食洗機の処分・廃棄にリサイクルを強くすすめる3つの理由を大公開!

食洗機は主婦(夫)の心強い味方であり、現在さまざまな機能を備えています。
手洗いよりも水道代を節約でき、嫌悪されていた騒音にも対応するなど、食洗機は画期的な進化を遂げて注目の的です。家電好きな方は豊富な知識をお持ちのことでしょう。
ですが、いざ処分するとなればどうしたらよいのか迷ってしまいませんか?
それなりに大きいので「燃えないごみ」でないことはわかっても、廃棄するにはいくらかかるのか。費用をかけずに処分する術は?
頭をよぎるのは、賢い処分方法の模索だと思います。
そこで、今回は「食洗機の処分」に的を絞って記事をまとめてみました。

  1. 食洗機の処分について
  2. 食洗機をごみ以外に処分する方法は
  3. リサイクル業者に頼む場合
  4. 食洗機の処分にかかわるよくある質問
  5. まとめ

最後までお読みいただくことで、ご自身に最適な処分方法を見つけることができます。腰を上げれば今週中に廃棄することも可能ですので、ぜひお付き合いください。

1.食洗機の処分について

食洗機の処分について、まずは簡単な情報をまとめていきます。すでにご存じの情報もあるかと思いますが、目を通しておきましょう。

1-1.食洗機とは?

食洗機(食器洗い機の略)は、全自動で食器を洗浄・乾燥してくれる機器です。
1960年代に飲食業を始めとして日本へ普及し、「時間の短縮」「家事の負担を減らせること」から人々の関心を集めました。当時は洗剤が劇薬であったり、騒音がひどかったりと懸案事項が山積みでしたが、現在はほとんどの事柄が解消されています。
ご存じの方も多いでしょうが、現行の食洗機では「据置型」と「ビルトイン型」が主流です。
「据置型」は後付けが可能で、スペースさえあればどこにでも置くことができます。
一方、「ビルトイン型」は引き出しに設置されるなどキッチンと一体化しており、スペースの有効活用を実現しました。

1-2.粗大ごみに出せるか

食洗機は粗大ごみでの処分が可能です。手順としては、

  1. 自治体に引き取り日を予約
  2. コンビニや郵便局で粗大ごみ券を購入
  3. 後日、回収に来た自治体へ引き渡す

という流れになります。なお、都合が悪い場合は、自分でごみセンターに持ち込むことも可能です。その際は事前に連絡しておく必要があるので、気を付けてください。

1-3.各市町村の分別方法

自治体は食洗機を回収すると、ごみセンターへ運搬し、分解して金属やプラスチックなどに分けます。それから、環境に配慮しつつ、適正な処分方法を守って廃棄されるのです。

1-4.費用について

食洗機の処分費用は「食器乾燥機なら500円以内」「洗い・乾燥までを含む食洗機ですと1000円以内」が相場とされています。各自治体によって若干の違いがあるので、お住まいの地域で確認してみてください。