ACアダプターの処分方法を知りたい! 安全・お得に処分するコツ!

「不要になったACアダプターはどんな方法で捨てればいいのだろう」などとお考えではないでしょうか。自治体にゴミとして出していいのか、ほかの方法を選ぶべきかなど悩みますよね。実は、ACアダプターでも条件によっては中古品として買取してもらえる場合があるのです。また、買取してもらえなくても資源リサイクルできれば有効活用することができます。そこで、今回は、ACアダプターの処分方法について詳しく解説しましょう。

  1. ACアダプターを処分する前に
  2. ACアダプターの処分方法
  3. ACアダプターは買取してもらえる?
  4. ACアダプターを買取に出す方法
  5. ACアダプターの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ACアダプターの処分ついてよく分かり、最適な方法を選んで処分できます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ACアダプターを処分する前に

最初に、ACアダプターを処分する前に確認することを見ていきましょう。

1-1.ACアダプターとはどんなもの?

ACアダプターとは、コンセントから電源を供給するために使う機器です。たとえば、パソコンや家庭用ゲーム機・携帯電話などに使われます。ACアダプターを介することで、長時間利用することが可能です。最近は、小型化・軽量化が進んでおり、使い勝手が向上しています。

1-2.ACアダプターのゴミの区分は?

ACアダプターは、プラスチックと金属でできているため、多くの自治体で不燃ゴミとして出すことができます。また、自治体によっては「小型家電リサイクル法」の指定品目となる場合があるので確認してください。小型家電リサイクル法の指定品目として処分する場合は、回収後、自治体が責任を持ってリサイクルしてくれるため、資源を有効活用できます。

2.ACアダプターの処分方法

ACアダプターの処分方法で主なものを詳しく解説します。

2-1.自治体に処分を依頼する

ACアダプターの処分を自治体に依頼することができます。ACアダプターは不燃ゴミとなることが多いでしょう。ただし、自治体によってゴミの区分が異なるため、まずは確認してみてください。また、小型家電リサイクル法の対象品目に指定されていることがあります。小型家電リサイクル法の対象である場合は、区役所や商業センターある専用回収ボックスに投入することで処分可能です。

メリット

  • 処分費用が無料
  • 回収後に資源リサイクルしてもらえる(小型家電リサイクル法に基づく処分)

デメリット

  • 回収日時・場所が決まっている
  • 自分で集荷場所に運ぶ手間がかかる
  • 専用回収ボックスの設置数が少ない(小型家電リサイクル法に基づく処分)
  • 不燃ゴミとして出した場合はリサイクルされずに廃棄処分となる

2-2.メーカー回収は本体と同時送付のときだけ

メーカーでは、ACアダプター単体での回収を行っていないことが多いでしょう。ただし、パソコンや携帯電話などに付属のものは、本体との同時処分に限り回収してもらえることがあります。

2-3.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になったACアダプターは、不用品回収業者に処分を依頼できます。単体で処分するときは、店頭持ち込みもしくは宅配回収を利用できると便利です。ACアダプター以外に処分したいものがあるときは、日時・場所を指定できる出張回収を利用するといいでしょう。なお、業者によって回収方法や処分費用が異なるため、利用前に問い合わせたり見積もりをもらったりすることをおすすめします。

メリット

  • 故障や不具合があるACアダプターも回収してもらえる
  • 回収後は資源リサイクルに回してもらえる
  • ほかの不用品も同時に依頼できる
  • 条件により日時・場所指定での回収依頼も可能

デメリット

  • 回収費用がかかる

2-4.実績や信頼度を重視して業者を選ぼう

ACアダプターの処分を業者に依頼するときは、以下のポイントを参考に選ぶといいでしょう。

  • ACアダプターの処分実績が多い
  • 回収後のACアダプターを適切にリサイクルしている
  • 状態によっては買取もしている
  • 回収費用がリーズナブル
  • 都合のいい回収方法が選べる(店頭持ち込み・宅配回収・出張回収)
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を得ている

3.ACアダプターは買取してもらえる?

不要になったACアダプターでも、状態によっては買取してもらえることがあります。

3-1.買取してもらえるACアダプターとは?

以下のようなACアダプターは、買取してもらえる可能性が高いでしょう。

  • 有名メーカー・人気機種用のもの
  • 使用感が少ない
  • 不具合・故障がない
  • 汚れやひどい臭い・破損がない

3-2.ACアダプターの買取価格相場

ACアダプターの買取相場は、1個数十~数百円程度です。以下は、一例として参考にしてください。

  • SONY ACアダプター(VAIO ACC VGP-AC16V7):180円程度
  • Newニンテンドー3DS 用ACアダプター:270円程度
  • リコー デジカメ用ACアダプター (AC-4B):50円程度

なお、実際の買取相場を調べるには、業者に見積もりをもらったりネットオークションやフリマサイトの落札実績をチェックしたりするなどの方法があります。

4.ACアダプターを買取に出す方法

ACアダプターを買取に出す方法で主なものを詳しく解説します。

4-1.リサイクルショップや不用品回収業者に買取してもらう

ACアダプターで状態のいいものは、リサイクルショップや不用品回収業者で買取してもらえることがあります。まずは、業者の査定を受けてみましょう。買取可能で提示金額に問題なければ、そのまま正式に依頼してください。なお、ACアダプターの回収方法は以下の3つがあります。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:日時・場所を指定して業者に回収してもらう

業者によっては店頭持ち込みだけに対応していることもあるため、事前に確認しておくといいでしょう。

メリット

  • 中古品として再販してもらえる
  • ほかの不用品も買取に出せる
  • 持ち込んだその場で買取から代金受け取りまで完了する(リサイクルショップ)
  • 買取不可でも引き取って処分してもらえる(不用品回収業者)

デメリット

  • 通常、宅配買取や出張買取は手数料のほうが買取金額を上回ることが多い
  • 回収方法が店頭買取だけの場合が多い(リサイクルショップ)
  • 買取不可の場合は処分も依頼できない(リサイクルショップ)

4-2.ネットオークションやフリマサイトで売る

ACアダプターは、ネットオークションやフリマサイトで売ることも可能です。実際に、まずは、出品手続きをし落札を待ちましょう。落札後は、落札者と連絡先を交換し、支払いを確認した後、ACアダプターを発送してください。実際の落札相場を調べ、相場より極端に高くしない、送料をできるだけ抑える梱包(こんぽう)にするなどの工夫で落札率が上がります。

メリット

  • 自分が売りたい価格で出品できる
  • ジャンク品でも売れることがある
  • タイミングと状態によっては高額落札もありうる(ネットオークション)
  • 宅配便で送付できるので送料を抑えることができる

デメリット

  • 必ず売れるわけではない
  • やり取りのステップが多く慣れが必要
  • 個人間トラブルが多い(支払い遅延や商品クレームなど)
  • 値切られやすい(フリマサイト)

5.ACアダプターの処分に関するよくある質問

最後に、ACアダプターの処分に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.パソコンや携帯電話と一緒に処分するメリットは?
A.ACアダプターは主要付属品のひとつであるため、買取金額がアップすることが大きなメリットです。また、ACアダプター単体では処分費用がかかっても、パソコンや携帯電話などの付属品として処分する場合は、無料になる点も見逃せません。

Q.買取に出したACアダプターはどんな手順で再販される?
A.業者で買取したACアダプターは、汚れをクリーニングし、簡単な動作確認をしてから再販されます。業者によっては、ネットオークションなどに出品することもあるでしょう。

Q.ネットオークションのトラブルを避ける方法は?
A.以下のような点に注意するといいでしょう。

  • ACアダプターの品番・外観の様子・傷や汚れの有無を明記する
  • 送料・送付方法を明記する
  • 落札者制限をかける(新規落札者・悪い評価がついている人を除外する)
  • 返答や発送はできる限り迅速に行う
  • 丁寧でコンパクトな梱包(こんぽう)をし、証拠写真を撮っておく
  • 入金前の発送はしない

Q.古いACアダプターは買取してもらえない?
A.買取してもらえないことが多いでしょう。ACアダプターにも寿命があるため、古いものは性能が落ちている可能性があるからです。ただし、自己判断せずに業者に確認してみることをおすすめします。

Q.新しいACアダプターでも買取不可となるのはなぜ?
A.不人気ブランド・メーカーのものやコネクター形状が特殊なものなど、中古需要が見込めないなどの理由があります。なお、買取基準が業者ごとに異なるため、ほかの業者に改めて査定を依頼してみることも可能です。

まとめ

今回は、ACアダプターの処分について詳しく解説しました。不要になったACアダプターは、故障している場合は資源リサイクルへ、まだ使えるものは買取を考えてみるといいでよう。まずは、業者に買取してもらえるか査定を依頼することをおすすめします。買取してもらえないものでも、資源リサイクルできる方法で処分しましょう。この記事を参考に、最も楽でお得な処分方法を選んでください。