「 不用品の処分方法 」一覧

タブレット手軽に持ち運べるタブレットは、非常に便利な情報端末として人気を集めています。
手軽で便利なタブレットはですが、モデルチェンジや世代交代が激しく、数年で買い替えということも珍しくありません。
『新しくタブレットを購入し、古いタブレットを持て余している』という方も少なくは無いのでしょうか?
そんな、古いタブレットを持て余しているという人のために、タブレットの再利用や処分方法なを紹介します。
また、タブレットは持ち運ぶことを前提とした機器なので、落下による液晶割れや水没など不慮の故障などが多く、故障してしまったタブレットが捨てられないということも少なくありません。
古いタブレットの再利用・処分方法に加えて、故障してしまったタブレットを廃棄方法する際の注意点についてご紹介します。

続きを読む


古いエアコンから新しいエアコンに買い換えるとき、または移設・引越しをするときなどエアコンの取り外しをしなければなりません。
業者に依頼することもできますが、エアコンは自分で取り外すこともできます。
しかし、エアコンをどうやって自分で取り外せば良いのか分からない人もたくさんいるでしょう。
そこで、エアコンの取り外し方について詳しく説明していきたいと思います。
どうすれば取り外しをすることができるのか、知識を身につけ、正しい方法で取り外していきましょう。
気になっている人はぜひチェックしてください。

続きを読む


カセットテープあなたの家に埃のかぶっているカセットテープは残っていませんか?
昔はよく聴いたけれど、今は小型の音楽プレーヤーが普及してカセットテープを聴く機会もそうそう見かけることはありません。
こうなってしまうと、山のようなカセットテープも邪魔なだけですよね。
思い切って処分したいけれど、普通のゴミとして捨てていいのか…。
処分方法が分からなくてついそのままにしてしまっている人は多いでしょう。
捨て方や売る方法など、カセットテープの処分方法についてご紹介したいと思います。

続きを読む


カーペットはインテリアのアクセントにもなる重要な役割を果たしています。
家の雰囲気を変えたい時、カーペットを変えるだけで随分と新鮮な気持ちになれるものですよね。
しかし、困るのはカーペットを処分する時。
処分するには捨てるしかないのか、捨てるにはどうしたらいいのか、よく分からないという人は多いのではないでしょうか。
今回は、カーペットの捨て方や、捨てる時にどのようなことに注意したらいいのかをまとめてみました。
まずはカーペットの種類をご説明しますので、自分の家のカーペットがどれに当てはまるのか知ってください。

続きを読む


食事をしたり家族だんらんの舞台になったりと、何かと出番が多いダイニングテーブル。
生活様式の変化に伴いファミリーで暮らすご家庭に必須の家具になりつつあります。
では、このダイニングテーブルが不要になった場合、どのような方法で処分をすればよいのでしょうか。
今回はダイニングテーブルの処分や廃棄方法をご紹介しましょう。
「使わなくなったダイニングテーブルは粗大ゴミにしかならない」というのは間違いです。
ものによってはまだまだ需要はあります。
ダイニングテーブルの買い替えを検討している方や不要なダイニングテーブルの処分に困っているという方はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


多くのデータを持ち運べる便利な記憶媒体であるUSBメモリを仕事や日常で使用するという方は多いはずです。
USBメモリは安価な記憶媒体であるということから、買い替えによって不要になるということも多くあります。

便利な一方で、不要になったUSBメモリの捨て方が分からず、仕事場や部屋の引き出しに眠っているということは珍しいことではありません。

不要になったUSBメモリを安全に処分するための方法と注意点についてご紹介しましょう。

続きを読む


部屋の中にカーペットが敷いてある、というお宅は多いでしょう。
ではそのカーペットが不要になった場合はどのように処分をすればよいのでしょうか。
今回はその方法をご紹介します。
カーペットは素材もサイズも様々なので、不用意に捨ててはいけないのです。
不要になったカーペットの処分に困っているという方はぜひ読んでみてください。

続きを読む


天候に関係なく洗濯物を乾かすことができる衣類乾燥機。愛用されている方も多いのではないでしょうか。
では、この衣類乾燥機が不要になった場合はどのように処分をしたらよいのでしょう?
今回はその方法をご紹介しましょう。
衣類乾燥機の買い替えをご検討されている方や、現在使っているという方はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


一般家庭でも大きな家電を処分する際に困ってしまう物が多いのではないでしょうか?
家電リサイクル法ができてからは、電化製品を処分することは簡単なことではなくなったのです。
その家電リサイクル法の対象外の業務用冷蔵庫などは、量販店でも処分することができないと断られる場合が多く、不用になった業務用の冷蔵庫の処分に頭を抱える人も少なくありません。
お店や会社以外でも、一般家庭で食品の大量ストックのために業務用の冷蔵庫を使っていることも多いのですが、これが不要になった場合の処分方法までは考えないのではないでしょうか?
しかし、事前に処分する日のことを考えておかなくては、いざその時が来ると慌ててしまうこともあります。
それでは、正しく業務用冷蔵庫を処分するいくつかの方法をご紹介しましょう。

続きを読む


新しいウォークマンを購入した際に不要になった古いウォークマンがある場合、いつまでも部屋の片隅にしまっておく…というのは賢い方法ではありません。
いつかは処分しなければならないものなので、扶養になったらすぐに廃棄をしましょう。

そのうちまた使うかも、誰かにあげるかもと考えてしまう人もいるかもしれませんが、一度しまってしまうと何年もそのままの状態になってしまう人が多いようです。

そこで、今回はウォークマンの廃棄方法を3つ紹介します。
自分に合った廃棄方法を選択してみてはどうでしょうか?

続きを読む