圧力鍋の捨て方はコレが一番お得! 簡単で便利な方法とコツを教えます!

「使わなくなった圧力鍋を処分したいけど、どんな捨て方があるのか知りたい」とお考えではないでしょうか。ゴミとして出す場合でも、区分や回収ルールなどよく分からないと困りますよね。実は、不要になった圧力鍋でも資源リサイクルできたり買取してもらえたりするのです。そこで、今回は、圧力鍋の捨て方について詳しく解説しましょう。

  1. 圧力鍋の捨て方にはどんな方法がある?
  2. 圧力鍋は買取してもらえる?
  3. 圧力鍋を買取に出す方法
  4. 圧力鍋の捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、圧力鍋の捨て方についてよく分かり、簡単でお得な方法で処分できます。まずは、記事を読んでみてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.圧力鍋の捨て方にはどんな方法がある?

最初に、圧力鍋の主な捨て方を見ていきましょう。

1-1.費用がお得な自治体回収

不要になった圧力鍋は、自治体にゴミとして廃棄処分を依頼できます。

1-1-1.自治体によってゴミの区分が異なる

圧力鍋を自治体にゴミとして出す場合、まずは、ゴミの区分を確認しましょう。圧力鍋は主に金属やプラスチックでできているため、不燃ゴミに区分する自治体が多いでしょう。また、大きさによっては粗大ゴミ扱いになる場合があります。ゴミの区分を確認したら、自治体ごとの回収ルールに沿って出してください。

1-1-2.自治体にゴミとして出すメリット・デメリット

メリット

  • 回収費用が無料もしくは格安(1個数百円程度)

デメリット

  • 事前連絡や指示が必要など、手続きが面倒なことが多い(粗大ゴミの場合)
  • 集荷場所・日時は自治体が指定する
  • 集荷場所まで自分で運ぶ必要がある
  • まだ使えるものでもリサイクルせず廃棄処分となる

1-2.時間がない・ほかにも処分品があるなら不用品回収業者

不要になった圧力鍋は、不要品回収業者に依頼して処分してもらうことができます。

1-2-1.処分費用を確認すること

業者に圧力鍋の処分を依頼するときは、処分費用がいくらか確認してからにしましょう。まずは、業者に見積もりをもらうと安心です。圧力鍋1個だけなら、宅配回収(宅配便で業者に送付する)が利用できると元払いでも千円程度~と費用が安くなります。ほかにも処分したい不用品がたくさんあるときなどは、出張回収(場所・日時を指定して業者が回収する)を依頼するといいでしょう。なお、出張回収は1回の依頼で数千円程度~の費用がかかります。

1-2-2.業者に処分を依頼するメリット・デメリット

メリット

  • 回収後は資源リサイクルに回してもらえる
  • 日時・場所指定での回収も可能
  • 圧力鍋以外の不用品も同時に処分依頼できる

デメリット

  • 圧力鍋だけの処分では費用が高くつく
  • 悪質業者に注意する必要がある

2.圧力鍋は買取してもらえる?

まだ使える圧力鍋は買取してもらえるか調べてみましょう。買取可能なら買取代金が入り、処分費用もかかりません。

2-1.キレイで故障していないものなどは買取可能

以下のような圧力鍋は、業者で買取してもらえるでしょう。

  • 使用感が少なくてキレイ
  • 年式が新しい
  • 人気メーカー・ブランド
  • 購入時の箱や付属品がそろっている
  • 故障や不具合がない
  • 汚れ・傷・ひどい臭いがない

2-2.汚れや故障などがあるものは買取してもらえない

以下のような圧力鍋は買取してもらえない可能性が高いでしょう。

  • 汚れ・傷・ひどい臭いがある
  • 故障や不具合がある
  • 無名メーカー・ブランド
  • 付属品が欠品している
  • 海外製の粗悪品

2-3.圧力鍋は安定した需要がある

圧力鍋は、煮込み料理など短時間でおいしくできるため、共働き世帯などで家事の時短をしたい人や料理が趣味の人などから安定した需要があります。圧力鍋の買取相場は、以下を参考にしてください。

  • ティファール(クリプソ アーチ):8,000円程度
  • ワンダーシェフ(AQDA55S):3,000円程度
  • アサヒ軽金属(活力なべ 3Lタイプ):7,000円程度

なお、実際は状態や中古市場での需要に大きく影響を受けます。より正確な相場を知りたいときは、業者に査定を依頼して確認するといいでしょう。

3.圧力鍋を買取に出す方法

圧力鍋を買取に出す方法で主なものを詳しく解説します。

3-1.持ち運びやすいのでリサイクルショップが便利

不要になった圧力鍋は、リサイクルショップや不用品回収業者に売ることも可能です。圧力鍋は持ち運びやすいので、リサイクルショップに簡単に持ち込むことができます。不用品回収業者に買取してもらうときは、圧力鍋1個だけの依頼では処分費用がかかりすぎるので注意しましょう。

メリット

  • 買取後は中古品として再販してもらえ、資源を大切にできる
  • 圧力鍋以外の不用品も同時に買取してもらえる
  • 持ち込んだその場で代金受け取りまで完了する(リサイクルショップ)
  • 場所・日時指定で回収してもらうことができる(不用品回収業者)
  • 買取不可でもそのまま引き取り処分を依頼できる(不用品回収業者)

デメリット

  • 個人経営店では頭持ち込みだけ対応のことが多い(リサイクルショップ)
  • 買取不可の場合は引き取り処分も依頼できない(リサイクルショップ)
  • 買取不可の場合は処分費用がかかることがある(不用品回収業者)

3-2.送付しやすいのでネットオークションもおすすめ

ネットオークションやフリマサイトでは、圧力鍋の取り引きが多く見られます。圧力鍋は宅配便で送付しやすいため、気軽に出品できることもあるでしょう、専用サイトに会員登録し、出品手続きを進めてください。落札されたら落札者と連絡を取り、支払いの確認後、圧力鍋を発送しましょう。思わぬクレームを避けるためにも、傷などの欠点を細かく記載するほか、梱包(こんぽう)の状態や発送方法・送料などを詳しく記載しておくことをおすすめします。

メリット

  • 自分が売りたい価格を設定できる
  • 業者で買取不可になった圧力鍋も売れる
  • 想定以上の高額落札もあり得る(ネットオークション)

デメリット

  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 個人間トラブル(商品クレーム・支払い遅延など)のリスクがある
  • 値切られることが多い(フリマサイト)
  • 出品から発送完了まで日数がかかる
  • 取り引き完了までこまめなチェックとやり取りが必要

4.圧力鍋の捨て方に関するよくある質問

最後に、圧力鍋の捨て方に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.ふたと本体は一緒に捨てたほうがいい?
A.どちらでも構いません。しかし、ふたや本体を単体で再活用しない限り、1回で処分することをおすすめします。

Q.圧力鍋を捨てるときは汚れを掃除しておくべきですか?
A.単にゴミとして出すのなら、特に汚れを掃除する必要はありません。ただし、運ぶときに服や手が汚れないよう、外側の汚れは軽く拭き取っておくといいでしょう。

Q.圧力鍋を宅配便で送るときのコツは?
A.圧力鍋よりひと回り大きなダンボール箱を用意し、エアーパッキンなど軽くてクッション性の高い緩衝材を使用して配送中の破損を防ぎましょう。また、梱包後の箱や宅配便の伝票にマジックで「圧力鍋在中・ワレモノ注意」と記入することを忘れないことです。

Q.業者の査定金額に不満があるときはどうすればいい?
A.査定理由を説明してもらいましょう。正当な理由があるのなら、相場と理解することも必要です。ただし、査定理由を聞いても納得できなかったりきちんと説明してくれなかったりする場合は、取り引きを中止し、改めてほかの業者に査定を依頼するといいでしょう。

Q.圧力鍋をできるだけ高く売るコツは?
A.以下を参考にしてください。

  • 圧力鍋の買取を強化している業者に売る
  • できるだけ早く売る
  • 汚れをキレイに掃除しておく
  • 購入時の付属品・説明書などをそろえておく

まとめ

今回は、圧力鍋の捨て方について詳しく解説しました。不要になった圧力鍋でも、状態によっては買取してもらえます。まずは、業者に査定を依頼してみるといいでしょう。また、買取できないものでも、ゴミとして廃棄処分せず、できるだけ買取・資源リサイクルできる方法で処分しましょう。この記事をよく読み、最良の方法で圧力鍋を処分してください。