パソコンのデータ消去ソフトをお探しの方必見!上手なソフトの選び方


新しいパソコンに買い替えるときに、古いパソコンに残されたデータ消去はどうすればいいの?と悩みますよね。他人に知られたくないデータや個人情報を消去するには、専門のソフトを使うのがおすすめです。ここではデータ消去ソフトの情報をご紹介します!

目次

  1. 人気のパソコンデータ消去ソフトとは
  2. 無料ソフトと有料ソフトの違い
  3. データ消去ソフトを選ぶ際の注意
  4. その他のデータ消去法
  5. まとめ

1.人気のパソコンデータ消去ソフトとは

古くなった、壊れた、などの理由でパソコンを廃棄したり買い替えをしたりするときに一番気になるのは、ハードディスクに残ったデータですよね。

パソコンに残った情報のなかには、他人に知られたくない個人情報がたくさんあります。

そこで、古いパソコンを廃棄したりリサイクルしたりする際には、データを完全にハードディスクから消去する必要があるのです。

ところが、ハードディスクに書き込まれたデータを完全に消去するのはそれほど簡単ではない…ということはご存じでしょうか。

一般的な「データ消去」としては…

  • データを「ごみ箱」に入れて「削除」する。
  • 「ごみ箱を空にする」コマンドで消す。
  • ソフトで初期化する。
  • パソコンの付属に付いてきた、リカバリーCDで工場出荷状態に戻す。

などでしょう。

しかしながら、上記の方法では、一見データは消されたように見えても元データは残っています。

特殊なソフトを使用すれば、データ回復は可能なのです。

そこで、多くの人がパソコンのデータを完全に消去するために、専用の消去ソフトを使用しています。

人気メーカーの「パソコンデータ消去ソフトのおすすめ」をご紹介しましょう。

1-1.データ消去ソフト主要メーカー

現在、データ消去ソフトを販売している代表的なメーカーは、「AOSテクノロジーズ」と「ジャングル」社の2つになります。

それぞれ、データ消去ソフトのシリーズを発売しているのですが、消去方法によって製品が異なるので注意してください。

1-2.AOSテクノロジーズの「ターミネーターシリーズ」

実売データに基づいてNo.1メーカーをたたえる「BCN PCメンテナンス部門」という賞を、6年連続で1位獲得をしているのが、AOSテクノロジーズ「ターミネーター10plusデータ完全抹消」です。

Windows のXPやVistaに対応した消去ソフトで、OSを含むすべてのデータを抹消します。

確実で強力な抹消パワーを持ち、絶対に復元できないレベルまで完全にデータを消すのです。

「ターミネーター10plusデータ完全抹消」のほかに、不要なファイルだけを選んで抹消する「リスクマネージャー ファイル消去&チェック10plus」も人気の高いソフトでしょう。

特定のファイル・WEBサイトの閲覧履歴・メールなど、個別に消去できます。

現在のパソコンを使用しながら、ほかの人に見せたくないデータだけを消去する場合はおすすめのソフトでしょう。

リムーバルディスク内のデータも消去できますが、パーティションやドライブ内のすべてのデータ消去はできません。

廃棄するときにすべてのデータを完全に消去するには、「ターミネーター10plusデータ完全抹消」を選んでください。

1-3.ジャングルの「完全抹消15シリーズ」

ジャングル社のデータ消去ソフトのなかでも、「完全ハードディスク抹消15」は、ハードディスク全体のデータを消去するソフトです。

対応OSは、Windows のXP・Vista・7・8で、インストールしてデータを完全に消去します。

また、CDブートから消去するときは、OSは関係ありません。

さらに、フロッピーディスクを作成して消去する方法もあり、OSが起動しない、CDブートができないなどの旧型パソコンでも完全にデータを抹消できます。

「完全ハードディスク抹消15」は、業界最速の抹消スピードを誇り、大容量のデータも高速で抹消できるのでストレスがありません。

操作も簡単なので、「パソコン操作が苦手!」という人におすすめです。

特定のファイルだけを消去することはできないので、パソコンを廃棄する前に使用するにはぴったりでしょう。

パソコンを使用しながら、WEBサイトの閲覧履歴やメールなど、特定のフォルダーやファイルだけを消去するには「完全ファイル抹消15」があります。

2.無料ソフトと有料ソフトの違い

パソコンのデータ消去ソフトは、無意味なデータを上書きすることでデータを抹消します。

そして、読み取り不可能にするので、パソコンを分解してハードディスクを取り出す必要がありません。

市販の有料ソフトで人気が高いのは、AOSテクノロジーズの「ターミネーターシリーズ」や、ジャングルの「完全抹消シリーズ」です。

さらに、無料データ消去ソフトもあります。

有料ソフトと無料ソフトの違いは、消去するスピードや手間数などのようです。

「無料だから完全にデータを消去できないのでは?」…というような心配は無用でしょう。

無料ソフトには以下のような種類があります。

2-1.DESTROY

ハードディスクのデータを完全に抹消できる、MS-DOS用ソフトです。

家庭で使用する場合は無料ですが、法人は有料になるのでご注意ください。

CD-Rかフロッピーディスクが1枚必要で、消去方法は9種類から選べます。

DESTROY

http://www.vector.co.jp/soft/dos/util/se196626.html

2-2.Wipe-out

ハードディスク・外部記憶装置・記録メディアなどのデータを消去・削除するソフトです。

使用しているパソコン環境に合わせて、CD-ROM・USBメモリー・フロッピーが使用できます。

Wipe-out

http://www.wheel.gr.jp/~dai/software/wipe-out/

2-3.CCleaner

パソコンにたまったゴミを削除するソフトとして知られています。

ドライブの空きスペースを復元不可能にしたり、ドライブ全体のデータを抹消したりすることが可能です。

作者のサイトからダウンロードでき、4種類の方法が選べます。

CCleaner

http://www.piriform.com/

3.データ消去ソフトを選ぶ際の注意

最新のパソコンには、無料のデータ消去ツールが入っています。

取り扱い説明書をよく読んでから(もしくはメーカーのホームページに掲載された手順を確認してから)作業をしてください。

また、有料のデータ消去ソフトにはそれぞれ特徴があります。

おすすめデータ消去ソフトの項でご紹介した「ターミネーター10plus」は、データ消去は確実でセキュリティも万全な反面、データ消去の時間が長いという面があるのです。

データを消去するPCが複数台ある場合は、消去時間の早い「完全ハードディスク抹消15」のほうがおすすめでしょう。

ただし、「完全ハードディスク抹消15」は作業は簡単といわれているものの注意書きが多く、初心者には難しいとの声もあります。

ソフトを選ぶときには有料・無料に限らず、今使用しているパソコンで動作するか、自分で対応できそうかなど注意事項をよく確認してから選びましょう。

4.その他のデータ消去法

パソコンのデータを完全に消去するには、データ消去ソフトを使用する以外の方法はあるのでしょうか。

方法としては下記の2つがあります。

専用装置でデータ消去する

強力な磁気を持つ消磁(しょうじ)装置を使用して、ハードディスクの記録媒体を消す方法です。

ただし、消磁(しょうじ)装置を行うとハードディスクは使用できなくなります。

また、装置自体が高価なものなので購入する人は少なく、データ消去サービス会社に依頼するのが一般的です。

ハードディスクを物理的に破壊

データの消去というよりは、ハードディスクそのものを破壊して機能できない状態にする方法です。

ハンマーなどで破壊するのは、破片が飛び散りけがをする可能性が高いので、販売店や業者に依頼してください。

5.まとめ

いかがでしたか?

パソコンの買い替えのときには、専用のソフトを使用して古いパソコンのデータを完全に消去することが大切です。

どんなソフトを選べばいいの?…と迷っている方に向けて、下記のような情報をまとめてみました。

  • 人気のパソコンデータ消去ソフトとは
  • 無料ソフトと有料ソフトの違い
  • データ消去ソフトを選ぶ際の注意
  • その他のデータ消去法

上記のことを参考に、処分したいパソコンに合ったソフトで完全にデータを消去してくださいね!