不要になった衣類をリサイクルするには? 売却方法や注意点を解説!

衣類をシーズンごとに新しいものに買い替えるという人は、珍しくありません。今は衣類が安く手に入る分、衣類の寿命も短くなっています。不要になった衣類はゴミとして捨てるのが一般的ですが、店舗での回収など衣類をリサイクルする動きも広まってきているのです。限られた資源を有効に使うためには、衣類をリサイクルしたいという人も多いことでしょう。

そこで今回は、衣類をリサイクルする方法について解説します。

  1. リサイクルできる衣類は?
  2. 衣類を売却・リサイクルする方法
  3. 衣類を寄付するときの注意点
  4. 衣類のリサイクルに関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、洋服をリサイクルに出すメリットや効果もよく分かるでしょう。不要になった衣類を有効活用したいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.リサイクルできる衣類は?

衣類はリサイクルする際、細かく裁断されることが大半です。ですから、何度も着た衣類でも流行おくれの洋服でもリサイクルはできるでしょう。ただし、複数の繊維を使った混紡(こんぼう)の衣類は、場合によってはリサイクルができないこともあります。また、洗濯しても取れない汚れがついた衣類や、ビーズやスパンコールなどがたくさんついた衣類もリサイクル不可ということもあるでしょう。

2.衣類を売却・リサイクルする方法

この項では、衣類を売却したりリサイクルしたりする方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.中古でも需要がある衣類は?

中古でも需要がある衣類は、以下のようなものです。

  • ブランドものの新しい衣類
  • 子どもや赤ちゃんの衣類
  • 着物

ブランドものの衣類でも、流行に合わない古いものは需要がないことも多いので注意しましょう。逆に、子どもや赤ちゃんの衣類はサイズアウトまでの期間が短いので、ノーブランドでもきれいなものは買い手がつくことが多いのです。特に、礼服やブランドものの晴れ着は高値がつきやすいでしょう。着物は、高値こそつきにくいですが、正絹のものならば古いものでも売却しやすい衣類です。

2-2.衣類を売却できる場所は?

衣類は、リサイクルショップやインターネットオークション・フリマアプリ・フリーマーケットなどで売却できます。ブランドものの衣類や、子どもの衣類は専門のリサイクルショップがあるので、そこを利用してもいいでしょう。ブランド品以外でも、大人用の洋服は流行のものであれば、売却できることもあります。ですから、不要になった衣類は可能な限り早く売りましょう。

2-3.衣類の回収を行っているところは?

ユニクロやH&Mなど、一部のファストファッション店では、店舗で自社製品の回収を行っています。企業によって回収を行う衣類が異なるので、必ずホームページなどで確認をしてから衣類を持っていきましょう。回収された衣類はリサイクルされます。

2-4.自治体のリサイクル回収

自治体の中には、衣類を古布類としてリサイクルゴミに分類しているところもあります。リサイクルゴミとして衣類を出すと、再利用してもらえる可能性が高まるでしょう。

2-5.衣類をリサイクルに出す際の注意点

衣類は、繊維が単独で余計な飾りがついていないものほど、リサイクルが簡単です。ですから、綿・ウール100%の衣類は、できる限りきれいにしておいてリサイクルに回しましょう。化学繊維もポリエステル100%などなら、リサイクルがしやすくなります。一方、アクリルとウールの混合、綿とポリエステルの混合などは、リサイクルしにくいものもあるでしょう。ですから、衣類を購入する場合は、混紡(こんぼう)でない製品を意識して買うといいですね。

3.衣類を寄付するときの注意点

まだ使える衣類が不要になった場合、寄付をしたいという人もいるでしょう。古着の寄付は喜ばれることも多いのですが、着古したものや流行遅れの衣類・ほつれやそでの伸びが目立つ衣類は、寄付をしても喜ばれません。売却と同じように不要になった衣類は、早めに寄付しましょう。また、意外と喜ばれるのが未使用の下着とタオル類です。衣類の寄付を受け付けている団体は、ホームページにその旨が記されているのも多いので、まずは検索してみましょう。いきなり施設へ現物を送りつけてはいけません。

4.衣類のリサイクルに関するよくある質問

Q.ノーブランドの大人の衣類は売却できないでしょうか?
A.ほとんど袖を通していないというものならば、フリーマーケット・インターネットオークションなどで販売すると買い手がつくこともあります。

Q.着物は、どんなものでも売却できるでしょうか?
A.はい。特に古い着物は端切れでも欲しがる人がいるので、一度査定に出してみてください。ただし、ポリエステル着物などは値段がつかないこともあるでしょう。

Q.下着はリサイクルできませんか?
A.使用済みのものはリサイクルできないものが大半です。

Q.子ども服は多少着古したものでも買い取ってもらえますか?
A.襟ぐりが伸びたものや、汚れが取れないものは買取不可というリサイクルショップが大半です。

Q.スーツは中古品で売ることはできますか?
A.スーツは下取りをしている店が多いので、下取りをしてもらいましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は衣類のリサイクルについて解説しました。衣類は毎年流行があり、寿命も短くなっています。もう着ない衣類はできるだけ早くリサイクルに回しましょう。