ヘッドスピード測定器とは?原理や価格、選び方などご紹介!

ゴルフの上達に必要不可欠な「ヘッドスピード測定器」。飛距離をのばしたいとき、ゴルフプレーヤーのほとんどがヘッドスピード測定器を使用してゴルフのスイングやヘッドスピードを確認しています。では、ゴルフの上達に必要なヘッドスピード測定器とはどんなアイテムなのでしょうか。これから、ヘッドスピード測定器とは何なのか、主なメーカーと選び方、購入方法・処分について説明します。

  1. ヘッドスピード測定器とは
  2. ヘッドスピード測定器の主なメーカーとは
  3. ヘッドスピード測定器の選び方
  4. ヘッドスピード測定器の購入・処分にあたって
  5. ヘッドスピード測定器に関するよくある質問

この記事を読むことで、ヘッドスピード測定器について知り、目的に合った測定器選び、購入・処分ができるでしょう。


不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ヘッドスピード測定器とは

ヘッドスピード測定器とは、そもそも、ヘッドスピードとは何なのか詳しく説明します。ヘッドスピードの売却を考えている人もぜひチェックしてください。

1-1.ヘッドスピードとは

ヘッドスピード測定器はヘッドスピードを測定するものです。しかし、ヘッドスピードとは一体何のスピードなのでしょうか。簡単に説明すると、ゴルフのスイングスピードのことです。スイングスピードでも、ボールをとらえるヘッド部分のスピードになります。ヘッドスピードが速ければ速いほど、ボールを遠くへ飛ばすことができるのです。正しいフォームを身につけた後は、いかにヘッドスピードを上げるかどうかが、飛距離をのばすポイントになるでしょう。ほとんどのゴルファーが飛距離をのばすためにゴルフスイングのスピードアップを目指します。

1-2.ヘッドスピード測定器とはどんなものか、何ができるか

ヘッドスピードを測定する機器が「ヘッドスピード測定器」です。自分のヘッドスピードが知りたいときは測定器を利用するのが1番でしょう。ヘッドスピード測定器を使えば、ヘッドスピードだけでなくスイング要素を知ることができます。スイング要素には、スピン量・サイドスピン量・ボール初速・ボールの曲がり具合などです。

1-3.ヘッドスピード測定器の原理

ヘッドスピード測定器の原理はメーカーや種類によって多少異なります。たとえば、あるヘッドスピード測定器は「磁石」が動作原理です。測定するクラブと測定器の両方に磁石を取りつけることで、2点間のスピードを測ることができます。また、広範囲のセンサーを導入してヘッドスピードを測定する機器もあるのでチェックしてみてください。

1-4.ヘッドスピード測定器のメリット

ヘッドスピード測定器のメリットは、自分のスイングを知ることができる点です。アマチュアゴルファーなどはスイングは日々変化します。変わるたびに測定することで、スイングの状態や傾向が把握できるでしょう。さらに、ヘッドスピード測定器を利用して、実際にヘッドスピードが上がった人もいます。飛距離をのばしたい人にはヘッドスピード測定器が必要です。

1-5.ヘッドスピード測定器、ゴルフスコープの使い方

ヘッドスピード測定器、ゴルフスコープの使い方はとても簡単です。ヘッドスピード測定器は打ち出し方向とは逆の位置に設置します。目安はボールからおよそ1m~1.2m後方の位置です。使い方の詳細は測定器の種類によって異なります。使用前に必ず確認しておきましょう。そして、飛距離を測るゴルフスコープはスイッチをいれて穴をのぞくだけで残りのヤード距離がわかるようになっています。また、ゴルフGPSを利用して測定する機器もあるのでぜひチェックしてみてください。

2.ヘッドスピード測定器の主なメーカーとは

ヘッドスピード測定器はゴルフに限らず、テニスなどさまざまなスポーツで大活躍します。そこで、ヘッドスピード測定器の主なメーカーをいくつかご紹介しましょう。

2-1.YUPITERU(ユピテル)

ドライブレコーダーやレーダー探知機など、センサー機器を中心に扱っているメーカーが「YUPITERU(ユピテル)」です。ユピテルのヘッドスピード機器は多彩な機能が特徴になっています。たとえば、GPS衛星の電波を受信して測定する機能、移動距離や位置・時間情報などの表示と豊富です。実際に利用している人によると、クラブごとにミート率やゴルフスイングの軌道が測定できて上達に役立つとおっしゃっていました。

YUPITERU(ユピテル):https://www.yupiteru.co.jp/golf/

2-2.PRGR(プロギア)

ゴルフ用品を中心に取り扱っている「PRGA(プロギア)」のヘッドスピードもおすすめです。測定飛距離だけでなく、消費カロリーが測定できるなど新機能が追加されています。表示画面も非常に見やすいと好評です。PRGA(プロギア)の測定器を使ってからというもの、より正確な測定値を知ることができると練習に夢中になっている人もいますよ。

PRGA(プロギア):http://www.prgr-golf.com/product/unit/redeyes-pocket.html

2-3.ブリヂストンスポーツ

ブリヂストン社のサイエンスアイポータブルも人気があるゴルフスイングスピード測定器です。ヘッドスピードのほかに推定総飛距離、クラブヘッド軌道の計測ができます。コンパクトなサイズなので気軽に持ち運びができるでしょう。

ブリヂストンスポーツ:http://www.bs-sports.co.jp/callcenter/question/golf/science_eye/

2-4.最近の傾向、機能など

最近のヘッドスピード測定器はコンパクトサイズかつ、機能性に優れているタイプが多いです。移動距離が長いゴルフだからこそ、持ち運びが楽で簡単に測定できる機器が役立ちます。重たいヘッドスピード測定器よりもポケットやバッグにいれることができるコンパクトサイズがおすすめです。また、機能としてはヘッドスピードの測定だけでなく、スイングの軌道や消費カロリーなど幅広い内容がわかる充実さに注目されつつあります。

3.ヘッドスピード測定器の選び方

さまざまなヘッドスピード測定器がある中、どの機器を選べばいいのかわからなくなりますよね。そこで、ヘッドスピード測定器の選び方について説明しましょう。

3-1.選び方のコツ

選び方のコツとしては「機能性」「運びやすさ」「値段」の3点が大きなポイントになるでしょう。まずは、何のためにヘッドスピード測定器を使うのか考えてみてください。目的を明確にしておけば数あるヘッドスピード測定器の中からぴったりの種類を選ぶことができます。目的を明確にしたら、機能性・運びやすさ・値段の3点に注目していきましょう。

3-2.機能について

選び方のコツで最も大切なのがヘッドスピード測定器の機能です。メーカーや種類によってそなわっている機能が変わってきます。ヘッドスピード測定器の中には野球やテニスのラケットスピードなどあらゆるスポーツで使えるタイプ、ボールスピード、ミート率など機能はさまざまです。練習モードにすると、アプローチショットの感覚が反復で練習できる機能もあります。ゴルフスイングのスピードトレーニングがさらに楽しくなるはずです。

3-3.注意点

ゴルフスコープやヘッドスピード測定器など、比較せずに購入するのは危険です。購入後、「やっぱり違うものにすれば良かった…」と後悔してしまいます。いくつか機器を比較することで自分に合っているかどうかわかるものです。自分の目的に合っている測定器を選ぶためにも、いくつか測定器をピックアップしてみてください。

4.ヘッドスピード測定器の購入・処分にあたって

要らなくなったヘッドスピード測定器を処分する、または新しい機器を購入する場合、ポイントがあります。業者・商品選びのポイントやヘッドスピード測定器の価格、中古など詳しく説明していきましょう。

4-1.業者・商品選びのポイント

自分でカタログをチェックするのもいいですが、おすすめは「インターネットによる口コミ・評判」です。Amazonや楽天など大手の通販サイトでは実際に購入した人の口コミが確認できます。口コミではメーカーのサイトではわからなかったことが記載されているものです。使ってみて何が良いのか、悪いのか口コミ・評判で見極めてください。

4-2.ヘッドスピード測定器の価格について

新しいヘッドスピードの平均価格はおよそ8,000円~1万円です。発売年月が新しければ新しいほど価格が高くなります。新しいものでおよそ3万円です。ヘッドスピードだけを測定したいのなら、8,000円~1万円以内で抑えることができるでしょう。どんなヘッドスピード測定器を購入するのかによって価格は異なります。コストパフォーマンスを求めている人はいくつか機器を比較してみてください。

4-3.ヘッドスピード測定器の中古について

できるだけ、安い価格で購入したい人は中古のヘッドスピード測定器がおすすめです。中古=古い、汚い、使えないと思っていませんか?中古でも新しい機器や新品同様なものもあります。街中にある中古ショップやインターネットでの中古販売サイトをチェックしてみてください。また、ネットオークションでは低価格でヘッドスピード測定器を販売しています。ネットオークションの場合、落札者が少なければ少ないほど低価格で取り引きできるでしょう。

4-4.レンタルについて

購入するのが面倒、1度だけ使ってみたい人はヘッドスピード測定器のレンタルがおすすめです。ゴルフ場や練習場の中にはヘッドスピード測定器のレンタルを貸し出しているところがあります。1度レンタルで試してみるのもアリですね。もし、気に入った場合は購入を検討するといいでしょう。

4-5.リサイクル(買取)について

古いヘッドスピード測定器を処分する際、まだ使えるかどうか確認してください。使えるようであれば捨てるのではなく、リサイクルにまわしましょう。リサイクルしたほうがお得に処分できます。人気のあるメーカー・種類ほど、高く売れる可能性が高いです。リサイクルショップや買取専門店、ゴルフ用品店などに1度査定に出してみてはいかがでしょうか。

4-6.注意点

リサイクルに出すとき、できるだけ高くヘッドスピード測定器を売りたいですよね。高く売るコツは売る前に「キレイにすること」「説明書やケースなど付属品をつけること」になります。汚い機器よりもキレイな機器のほうが買取価格が上がるでしょう。また、説明書・ケースといった付属品がついていたらなおさら高価買取が期待できます。もし、持っている場合は機器と一緒に出してください。

5.ヘッドスピード測定器に関するよくある質問

ヘッドスピード測定器にかんしてよくある質問を5つピックアップしていきます。疑問に思っていることは事前に解消しておきましょう。

5-1.ヘッドスピード測定器のアプリとは?

最近では、スマートフォンで簡単に測定できるヘッドスピード測定器のアプリが登場しています。スイング・ヘッドスピード・インパクト解析ができるアプリが「Epson M-Tracer For Golf」です。ただし、このアプリを使用するにはEpson M-Tracerと呼ばれるデバイスが必要になります。

エプソン専用ページ:http://www.epson.jp/products/msensor/golf/

5-2.ゴルフスコープのおすすめが知りたい

飛距離を測るゴルフスコープで評価が高いのは「YUPITERU(ユピテル)」製です。レーザーで測定できる「2015 ATLAS AGF-Laser1」など人気があります。ユピテルのほかには、海外で人気の高いブッシュネル、ケンコーなどです。

5-3.売れなかったときの処分法は?

もし、売ろうとしていたヘッドスピード測定器が売れなかったとき、処分することになります。処分方法に困ったときは、不用品回収業者がおすすめです。スピード測定器やセンサー測定器など、専門的に買取・処分をしている業者があります。専門業者なら知識を心得ているので安心して依頼できるでしょう。

5-4.ゴルフスイングスピードの平均は?

ゴルフスイング・ヘッドスピードの平均は一般ゴルファーでおよそ38~43m/s以内です。プロの場合は48m/s以上、アマの場合は43~48m/sと一般よりも上がります。

5-5.ミート率とは?

ヘッドスピード測定器でわかるミート率とは、効率よくボールをとらえられたかどうかを示す数値のことです。空振りになればミート率が「0」になります。

まとめ

いかがでしたか?ヘッドスピードはゴルフを上達させるための大切なポイントです。ヘッドスピードをいかにアップさせるかどうかで飛距離も変わってきます。ヘッドスピード測定器を使えば、効率的にヘッドスピードを上げることができるでしょう。けれども、最初はなかなかスピードがアップしません。地道に練習することが大切なので、諦めずにヘッドスピード測定器を使い続けてくださいね。