掃除が苦手な人は注目! 簡単にできる方法と挫折しないコツを解説!

「掃除が苦手だけど、何とか部屋をキレイにしたい」「掃除が苦手でも簡単にできる方法を知りたい」とお考えではないでしょうか? 何らかの理由により掃除が苦手だと、部屋がすぐに散らかりやすくて困りますよね。しかし、掃除しようとしても何から始めるとよいのか、どんな方法で進めるとよいのかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、掃除が苦手な人でも上手に掃除できる方法について詳しく解説します。

  1. 掃除が苦手な人の特徴は?
  2. 掃除の苦手意識を解消する方法
  3. 掃除が苦手な人におすすめの方法
  4. 掃除の苦手意識に関するよくある質問

この記事を読むことで、掃除が苦手な人でも効率よくできる方法がよく分かります。掃除に苦手意識がある人は、記事を読んでみてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.掃除が苦手な人の特徴は?

最初に、掃除が苦手な人にはどんな特徴があるか、具体的に見ていきましょう。

1-1.面倒くさがり

掃除が苦手な人の特徴として、面倒くさがりなことが挙げられます。掃除をしなければと考えても、面倒な気持ちが勝ってしまうのです。今日こそは掃除をしようとしても、その都度面倒だという気持ちに負け、結局掃除することができません。また、面倒くさがりの人の中には、掃除するならきちんとやるべき、掃除は大変な作業だなどの思い込みにより、手が出せないこともあります。

1-2.飽きっぽい

飽きっぽい性格の人も、掃除が苦手な傾向があります。掃除は、単調な作業の繰り返しです。特に、部屋数が多かったり広かったりすると、単調な作業の繰り返しに飽きてしまい、長続きしないことがあります。最初はやる気があって掃除していても、途中で飽きて放り出してしまうこともあるでしょう。

1-3.限定品や新製品に弱い

掃除が苦手な人の中には、限定品や新製品に弱く、よく考えずに購入してしまう人もいます。すでに持っていたり特に必要でなかったりするものでも、目新しさに負けてつい購入してしまうのです。すると、たちまちものが増えてしまい、収拾が付かなくなります。ものが増えるほど掃除しづらくなり、ますます苦手になってしまうのです

1-4.ものを捨てる習慣がない

ものを捨てる習慣がないのも、掃除が苦手な人によくあるパターンです。毎日の暮らしでゴミや不用品が発生しても、定期的に捨てる習慣があれば、部屋が散らかることはありません。しかし、掃除が苦手な人は、ゴミの分別方法や出し方・収集日、不要品の処分方法などをよく知らないために、そのままにしてしまいます。ゴミや不用品が多くて散らかった部屋では掃除がしにくいため、やる気が出ないのも当然でしょう。

1-5.体を動かすのが嫌い

体を動かすのが嫌いな人は、掃除が苦手なことが多いのも事実です。掃除は、想像以上にハードな作業であり、疲労を伴います。体を動かすことが嫌いな人は、疲れるぐらいなら掃除しなくてもよいと考えがちです。休日も家にいてゴロゴロするのが好きで、疲れるぐらいなら外出しないという人は、掃除が苦手なのも自然なことといえます。

1-6.掃除のやり方が分からない

掃除が苦手な人の中には、掃除のやり方が分からないという人もいます。掃除をしたくても、やり方が分からないので、ついそのままにしてしまうのです。たとえば、話題の掃除道具などを購入してみても、使い方が分からずに放置してしまうこともあるでしょう。ただし、このタイプの人は、掃除のやり方が分かれば、簡単に苦手意識を克服できることがあります。

1-7.大きなストレスを抱えている

大きなストレスを抱えている人は、掃除に苦手意識を持っていることが多く見られます。ストレスのせいで集中して作業できない、疲労感を覚えるなどの理由で、効率よく掃除することができないことがあるからです。実際に、掃除し始めても違うことを考えてしまい、うまくいきません。中には、ストレスが理由で掃除に苦手意識を持っていても、自分の掃除能力が劣っているからと感じてしまうこともあります。

1-8.高齢や病気などで思考力や判断力が落ちている

病気や高齢などの理由により判断力が落ちている人も、掃除に苦手意識を持っていることが多いものです。掃除は、頭の中で段取りを考えて順番に作業することが必要になります。しかし、思考力や判断力が落ちていると、何から始めるべきか、次に何をすればよいのか、よく分からなくなってしまうのです。そのため、掃除の途中で投げ出してしまい、部屋が散らかったままになることがあります。悪化するとすぐゴミ屋敷にしてしまうタイプなので、注意が必要です。

2.掃除の苦手意識を解消する方法

掃除の苦手意識を克服する方法を、詳しくご紹介します。

2-1.掃除のメリットを考えてみる

掃除に苦手意識を持っている人は、掃除のメリットを考えてみるとやる気が出るでしょう。掃除のメリットには、主に以下のようなものがあります。

  • ものをなくしにくくなる
  • 余分なものを買いにくくなる
  • 衛生的な環境を維持できる
  • スッキリした気分で過ごすことができる
  • 前向きな気持ちになれる
  • 適度な運動になる
  • 急な来客があっても慌てずに済む

2-2.達成感を味わうようにする

達成感を味わうようにすると、掃除の苦手意識を克服することにつながります。たとえば、以下のような方法を試してみてください。

  • 掃除したたびにカレンダーに目印を付けていく
  • 7日掃除したら好きなものを食べたり欲しかったものを買ったりしてよいことにする

コツは、ちょっと努力すれば簡単に達成できる目標を設定することです。最初は、目標を達成することが目的であっても、徐々に掃除すること自体に慣れていき、苦痛に感じなくなることでしょう。

2-3.毎日数分でも簡単に掃除する習慣を付ける

掃除が苦手な人は、とにかく毎日数分でも簡単に掃除する習慣を付けることが大切です。たとえば、朝起きてから5分間だけでも、1か所だけ掃除してみてください。掃除する習慣が身に付けば、苦手意識も徐々に薄れていくことでしょう。 ポイントは、汚れが落としやすい場所や掃除しやすい場所を選ぶことです。簡単に成果が出るので、掃除のやる気が出て苦手意識の克服につながります。

2-4.完璧主義を捨てる

完璧主義を捨てると、掃除の苦手意識を克服できます。完璧主義の人は、掃除をするなら隅々までキレイに掃除すべきだと考えがちです。そのため、必要以上に気負ってしまう傾向があります。汚れが落ちない場所が一つでもあると、気になって仕方がなくなったり汚れが落ちるまで一所懸命になり過ぎたりするのです。これでは、掃除のたびに大きく疲労し、苦手意識が芽生えても仕方がありません。掃除は一生続くものなので、完璧主義を捨て、大体キレイになれば十分だと考えるようにしてください。

3.掃除が苦手な人におすすめの方法

掃除が苦手な人におすすめの方法を、具体的に見ていきましょう。

3-1.簡単に掃除できる道具を使う

掃除が苦手な人は、なるべく簡単に掃除できる道具を使うのがおすすめです。たとえば、フロアーワイパーやコロコロタイプのクリーナーなら、すぐに取り出して掃除でき、準備の手間もかかりません。また、床の掃除は、ロボット型の掃除機に任せるのもよい方法です。準備や後片付けが楽な道具を使うことで、掃除にかかる時間と労力を大幅に減らすことができ、苦手意識の克服に効果があります。

3-2.タイマーをかけて作業する

掃除が苦手な人は、タイマーをかけて作業してみるのもおすすめです。時間を区切って集中することで、気持ちにメリハリが付きます。たとえば、好きな音楽がかかっている時間だけ床をフロアーワイパーで掃除する、キッチンのシンクを洗ってみるなどなどから始めるのがおすすめです。短時間だけでも集中して掃除すれば成果が上がることが分かり、やる気が出やすくなります。

3-3.すき間時間を活用する

すき間時間を活用することで、まとまった時間を確保しなくても、身の回りをキレイに掃除することができます。たとえば、朝起きてすぐ、帰宅後すぐなど、ちょっとした時間に掃除してみましょう。ポイントは、だらだら続けるのではなく、あくまでもすき間時間を利用することです。5分程度の時間でも、掃除できる場所は意外と多くあります。まずは、すき間時間を利用して掃除すること自体に慣れていきましょう。

3-4.何かのついでに掃除する

何かのついでに掃除するようにすると、苦手意識を感じることなく掃除できるようになります。たとえば、以下を参考にしてください。

  • 食器を洗ったついでにスポンジでシンクを軽くこすって流す
  • トイレに入ったついでに掃除用シートで便器の周囲を軽く拭く
  • テレビを視聴するついでにコロコロタイプのクリーナーでソファーのホコリを取る

3-5.不用品を処分して物量を減らす

掃除が苦手な人は、不用品を処分して部屋の物量を減らすことも重要です。部屋に不用品が多い状態では、掃除がしづらく時間がかかるのでやる気が出なくなります。また、汚れがたまりやすいのも、掃除の苦手意識に拍車をかけてしまうでしょう。まずは、思いきって不用品を処分し、物量を減らしてみてください。すると、今までより格段に掃除しやすいことが実感できるはずです。短時間で簡単に掃除できるので、掃除に対する苦手意識もなくなることでしょう。

3-6.プロのハウスクリーニングサービスを活用する

プロのハウスクリーニングを活用するのも、掃除が苦手な人におすすめの方法です。掃除に苦手意識がある以上、いきなり家の隅々までキレイに掃除するのは困難でしょう。そこで、いったんプロの手を借りるのです。プロならではのテクニックで隅々までキレイにしてもらうと、汚れをリセットできてその後の掃除の負担をグンと軽くすることできます。業者の初回キャンペーンやパック料金を利用すると意外と安く依頼できることもあるので、調べてみるとよいでしょう。

4.掃除の苦手意識に関するよくある質問

最後に、掃除の苦手意識に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.掃除が苦手だとどんなデメリットがある?
A.以下のようなデメリットがあります。

  • 部屋の素材やものが傷みやすい
  • ものをなくしやすい
  • ものにつまずくなどによりケガをしやすい
  • 感染症や病気のリスクが高まる
  • 無意識にイライラすることがある
  • 考え方がマイナス思考になりやすい
  • 急な来客に対応できない
  • 悪化するとゴミ屋敷状態になることがある

Q.掃除が苦手でも本人が気にしなければよいのでは?
A.確かに、本人が気にしなければ構いません。しかし、中には、掃除が苦手な原因が心身の不調であることがあります。また、掃除が苦手なことでゴミ屋敷状態になれば、周囲の人に迷惑がかかることになり、早急な対応が必要になるでしょう。

Q.子どもに掃除の苦手意識を持たせないコツは?
A.掃除は有意義な作業であることを、分かりやすく教えてあげましょう。一緒にゲーム感覚で時間を決めて実行する、掃除が終わったら成果を一緒に確認する、子どもに好きな掃除道具を選ばせるなどの方法も効果的です。

Q.水回りの汚れがひどくて掃除をやる気になれないのですが?
A.まずは、プロのハウスクリーニングサービスを利用することを検討しましょう。1回でもプロの手で隅々までキレイにしてもらうと、自分で掃除する気になりやすくなります。

Q.プロのハウスクリーニングサービスを利用する場合の費用目安は?
A.以下を参考にしてください。

  • 1R~1K:3〜4.5万円程度
  • 1LDK~2K:5〜11万円程度
  • 2DK~3DK:12〜17万円程度
  • 3LDK~:18万円程度~

なお、実際の費用は、部屋の数や部屋の広さだけでなく、物量や汚れ具合などによっても異なります。より正確な金額を知りたいときは、業者に見積もりをもらって確認してください。

まとめ

今回は、掃除の苦手意識について詳しく解説しました。掃除が苦手な人は、どんな理由で掃除に苦手意識を持っているのか原因を突き止め、対策してみてください。また、掃除のメリットを考えてみたり、簡単で効率よく掃除できる方法を実行してみたりすることなどもおすすめです。プロのハウスクリーニングに依頼して、隅々までキレイにしてもらうことも試してみるとよいでしょう。いったんプロの手で隅々までキレイにしてもらうと、その後の掃除が短時間で簡単にでき、掃除の苦手意識を克服するのにつながります。