北欧家具を買取に出す方法は? 高額査定のポイントや注意点もご紹介

北欧家具はスタイリッシュなデザインで人気が高いため、買取に出すことができます。古いものでもヴィンテージ品として好まれる場合があるでしょう。どんなものが買取対象となるのか、買取に出す際に注意すべきことはあるのかなど、北欧家具の買取に関する疑問も多く出てくると思います。北欧家具を買取に出す際は、あらかじめ買取に関する知識を持っておくと安心です。

そこで、本記事では、北欧家具を高額査定に結びつけるポイントや注意点などをご紹介します。

  1. 北欧家具は買取に出すことができる?
  2. 高額査定になる北欧家具
  3. 北欧家具を買取に出す際の注意点
  4. 北欧家具を買取に出す方法
  5. 北欧家具の買取でよくある質問

北欧家具には、人気のブランドがあります。どんなブランドが人気なのかを知っておき、買取に出す際の参考にしましょう。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.北欧家具は買取に出すことができる?

まず、北欧家具の中古需要などを見ていきましょう。

1-1.北欧家具は中古でも人気が高い

北欧家具はシンプルでスタイリッシュなデザインが好評で、中古でも人気が高いのが特徴です。スウェーデン・デンマーク・フィンランド・スカンジナビアなどで作られているものを、北欧家具と呼ばれています。

1-2.購入時の価格が安い製品は買取が難しい

中古市場でも人気が高い北欧家具でも、購入時の価格が安いものは買取が難しいでしょう。たとえば、イケアなどの量販店製品で市販されている組み立て式の家具やアウトレット製品などです。査定に出しても買取不可となる可能性があるため、買取対象となるものの特徴を事前に知っておいたほうがいいでしょう。

1-3.買取対象となるもの

北欧家具は、すべてが買取対象となるわけではありません。傷・汚れ・臭いなどがあり、歪みが生じるなど、正常に使うことができないものは、買取不可となるので注意してください。

1-4.古くても買取対象となる場合がある

年式が古いものでも、人気ブランドで希少価値が認められるものであれば、ヴィンテージ品やアンティーク品などに分類され、買取対象となる可能性があるでしょう。

2.高額査定になる北欧家具

北欧家具を高額査定に結びつけるポイントなどをご紹介します。

2-1.有名ブランドのもの

高額買取になりやすいのは、有名ブランドのものです。たとえば、以下のようなブランドがあります。

  • カール・ハンセン&サン
  • フリッツハンセン
  • ボーコンセプト
  • アルテック
  • マルテラ
  • アデルタ
  • デザイン・ハウス・ストックホルム
  • ストッケ

2-2.状態が良好なもの

傷や汚れがない状態が良好なものは、高額査定になりやすいでしょう。普段からお手入れを行い、きちんとメンテナンスが行き届いていることが伝われば、高額査定につながる可能性があります。

2-3.セットで買取に出すと有利

ダイニングやソファーなどは、単品よりセットで買取に出したほうが査定では有利です。ダイニングテーブルと椅子をセットで出す・種類がばらばらでもなるべくまとめて買取に出すなどの方法で、買取価格が上がるよう工夫してみましょう。

2-4.北欧家具の買取強化キャンペーンなどを狙う

高額査定を狙うなら、北欧家具の買取強化キャンペーンを実施している店舗を狙い、査定を受けるのも1つの方法です。買取業者のホームページなどを閲覧すれば、買取強化品目を知ることができます。複数の業者をチェックしてみましょう。

3.北欧家具を買取に出す際の注意点

北欧家具を買取に出す際は、どんな点に気をつければいいのでしょうか? 注意点をご紹介します。

3-1.付属品をそろえておく

購入時の付属品をそろえておくと、高額査定につながる可能性が高いでしょう。保証書・交換パーツ・取扱説明書・メンテナンス用品などです。すべてがそろわない場合でも、できるだけ用意しておくと査定では有利となります。

3-2.細かな部分まで掃除をしておく

査定時で好印象を得るためには、細かな部分まで掃除をしておくことが大切です。ホコリや汚れなどを取り除き、見栄えがいい状態にしておきましょう。

3-3.複数の業者で査定を受けること

北欧家具は、思わぬ価格がつく場合があります。買取価格の相場を探るためには、複数の業者で査定を受けることが大切です。少なくとも、3〜4社の見積もりを比べ、買取先を決めましょう。北欧家具の買取で損をしないために、比較検討することが重要なポイントです。

4.北欧家具を買取に出す方法

北欧家具を買取に出す方法をご紹介します。

4-1.家具買取専門業者

北欧家具は高値で買取してもらえる可能性があるため、価値を適切に見極められる家具買取専門業者へ買取を依頼しましょう。専門業者であれば、ブランドなどに関する知識も豊富で、中古需要を熟知しています。家具買取専門業者の中でも、北欧家具を専門にしている業者を選ぶと安心です。

4-2.リサイクルショップ

リサイクルショップでも、家具の買取を行っています。気軽に立ち寄ることができるメリットはあっても、北欧家具に関する専門知識が乏しいため、一般的な家具と同等に扱われてしまい、適正価格で買取してもらえない可能性が高いでしょう。また、査定に持ち込みを要するので、運搬の手間や輸送時の傷や破損などが起こりやすいのもデメリットです。

4-3.不用品回収業者

不用品回収業者では、不用品の引き取りだけでなく、買取も行っています。北欧家具も買取対象となる可能性が高いでしょう。不要品回収業者はリサイクルショップより高値で買取してくれるケースが多いものの、出張買取が基本であるため、買取価格から出張費用が差し引かれる場合があります。業者の料金体系などを調べておき、買取で損をしないよう注意しなければなりません。

5.北欧家具の買取でよくある質問

北欧家具の買取に関する質問を集めました。

Q.リプロダクト品も買取対象となるのか?
A.正規品に比べて買取価格は大きく下がりますが、買取してもらえる場合があります。リプロダクト品は、正規品とデザインが類似している製品です。しかし、正規品ではないため、ブランドとしての価値は低いと考えておきましょう。

Q.種類やブランドが異なる北欧家具でも、まとめて買取に出すと高額査定になるのか?
A.はい、高額査定になる可能性が高いでしょう。ソファーとコーヒーテーブル、スツールとダイニングチェアなど、種類やブランドが異なるものでも問題ありません。

Q.古い北欧家具は、手元に長く置いておいたほうが、ヴィンテージ品としての価値が上がるのか?
A.いいえ、そうとは限りません。すべての北欧家具がヴィンテージ品やアンティーク品として買取対象となるわけではないため、不要になったら早めに手放しましょう。

Q.家具買取専門業者は、ほかの業者より買取対象となるものが多いのか?
A.はい、多い傾向があります。家具買取専門業者は、自社でリペアをしている場合があり、北欧家具の補修などをして再販できるためです。また、取り扱うブランドや品目が幅広いことも関連しています。

Q.保証書がなく、北欧家具のブランドを証明できない場合はどうすべきか?
A.北欧家具本体にブランドステッカーが貼りつけられていないか、確かめてみてください。ステッカーがない場合は、家具買取専門業者に買取を依頼し、正規品かどうかを鑑定してもらいましょう。

まとめ

北欧家具は、中古需要が高いため、買取対象となる可能性があります。有名ブランドで状態が良好なものであれば、高額査定も期待できるでしょう。購入時の付属品があれば、買取ではより有利になります。北欧家具の価値を見極めてもらい、適正価格で買取してもらうためには、北欧家具を熟知した家具買取専門業者に依頼する方法がおすすめです。複数の業者で査定を依頼し、比較検討してから業者を選びましょう。