エレキギターを高価買取してもらうには? 押さえておきたい3つのポイント

「趣味でバンドをやっていたが辞めてしまった」「新しい楽器を買ったので弾く機会がなくなってしまった」…このような理由で、長年愛用していたエレキギターやエレキベースを手放したいと考える方は多いでしょう。しかし、ずっと大切にしていた楽器をただ粗大ゴミとして処分してしまうのは心苦しいものです。そこで、この記事では、エレキギターやエレキベースを買取に出す方法・高く売るためのポイントなどを紹介します。

エレキギターやエレキベースを後悔せずに手放すには、以下のポイントを知っておくことが重要です。

  1. 目的に合わせて売り方を考える
  2. どのような楽器が高く売れるか
  3. 高く売るためのポイント

これらのことを知っておくことで、あなたの愛用していたエレキギター・エレキベースを高価で売ることができるでしょう。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.目的に合わせて売り方を考える

エレキギターやエレキベースを売りたい場合、状況や目的に合わせて売り方を考える必要があります。「早く売りたいのか」「できるだけ高値で売りたいのか」「新しい楽器の購入資金に充てたいのか」によってベストな売却方法は異なるのです。

1-1.早くお金に換えたい

「できるだけ早くお金に換えたい」という場合には、楽器店やリサイクルショップに買取を依頼する方法がオススメです。多くの場合、店頭に持込めばその場で査定・買取をしてもらうことができます。ただし、担当者が不在中に依頼してしまうと適切な査定をしてもらえない恐れもあるため、事前にエレキギター・エレキベースの買取担当者が出勤しているかを確認しておくとよいでしょう。

「近場に店舗がない」「依頼したい楽器が多い」という場合には、出張買取や郵送買取に対応しているショップの利用をオススメします。電話やホームページで申し込みをするだけで、自宅にいながらすぐに楽器を手放すことが可能です。

1-2.高く売りたい

「できるだけ高値で売りたい」という場合には、インターネットオークションサイトの利用がオススメです。エンドユーザーと直接取引をするため、ショップでの買取価格よりも高値がつきやすいでしょう。ただし、需要の少ない商品や楽器の状態が悪い場合は、なかなか入札が入らないこともあります。また、個人間の取引となるため、トラブルが発生した時に全て自分で対処しなくてはいけません。

1-3.売ったお金を新しい楽器の購入資金に充てたい

売却と同時に新しい楽器の購入を考えている場合は、楽器店での下取りがオススメです。下取りとは、買取金額を新品の購入代金に充てる買取方法のことで、多くの場合通常の買取価格よりも10%近く高く買い取ってもらえます。また楽器店によっては期間限定の下取り価格アップキャンペーンを実施していることもあるので、そういったタイミングを狙ってみるのもよいでしょう。

2.どのような楽器が高く売れるのか

人気メーカー・人気ブランドのギターなど、需要の高いものは高値で買い取ってもらえるでしょう。どのようなものがあるのか詳しく説明していきます。

2-1.フェンダー・ギブソン等の人気ブランド

フェンダー社のストラトキャスター・テレキャスター・ジャズベース・プレジションベース、ギブソン社のレスポール・SGなど、人気ブランドの楽器は需要が多いため高値がつきやすいです。特に最新のモデル・状態の良いヴィンテージ・カスタムショップ製は高く買い取ってもらえます。

2-2.有名アーティストの使用ギター

有名アーティストのモデルや有名アーティストが使用しているものと同タイプのものは高値がつきやすいです。時代によって移り代わりはありますが、B’zの松本孝弘・布袋寅泰などの人気ギタリストやX JAPAN・LUNA SEA・L’Arc~en~CIelといった人気バンドのメンバーが使用しているギターは根強い人気があり、高価買取が期待できます。

2-3.ジャパンヴィンテージ

70~80年代に国内で製造されていた通称ジャパンヴィンテージと呼ばれる楽器も、一部のマニアの間で人気があり、ショップによっては高価買取を行っているところもあります。グレコ・フェルナンデス・トーカイ・ヤマハなどが有名です。ただし、ただの中古楽器という認識のショップもあるため、ジャパンヴィンテージに理解のあるショップを選ぶ必要があります。

2-4.キズや汚れが少なく状態の良いもの

キズや汚れが少ないキレイな楽器は比較的高く買い取ってもらえます。普通に演奏していればキズや打痕は避けられないものですが、だからこそ中古で状態のよいものは需要が高く、高価買取が期待できるのです。

3.高く売るためのポイント

エレキギター・エレキベースをショップに売る場合、高く売るために以下のポイントを押さえておくことが大切です。ちょっとしたことで買取価格が大きく変わってしまうので注意してください。

3-1.付属品は揃えておく

バックパネルやアーム・ケースなどの付属品が揃っていると高額査定が期待できます。特に、トラスロッドカバーは外してしまっている人が多いので、売る際には忘れずに持っていくようにしましょう。また、パーツを交換しているという場合も、オリジナルのパーツが揃っていたほうが高価買取となる場合があります。事前にショップに確認しておくとよいでしょう。

3-2.楽器のクリーニング・調整をしておく

「ネックが反っている」「弦が錆びている」「ホコリだらけ」といった楽器は買取価格が下がってしまう恐れがあります。念入りにクリーニングを行い、弦が錆びている場合にはしっかりと交換して、楽器本来の魅力が伝わる状態でショップに持っていきましょう。楽器の状態も買取価格を大きく左右する大切なポイントです。

3-3.不要になったら早めに売る

楽器の価格は年数の経過とともに変動していくため、売ることを決めたら早めに買取依頼をしたほうがよいでしょう。特に比較的新しいモデルの楽器は短期間で大きく価格が変わってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はエレキギター・エレキベースを高値で売るためのポイントを紹介しました。

  1. 目的に合わせて売り方を考える
  2. どのような楽器が高く売れるか
  3. 高く売るためのポイント

上記のことを理解することで、後悔することなく愛用していた楽器を手放すことができるでしょう。まずはお近くの楽器ショップ・リサイクルショップに査定を依頼してみてはいかがでしょうか?