【注目】製氷機の買取依頼はどうやる? 処分方法や注意点をすべて解説

製氷機は、飲食店などに欠かすことができません。製氷機があることによって、氷をいつもストックできます。夏場に冷たいメニューを提供できるのも、生鮮食品の鮮度を保つことができるのもすべて製氷機を備えているからです。しかし、廃業や買い替えなどの理由で、製氷機の買取をしてほしい場合もあるでしょう。今回は、製氷機の買取依頼の方法や注意点などを詳しくまとめました。買取を実際に考えている人には、特に役立つ内容ですからご覧くださいね。

  1. 製氷機について
  2. 製氷機の買取について
  3. 製氷機の買取方法を詳しく学ぼう
  4. 製氷機の買取:業者の選び方
  5. 製氷機の買取でよくある質問にお答えします!

記事を読んだ人は、製氷機の買取で有利に進めることができるようになります。また、買取に出すときの不安や疑問を解決することもできるでしょう。まずは、始めから終わりまでじっくり読んでみてください。製氷機を少しでも高く買取してもらうために必要なことが書いてありますからひとつずつゆっくり理解しながら読み進めましょう。

1.製氷機について

最初に、製氷機についての基本を確認しましょう。定義や種類だけでなく、需要や耐用年数などにも触れていきます。

1-1.製氷機の定義とは

製氷機とは、冷凍技術を使用して人工的に氷を作る機械のことです。製氷機があることによって、気温が高い時期でも安定した氷の供給が可能になります。最近は、家庭用冷蔵庫に付随した製氷機もポピュラーなものとなりました。なお、水を入れて凍らせるタイプの「製氷皿」は製氷機とは呼びません。

1-2.製氷機の種類や大きさについて

製氷機の種類にかんしては、用途によって家庭用製氷機と業務用製氷機に大きく分けることができます。家庭用の製氷機は、ワンボックスタイプの冷蔵庫ほどの大きさが多いです。製氷機能だけでなく、保冷機能も付いていていつでも氷をストックできるものが重宝します。業務用にかんしては、大型冷蔵庫並みのものが豊富で大量の氷の需要に応えることができるものばかりです。氷の質や機能にこだわって選ぶことも可能になっています。

1-3.製氷機の使用シーンいろいろ

製氷機には、さまざまな使用シーンがあります。下記は、一例です。

  • 家庭用製氷機:ホームパーティー用・子供会や自治体での出店用など
  • 業務用製氷機:生鮮食品の保存用・冷たい料理や飲み物の製造用

家庭用か業務用かで、適切な機種が異なります。使用シーンに合わせて適切な製氷機を選びましょう。

1-4.製氷機の需要について

製氷機の需要は、年々高まっていると言えます。特に夏場には、ビールなどのアルコール類を冷やしたりジュースやかき氷などに使用したりするため、需要が大幅に高まるからです。また、生鮮食品の鮮度を保つためにも氷を欠かすことはできません。家庭でも気軽にホームパーティーを開くようになった今、業務用製氷機と同様に家庭用製氷機の需要にも期待が高まっています。

1-5.製氷機の耐用年数

製氷機の耐用年数は、6年です。つまり、新品で購入した日から6年間の寿命となります。使用状況によっては、6年に到達しなくても寿命を迎えるものです。また、特に問題が無くても耐用年数近くになったら新規購入を考える時期と覚えておきましょう。なお、中古で製氷機を購入するときには、製造年月をもとに耐用年数の残りを計算しておくことが大切です。

1-6.製氷機の価格相場を知ろう

新品の製氷機の価格相場にかんしては、目安として以下を参考にしてください。

  • 小型タイプ(最大貯氷量12キログラム程度):11万円程度
  • 中型タイプ(最大貯氷量18キログラム程度):15万円程度
  • 大型タイプ(最大貯氷量28キログラム程度):20万円程度

なお、価格相場は常に変動します。夏場は特に製氷機の需要が高いため、価格が急に上昇することもありますから注意しましょう。