衣類乾燥機の処分や捨て方を伝授!後悔しない方法は?

衣類乾燥機は、雨の日が続くときにとても重宝しますよね。室内干しではなかなか乾かない洗濯物も、すぐに乾かすことが可能です。特に、大量の洗濯物がある家庭には欠かすことができない家電と言えます。しかし、衣類乾燥機を処分するときにはどうすればいいのか、わからないものです。そこで、今回は衣類乾燥機の処分や捨て方について詳しく解説しましょう。不要になった衣類乾燥機の処分に困っている人は、必見ですよ。

  1. 衣類乾燥機を処分する前に押さえておくこと
  2. 衣類乾燥機と家電リサイクル法について
  3. 家電リサイクル料金について
  4. 衣類乾燥機の処分:買い替えの場合
  5. 衣類乾燥機の処分:自分でやる場合
  6. 衣類乾燥機の処分:リセールする場合
  7. 衣類乾燥機の処分:回収業者に依頼する場合
  8. ​衣類乾燥機の処分や捨て方にかんするよくある質問

記事を読んだ人は、衣類乾燥機の処分や捨て方にかんするあらゆる方法を理解することが可能です。また、自分にとって最適な方法を選ぶことができるので悩みも解消します。不用になった衣類乾燥機は、できるだけ早く処分してしまいましょう。そのためにも、まずは必要な知識をひとつずつ学んで身に付けてください。

1.衣類乾燥機を処分する前に押さえておくこと

まずは、衣類乾燥機の寿命やよくある故障など、基本的なことを確認しましょう。適切な処分をするためにも必要なことです。

1-1.衣類乾燥機の寿命について学ぼう

衣類乾燥機の寿命は、大体6年から7年が目安となります。もちろん、使用頻度が高くなると寿命も短くなると考えましょう。また、使用方法を間違っていたり規定量以上の洗濯物を乾燥機に入れたりすると不具合や故障の原因となって寿命を早めます。寿命を長くするには、使用方法を守ることが大切です。

1-2.衣類乾燥機に多い故障には何がある?

  • 衣類の乾きが悪い
  • 途中で止まってしまう
  • 乾燥時間が異常に長く掛かる
  • 異臭・異音がする
  • まったく動かない

上記のような症状が出た場合は、使用説明書を読んで適切な対応をしてみてください。何をやっても改善しない場合は故障を疑いましょう。

1-3.衣類乾燥機を修理するか廃棄するかの基準とは?

修理するか廃棄するかについては、以下の判断基準を参考にしてください。

  • メーカー保証もしくは販売店保証の期間が残っている場合は修理
  • メーカー修理が可能かつ修理費用が安い場合は修理
  • メーカー修理費用が新規買い替え費用を上回る場合は廃棄
  • メーカー修理が不可能な場合は廃棄
  • 魅力的な新製品があって買い替えを考える場合は廃棄

特に保証書の期間が残っている場合は、無料となることもあるので修理を検討しましょう。保証の対象外などの理由で修理費用が高いと感じたり修理不可能だったりする場合は、廃棄して新しく買い替えるメリットが多くなります。

1-4.衣類乾燥機は何ごみになる?

衣類乾燥機は、何ごみになるでしょうか。素材としては、不燃ごみの可能性が高いですよね。しかし、不燃ごみとして出すには大き過ぎます。では、粗大ごみになるかというとなりません。実は、衣類乾燥機は自治体のごみとして出すことができないのが正解なのです。衣類乾燥機は、家電リサイクル法に指定があるため、法律に沿って処分をすることが基本となるからだと覚えておきましょう。

2.衣類乾燥機と家電リサイクル法について

ここでは、衣類乾燥機と家電リサイクル法の関係について学びます。家電リサイクル法の目的を理解して適切に処分できるようにしましょう。

2-1.家電リサイクル法の概要を学ぼう

現在の家電リサイクル法は、平成21年4月より施行となっています。家電リサイクル法ができるまでは、大型家電は粗大ごみとして処分となっていました。しかし、ごみ処理場の収容可能量にも限度があり大きな問題となっていたのです。また、家電には多くの希少金属をはじめとする資源を含んでおり、リサイクル価値が高いことに注目が集まりました。そのため、家電リサイクル法ができたのです。現在では、法律で指定した対象品目にかんしては、メーカーなどが責任を持って回収・リサイクルすることを前提として運用しています。

2-2.家電リサイクル法の目的を理解しよう

家電リサイクル法の目的は、家庭用家電に使ってある希少金属をリサイクルして有効活用することです。地球の資源には限りがあるため、資源を使い尽くしてしまうと困るのは私たちとなります。そこで、現在家電に使用している希少金属を取り出してリサイクルしようというわけです。家電リサイクルの目的が理解できれば法律に沿って処分することがいかに有益かおわかりいただけることでしょう。

2-3.家電リサイクル法の必要性について

家電リサイクル法は、明らかに必要性が高いと言えます。もしも、家電リサイクル法が無かったら、家電に使っている希少金属の多くは回収できずに処分となるはずです。たとえば、粗大ごみとして出した家電にかんしては、基本的にごみとして処分するため資源としてのリサイクルは行いません。家電リサイクル法は、私たちにとっても貴重な資源を守り有効活用するという点で有意義なものなのです。

2-4.家電リサイクル法の対象品目とは?

家電リサイクル法では、下記の品目が対象となっています。

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

上記の家電であっても、種類によっては対象外となる場合があります。詳しくは、下記を参考にしてください。

一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターの対象廃棄物(家電4品目)一覧

2-5.指定を受けた家電はごみとして捨ててはいけない

家電リサイクル法に指定のある家電は、一般のごみとして捨ててはいけない家電となります。従って、ごみとして出すことは法律違反となるので注意してください。粗大ごみとして出そうとしても、自治体が受け付けてくれません。処分に困っても、勝手にごみ収集所に置いてくるようなことはしないでくださいね。手間が掛かっても、適切な処分をしましょう。

3.家電リサイクル料金について

衣類乾燥機を家電リサイクル法に基づいて処分するときには、いくら掛かるのでしょうか。家電リサイクル料金について詳しく解説します。

3-1.家電リサイクルに掛かる料金について

品目や種類・メーカーによって処分に必要な料金は異なります。以下は、一例として参考にしてください。

  • テレビ:1,836円から3,688円
  • エアコン:1,404円から9,720円
  • 冷蔵庫・冷凍庫:3,672円から6,037円
  • 洗濯機・衣類乾燥機:2,484円から3,310円

家電リサイクル法に指定がある品目については、実際に処分をするものの品目・種類・メーカーで必要な料金を調べてみてください。より詳しいことは、以下も参考にすると便利です。

一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターの家電リサイクル料金一覧ページ

3-2.衣類乾燥機のリサイクル処分に掛かる料金

衣類乾燥機については、大小の区別なくメーカーによって2,484円から3,310円となります。なお、回収費用は別途必要になる点に注意が必要です。家電リサイクル料金の2,484円から3,310円のほかにも、回収費用として業者に数千円程度を支払うことになります。なお、家電リサイクル料金にかんしては1台ごとに必要なため、複数の衣類乾燥機を処分するときにはそれぞれに料金が掛かることを認識しておきましょう。

3-3.そのほかに必要な書類をチェックしよう

衣類乾燥機を家電リサイクル法に基づいて処分するには、家電リサイクル券が必要です。実際に業者に回収をしてもらうときに、家電リサイクル券が手元に無いと回収してもらうことはできません。家電リサイクル券は、郵便局を通して料金を支払うことで入手できます。また、料金をきちんと支払った証拠として「振替払込請求書兼受領証」と「日付印が押印してある振替払込受付証明書」も必要です。

4.衣類乾燥機の処分:買い替えの場合

新しく買い替える場合は、さまざまな処分方法を選択できます。それぞれ解説していきましょう。

4-1.販売店による下取りを利用する方法

衣類乾燥機の販売店では、新規購入のときに不要となった衣類乾燥機を下取りしてもらえることがあります。販売店での新規購入を考えている人には便利です。

  • メリット:新規購入と同時に処分できる・処分費用がサービスとなることもある
  • デメリット:新規購入が条件となるため下取りだけを利用できないことが多い

4-2.メーカーによる下取りを利用する方法

メーカーの直販サイトなどで新規購入を考えている場合は、メーカーによる下取りを利用できることがあります。新規購入と同時に古い衣類乾燥機を処分できる方法です。

  • メリット:新規購入と同時に処分できる・メーカー引き取りなので信頼できる
  • デメリット:下取りをしているとは限らない・他社製品や対象品番以外は下取りできないこともある

4-3.販売店による引き取りを利用する方法

衣類乾燥機は、購入した販売店に引き取り依頼をすることができます。販売店の引き取りサービス受付窓口に出向いて、相談してみてください。なお、引き取りを行っていない販売店の場合は、自治体の家電リサイクル受付窓口に連絡をして別途指示を受けましょう。

  • メリット:家電量販店で申し込むだけで料金の支払いと回収の申し込みができる
  • デメリット:引き取りを行っていない販売店もある・引き取り費用が掛かる

5.衣類乾燥機の処分:自分でやる場合

衣類乾燥機の処分は、自分で行うことも可能です。処分方法や手数料・メリットやデメリットについて詳しく解説します。

5-1.郵便局を利用して持ち込み処分する方法

衣類乾燥機の処分を行うためには、郵便局を利用して家電リサイクル料金を支払う必要があります。

  1. 郵便局で専用の払込書を記入し衣類乾燥機の家電リサイクル券を購入する
  2. 回収業者に日時と場所の指定をして回収依頼をする
  3. 指定日時・場所に回収業者が衣類乾燥機を引き取りに来る
  4. 回収業者は家電リサイクル券の内容と現物の照合をして引き取る
  5. 依頼者は家電リサイクル券の写しを受領し業者に回収料金を支払って完了

回収日時と場所については、回収業者と相談して決めてください。場合によっては、夜間の時間帯など細かな指定ができないこともあるので注意しましょう。

5-2.自分で処分する場合の手数料や手間について

自分で衣類乾燥機を処分する場合は、家電リサイクル料金そのものにかんしては郵便局で支払うことになります。また、同時に回収業者の手配も必要です。回数業者の手配費用は別途必要となるので注意しましょう。つまり、手間が二度掛かるということですね。郵便局で家電リサイクル料金を支払うだけでは不完全となります。回収業者の手配と費用の支払いも忘れないでください。なお、回収業者を利用しないで自分で指定場所に運ぶことも可能です。ただし、衣類乾燥機を運ぶための軽トラックなどの手配を考えると現実としては厳しいと言えます。

5-3.衣類乾燥機を自分で処分するときのメリットやデメリット

では、衣類乾燥機を自分で処分するメリットとデメリットについてそれぞれ解説しましょう。

5-3-1.メリット

  • 自分が処分したいタイミングで処分ができる
  • 新規購入を伴わなくても処分できる
  • 衣類乾燥機を確実にリサイクルできる

自分で処分をするときの最大のメリットは、自分で選んだタイミングで処分を進めることができる点と言えます。

5-3-2.デメリット

  • 手続きのために郵便局に行く必要がある
  • 自分で回収業者を手配する必要がある
  • 業者に依頼すると回収費用が合計で数千円程度は必要になる
  • 自分で指定場所に運ぶにしても面倒

自分で処分する手間と費用を考えると、大きなデメリットと言えます。

6.衣類乾燥機の処分:リセールする場合

衣類乾燥機がまだ十分に使用できる状態だったり新品に近くキレイな状態だったりする場合は、リセールも考えてみましょう。主な方法について解説します。

6-1.買い取りしてもらえる衣類乾燥機とは

  • 有名ブランドである
  • 人気機種である
  • 目立つ汚れや破損が無い
  • 衣類乾燥機としての機能に問題が無い
  • 製造年月日が新しい
  • 使用説明書や付属品に欠品が無い

衣類乾燥機の買い取りは、上記の条件に当てはまるほど有利に進めることができます。

6-2.リサイクルショップに買い取りしてもらう方法

衣類乾燥機は、リサイクルショップでも買い取りを行っています。具体的な流れやメリット・デメリットについて確認しておきましょう。

6-2-1.リサイクルショップでの買い取りの流れを理解しよう

  1. リサイクルショップに衣類乾燥機の買い取り相談をする
  2. リサイクルショップが現物を見て買い取りの可否を判断する
  3. 買い取り可能となった場合は依頼者に買い取り代金が渡る

なお、基本的には衣類乾燥機を自分でリサイクルショップに持ち込む必要があります。衣類乾燥機は大きなものであるため、持ち込みをする前にリサイクルショップに連絡を入れておきましょう。

6-2-2.リサイクルショップに買い取りしてもらうメリットやデメリット

リサイクルショップでは、依頼者から買い取った衣類乾燥機を中古品としてリセールします。リサイクルショップに買い取りを依頼する場合は、下記のメリット・デメリットをよく理解してから実行しましょう。

  • メリット:買い取りが可能な場合はお金が手に入る・新たな持ち主を探すことができる
  • デメリット:必ず買い取りになるわけではない・買い取り不可の場合は引き取りもできない

6-3.ネットなどでリセールする方法

ネットでは、オークションが盛んです。衣類乾燥機も、オークションを利用してリセールする方法もあります。

6-3-1.オークションを利用したリセールの流れ

  1. オークションサイトに会員登録をする
  2. オークションに出品者として衣類乾燥機を出品する
  3. 落札希望者が現れるのを待つ
  4. 取り引きが成立した場合はひとたびオークションを終了する
  5. 落札者と代金支払いや衣類乾燥機送付についてやり取りを行う
  6. 落札者からの代金支払いを確認し衣類乾燥機を渡して完了

オークションの進め方ややり取りは、慣れが必要な部分も多いです。初心者の場合は、ひとつずつ慎重に行ってください。

6-3-2.オークションを利用するメリットやデメリット

オークションは、基本的に個人と個人の取り引きとなるため、独特のメリット・デメリットが存在します。衣類乾燥機をオークションでリセールしたいときは、十分に理解してからにしましょう。

  • メリット:思わぬ高額落札となることがある・本当に必要としている人の手に渡る
  • デメリット:支払いトラブルやクレームなどの問題が起きることがある

7.衣類乾燥機の処分:回収業者に依頼する場合

衣類乾燥機の処分は、回収業者に依頼すると何かと楽でおすすめです。ここでは、回収業者について詳しく解説します。

7-1.業者による衣類乾燥機の回収方法を理解しよう

業者では、以下のような流れで衣類乾燥機を回収します。

  1. 依頼者から衣類乾燥機の回収相談を受ける
  2. 相談内容によって見積もりを出す
  3. 依頼者が見積もりを確認して正式契約する
  4. 依頼者の希望回収日時・場所で衣類乾燥機を回収する

衣類乾燥機は大きさや重さがあるため、宅配便送付ではなく業者が直接回収に来ることが基本です。

7-2.衣類乾燥機の回収料金について

回収料金の目安としては、以下を参考にしてください。

  • 衣類乾燥機(1台に付き):数千円程度から

なお、高層マンションからの引き下ろしや玄関からの搬出が不可能など特殊なケースはさらにオプション費用として数千円程度掛かるケースもあることを理解してください。

7-3.業者に衣類乾燥機を回収してもらうメリットやデメリット

業者に衣類乾燥機を回収してもらうことについても、メリットとデメリットの両方を理解しましょう。

7-3-1.メリット

  • 希望の日時を指定して回収してもらえる
  • 自分で運ぶ手間が掛からない
  • 業者に引き渡すだけで処分が終了する
  • ほかの不用品も同時回収を依頼できるので便利

衣類乾燥機は重さと大きさがあるため、業者に回収してもらうメリットは大きいです。デメリットと比較しても、メリットが上回ることも多くなります。

7-3-2.デメリット

  • 数千円程度の回収費用が必要になる
  • 営業エリアに該当する業者を探す必要がある

業者に回収依頼をすることは便利ですが、数千円程度の費用が掛かることはデメリットと言えます。

7-4.衣類乾燥機の回収を依頼する業者選びのポイント

業者選びにかんしては、以下のポイントを参考にするといいですよ。

  • 衣類乾燥機の回収を取り扱っていること
  • 衣類乾燥機の買い取りも扱っていること
  • 回収料金がリーズナブルな設定であること
  • パック料金など利用者の事情に合わせたプランを用意していること
  • 回収希望場所が営業エリアに入っていること
  • 回収希望日時に回収が可能であること
  • 電話やメールなどでの対応が親切でわかりやすいこと
  • 不要品回収にかんする許可を得ていること(古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可など)

 

7-5.コストを掛けずに回収してもらうコツを伝授!

コストが気になるけど、できれば回収業者に依頼したいと考える場合には、良いアイデアがあります。衣類乾燥機のほかに、家電や家具・パソコンやゲーム機などの不用品が眠っていないか確認してみてください。業者によっては、中古品として需要が高いと判断した不用品を買い取りしてくれることがあります。すると、買い取り代金が手に入るので実質として衣類乾燥機のコストが掛からずに済むというわけです。

7-6.無料回収業者にかんする注意点を学ぼう

衣類乾燥機を無料で回収してくる業者があったらうれしいですよね。しかし、無料で回収することを前面に押し出して宣伝しているところは注意した方がいいでしょう。業者の中には、無許可で不用品回収業を行っていることがあります。無許可での不用品回収は違法です。最低限でも、許可証は確認してください。また、無料で衣類乾燥機を回収してもらえるはずが理由を付けて有料になると言ったりほかのものまで回収を使用としたりするなどトラブルも多いです。無料回収業者の利用は、くれぐれも注意してください。

8.衣類乾燥機の処分や捨て方に関するよくある質問

最後に、衣類乾燥機の処分や捨て方に関するよくある質問に回答します。

Q.処分したい衣類乾燥機が複数台ある場合はどの方法がお得でしょうか?
A.家電リサイクル法に基づいて処分をすると、1台ごとに家電リサイクル料金が必要となります。そのため、台数によっては処分費用がかさむことが心配ですよね。新規購入を伴う場合は、購入した台数分の下取りサービスを利用することで処分費用を節約することも可能となります。しかし、販売店がすべて下取りサービスを行っているわけではありません。また、新規購入の予定が無い場合は利用ができなくなります。最もおすすめの方法は、回収業者に依頼することです。まずは、衣類乾燥機が複数台あることを伝え最もお得になる回収プランを提案してもらいましょう。

Q.洗濯機の衣類乾燥機能が故障した場合でも処分費用は同じですか?
A.家電リサイクル法では、洗濯機と衣類乾燥機は同じ区分として扱うことになっています。そのため、洗濯機の衣類乾燥機能が故障した場合でも衣類乾燥機単体の故障と同様とみなすことになるのです。処分費用にかんしては、洗濯機の処分と同様の金額が必要だと理解してください。洗濯機の機能に問題が無い場合は、そのまま洗濯機単体として使うことも可能です。衣類乾燥機能が必要な場合は、修理をしたり新しく購入したりすることも考えましょう。

Q.メーカーが不明な衣類乾燥機についての処分方法はどうすればいいですか?
A.メーカーが不明な衣類乾燥機であっても、処分できます。家電リサイクル法に添って自分で処分する場合は、郵便局で家電リサイクル券の手続きをするときに製造業者等名コード欄に「999」と記載し、製造業者の欄に「指定法人(その他)」と記入しましょう。後は、郵便局で家電リサイクル料金の支払いを行い回収業者の手配をして回収を待ちます。なお、不用品回収業者を利用することも検討してみましょう。

Q.回収業者に引き渡した衣類乾燥機はどのように処分するのですか?
A.比較的新しくまだ十分に使用できる状態のものにかんしては、リセール品として中古市場に出すこともあるでしょう。しかし、不具合や故障があったり汚れや劣化が激しかったりするものにかんしては、分解をして希少金属やリサイクル可能な資源を取り出します。その後、修理用パーツとして生かすことができるもの以外は廃棄となることが一般的です。リサイクルや処分を正しく進めてもらうためにも、産業廃棄物収集運搬許可などの許可を持つ業者に依頼しましょう。

Q.衣類乾燥機以外にも不用品回収を依頼したいときに注意する点はありますか?
A.まず、大体の不用品の内容と量を業者に伝えてください。衣類乾燥機ひとつだけの場合は、軽トラック1台でも問題なく積むことができます。しかし、タンスやベッドなど大型の家具があったり家電製品を含んでいたりする場合などは大型トラックが必要な場合もあるため、事前に見積もりが必要です。なお、見積もりをもらうことによって、実際の回収費用がわかります。費用に納得した場合は、回収日時と場所を業者と相談して進めてください。

まとめ

不要になった衣類乾燥機は、適切な方法で処分することが大切です。衣類乾燥機は、家電リサイクル法に指定がある品目となるので粗大ごみとして処分できません。粗大ごみとして処分しようとしても、受け付けをしてくれないので注意しましょう。もちろん、不法廃棄は止めてくださいね。新規買い替えなら販売店の下取りや引き取りを利用することもおすすめです。しかし、衣類乾燥機を単体で処分したい場合は、不用品回収業者を利用することも考えてください。コストを掛けずに回収するコツも参考にして、賢く利用しましょう。