コーヒーメーカーの買取・処分を知りたい? 詳しい方法を教えます!

コーヒーメーカーがあると、自宅でおいしいコーヒーをいつでも楽しむことができます。しかし、買い替えなどの理由でコーヒーメーカーの処分が必要になることもあるでしょう。不要になったコーヒーメーカーでも中古品として十分に使用価値があるものは、買取してもらえる可能性が高くなります。今回は、コーヒーメーカーの買取について詳しく解説しましょう。

  1. コーヒーメーカーの買取について
  2. コーヒーメーカーの買取前にしておくべきこと
  3. コーヒーメーカーの買取方法
  4. コーヒーメーカーの買取でよくある質問

この記事を読むことで、コーヒーメーカーの買取について詳しく分かります。まずは記事をじっくり読んで参考にしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.コーヒーメーカーの買取について

最初に、コーヒーメーカーの買取に関する基本を解説します。

1-1.コーヒーメーカーの人気の理由や主な種類

コーヒーメーカーは、自宅でおいしいコーヒーを飲みたい人には生活必需品と言えるでしょう。好きなコーヒー豆で入れたてのコーヒーを味わえるからです。特に、朝食にパンを食べる人は所持率が高くなります。コーヒーメーカーの主な種類は、以下をご覧ください。

  • インスタントタイプ:ボタンを押すだけでインスタントコーヒーを手軽に楽しめる
  • ドリップタイプ:挽(ひ)いたコーヒー豆を使い、風味のあるコーヒーを大量作成可能
  • カプセルタイプ:コーヒー1杯分のカプセルを使用し、手軽に本格的な風味を楽しめる
  • エスプレッソタイプ:エスプレッソコーヒー専用マシーンでこだわりの1杯を作成可能
  • 全自動タイプ:豆を挽(ひ)くことから抽出まで全自動で作成可能

1-2.コーヒーメーカーは買取可能?

中古のコーヒーメーカーでも、状態のいいものは買取してもらうことができます。買い替えなどで不要になったコーヒーメーカーは、処分する前に買取できないか考えてみてください。条件によっては、高額買取も可能です。

1-3.買取できるもの・できないものの特徴

コーヒーメーカーで買取できるもの・できないものの特徴は、以下を参考にしてください。

<買取できるもの>

  • 人気メーカー・ブランド
  • 使用感が少ない
  • 故障していない
  • 目立つ傷・汚れ・ひどい臭いがない
  • 箱・付属品がそろっている
  • 年式が新しい

<買取できないもの>

  • 無名メーカー・ブランド
  • 故障している
  • 目立つ傷・ひどい汚れや臭いがある
  • 付属品に欠品が多い年式が古い
  • 海外製の粗悪品

1-4.コーヒーメーカーで人気のブランド

コーヒーメーカーで人気のブランド・種類には、以下のようなものがあります。

  • パナソニック(NCシリーズなど)
  • デロンギ(マグニフィカシリーズなど)
  • ネスレ(ネスカフェドルチェシリーズなど)
  • タイガー(カフェバリシリーズなど)
  • 象印(珈琲通シリーズなど)

1-5.コーヒーメーカーの買取金額相場について

コーヒーメーカーの買取金額の相場は、人気メーカーでほぼ使用感がないものの場合、新品の半額程度(数千円~)です。特に人気のブランドで需要が高いものは、買取金額が高くなります。ただし、同じものでも業者によって査定基準が異なるため、できるだけ高額買取してもらうには複数の業者に見積もりを依頼し、比較するといいでしょう。

2. コーヒーメーカーの買取前にしておくべきこと

コーヒーメーカーの買取前にしておくべきことを詳しく解説します。買取金額アップのためにも重要なポイントです。

2-1.できるだけキレイな状態にしておく

コーヒーメーカーには、コーヒーや水あか・ホコリなどの汚れが付着しています。内部の汚れをキレイにするには、水と酢を2:1の割合で混ぜたものをコーヒーメーカーに注(そそ)ぎ、注ぎ口にカップや容器をセットしてからスイッチを押してください。すると、内部の汚れをキレイに掃除できます。コーヒーメーカーの外側は、中性洗剤を溶かした水につけた布を固く絞ってふきましょう。仕上げに、水ぶき・からぶきをしてください。なお、コーヒーメーカーによっては、使用不可としている洗浄成分もあるので使用説明書を確認しておきましょう。

2-2.付属品をそろえておく

コーヒーメーカーの付属品をそろえておきましょう。付属品がすべてそろっていれば問題ありませんが、欠品している場合は減額査定となります。欠品している部品が多い場合、買取不可となることもあるので注意しましょう。なお、説明書や箱などがあれば忘れずに添付してください。

3.コーヒーメーカーの買取方法

コーヒーメーカーを買取してくれるところは、リサイクルショップや不用品回収業者などです。また、自分で売る方法として、ネットオークションやフリマサイトの利用が挙げられます。

3-1.リサイクルショップ

リサイクルショップの店頭に直接持ち込み、買取査定を受けましょう。業者の規定に沿って査定した結果、買取可能となり提示金額に納得できた場合は、代金と引き換えにコーヒーメーカーを引き渡してください。なお、リサイクルショップでは買取不可の場合でも処分を依頼することはできません。

  • メリット:持ち込みと同時に査定が可能・買取可能な場合はその場で引き渡せる
  • デメリット:買取不可でも処分してもらえない・買取価格が安い

3-2.不用品回収業者

不用品回収業者でも、コーヒーメーカーの買取をしています。まずは、業者に見積もりを依頼しましょう。業者で査定をした後、見積もりが届くので内容を検討し、回収方法や買取金額に納得できたら正式に申し込んでください。なお、不用品回収業者では、コーヒーメーカーの回収を以下のような方法で行っています。

  • 店頭持ち込み:自分で業者の店頭に持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:日時・場所を指定して業者に回収してもらう

業者によっては利用できない回収方法場合もあるので、事前に確認しておきましょう。コーヒーメーカー単体での買取依頼は、宅配回収を利用すると回収費用が安く済んでおすすめです。

  • メリット:買取不可でも処分してもらえる・都合のいい回収方法を選べる
  • デメリット:コーヒーメーカー単体の買取だと回収費用が割高

3-4.ネットオークション

ネットオークションは、インターネットを利用したオークションです。専用サイトに会員登録した後、必要事項を入力して出品手続きに進みましょう。落札されたら、落札者と連絡を取り合い、支払いの確認・コーヒーメーカーの発送をしてください。

  • メリット:思わぬ高額落札の可能性がある・欲しがっている人と直接やり取りできる
  • デメリット:必ずしも落札されるとは限らない・未入金や商品クレームなどのリスクがある

3-5.フリマサイト

スマホの普及を受けて、より気軽に個人間売買ができるようになったのがフリマサイトです。専用サイトに会員登録が必要な点などはネットオークションと変わりません。しかし、出品手続きが簡単なことや利用者の急増を背景に、人気が高まっています。取引成立後は、連絡先の交換・支払いの確認・商品の発送を行ってください。

  • メリット:出品手続きが簡単・欲しがっている人と直接やり取りできる
  • デメリット:値切られやすい・未入金や商品クレームなどのリスクがある・必ずしも取引成立となるとは限らない

4.コーヒーメーカーの買取でよくある質問

最後に、コーヒーメーカーの買取でよくある質問に回答します。それぞれ目をとおし、参考にしてください。

Q.コーヒーメーカーとミルを同時に買取依頼するメリットは?
A.それぞれ別々に依頼するよりも、手間や時間を節約できる点がメリットです。また、業者によっては無料回収対象品(パソコンやスマホなど)との同時処分に限り、コーヒーメーカーの処分費用も無料となることもあります。

Q.コーヒーメーカーが買取不可と査定された場合はどうすればいい?
A.処分を考えるか、ほかの業者に改めて依頼するかのいずれかを検討してください。ほかの業者でも同様に買取不可との結果が出たときは、あきらめて処分するといいでしょう。

Q.全自動タイプのコーヒーメーカーで人気のものは?
A.以下のようなものが人気です。

  • タイガー(カフェバリエ):マグカップやタンブラーに直接ドリップ可能
  • デロンギ(マグニフィカ):全自動でエスプレッソ・カプチーノを作成可能
  • パナソニック(NC-A56-K):水道水のカルキ分を9割カットでき、雑味の少なさが特徴
  • シロカ(SC-A121SS-TMF):スタイリッシュなデザインで豆と粉いずれも使用可能

Q.業者から提示された価格に納得できない場合は?
A.まずは、業者に査定理由を聞いてみましょう。自分でも気づかなかったポイントで減額査定となっている場合もあります。業者が明確に説明してくれない・不審点が残るなどの場合は、ほかの業者に改めて依頼してもいいでしょう。

Q.コーヒーメーカーの買取はどんな業者に依頼するといい?
A.以下のポイントを満たす業者がおすすめです。

  • コーヒーメーカーの買取実績が豊富
  • 査定が無料
  • 買取不可の場合は資源リサイクルしている
  • 回収費用がリーズナブル
  • スタッフの対応が親切で感じがいい
  • 古物商許可を取得している

まとめ

今回は、コーヒーメーカーの買取について詳しく解説しました。不要になったコーヒーメーカーも、条件がいいものは買取してもらうことができます。まずは、どんな方法でどこに買取してもらうかじっくり考えてみましょう。業者に買取してもらうにしても自分で売るにしても、メリット・デメリットがあります。それぞれよく理解し、買取方法を選びましょう。