シグナルジェネレーターって何? 導入や処分で得をする方法!

「シグナルジェネレーターとは何か」と聞かれても、具体的に説明することは難しいでしょう。しかし、シグナルジェネレーターは、わたしたちの生活に重要な意味を持つ機械なのです。今回は、シグナルジェネレーターについて知りたい人のために、詳しく説明しました。実際に、導入や処分に必要な知識も解説しているので役に立ちますよ。

  1. シグナルジェネレーターの基礎知識
  2. シグナルジェネレーターについて
  3. シグナルジェネレーターの使い方
  4. シグナルジェネレーターの導入・処分について
  5. シグナルジェネレーターにかんするよくある質問

この記事を読むことで、シグナルジェネレーターの目的を理解し適切なものを選べるようになります。また、処分するときにも損をしないで済むでしょう。まずは、シグナルジェネレーターの基本を学ぶためにも、隅々まで熟読してください。


不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.シグナルジェネレーターの基礎知識

最初に、シグナルジェネレーターの基礎知識を学びましょう。構造や原理・目的・必要性を理解してください。

1-1.シグナルジェネレーターとは

シグナルジェネレーターは、信号発生装置のことで計測器や測定器のひとつです。主に、無線機や信号機の試験をするために使います。無線の仕事を行うときに、必要不可欠なものです。なお、シグナルジェネレーターは、あくまでも信号を発生する機能だけを持っているため、信号を直接測定することはできません。

1-2.シグナルジェネレーターの構造や原理について

標準的なシグナルジェネレーターは、周波数・電力・変調の各情報を表示する部分(表示器)と、各種調整ボタン・ダイヤル、出力端子から成り立ちます。出力要素を細かく調整することで、とても多くのパターンの信号を出すことができるため、正確な実験を行うことが可能です。原理にかんしては、下記のリンクを参考にしてください。

一般社団法人日本電気計測器工業会のファンクションジェネレーター説明ページ

1-3.シグナルジェネレーターの目的

シグナルジェネレーターの目的は、無線機や放送用受信機の研究・開発などとなります。想定した電波や信号を、きちんと受信できるかのテストをするのです。そのため、信号を正確に出力することができる装置が必要になります。シグナルジェネレーターがあることで、無線機や放送用受信機の制度が上がるのです。

1-3-1.何ができるか

一般的なシグナルジェネレーターでは、特定の信号を出力することができます。

  • 周波数の指定: 100kHz程度から指定可能
  • 電力の指定:-130~+10dBm程度が一般的
  • 変調の指定:AM・FM・φMを選ぶことができる

また、種類によってはカラーパターンを出力できるものもあります。

1-3-2.どこで使うか

シグナルジェネレーターは、主に以下の場所で使用します。

  • 公的および民間の技術研究所
  • 企業の研究所・テスト室
  • 学校の授業

1-3-3.どんなときに使うか

主に、以下のシチュエーションで使用します。

  • 無線機や受信機の精度テスト用
  • 無線機や送信機の送信信号用
  • 無線機や受信機のローカル信号用

1-4.シグナルジェネレーターの必要性について

シグナルジェネレーターは、各種受信機の精度をテストするためにも必要です。特定の信号を発することができるからこそ、各種受信機の精度を調整することができます。シグナルジェネレーターがあるからこそ、受信機として役割を果たすことが可能なのです。

2.シグナルジェネレーターについて

では、シグナルジェネレーターの種類や特徴・主なメーカーについて解説します。

2-1. シグナルジェネレーターの種類

主な種類には、以下のようなものがあります。目的に合うシグナルジェネレーターを選びましょう。

  • ファンクションジェネレーター:交流電圧信号の生成
  • カラーパターンジェネレーター:カラーバーやラスターパターンの信号を生成
  • 低周波発振器:低周波信号の生成
  • RF信号発生器:高周波信号の生成
  • パルスパターンジェネレーター:パルスパターン信号の生成
  • データタイミングジェネレーター:一定の周期で信号を生成

2-2.シグナルジェネレーターの主なメーカー

主なメーカーには、以下のようなところがあります。

  • 日本電波工業
  • キーサイト・テクノロジー
  • アンリツ
  • ローデシュワルツ
  • 日本ナショナルインスツルメンツ
  • アジレントテクノロジー
  • テクシオ・テクノロジー

3.シグナルジェネレーターの使い方

シグナルジェネレーターの使い方や注意点などを解説します。それぞれ、とても役に立つことなのできちんと確認しておきましょう。

3-1.シグナルジェネレーターの基本的な使い方

シグナルジェネレーターは単体で使うのではなく、ほかの測定器と組み合わせて使います。特定の信号をシグナルジェネレーターで出し、ほかの測定器で測定・記録するのです。なお、信号の詳細は、シグナルジェネレーター本体にある、周波数・電力・変調の各ボタンで調整することができます。

3-2.シグナルジェネレーターを使用するときの注意点

シグナルジェネレーターは、正しい使い方をしてこそ意味があります。まずは、使用説明書をきちんと読みましょう。また、適切な環境で使用することも大切です。たとえば、高温多湿な環境での使用は、機械の精度が狂います。また、不安定なところに置いて作業することも破損や故障の原因となるので気を付けましょう。

4.シグナルジェネレーターの導入・処分について

シグナルジェネレーターの導入や処分にかんする必要な知識を身に付けましょう。まずは、業者選びから順を追って解説しますね。

4-1.シグナルジェネレーターの業者・商品選びのポイント

まずは、業者選びのポイントをご覧ください。

  • シグナルジェネレーターにかんする知識が豊富
  • シグナルジェネレーターを豊富に取り扱っている
  • 無料見積もりをもらっても契約を無理強いしない
  • 希望納期をできるだけ優先してくれる
  • 適正価格で販売している
  • 顧客からの質問や問い合わせへの対応が丁寧

商品選びにかんしては、信頼できる業者に適切なものの候補を上げてもらうと確実です。

4-2.シグナルジェネレーターを導入する目的

シグナルジェネレーターは、主に実験や製品テストの目的で導入します。目的に合った信号を発するものを導入してください。たとえば、電波を測定したいのに、カラーパターンを出力するものでは実験目的に合いません。信号の種類を間違えると、実験不可・テスト不可となるので気を付けてください。いずれにしろ、シグナルジェネレーターに期待することをきちんと詰めておくことが大切です。

4-3.シグナルジェネレーターの価格について

シグナルジェネレーターの価格は、メーカー・種類・性能などによってまちまちです。価格帯は、新品で1台100万円程度のものから、1,000万円程度まで幅広く存在します。より高性能なものを求める場合は、予算に余裕を見ておきましょう。なお、新製品が出るとひとつ前の種類の価格は下がる傾向にあります。型落ち品であっても、機能に納得できる場合は積極的に検討しましょう。

4-4.中古のシグナルジェネレーターも検討しよう

シグナルジェネレーターは、中古での購入も検討してください。たとえば、以下のようなメリットを受けることができます。

  • 購入価格が安い
  • 本格的な導入前のテスト購入として最適

新品でなくても、条件のいい中古品はたくさんあるものですよ。

4-5.レンタルのシグナルジェネレーターも利用できる

シグナルジェネレーターは、レンタルでの利用も検討してみましょう。レンタルすることで、気軽に使うことができます。また、短期間の使用を予定している場合も、レンタルの方が有利になることがあるものです。まずは、シグナルジェネレーターのレンタルを扱っている業者に相談してみましょう。

4-6.シグナルジェネレーターの買い取りについて

中古のシグナルジェネレーターの中でも、まだ十分に使用できるものなら買い取り対象になることがあります。買い替えや処分などで、買い取りを希望する場合は業者に査定してもらいましょう。中古市場の需要なども考慮して、業者が現時点での査定を出してくれます。なお、故障しているものや古過ぎるモデル・需要がほぼ無いものにかんしては買い取り不可となる可能性もあるので注意してください。

4-7.シグナルジェネレーターの導入・処分にかんする注意点

シグナルジェネレーターの導入や処分は、適当な業者に相談してはいけません。また、導入は安さだけで選ぶと失敗しやすくなるので注意しましょう。高価であっても、テストの目的に合ったものにしてください。また、処分にかんしても親身になって査定をしてくれる業者に依頼しましょう。中古のシグナルジェネレーターの買い取りを積極的に行っているところなら、正当な査定をしてくれます。

5.シグナルジェネレーターにかんするよくある質問

最後に、シグナルジェネレーターにかんするよくある質問に回答します。それぞれの内容について、理解しておきましょう。

5-1.シグナルジェネレーターを無料で試す方法はありますか?

購入を前提として、貸し出しを受けることができる場合があります。ただし、すべての業者・機種で対応しているわけではありません。まずは、希望機種の無料貸し出しを行っているか確認してみましょう。また、無料でできなくても有料でならレンタル可能な場合もあるので併せて考えてみてください。

5-2.シグナルジェネレーターによくある故障の種類は?

  • 設定した数値の波長が出ない
  • 波長の出方が不安定
  • 各調整ボタンが使えない
  • 電源が入らない

シグナルジェネレーターは精密機械のため、きちんとメンテナンスをしないと故障しやすくなります。使った都度、また、定期的に機能チェックとメンテナンスを行いましょう。

5-3.シグナルジェネレーターの売却で高額査定になるポイントは?

下記の条件が当てはまるほど、高額査定が期待できます。

  • 人気の機種・メーカーのものであること
  • シグナルジェネレーターとしての機能に問題が無いこと
  • 本体に目立つ汚れ・破損が無いこと(ボタン類の動作も正常)
  • 製造年月日が新しいもの
  • 付属品が揃(そろ)っていること

売却を希望するときは見積もりをもらい、内容をチェックしましょう。なお、査定金額にかんして業者から説明を受けても納得できない場合は、ほかの業者に改めて見積もり依頼してください。

5-4.中古のシグナルジェネレーターのチェックポイントは?

中古の場合、機能に問題が無いことを確認しておきましょう。シグナルジェネレーターの場合は、機能に不具合があると使いものになりません。また、製造年月日や使用歴・どんなことができるかもきちんとチェックしてください。条件をクリアしたものなら、中古で購入するとお得です。

5-5.購入したシグナルジェネレーターに不具合がある場合は返品できますか?

保証期間内であり、通常使用の範囲内で不具合が出た場合は、返品できる可能性が高くなります。まずは、業者に連絡して状況を説明しましょう。返品の際には、購入当時の領収書や保証書などが必要になるので用意してください。なお、返品になった場合でも代替品と交換になるケースが多くなります。代替品を受け取ったら、同じような不具合が出ないかできるだけ早めに確認しておきましょう。

まとめ

今回は、シグナルジェネレーターについて詳しく解説しました。シグナルジェネレーターは、各種信号を正確に発信するための機械です。受信機の性能テストなどには、シグナルジェネレーターを欠かすことはできません。しかし、目的に合った信号を出力できるものを選ばないと、失敗します。まずは、どんな目的でシグナルジェネレーターを使いたいのか、きちんと整理しておきましょう。なお、導入や処分の相談は、信頼できる業者に依頼するのが確実です。豊富な経験や知識から、有意義なアドバイスをもらってください。