理化学機器は中古がお得!実験器具の売却や購入のコツは?

理化学機器は、高価なため購入したくても迷っている人も多いことでしょう。経費節約のために、高額な設備投資に踏み出すことができないのも事実です。しかし、中古ならばお目当ての理化学機器もお手頃な価格で購入することが可能なことを知っておきましょう。今回は、理化学機器や実験器具を中古で購入したい人のために、詳しく解説します。さらに、購入だけでなく売却のコツも解説しますのでぜひ読んでくださいね。

  1. 理化学機器について基本を理解しよう
  2. 理化学機器の主な種類を学ぼう
  3. 理化学機器の中古品について解説
  4. 理化学機器で人気の高いものとは
  5. 理化学機器の中古販売業者について
  6. 中古の理化学機器の購入・売却にかんするよくある質問

記事を読むことで、理化学機器の中古をお得に購入することができるようになります。さらに、将来売却をするときにも今回の記事でご紹介する知識が必ず役に立つでしょう。理化学機器や実験機器に購入や売却で得をためにも、ぜひ記事を読んで必要な知識を身に付けてください。


不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.理化学機器について基本を理解しよう

まずは、理化学機器についての基本を理解しましょう。ここでは、理化学機器の目的や必要性なども併せて解説します。

1-1.理化学とは

理化学とは、物理学と化学を合わせた分野を言います。たとえば、重力を観測したり物体が移動する速度を計算したりすることは物理学の分野です。また、薬品の反応を検査したり合成を観察したりすることは、科学の分野となります。理化学と呼ぶときは、物理学と化学の両方の分野を広くカバーしていると考えましょう。なお、理化学の概念には生物学や地学は含みません。

1-2.理化学機器とは

理化学機器とは、理化学の教育や研究に使用する機器のことを言います。理化学機器のおかげで、高度な理化学教育や研究を行うことができるのです。一般の機器と比べて、理化学の分野に特化した設計になっているため、使いやすいだけでなく精密なデータを取得することが可能になっています。

1-3.理化学機器の目的・必要性・使用シーンを学ぶ

理化学機器の目的は、理化学の教育や研究に精密な計測をしたり必要な機能を与えたりすることです。また、企業では理化学機器を使用して導き出した研究結果をさまざまな製品に応用して生産しています。なお、理化学機器は学校・企業の研究室などを始め、多くの場面で必要不可欠な存在です。理化学機器は、優れた研究を行うためだけでなく私たちの生活を豊かにするためにも必要性の高いものと理解してください。

2.理化学機器の主な種類を学ぼう

理化学機器には、どんな種類があるのでしょうか。理化学機器の主な種類やメーカーについて詳しく解説します。

2-1.理化学機器の主な種類には何がある?

理化学機器にも数多くの種類があることを覚えておきましょう。主な種類については、下記のようなものがあります。

  • 測定器
  • エアーコンプレッサー
  • 油圧ポンプ
  • 遠心分離機
  • 電気炉
  • 防湿庫
  • ガスバーナー
  • 乾燥機
  • 制御機器
  • インキュベーター
  • 変圧器
  • 冷却器

理化学機器の範囲は、想像以上に広いものです。目的に応じた理化学機器を入手するためにも、適切な種類はどれか検討してください。

2-2.理化学機器の主なメーカー

理化学機器のメーカーも、たくさん存在します。ここでは、主なメーカーをご紹介しましょう。

  • クボタ
  • タニタ
  • マキタ
  • パナソニック電工
  • 日東工業
  • オリンパス
  • 島津製作所

このほかにも、多くのメーカーが存在します。皆さんも、購入を考えている理化学機器には、どんなメーカーがあるのか調べてみてください。性能・機能・価格の違いを知ることができますよ。

2-3.理化学機器の購入価格について

理化学機器の購入価格は、種類によって幅広くなります。数千円程度で入手できるものから、数百万円以上になるものまでさまざまです。そのため、実際にどの程度の予算で購入が可能なのかを調べることが大切と言えます。理化学機器の中古販売を行っている業者なら、品揃(ぞろ)えが豊富なためお目当てのものを見つけやすいでしょう。予算を立てるためにも、業者に相談して見積もり依頼を出すことをおすすめします。

3.理化学機器の中古品について解説

理化学機器の中古品にかんして、あらゆる情報をお伝えします。実際に中古品の購入を考えている人はじっくり読んで理解してくださいね。

3-1.理化学機器の中古市場はどうなっている?

理化学機器は、中古市場が活発なことが特徴です。理由は、新品の価格が高価なことと言えます。最近は、経費削減のために理化学機器の購入費用を抑える傾向があるため、中古での購入を積極的に考える企業が増えているのです。理化学機器の中古市場が活発になっていることは、時代の象徴であるとも言えるでしょう。

3-2.理化学機器の中古品のメリット

理化学機器の中古品には、メリットがたくさんあります。

  • 高性能な理化学機器を安価で入手できる
  • 新品で購入する前に中古品で試すことができる
  • 状態の良い理化学機器を購入すれば経費削減に大きな効果がある

導入したい理化学機器があっても、予算の都合で断念する企業も多いです。しかし、中古品での購入ならば予算内ということもありえます。また、新品を購入するよりは安価であるため、本格的に使用する前に中古品で試すことができる点もメリットです。

3-3.理化学機器の中古品の耐用年数について

理化学機器の中古品は、新品と比べて耐用年数が少なくなります。耐用年数がどれだけ残っているかについては、購入時に確認をしてください。しかし、実際には耐用年数以上に試用できるものも多いでしょう。なお、残っている耐用年数分は決算のときに経費計上できるので忘れずに申告してください。

3-4.中古品と新品・レンタルの違いとは

理化学機器も、中古品・新品・レンタルとさまざまな形で購入や使用が可能です。

  • 中古品:すでに何らかの形で使用済みのもの
  • 新品:未使用のもの
  • レンタル:一定期間の貸し出しを前提に存在するもの

中古品と新品は、基本として買い取りとなります。レンタルは、一定期間の貸し出しを前提となるため1週間だけ使用したいなどの目的では、レンタルも考えると良いでしょう。ただし、長期的な使用を想定する場合は、レンタルよりも中古品購入の方がお得な場合も多いです。

3-5.どんな場合に中古品の使用が推奨となるか

理化学機器を中古品で使用することは、以下の場合に推奨します。

  • 理化学機器の購入予算が少ないとき
  • 本格的に導入する前に試してみたいとき
  • 現在使用しているものが故障して同じものがほしいとき

中古品は、購入価格安価なため気軽に導入しやすいのがメリットです。上記のような場合には、理化学機器の中古品の購入を考えてみてください。

3-6.理化学機器の中古品にかんする注意点

理化学機器の中古品にかんしては、以下の点に注意してください。

  • 新品よりは耐用年数が少ないことを理解すること
  • できるだけ現品を細かく確認してから購入を決めること
  • 購入前に業者から状態の説明を受けること
  • 不明な点がある場合は明確な回答を得ておくこと
  • 使用中の不具合にかんする保証についてチェックすること

理化学機器には、新品の購入と比べて中古品ならではの注意点があります。特に、測定器など精密さを求める理化学機器の場合は、念入りにチェックしてください。

4.理化学機器で人気の高いものとは

理化学機器の中でも人気の高いものには、どんな特徴があるのでしょうか。ここでは、人気の高いメーカー・種類にかんしてのお話をします。

4-1.理化学機器で人気の高いメーカー

理化学機器で人気の高いメーカーは、扱っている機器の性能が優れていることが特徴です。社名が有名なところだけが、人気の高いメーカーとは限らないので注意しましょう。理化学機器でも、種類によって強い分野が違ってくるものです。たとえば、光学機器にかんしてはカメラレンズでも有名なオリンパスが強いと言えます。しかし、油圧ポンプは取り扱っていません。反対に、島津製作所は光学機器は取り扱いがありませんが、油圧ポンプ分野に強いといった感じです。また、中古市場でも人気の高いメーカーのものは、価格が高くなることも覚えておきましょう。人気の高いメーカーの理化学機器を中古で購入したい人は、常に入荷状況をチェックして購入のタイミングを逃さないようにしてください。

4-2.理化学機器で人気の高い種類

理化学機器で人気の高い種類は、需要の多さを見るとわかります。たとえば、測定器は特に人気が高い種類です。人気が高い理化学機器ということは、中古市場でも活発な取り引きがある証拠と考えましょう。理化学機器でも人気の高い種類の方が、たくさんのものの中から選びやすいのは確かなことです。反対に、取り引きが少ない種類は市場に出る確率が低くなります。

5.理化学機器の中古販売業者について

理化学機器の中古販売業者について、理解しましょう。理化学機器を中古で購入するときには、専門業者を利用することをおすすめします。

5-1.理化学機器を購入するときの業者選びのポイント

理化学機器を購入するときには、業者選びも重要なポイントとなります。品質の良い中古品を購入するためにも、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 中古の理化学機器を豊富に扱っていること
  • 状態の良い中古品の品揃(ぞろ)えが豊富なこと
  • 良心的な価格設定であること
  • 従業員の理化学機器にかんする知識が豊富なこと
  • 従業員の対応が親切であること
  • 整備などのアフターフォローが整っていること
  • 理化学機器販売業者としての評判が良いこと

 

5-2.専門業者から購入することのメリット

理化学機器は、取り扱いに専門知識が必要です。通常のリサイクル業者から購入するよりも、専門業者から購入する方が質問や疑問に対する的確な回答を期待できます。また、中古の理化学機器は新品と比べて不具合が心配な点は否定できません。万が一、故障したり不具合が出たりしたときには、専門業者で対応してもらえます。理化学機器を中古で購入する場合は、専門業者からにしましょう。

5-3.理化学機器の中古品の価格について

理化学機器の中古品の価格は、種類だけでなく状態の良さや需要の高さによって上下します。人気の理化学機器で状態の良いものになると、新品に近い価格になることもあるでしょう。また、やや状態が悪かったり旧式のものになったりすると価格は下がります。しかし、まったく同じものでも業者によって価格設定が異なることは否定できません。良心的な価格設定の業者から購入することで、予算を抑えることができますよ。また、買い取りを依頼するにも同じことが言えますので注意しましょう。買い取りを希望する場合は、できるだけ高価で買い取ってくれる業者を探すことが大切です。

5-4.理化学機器の中古品はメンテナンスも大切

理化学機器は、精密機械の部類になります。そのため、中古品はメンテナンスも欠かすことができません。理化学機器を中古で購入した場合は、メンテナンスをこまめに行うようにしましょう。なお、不具合や故障などでメンテナンスの方法が不明な場合は、販売業者に相談してください。アフターフォローがしっかりしている業者は、メンテナンスの対応も安心です。

5-5.理化学機器の中古品の保証について

理化学機器の中古品は、購入時に保証の内容をきちんとチェックしましょう。新品と比べて中古品は、故障や不具合のリスクが高まります。万が一故障や不具合が起きたときに、どの程度の保証を受けることができるかについては購入前に知っておくべきです。同じ価格で販売しているのなら、保証内容が充実している業者を選ぶのが賢い方法と言えます。

5-6.理化学機器の中古品の販売方法や流れを理解しよう

理化学機器の中古品の販売方法や流れについては、以下をご覧ください。多くの場合は、正式注文の前に問い合わせや見積もりのやり取りがあります。

  • 気になる理化学機器にかんして問い合わせをする
  • 業者から見積もりが返ってくる
  • 見積もり内容を見て問題が無い場合は正式注文する
  • 依頼者が業者に対して入金をする
  • 入金確認後業者が依頼者に発送予定日時を連絡する
  • 依頼者に理化学機器が届いて完了する

理化学機器は中古でも高価なものもあります。業者との取り引きをスムーズに行うためにも、上記の流れが基本となることを覚えておきましょう。

5-7.理化学機器の中古販売業者にかんする注意点

理化学機器の中古販売業者は、数多く存在します。中には、悪徳業者がいる可能性もありますから慎重に業者選びをしましょう。具体的には、下記のような業者は避けることをおすすめします。

  • 必要以上に購入を急ぐ
  • 状態を偽って販売している
  • 販売価格が相場以上である
  • 従業員の対応が悪い
  • 従業員が理化学機器に詳しくない
  • 購入後の保証内容が不明・不十分

理化学機器は信頼できる業者からの購入が、満足を約束します。少しでも違和感を覚えた業者からの購入は、見合わせましょう。

6.中古の理化学機器の購入・売却に関するよくある質問

それでは、中古の理化学機器の購入・売却に関するよくある質問に回答します。実際に購入したり売却したりするときに不安にならないように、予習しておきましょう。

6-1.理化学機器を中古で購入後に返品は可能?

理化学機器を中古で購入した場合でも、業者によって返品が可能な場合があります。ただし、返品する場合は業者が定めた規定に従ってください。購入後の期間や使用状態によっては、返品が不可のこともあります。なお、返品不可でも買い取りで対応が可能な場合もあるので検討してみましょう。なお、買い取りで対応となった場合は、購入したときの価格より下がることは承知してくださいね。

6-2.現在使用している理化学機器を有利に売却するためのコツは?

理化学機器を有利に売却するコツについては、以下を参考にしてください。

  • できるだけキレイに清掃をしておく
  • 不具合がある部分は明記しておく
  • すぐに引き渡し可能な状態にしておく
  • 高価で買い取ってくれる業者を探す
  • ほかの業者で見積もってもらった価格を提示する
  • ほかの理化学機器を中古で購入することを伝える

理化学機器を売却した業者から、新たに中古の理化学機器を購入することで買い取り価格がアップすることがあるので覚えておきましょう。

6-3.中古の理化学機器は一定期間試してからの購入は可能?

基本的に、中古の理化学機器は買い取りとなります。一定期間試してから正式に購入という方法は無いと考えましょう。中古の理化学機器の購入を検討するときは、事前にさまざまな情報を入手しておくことが大切です。試用期間が無いものでも、購入後に不安を残さないようにしましょう。ただし、特に高価なものにかんしては一定の試用期間があることもありますので業者に確認してください。

6-4.購入した理化学機器が原因で損害を受けたときの保証はどうなる?

理化学機器を中古で購入後に使用中の不具合で損害を受けた場合は、状況を正確に業者に伝えてください。保証期間内の場合は、誠意をもって対応してくれるはずです。しかし、確実に原因が理化学機器の不具合であることを証明できない場合は、保証を受けることが難しい場合もあるので注意しましょう。なお、誤った使用方法での損害にかんしては保証対象外となります。

6-5.インターネットで中古の理化学機器を購入するときの注意点は?

多くの業者では、インターネットでも中古の理化学機器を購入することができます。ただし、購入時に自分の目で確かめることができない点に不安が残るのも事実です。インターネットで中古の理化学機器を購入するときは、特に以下の点に気を付けてください。

  • 理化学機器の状態が画像などで細かく提示してあること
  • 販売実績が豊富かつ信頼できる業者であること
  • 入金方法や引き渡し方法にかんして不明な点が無いこと
  • 保証内容が明記してあること
  • 利用者からの口コミなどをチェックして悪い評判が無いこと

なお、価格が相場よりも安過ぎる場合は特記事項が無いかしっかりチェックしましょう。不明な点があるときは、インターネット業者であってもメールや相談フォームなどから問い合わせをしてから購入を検討してください。

まとめ

今回は、理化学機器や実験器具を中古で購入することについて詳しく解説をしました。高性能な理化学機器や実験器具は、新品で購入するととても高価です。しかし、中古での購入ならばお得に入手することも可能なことを知ってください。特に専門業者を利用することで、同じ予算でも高性能なものを購入することも可能です。まずは、記事を読んで基礎知識を頭に入れてください。基本をしっかり学んだ後、信頼のできる業者を選んで購入することで、満足のいくものを入手できますよ。