休日のまとめ掃除で部屋をきれいに保つ!少しの工夫で効率的に!

「休日に掃除をしたいが時間がかかりすぎて困っている」「休日の掃除をもっと効率的にやりたい」という気持ち、よく分かります。平日仕事をしていると「休日にまとめて掃除をする」という人が多いでしょう。しかし、1週間分の汚れを一気に掃除しようとすると時間がかかります。「せっかくの休日が掃除でつぶれてしまう」ということにならないよう、休日の掃除を楽にするコツやポイントを知っておきましょう。

  1. 休日にまとめて掃除するメリット
  2. 休日に掃除するデメリットや悩みごとは?
  3. 休日の掃除を楽にするコツやポイント
  4. 休日の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、休日に掃除する人が多い理由や大変さ、効率的に掃除するためのスケジュールの立て方などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.休日にまとめて掃除するメリット

まずは、休日にまとめて掃除する人が多い理由やメリットをご紹介しましょう。

1-1.週に1回、休日に掃除する人が多い

1人暮らしや共働きの家庭では「毎日掃除をする」という人が少なく、「週に1回、休日にまとめて掃除をする」という人が最も多くなっています。土曜か日曜のどちらかに掃除をしておけば、部屋もそこまで汚れることなく、軽い掃除で済むというのが理由です。

1-2.まとまった時間がとれる

休日に掃除するメリットは、まとまった時間がとれることです。平日、出勤前や帰宅後にできる掃除は限られます。時間も十分にとれず体も疲れているため、掃除をする気にもなれないでしょう。休日であれば、ある程度ゆっくりと掃除することができます。普段なかなかできない部分も掃除できるはずです。

1-3.家族に手伝ってもらえる

家族と休日が一緒の場合は、掃除を手伝ってもらえるというメリットもあります。1人よりも家族と一緒のほうが、短時間で掃除を終えることができるはずです。精神的な負担も軽くなるでしょう。

1-4.1週間を気持ちよくスタートできる

週末に掃除をして部屋をきれいにすることで、1週間を気持ちよくスタートできるという点もメリットでしょう。休日の掃除はその週を快適に過ごすための準備日であると考えることで、掃除に対するネガティブな気持ちも減るはずです。

2.休日にまとめて掃除するデメリットや悩みごとは?

休日の掃除にはデメリットもあります。物理的や心理的・時間的なデメリットや悩みごとをご紹介しましょう。

2-1.1週間分の汚れを落とすのが大変

平日まったく掃除をしていない場合、1週間もたてばある程度汚れはたまります。休日にまとめて掃除しようとするとやることもそれなりにあり、大変に感じる人も多いでしょう。特に水回りは、こまめに掃除しておかなければ水アカやカビが発生してしまいます。そういった汚れを一気に落とすには、労力と時間が必要です。

2-2.せっかくの休日に掃除したくない

「せっかくの休日なのに掃除したくない」という心理的な悩みも多いでしょう。仕事の疲れをとるための休日に掃除をしなければならないと思うと、憂うつになってしまう人がほとんどだと思います。

2-3.予定が入っているので時間がとれない

休日は友人との約束や趣味などに費やす予定があるため、掃除の時間を作るのが難しいという悩みもあると思います。休日もアクティブに動きたい人にとって、まとめて掃除をするのは簡単なことではないでしょう。

3.休日の掃除を楽にするコツやポイント

休日の掃除をできるだけ楽にするコツやポイントをご紹介しましょう。

3-1.軽い掃除で済むようにしておく

掃除が大がかりになるほど、時間的にも心理的にもつらくなります。そこで、休日に軽い掃除をするだけで部屋のきれいさを維持できるようにしておくのがポイントです。掃除を簡単にするためには、以下のような方法があるでしょう。

  • すぐ掃除機をかけることができるよう、床にものを置かない
  • 必要な掃除道具をそろえてすぐ使える場所に置いておく
  • まず散らかっているものから片付ける

3-2.掃除のスケジュールを立てておく

いつどこを掃除するのか、事前にスケジュールを立てておくのもおすすめです。休日に家中をまとめて掃除するのが難しい場合も多いでしょう。ひとまず一番きれいにしておきたいリビングを優先し、「リビング+1箇所」を休日ごとに掃除していく方法もあります。たとえば、「今週はリビング+キッチン」「来週はリビング+寝室」というようにスケジュールを立てておけば、掃除を短時間で済ますことができるでしょう。忘れないよう表にしておくのがおすすめです。

3-3.平日に「ちょこっと掃除」をしておく

平日の「ちょこっと掃除」が休日の掃除を大幅に楽にしてくれます。平日はわざわざ掃除の時間を作るのではなく、気づいたときにさっと拭いておく程度でよいのです。たとえば、「トイレを使った後、汚れている部分を拭き取る」「洗いものをしたついでに排水口を掃除する」などで構いません。汚れが蓄積するのを防ぎ、大がかりな掃除が必要なくなるでしょう。

3-4.家族に協力してもらう

休日の掃除を少しでも楽なものにするためには、家族の協力も必要です。力仕事や高所の掃除はご主人に、子ども部屋の掃除はお子さんたちに、というように、手分けして行うとよいでしょう。掃除をイベント化して休日の楽しみにするのもおすすめです。

4.休日の掃除に関するよくある質問

「休日の掃除を効率的にしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.最低限必要な掃除道具はどのようなものですか?
A.中性洗剤・アルコールスプレー・床用のドライシートがあれば、たいていの場所は掃除できるでしょう。そろえておくと便利です。

Q.楽しみながら掃除ができる方法はありませんか?
A.好きな音楽をかけながら掃除する・掃除後のごほうびを用意する・かわいい掃除グッズをそろえるなどの方法で、掃除に対するモチベーションを上げるとよいでしょう。

Q.休日の掃除は何時ごろから始めるのが効率的ですか?
A.できるだけ朝早いうちに掃除を終え、残りの時間を有意義に過ごせるようにすることをおすすめします。取りかかる時間が遅いと「掃除だけで休日が終わってしまった」という感覚に陥りがちです。

Q.休日の掃除を続けるコツを教えてください。
A.休日に掃除することを習慣化してしまうのが続けるコツです。休みの日に掃除をすることを当たり前にしてしまえば、面倒に感じることもなくなります。習慣化しやすくするためにも、簡単で短時間にできる掃除方法を知っておくことが大切です。

Q.家を掃除するメリットは何でしょうか?
A.集中しやすい環境になる・探しものが減る・持ちものを管理しやすくなるためムダな出費が減るなど、さまざまなメリットがあります。また、無意識のうちに感じていたストレスがなくなり、気持ちも前向きになるでしょう。

まとめ

休日に掃除するメリットや悩みごと・休日の掃除を効率的に行うポイントなどをまとめてご紹介しました。「せっかくの休日を掃除でつぶしたくない」という人は多いでしょう。しかし、平日仕事をしている人にとって休日はある程度まとまった掃除ができる貴重な時間です。どうすれば効率的に掃除できるのか、ぜひこの記事を参考に考えてみてください。