不要なキーボードの処分方法を紹介!お得で楽に処分する方法も!

「パソコンのキーボードはどうやって処分すればよいのか?」「楽に処分できる方法を知りたい」とお悩みではありませんか?  故障や買い替えによって不要になったキーボードは、どのようにして処分すればよいのでしょうか。いくつかある処分方法の中から、自分に合った方法を見つける必要があります。

この記事では、パソコンのキーボードを処分する方法や知っておきたい注意点などをまとめてご紹介しましょう。

  1. キーボードはどう処分するのか?
  2. キーボードを自治体回収で処分する場合
  3. キーボードを自治体以外で処分する方法
  4. キーボードを買取に出すには?
  5. キーボードの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、パソコンのキーボードを処分する際の注意点や買取に出す方法・買取相場などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.キーボードはどう処分するのか?

まず、キーボードのゴミ分類や処分する際の注意点をまとめました。

1-1.ゴミとして処分できる

パソコンのキーボードは、自治体が回収するゴミとして処分することが可能です。ゴミの分類方法は自治体によって異なりますが、多くの自治体では以下のようなルールになっています。

  • 30cm以下のもの:燃えないゴミ、または金属ゴミ
  • 30cm以上のもの:粗大ゴミ

また、小型家電リサイクルの取り組みを行っている自治体では、キーボードを小型家電として回収しています。家電量販店や公共施設などに設置してある回収ボックスに投かんする方法で回収している自治体が多いため、確認が必要です。

1-2.個人情報の消去は必要ない

パソコンを処分する際は個人情報などのデータを消去する必要がありますが、キーボードにはデータが入っていません。そのため、キーボードだけを処分する場合はデータを消去する必要はないことを覚えておきましょう。

1-3.キーボードの寿命を見極めて処分を

最も主流となっているUSB接続タイプのキーボードは平均寿命が3~5年、ワイヤレスタイプで1~3年です。寿命が近づくとキーボードをタッチしても全く反応しない・タッチしたキーが元の位置に戻ってこないなどの症状が現れるようになります。このような状態になり、寿命がきたと判断できた場合に、処分を検討しましょう。

キーボードはゴミとして処分できるんですね。
はい。自治体のルールに沿って処分してください。

2.キーボードを自治体回収で処分する場合

自治体のゴミ回収を利用してキーボードを処分する方法やメリット・デメリットをご紹介します。

2-1.粗大ゴミの場合はまず申し込みを

燃えないゴミとして捨てられる場合は指定のゴミ袋に入れてゴミ捨て場に出すだけですが、粗大ゴミの場合は事前に申し込みが必要になる自治体がほとんどです。電話やインターネットで申し込みをし、回収日時と回収場所・料金を確認してください。料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、キーボードに貼って回収日時に回収場所に持っていく流れが一般的です。ただし、自治体によっては回収の手順が異なるところもあるため、事前の確認が必要になります。

2-2.安く処分できて安心

自治体に依頼するメリットは、やはり安さと安心感でしょう。数百円以内で回収してもらえるため、できるだけ費用をかけずに処分したい人におすすめです。また、相手が自治体という安心感も大きいでしょう。ただし、申し込みや処理券の購入に手間がかかること・回収日が決まっているため自分のタイミングで処分できないことなど、デメリットもあります。

自治体で処分すると簡単なんですね。
はい。事前にゴミ出しルールを確認しましょう。

3.キーボードを自治体以外で処分する方法

メーカーや販売店の回収についてご紹介しましょう。

3-1.純正のキーボードならパソコンと一緒にメーカー回収が可能

パソコンを購入したときについてきた純正のキーボードであれば、パソコンと一緒にパソコンメーカーで回収してもらえます。別のメーカーのものや別途購入したもの・キーボードだけの回収は行っていないため、注意してください。PCリサイクルマークがついているパソコンであれば、購入したときの代金にリサイクル料金が含まれているため、無料で回収してもらえます。メーカー回収を申し込む際の流れは、一般的に以下のとおりです。

  1. メーカーのホームページから申し込む
  2. メーカーからエコゆうパック伝票が送られてくる
  3. パソコンと一緒にキーボードをこん包して伝票を貼り、発送する

3-2.販売店に下取りや引き取りを依頼する方法も

キーボードを新しく買い替える場合は、販売店に古いキーボードの下取りや引き取りを依頼できる可能性もあります。店舗によってはこのようなサービスを行っていないところもあるため、事前に電話で問い合わせておくとよいでしょう。ただし、新規購入が条件になるため、処分だけを依頼したい場合は別の方法を考える必要があります。

メーカーに回収してもらうこともできるんですね。
はい。ただし、パソコンメーカーは本体とセットでないと回収不可なので気をつけましょう。

4.キーボードを買取に出すには?

状態のよいキーボードは買取に出すのがお得です。買取してもらえる条件や買取相場・買取に出す方法についてまとめました。

4-1.買取してもらえるキーボードは?

動作に問題がなく、傷や汚れが少ないキーボードは、買取対象になる可能性があります。使用感が少なく、説明書や付属品がそろっているものであれば、高額買取してもらえる場合もあるでしょう。反対に、故障しているものや傷・汚れが目立つもの、無名メーカーのものなどは買取対象外になることがほとんどです。新品未使用のもの以外は買取が難しい傾向があるため、ほかのパソコン周辺機器などとセットで買取に出すことをおすすめします。

4-2.有名メーカーなら5,000~7,000円で買取してもらえる場合も

東プレやロジクールなど有名メーカーのキーボードであれば、5,000~7,000円前後で買取してもらえる可能性もあります。ヒカカク!など、買取金額を自分で調査できるサイトを利用して相場を把握しておくとよいでしょう。

4-3.買取に出す方法を紹介

不要なキーボードを買取に出す方法についてご紹介しましょう。

4-3-1.リサイクルショップに持ち込む

近所にリサイクルショップがあれば利用してみるとよいでしょう。その場で査定してもらえるため、すぐ現金化したい人におすすめです。ただし、基本的に自分で持ち込む必要があります。また、キーボード単品だとパソコン周辺機器の買取に特化したリサイクルショップでないと買取してもらえない場合もあるため、注意が必要です。

4-3-2.ネットオークションに出品する

ネットオークションに出品してキーボードを売却する方法もあります。中には「ジャンク品を安く購入したい」という落札者もいるため、壊れたキーボードでも出品してみる価値はあるでしょう。ただし、個人間の取り引きになるため、トラブルが発生する可能性は否定できません。また、こん包や発送の手続きも自分で行う必要があり、手間がかかる点がデメリットでしょう。

4-3-3.不用品回収業者の買取サービスを利用する

キーボードのほかにも処分したいものや買取に出したいものが大量にある場合は、不用品回収業者の買取サービスを利用するのがおすすめです。状態が悪ければ回収という形で引き取ってもらえるため、確実に処分できます。希望の日時を指定して自宅まで回収・買取に来てもらえるので自分で運ぶ必要もなく、大型の不用品も一気に処分できるのがメリットです。ただし、買取サービスを行っていない業者もあるため、事前に確認が必要になります。また、悪質な業者も存在するため、業者選びには十分注意が必要です。

4-4-4.無料回収サービスを利用する方法も

無料のパソコンリサイクル系業者を利用する方法もおすすめです。パソコンやスマホ・タブレットなどの送料無料品目と一緒にこん包して送れば、キーボードやそのほかの不用品も費用をかけずに回収してくれます。

キーボードは売却することもできるんですね。
はい。捨てるのがもったいない場合は、売却先を探してみましょう。

5.キーボードの処分に関するよくある質問

「キーボードを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.パソコンとキーボードの回収をメーカーに依頼したいのですが、どこのメーカーのものか分からない場合はどうしたらよいですか?
A.パソコン3R推進協会に依頼すれば有償で回収してもらえます。

Q.キーボードの製造メーカーには回収してもらえないのでしょうか?
A.キーボードメーカーはキーボードの回収を行っていません。

Q.キーボードとマウスを一緒に売却すれば高く買い取ってもらえるでしょうか?
A.もともとの値段が安いものなので、セットで売却しても査定額の大幅アップは期待できません。

Q.悪質な不用品回収業者を見分けるポイントを教えてください。
A.一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ていない・事務所の所在地を明らかにしていない・見積書の内容に不明確な項目が多いなどの業者には注意が必要です。

Q.壊れたキーボードをネットオークションに出品する場合の注意点は何でしょうか?
A.トラブルを防止するため、不具合の内容を正確に記載することが大切です。写真も必ず掲載しましょう。

まとめ

キーボードの処分方法や処分する際の注意点・買取に出す方法などを詳しくご紹介しました。キーボードを処分する方法はいくつかありますが、安さや手軽さなど、重視したいポイントは人それぞれでしょう。ぜひこの記事を参考にして、自分に合った処分方法を見つけてください。