水筒の正しい捨て方を紹介! 複数の不用品と共に処分したい場合は?

ゴミ出しのルールは年々厳しくなる傾向にあります。「不要になったものがあるけど、何ゴミに該当するか分からず悩んでいる」という人も多いでしょう。水筒も、捨て方に迷いがちなものの1つです。水筒は金属やプラスチックなど素材がさまざまで、蓋と本体の素材が異なることもあります。

そこで今回は、水筒の捨て方を素材やサイズ別に紹介しましょう。

  1. 水筒を捨てる前に確認すること
  2. 水筒を捨てる際は時間に余裕を持つ
  3. 売却できる水筒の特徴
  4. 水筒と共にほかの不用品も処分したい場合
  5. 水筒の捨て方に関するよくある質問

この記事を読めば、水筒の捨て方に悩むことはありません。水筒の捨て方を詳しく知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

1.水筒を捨てる前に確認すること

はじめに、水筒を捨てる前にやっておくことや捨てる際の注意点を紹介します。

1-1.水筒の素材を確認する

水筒は、金属・プラスチック・ガラスなどの素材でできています。素材によってゴミの区分が異なることもあるでしょう。また、ふたはプラスチック製だが本体は金属のものも珍しくありません。自治体によっては、水筒を分解して捨てる必要があります。

1-2.自治体のゴミ出しルールを確認する

ゴミ出しのルールは、自治体によって異なります。水筒が何ゴミに該当するか、しっかりと調べてから捨てましょう。金属は不燃ゴミやリサイクルゴミ、プラスチックは自治体によってはリサイクルゴミに指定されることがあります。たとえば、東京都新宿区のゴミ出しルールでは、金属は金属・陶器・ガラスゴミ、プラスチックは燃えるゴミです。一方、大阪府大阪市は金属は資源ゴミ、プラスチックは可燃ゴミとなっています。

1-3.捨てる前にキレイにする

金属やプラスチックは、汚れているとリサイクルが難しくなります。水筒を洗って乾かし、ついでに分解しておきましょう。取れない汚れはしょうがないのですが、中身が入ったまま捨ててはいけません。

2.水筒を捨てる際は時間に余裕を持つ

自治体によっては、水筒が捨てられるゴミ区分の回収日が月に2~3回しかないところもあります。捨て忘れのないように、時間に余裕を持って準備をしましょう。特に、引っ越し前などゴミを捨てられる期間に限りがある場合は、計画的にゴミ捨てを行っていかないと、捨てきれないこともあります。

3.売却できる水筒の特徴

水筒は、高くても数千円のものです。水筒は消耗品でリサイクルも難しいので、下取りはほとんど行われていません。古くなったら捨てて買い替えるのが一般的です。ただし、未使用の水筒は数百円前後で売却できる可能性があるでしょう。一度でも使ったら、衛生上売却は難しくなります。水筒は家で保管しておくだけで劣化するので、不要になったらできるだけ早く売却することが大切です。

4.水筒と共にほかの不用品も処分したい場合

この項では、不用品回収業者を利用するメリットや方法を紹介します。

4-1.ほかの不用品も一緒に処分したい場合は不用品回収業者が便利

水筒以外にも、家具や家電など不要なものがたくさんある場合は、捨てるのも大変でしょう。こんなときは不用品回収業者の利用がおすすめです。家まで回収に来てくれるうえ、家電リサイクル法対象家電も回収してくれる業者もあります。遺品整理や引っ越しで、「大量の不用品を今すぐ処分したい」という場合は利用するメリットが大きいでしょう。

4-2.業者はインターネットで探すと便利

不用品回収業者は、インターネットで探すと便利です。ただし、3~4月の引っ越しシーズンは混みあうので、早めに申し込みましょう。早ければ、その日のうちに見積もりを作成してくれます。回収料金は回収してほしい不用品の量や種類によって異なりますが、トラック一杯積んで定額というサービスもあるので、利用してもいいでしょう。

4-3.安いだけの業者は利用しない

不用品回収業者の中には、回収料の安さをウリにしているところもありますが、相場よりもかなり安い業者は別名目で料金を請求してくることもあります。特に、「なんでも無料回収します」とうたっている業者は注意が必要です。時間に余裕があるならば、複数の業者から見積もりを取り、比べてみてください。

5.水筒の捨て方に関するよくある質問

この項では、水筒の捨て方に関する質問を紹介します。

Q.水筒は金属として売却できるでしょうか?
A.金属として売却するには、量が必要です。1つや2つでは難しいでしょう。

Q.ガラス製の魔法瓶の中が割れてしまいました。どうやって捨てればいいですか?
A.破片を取りだして新聞紙でくるみ、割れ物であることを記載して捨ててください。魔法瓶は自治体のルールに沿って捨てましょう。

Q.水筒は寄付することは可能ですか?
A.未使用でない限り、衛生面から難しいでしょう。

Q.水筒の寿命はどのくらいですか?
A.ゴムパッキンが劣化するとしっかり閉まらなくなるので、5~10年の間と考えましょう。

Q.傷だらけになったプラスチックの水筒は捨てたほうがいいですか?
A.はい。雑菌が傷の隙間に入って取れにくくなるので、捨てましょう。

まとめ

今回は、水筒の捨て方について解説しました。水筒は自治体にゴミとして回収してもらうのが、最も簡単でお金がかからない方法です。水筒と一緒に処分したい不用品がたくさんある場合は、回収業者の利用も視野に入れましょう。