【必見】掃除がやる気になる方法とは? 苦手な人もこれで安心!

「掃除が苦手だ」「掃除をやる気がしない」と感じている人は、とても多いものです。散らかった部屋を片づけるためには、時間と労力がかかります。忙しい人や、めんどくさがりな人にとっては、大きな悩みとなるでしょう。しかし、スッキリした部屋を保つためには、掃除が必ず必要です。そこで、今回は、掃除がやる気になる方法について詳しく解説します。

  1. 掃除がめんどうな理由とは?
  2. 掃除をやる気にさせるために必要なことは?
  3. やる気にさせる掃除方法について
  4. 掃除をやる気にさせる方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、掃除がやる気になる方法が分かり、部屋をキレイに維持できるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.掃除がめんどうな理由とは?

最初に、掃除がめんどうな理由や悩みごとなどを見ていきましょう。

1-1.掃除がめんどう・大変な理由

掃除がめんどう・大変と感じる主な理由は、以下のとおりです。

  • 適切な掃除道具がない
  • 部屋が広すぎる・掃除をする場所が多すぎる
  • めんどうくさがりな性格
  • 普段から掃除をする習慣がない

1-2.掃除の悩みごと

掃除の主な悩みごとには、以下のようなものがあります。

  • 時間がない
  • 疲れる
  • やり方が分からない
  • ものが多すぎる
  • やる気にならない

1-3.掃除が大変な場所は?

掃除が大変な場所には、以下のような場所があります。主に、水回りや高いところにあるものです。

  • 浴室
  • トイレ
  • キッチン
  • 換気扇
  • エアコン
  • 天井

1-4.掃除が好きな人と苦手な人の違い

掃除が苦手な人がいる一方で、好きな人も存在します。掃除が好きな人と苦手な人の違いは、以下をご覧ください。

<掃除が好きな人の特徴>

  • 部屋がキレイなことに深い満足を覚える
  • 行動力がある
  • 清潔好き
  • 来客が多い
  • 不用品が少なく、常に片づいている

<掃除が嫌いな人の特徴>

  • いつも散らかっている
  • 部屋が汚れていても気にならない
  • めんどうくさがり・ずぼらな性格
  • 他人を家に入れるのを嫌う
  • 部屋にものが多い

2.掃除をやる気にさせるために必要なことは?

掃除をやる気にさせるために必要な環境作りや実例をご紹介します。

2-1.まずは環境作りから始めよう

掃除をやる気にさせるためには、環境作りが大切です。たとえば、好きな音楽をかけると、やる気が起きやすくなるでしょう。床に置いてあるものを片づける・不用品を処分するなども効果があります。掃除を快適にしやすい環境が整っていれば、自然にやる気が出てくるものです。

2-2.掃除をやる気にさせる実例を紹介

掃除をやる気にさせる実例をいくつかご紹介します。

2-2-1.ごほうびを用意する

掃除がきちんとできたときは、ごほうびを用意するのもいい方法です。たとえば、部屋の床掃除を行ったらお菓子を食べるなど、ちょっとしたことで構いません。掃除の後に楽しみを作ることで、やる気が出るものです。

2-2-2.散らかったものをまとめる

床やベッドの上など、ものが散らかっていると掃除をやる気が起きなくて当然です。掃除しやすくするためにも、ものを片づけましょう。収納場所を決め、使った後は必ず戻すようにすれば散らかることはありません。めんどうだからと使ったままで放置するのはやめましょう。

2-2-3.掃除グッズを活用する

お気に入りの掃除グッズを用意するとやる気が出やすくなります。ただし、デザイン重視で選んだばかりに使いにくいのでは逆効果です。掃除上手な人が愛用しているグッズや、人気の高いグッズをいろいろと試してみて、自分に合うものを探してみましょう。100円ショップなどにも、掃除が楽しくなるグッズがたくさんあるのでチェックしてみてください。

2-2-4.チェックリストを作る

掃除のチェックリストを作り、終了した項目にチェックを入れていくと達成感を味わうことができ、やる気につながります。チェックリストを作るときは、多くの項目を作りすぎないようにしましょう。1か所につき、多くても10項目までが妥当です。チェックリストをすべて終えたら、残りの時間は好きなことをしてもいいことにするのもいいでしょう。

3.やる気にさせる掃除方法について

やる気にさせる掃除方法とポイントについて、主な場所別に詳しく解説します。掃除の時間や注意点についても参考にしてください。

3-1.浴室

浴室は、使った直後が最も掃除しやすいタイミングです。まだ汚れが付着したばかりで、簡単に掃除できます。バスタブは、専用洗剤をつけたスポンジで軽くこすった後、シャワーで洗い流してください。鏡や壁・床も、シャワーで泡や汚れを流しておきましょう。毎日キレイなお風呂でのんびりできると思えば、続けることができるはずです。

3-2.玄関

玄関は、家の顔とも言える場所です。ホコリや砂などは、毎日ほうきではいて常にキレイにしましょう。また、スティック型の掃除機を玄関専用として用意すれば、楽に掃除ができるのでやる気が出ます。

3-3.リビング

リビングは、気を抜くとすぐに散らかってしまう場所です。また、食べカスなども出やすいので、すぐに掃除できるようにハンディーモップ・ハンディーワイパー・小型掃除機などを用意しておきましょう。テレビを見ながらなど、何かほかのことをしながら掃除をすれば楽に終わります。

3-4.キッチン

キッチンは、油汚れがこびりつきやすい場所です。掃除が苦手な人にとっては、困りものでしょう。キッチンの汚れは、専用洗剤をしみ込ませたキッチンペーパーを貼りつけて放置すると落としやすくなります。取りづらい汚れだからこそ、できるだけ労力を使わないで掃除をすることが、やる気を出すコツです。

3-5.トイレ

トイレがキレイな家は、家族が健康になると言われています。実際、排せつをする場所であり、清潔に保つことが第一の目標となるものです。トイレ掃除は、さぼると汚れがたまって嫌になってしまいます。最も掃除が大変な便器の汚れには、重曹とクエン酸を適量ふりかけ、数時間放置してから軽くこすり洗いしてみてください。なかなか取りづらい黒ずみもキレイになって、この状態を維持したいと思うことでしょう。

3-6.掃除の時間について

掃除の時間は、毎日15~30分程度が理想です。短すぎると不十分になり、長すぎると疲れてしまい効率が下がることでしょう。毎日掃除を行うことができれば、常にキレイな状態を維持できるため、掃除に時間をかけなくて済みます。定期的に徹底して掃除を行うことで、普段の掃除には時間をかけずともキレイに維持できるようにしましょう。

3-7.やる気にさせる掃除方法に関する注意点

やる気にさせる掃除方法にも、向き・不向きがあります。ほかの人には効果的な方法でも、自分に合わないと感じたときは中止し、ほかのものを試してみてください。また、ひとつの方法を続けていると慣れてしまうため、やる気が起きなくなることもあります。いくつかの方法を試してみて、新たにやる気が起きるものを探してみましょう。

4.掃除をやる気にさせる方法に関するよくある質問

最後に、掃除をやる気にさせる方法に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考になるので目を通しておいてください。

Q.強制的に掃除をやる状況にするためには?
A.友人や知人を積極的に家に招くことで、強制的に掃除をするようになるでしょう。来客が多いと、常に掃除をすることになるのでキレイな状態を維持できます。反対に、来客がなければ散らかっている状態をとがめられることがないので、掃除をしなくなるものです。

Q.子どもにやる気を出させるためのアイデアは?
A.子どもは、おもちゃや本などを散らかしたままにしがちです。まずは、ものを使ったら片づけることが必要だと言い聞かせ、実際に親がやってみせてください。子どもが片づけや掃除をしていたら、すかさずほめることも大切です。ほめられるとうれしくなってどんどんやる気が出てくることでしょう。

Q.飽きやすい性格の人にそうじをやる気にさせるには?
A.飽きやすい人は、同じことの繰り返しが苦手です。しかし、掃除は毎日同じようなことの繰り返しであるため、飽きやすい人にやる気を維持させるのは難しいこともあります。たとえば、1週間、毎日違う場所を掃除しながら回すのもひとつの方法です。掃除する場所が変われば、飽きやすい人でも続けやすくなるでしょう。

Q.やる気があるときとないときがあるのですが?
A.気分や体調によって、やる気があるときとないときがあるのは当然と言えます。やる気があるときには、掃除のチャンスと考えてしっかり行ってください。やる気がどうしても起きないときは、いったん掃除のことから離れましょう。掃除をしなくては、と思い込みすぎると逆にやる気が遠のいてしまいます。

Q.掃除のやる気が出ないときでも部屋をキレイにしたいのですが?
A.たとえば、ハウスクリーニング業者に掃除を依頼することも考えてみましょう。掃除のやる気が出ないままでは、散らかる一方です。いったんプロの手が入れば、次に行う掃除が格段に楽になります。どんな対策をしても掃除をやる気にならないときは、プロの手を借りましょう。

まとめ

今回は、掃除をやる気にさせる方法について詳しく解説しました。掃除が苦手な人は、やる気が出ないことが多く見られます。やるべきであると頭では分かっていても、体が動かないのです。しかし、ごほうびを用意する・ものを片づけるなど、工夫しだいで掃除のやる気を引き出すことができます。まずは、掃除しやすい環境を整え、やる気にさせるように持っていきましょう。特に、不用品が多い部屋は、掃除がしにくいためにやる気が出ないものです。もう使わないものや日常生活に必要でないものは、積極的に処分してスッキリした部屋を目指しましょう。なお、不用品の処分は業者に依頼すると便利でおすすめです。