの買い替え時期や処分方法に悩むことはありません。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


1人暮らしを計画している人にとって大切なのが「生活に必要なものをそろえること」です。
1人暮らしの資金は人それぞれ目安があるでしょう。これからの生活を考えるのならできるだけ安い費用で必要な家具をそろえたいですよね。

そこで、新品よりも値段の安い「中古家具」のメリット・デメリットについて説明します。また、中古家具を買う前に確認すべきポイントや注意点も紹介するのでぜひチェックしてください。

  1. 中古家具のメリット・デメリット
  2. 中古家具を買う前に確認すべきポイント
  3. 中古家具を買う際の注意点
  4. まとめ

続きを読む


電子レンジは、日常生活に必要な家電製品の1つです。お惣菜(そうざい)の再加熱、冷凍品の解凍、調理に使うなど幅広い用途を持っています。お子さんがお母さんのお手伝いをするときも、包丁や火気は危険ですが、電子レンジなら安心してお願いできるという方もいるでしょう。

電子レンジを使った調理法は、安全で時短にもなる便利な方法です。電子レンジは毎日の暮らしに馴染(なじ)んだ電化製品ですが、突然故障すると慌ててしまいますよね。なぜ急に使えなくなってしまうのか、理由がわからず対処に困ることもあるでしょう。

故障内容によっては、寿命が近い可能性もあります。電子レンジの故障で困ることがないよう、寿命が近いサインを知っておき、早めに買い替えや修理などを検討するようにしたいものです。

今回は、電子レンジが故障したときの対処方法などについてご紹介します。

  1. 電子レンジによくある故障と対処法
  2. 電子レンジの寿命
  3. 電子レンジの処分方法

続きを読む


毎日使うテーブルは、いつの間にか汚れやしみができてしまいますよね。熱による色褪(あ)せ・コップの輪染み・カレー汚れなど、気になるものができても対処法がわからず、きれいにできない方も多いはずです。高級なテーブルを使っている場合、わずかな汚れも残したくないと考えることでしょう。購入時にメンテナンスを年に1回行うように言われていたけれど、実際は行っていない方が多いのです。テーブルを美しい状態に戻すコツはあるのでしょうか?

今回は、テーブルについた気になる汚れを取り除く方法をご紹介します。

  1. テーブルの汚れとは? 
  2. 木製テーブルのしみを取る方法
  3. テーブルの汚れ防止策

続きを読む


洗濯機の運び方にはコツがあることをご存じですか? 引っ越しの際、業者に依頼せず自分で運んだ方が費用の節約になります。軽トラのような車があればその方法も可能でしょう。しかし、洗濯機のように大型のものを自分で運ぶときは注意が必要です。階段はどのように運ぶのか、横にしても大丈夫なのか、分からないこともたくさんあるでしょう。

「洗濯機を1人で運びたい」「水の処理はどうすればよいのか?」「腰痛にならないように気を付けることは?」そんな人たちのために、洗濯機の運び方と処分方法をまとめてみたいと思います。

  1. 洗濯機を運ぶ際のコツ
  2. 洗濯機を運ぶ際の注意点
  3. 洗濯機の処分方法

続きを読む