金歯は売ることができるの? 売却方法や注意点を徹底解説!

「金歯をかぶせた歯が抜けたので売却したい」と考えている人はいませんか? 今は金の価格が上がりつづけているため、貴金属の買取を積極的に行っている業者が増えています。しかし、「金歯は衛生上の問題もあるので、本当に売ることはできるのか?」と不安に思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、金歯の売却方法や売却する際の注意点を解説します。

  1. 金歯は売ることができる?
  2. 金歯の売買事情
  3. 自分で金歯を売ることはできる?
  4. 金歯の売却に関するよくある質問

この記事を読めば、金歯を買取してくれる場所もよく分かるでしょう。金歯を売りたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.金歯は売ることができる?

金は、非常に安定した金属なので昔から歯のかぶせもの(クラウン)や入れ歯の土台として使われてきました。歯の治療に使われている金は、14K~18Kくらいで1gあたり2,000~3,000円台が買取相場です。ですから、クラウン1個で数千円にはなるでしょう。金歯の買取業者は以前より少なくなったといわれていますが、インターネットで検索すればまだたくさんの買取業者が見つかります。金歯が家に保管してあるという人は、一度査定に出してみましょう。

2.金歯の売買事情

この項では、金歯を買取してくれる場所や買取方法などを解説します。

2-1.金歯を売ることができる場所は?

貴金属の買取を行っている店舗の多くで、金歯を売ることができます。インターネットで検索すれば、最寄りの店舗が見つかるでしょう。また、遠方の業者でも宅配買取を利用すれば売却できます。ただし、貴金属を売買している店舗でも金歯の買取は行っていないところもあるので、ホームページを確認したり問い合わせたりしてください。

2-2.金歯の売却方法

金歯は、歯がついたまま保管しているというケースも多いでしょう。そのため、クラウンの取り外しは業者が行うのが一般的です。無理に自分で取り外す必要はありません。入れ歯の場合も、金とその他の素材の取り外しは業者が行います。そして、単純に金属部分のグラム(g)数で値段が決定するので、金歯1本なら数千円が相場です。

なお、査定結果に納得できなければ売却しないこともできますが、店舗によっては歯からクラウンを外す技術料を請求されることもあります。

2-3.宅配買取のメリットや注意点

金歯を買取してくれる店舗が近くにないという場合は、宅配買取を利用する方法があります。これは、宅配便で金歯を店舗に送り査定してもらう方法です。日本中どこからでも査定が依頼できるメリットがある反面、郵便事故などで金歯が紛失する恐れもあります。また、金歯を送ったのに音沙汰がなくなったというケースもあるため、宅配査定をは、信頼できる業者に依頼することが大切です。

また、値段がつかなかったり査定額に納得がいかなかったりした場合の対処方法や必要な料金などもあらかじめ確認しておきましょう。

2-4.買取ができない歯のかぶせものは?

銀歯や白金加工(プラチナクラウン)のかぶせものは、買取不可とするところが大半です。白金は貴金属では買取対象ですが、歯のかぶせものに使われているものは、含まれている白金の含有量が少なくて値段がつかないため、注意しましょう。

3.自分で金歯を売ることはできる?

ネットオークションや、フリマサイトでは金歯が出品されることもあります。買い手がつくこともありますが、業者よりも高値がつくとは限りません。また、衛生上の問題もあります。「たとえ数百円でもいいので金歯を売りたい」という人以外は、あまりおすすめはできません。

4.金歯の売却に関するよくある質問

この項では、金歯の売却に関するよくある質問を紹介します。

Q.金歯は、古いものでも売却可能ですか?
A.はい。金は時間がたっても劣化しないので問題ありません。

Q.アクセサリー類と金歯を一緒に売るほうが高値がつきやすいでしょうか?
A.金はデザインに関係なくg単位で買取になるので、値段が高くなることはありません。しかし、まとめて売ったほうが買い手側には喜ばれます。

Q.金属なのか、金メッキなのか区別がつかないので値段がつくか心配です。
A.口腔(こうくう)内の治療に使われているクラウンに金メッキのものはありません。ですから、金歯なら値段がつきます。

Q.金歯を歯医者さんで取り外してもらうことはできませんか?
A.たとえば、金歯を別のかぶせものに交換する際に金歯を持ち帰ることは可能です。しかし、すでに抜かれて時間がたった歯から金歯を取り外してくれる歯医者さんは、ほとんどいないでしょう。

Q.金歯以外の18Kや14Kも買取してもらえますか?
A.はい。今はアクセサリー類のほうが買取してもらいやすいでしょう。

まとめ

今回は金歯を売る方法についていろいろと解説しました。衛生上の問題もあり、金歯の買取業者は以前に比べると少なくなっています。しかし、大手貴金属店などでは買取してくれるところもあるので、探してみてください。金は腐食もさびもしないので、時間がたっても価値は変わりません。