CNC画像測定機の買い取り・売却はお任せ! 最もお得な方法を詳しく!

CNC画像測定機は、製造業での開発・検査などにおいて必要不可欠な存在といえます。高品質な製品を効率よく生産するためにも、部品や製品の測定は正確に行う必要があるからです。しかし、買い替えなどの理由で古いものの買い取り・売却を考えたとき、どこに依頼すべきかよくわからないこともあるでしょう。そこで、今回は、CNC画像測定機の買い取り・売却について詳しく解説します。

  1. CNC画像測定機の基礎知識
  2. CNC画像測定機の種類
  3. CNC画像測定機の買い取りについて
  4. CNC画像測定機の買い取り・売却に関するよくある質問

この記事を読むことで、CNC画像測定機の買い取り・売却に必要な知識が身につき、適切な方法にて処分できます。まずは、記事を読み進めてみてください。


不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.CNC画像測定機の基礎知識

最初に、CNC画像測定機とは何か、目的・用途・必要性・メリットについて解説します。

1-1.CNC画像測定機とは?

CNC画像測定機は、非接触寸法計測を採用しています。CNCとは、Computer Numerical Controlの略で、日本語では「コンピューター数値制御」の意味です。CNC計測機は、物体を撮影する「CCDカメラ」・物体を乗せる「測定物設置ステージ」・さまざまな操作を行うための「制御盤」などで構成しています。

1-2.CNC画像測定機の目的や用途

CNC画像測定機の目的や用途は、下記を参考にしてください。

1-2-1.CNC画像測定機では何ができる?

CNC画像測定機では、物体を撮影し、画像処理技術に基づいて高速で高精細な自動測定ができます。直接触れることなく測定できるため、壊れやすい・変形しやすいなどデリケートな物体の計測も簡単です。人の手で測定するよりも効率がよく正確なデータが得られます。

1-2-2.CNC画像測定機はどこで使う?

CNC画像測定機は、細かな部分まで正確に測定できるため、主に以下の業界で使われます。

  • 自動車メーカー
  • 自動車部品メーカー
  • 金型メーカー
  • 精密部品メーカー
  • 精密工具メーカー

1-2-3.CNC画像測定機はどんな場合に使われる?

CNC画像測定機は、対象物を厳密な精度で測定することが要求される場面において使われます。人間の目より正確で誤差のない結果を得ることができるため、精密機器・部品の開発・製造で必要不可欠です。また、人の手や機械に触れると誤差が生じやすくなるため、精密部品の最終検査など高精度な結果を要求する現場で使われます。

1-2-4.CNC画像測定機の主な使い方

CNC画像測定機の基本的な使い方は、以下を参考にしてください。

  1. 測定室に対象物を5時間以上置いて室温に慣らす
  2. 測定物設置ステージに対象物をセットする
  3. CCDカメラにより画像の読み取りやエッジの検出を行う
  4. 必要に応じてデータをパソコンなどで処理・保存する

なお、始めに対象物を室温に慣らすのは、温度変化による膨張や縮小を避けるためです。

1-3.CNC画像測定機の必要性やメリット

測定業務で精度の高さを要求するとき、人間の目では限界があります。また、疲労や体調・測定環境によるバラつきや個人差が出てしまうことも否定できません。CNC画像測定機を導入することで、常に同一の環境で正確な測定値を出すことができます。測定値の精度が一定することで、業務効率が高まる点が大きなメリットです。

2.CNC画像測定機の種類

CNC画像測定機について、主な種類・メーカー・価格や最近の傾向などを解説します。

2-1.CNC画像測定機にはどんな種類がある?

CNC画像測定機には、二次元測定タイプと三次元測定タイプがあります。二次元測定タイプは、縦と横の数値の計測にとどまるため、平面の物体向けです。三次元測定タイプは、縦と横に加えて高さも計測でき、立体的な測定ができます。現在のCNC画像測定機の主流は、三次元測定タイプです。

2-2.CNC画像測定機の主なメーカー

CNC画像計測機は、主に以下のメーカーで作られています。

  • ミツトヨ
  • キーエンス
  • ニコンインステック
  • 日本海計測特機

2-3.CNC画像測定機の価格について

CNC画像測定機は、計測機器の中でも高価なものです。新規購入の場合、安いものでも1台500万円台で、高いものになると2,000万円を超えるものもあります。導入を考えている場合は、必要な性能と価格とのバランスを見て決めるといいでしょう。購入に関しては、CNC画像測定機の売買で実績豊富な業者に相談することをおすすめします。

2-4.CNC画像測定機の最近の傾向

最近では、画像の高精細化・高速測定化がより進んでいるのが特徴です。人の目には見えにくい細かな違いでもCNC画像測定機なら見逃すことはありません。また、操作も簡単にできるようになり、操作歴の浅い人であっても楽に使いこなすことが可能です。さらに、顧客ごとの要望に特化したソフトと組み合わせることで、業務の効率化を図ることができるようになっています。

2-5.CNC画像測定機に関する注意点

高価なCNC画像測定機がすべてではありません。何を目的に導入するのか、また、精度の要求度によっても、最適な機種は異なるものです。また、限られた予算の中で最も適したものを選ぶためには、深い知識と経験が必要となります。購入後に後悔しては意味がありません。初期投資を早く回収するためには、目的に即した機種を購入してください。

3.CNC画像測定機の買い取りについて

CNC画像測定機の買い取りを有利に進めるために必要な知識を解説します。業者の選び方や高額査定のコツなど、役に立つことでしょう。

3-1.CNC画像測定機の買い取り事情

CNC画像測定機は高価なため、中古品の需要も高いものです。実際に、状態がよく高性能なCNC画像測定機を中心に業者が買い取りを強化しています。最近は、高性能な3次元計測タイプの機種が人気です。中古での販売価格は、状態のいいもので新品の5割から7割程度が相場となります。もちろん、使用年数や状態にもよるので、詳しくは業者に確認してください。

3-2.CNC画像測定機の買い取り業者の選び方について

CNC画像測定機の買い取り業者は、以下のポイントを参考に選びましょう。

  • CNC画像測定機の販売実績が豊富にある
  • CNC画像測定機の知識に詳しい
  • できるだけ高額買い取りしてくれる
  • 対応が親切で丁寧
  • 買い取り査定は無料
  • 顧客からの信頼が厚い
  • 古物商許可などの必要な許可を得ている

3-3.CNC画像測定機の買い取り方法や流れ

CNC画像測定機の買い取りを希望する場合は、最初に業者に連絡します。買い取りを希望する機種の詳細と台数を伝え、査定をしてもらいましょう。業者から査定が届いたら、内容を吟味し、問題ない場合は正式に契約し、買い取りを依頼します。CNC画像測定機は、大きさや重さがあるため、希望の場所と日時を伝え、業者で搬出用のトラックを手配してもらいましょう。予定日当日に、業者がやってきて回収してもらいます。業者に受け渡し後、期日までに代金が支払われて完了です。

3-4.CNC画像測定機の買い取り査定について

業者では、CNC画像測定機を実際に買い取りする前に以下のようなポイントをチェックして査定します。

  • 人気のメーカー・機種か
  • 年式は新しいか
  • 性能はどうか
  • 基本的な機能に問題や不具合はないか
  • ひどい汚れ・におい・傷がないか
  • 正常な動作に必要な付属品に欠品がないか

3-5.高額査定のポイントを学ぼう

できるだけ高額査定をしてもらうためには、以下を参考にしてください。

  • キレイにクリーニング・調整しておく
  • 使用説明書・付属品などをそろえておく
  • できるだけ早く査定を依頼する
  • CNC画像測定機を高額査定している業者を選ぶ

3-6.CNC画像測定機の買い取りに関する注意点

CNC画像測定機の買い取りは、不明な点を残したままにしないでください。業者から査定をもらったときに、査定理由や金額に納得できないなら、必ず説明を受けましょう。残念ながら、誠実な評価をしてくれる業者ばかりではありません。不当に低い査定金額を提示されたと感じた場合は、ほかの業者に再度依頼することも考えましょう。

4.CNC画像測定機の買い取り・売却に関するよくある質問

最後に、CNC画像測定機の買い取り・売却に関するよくある質問に回答します。それぞれ役に立つ内容ですから参考にしてください。

Q.CNC画像測定機は故障していても買い取り可能ですか?
A.故障度度合いによります。軽度の調整や部品交換で対応できる場合は、買い取りできる場合もあるでしょう。ただし、業者によって判断基準が異なるため、必ずしも買い取りできるとは限りません。なお、故障しているもので買い取り不可となった場合でも、回収処分だけ依頼できるかどうかも確認しておくと安心です。

Q.10年以上使用したCNC画像測定機も買い取りできますか?
A.年式が新しくて使用感が少ないことが高額買い取りの条件であることは確かです。しかし、10年以上使用していても、問題なく作動し、高性能な機種であれば買い取り対象になります。高額査定は難しいものの、業者に依頼してみる価値はあるでしょう。年式が古くて使用感があるものでも、CNC画像測定機を安く手に入れたい人にとってはお宝となります。

Q.CNC画像測定機の買い取り代金を現金ですぐに受け取ることは可能ですか?
A.業者によって、買い取り代金の決済方法が異なります。まずは、業者に確認してください。なお、CNC画像測定機は買い取り金額も高額になるため、安全を考えて口座振り込みでの対応としている場合もあります。現金ですぐにという要望に応じる業者が少ないことも理解してください。

Q.複数台のCNC画像測定機の買い取りを1回に依頼できますか?
A.もちろん可能です。まずは、業者に買い取り依頼をする台数を告げて、査定をしてもらいましょう。台数によっては、査定を出すのに時間がかかる場合があります。また、回収するときにも、台数によっては1回ではトラックが手配しきれず、複数回にわたることもあるでしょう。新規入れ替えの予定がある場合などは、できるだけ早めに業者に依頼し、余裕を見て処分できるようにしてください。

Q.業者の買い取り価格に納得できない場合の対応策は?
A.業者では、中古市場での需要とCNC画像測定機の状態の2点を考慮して買い取り価格を提示します。中には、希望より大幅に下回る金額を提示される場合もあるでしょう。しかし、落胆する前にどんな理由で査定をしたのか、説明を受けてください。傷や不具合を見落としていることもあります。また、思っていたよりも中古市場で人気がない機種である場合もあるのです。理由に納得できたら、業者が提示した金額が妥当と考えてください。ただし、説明を受けても適切な理由が返ってこない場合は、ほかの業者に改めて査定を依頼しましょう。

まとめ

今回は、CNC画像測定機の買い取り・売却について詳しく解説しました。不要になったCNC画像測定機は、実績豊富で信頼できる業者に処分を依頼しましょう。状態のいいものは、高額で買い取りしてもらえます。ただし、業者選びを間違えると不満足な結果となりやすいので気をつけましょう。不当に安い査定金額を提示したり、買い取り後に不法廃棄してしまったりする悪質業者も存在します。誠実に査定をしてくれる業者を見極め、賢く依頼しましょう。