ゴミ屋敷になる原因は何? 主な影響や効率よく片付ける方法を詳しく!

「実家がゴミ屋敷になっているが、何が原因なのだろう」「ゴミ屋敷を片付けるポイントを詳しく知りたい」とお考えではありませんか? ゴミ屋敷になってしまうと、物理的・心理的にさまざまなデメリットがあります。スッキリと片付いた部屋で快適に暮らすためにも、まずはどんな原因でゴミ屋敷になるのか理解することが必要でしょう。

そこで今回は、ゴミ屋敷の原因について詳しく解説します。

  1. ゴミ屋敷になる原因は?
  2. ゴミ屋敷になりやすい人の特徴
  3. ゴミ屋敷が住人や周囲に与える悪影響
  4. ゴミ屋敷を片付ける方法
  5. ゴミ屋敷になるのを防ぐ方法は?
  6. ゴミ屋敷の原因や対処法に関するよくある質問

この記事を読むことで、ゴミ屋敷になってしまう原因が理解でき、効率よく片付ける方法や予防法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ゴミ屋敷になる原因は?

最初に、ゴミ屋敷になる主な原因について見ていきましょう。

1-1.ものが多過ぎる

ものが多過ぎると、高確率でゴミ屋敷になります。部屋の広さや収納場所に対してものが多過ぎることで、整理整頓することができず放置してしまいやすいからです。片付けたくても、手に負えず途中で挫折してしまうことが多いのもデメリットでしょう。中には、ものを捨てることができない、不用品を買い込んでしまうといったことが原因で部屋がものであふれてしまうこともあります。

1-2.収納場所が足りない

ワンルーム物件など収納場所が元から足りないケースも、ものがあふれてゴミ屋敷状態になりやすくなります。収納場所が狭いと、多くのものが出したままになるからです。長く生活するほどに物量が増えるため、ますます部屋がものであふれてしまいます。特に、普段から不用品やゴミを処分する習慣がない人は、すぐにゴミ屋敷になることでしょう。

1-3.ものを捨てる習慣がない

ものを捨てる習慣がないことも、ゴミや不用品がたまってゴミ屋敷になる原因です。中には、ゴミ袋にゴミを集めたものの、地域のゴミ集荷日時が分からずに放置している例もあります。きちんとゴミ出しをしたり不用品を処分したりする習慣があれば、ゴミ屋敷になることはほぼありません。しかし、ものを捨てなければ、新しいものがどんどん増えてゴミ屋敷になるのも当然です。

1-4.ものの捨て方や片付け方が分からない

ものの捨て方や片付け方が分からないことで、ゴミ屋敷になることもあります。たとえば、本来なら粗大ゴミなどで捨てるべきものも、捨て方が分からないためにそのままになっているのです。また、ものをうまく片付ける方法が分からないために、せっかく収納場所があっても乱雑につめ込むだけのケースも見られます。

1-5.高齢や病気などの理由でゴミ捨てができない

高齢や病気などの理由で、ゴミ捨てができないのもゴミ屋敷になる原因になります。ゴミを捨てようようと思っていても、体力がなかったり体に何らかの支障があったりすると、そのままにしてしまいがちです。特に、マンションやアパートの2階以上に住んでいる、ゴミの集荷場所まで距離がある場合は大変でしょう。

2.ゴミ屋敷になりやすい人の特徴

ゴミ屋敷になりやすい人の特徴を詳しく見ていきましょう。

2-1.一人暮らしの高齢者

一人暮らしの高齢者は、ゴミ屋敷になりやすくなります。一人暮らしだと、ゴミや不用品をため込んでもほかの人から注意を受けることがないからです。また、高齢などの理由でゴミ出しや片付けが難しいことも原因になります。さらに、家族や知人などと交流がない人は、高確率でゴミ屋敷になってしまうので気を付けましょう。

2-2.仕事などで多忙

仕事などで多忙な人も、ゴミ屋敷になりやすいといえます。仕事がある日は、単純に家にいる時間が短か過ぎて掃除をすることができません。休日は、心身共に疲れ果ててしまい、掃除をする時間はあってもやる気が起きないからです。掃除をするよりも、横になって休んでいたい気持ちが勝つため、部屋が散らかっていてもそのままにしてしまいます。

2-3.大きなストレスがある

大きなストレスがある人も、ゴミ屋敷になりやすいものです。ストレスがたまると、部屋を片付ける気力がなくなります。また、ストレスにより不用品を大量に買い込んでしまう原因にもなるため、部屋がものであふれてしまいがちです。根本的なストレスが解消されないかぎり、ゴミ屋敷を改善するのは難しいでしょう。

2-4.整理整頓が苦手

整理整頓が苦手な人も、ゴミ屋敷になりやすいタイプといえます。何をどんな方法で片付けてよいか分からなかったり、途中で飽きてしまったりなどの理由で最後まで完了できないのです。また、片付けに苦手意識があると、なかなか腰を上げることができません。ゴミ屋敷を何とか片付けたいと思っても、行動に移すことができずに悪化するだけです。

2-5.衝動買いをしやすい

ゴミ屋敷になりやすい人の特徴として、衝動買いをしやすい点も挙げられます。目新しいものに興味を持ち、本当に必要かどうか考える前に購入してしまうのです。また、セールやバーゲンも好み、安いという理由だけで不要なものを買い込む傾向があります。そのため、家の中がものであふれてゴミ屋敷になってしまうのです。なお、ストレスやさみしさが原因で衝動買いに走っている人も多くいます。

2-6.ものを捨てるのに罪悪感がある

ものを捨てるのに罪悪感がある人も、不用品をため込んでゴミ屋敷になりやすいものです。ほかの人から見ればまったく使えないものまで、大切に保管していることもあります。いつか使うだろう、捨ててしまうのはもったいないといった考えから、不用品を捨てることができません。また、小さなころからものを大切に使うことをしつけられて育った人も、ものを捨てられない傾向があります。

3.ゴミ屋敷が住人や周囲に与える悪影響

ゴミ屋敷は住人や周囲にさまざまな悪影響をもたらします。具体的にどんな悪影響があるか見ていきましょう。

3-1.不衛生になり健康被害が出やすい

ゴミ屋敷は、ゴミが腐敗したりホコリがたまったりして不衛生になり、健康被害が出やすいのが大きなデメリットです。たとえば、雑菌やカビが繁殖すれば、感染症やアレルギーの原因になります。食材の保存状態にも影響するので、場合によっては食中毒が発生することもあるでしょう。ゴミ屋敷の中で健康的な生活を送ることは困難です。

3-2.ものにつまずいてケガをしやすい

ゴミ屋敷では、ものにつまずいてケガをしやすいの悪影響の一つです。部屋がものであふれていると、足の踏み場がない状態になります。すると、ものにつまずいて転倒するなどでケガをしやすくなるのです。高齢者などはちょっとした転倒でも骨折しやすく、場合によっては寝たきりになるきっかけになるので、十分に注意する必要があります。

3-3.精神的にマイナス思考になりやすい

ゴミ屋敷になると、精神的にマイナス思考になりやすいのもいけません。部屋にゴミや不用品が多い状態では、何をやるときも視界がゴチャゴチャしてしまいます。集中力が落ちてやる気がなくなり、マイナス思考になりやすいのも自然なことでしょう。

3-4.ものが傷んだりなくなったりしやすい

ものが傷んだりなくなったりしやすいのも、ゴミ屋敷の悪影響の一つです。ゴミ屋敷は、ホコリがたまったり湿気がこもったりしやすくなります。その結果、雑菌やカビが発生してものが傷んでしまうのです。また、ものが多過ぎるため、すぐになくなりやすいのもデメリットでしょう。なくなったものを再度買うことで、お金も無駄になってしまいます。

3-5.悪臭や害虫が発生する

ゴミ屋敷は、悪臭や害虫が発生するのも大きな問題です。悪臭や害虫の発生は、生活の質を大きく下げてしまうので、早急に対策してください。悪臭は精神的に不快になりやすく、害虫は不衛生で雑菌の繁殖につながります。いずれも放置すると悪化して、近隣にも影響が広がり、クレームが出る原因になるので注意しましょう。

3-6.不審火が発生しやすい

ゴミ屋敷は不審火が発生しやすいのも困りごとです。たとえば、コンセント周辺にホコリがたまると、コンセント火災が起こることがあります。キッチンにものがあふれていると、調理の際に引火しやすくなるでしょう。また、屋外にまでゴミがあふれ出す状態では、放火されるリスクも高まります。ゴミ屋敷はいったん火災が発生するとすぐに延焼しやすいため、大変危険です。

3-7.周辺の治安が悪くなる

ゴミ屋敷の悪影響として、周辺の治安が悪くなるのも挙げられます。ゴミ屋敷として有名になると、不審者やヤジウマが多く集まってくることでしょう。中には、ゴミ屋敷だからよいだろうと考えて、ゴミを捨てていく人もいます。また、タバコのポイ捨ても心配です。いずれにしても、近隣住民に大きな迷惑がかかってしまいます。

4.自分たちでゴミ屋敷を片付ける方法

自分たちでゴミ屋敷を片付ける方法を、手順ごとに解説します。

4-1.ゴミの物量や状態を把握する

最初に、ゴミ屋敷を全体的に観察して物量や汚れ具合を把握しましょう。ゴミ屋敷は、浴室やトイレなどもゴミや不用品であふれていることがあります。まずは、冷静にどこにどれくらいの物量があるか、どの程度汚れているか把握してください。なるべく正確に把握することで、片付けのスケジュールが立てやすくなります。

4-2.片付けのスケジュールを立てる

次に、片付けのスケジュールを立てましょう。物量と汚れ具合に応じて、日程を割り振ってください。1か所に最低でも1日かけることがポイントです。物量が多い、汚れがひどい、広いなどの場所は、2日以上見てもよいでしょう。なお、ゴミ屋敷の片付けは大変な労力を必要とします。スケジュールを立てるときは、適宜休憩を入れたり予備の時間を設定したりしておきましょう。

4-3.ゴミ屋敷の片付けに必要な道具を用意する

ゴミ屋敷の片付けに入る前に、必要な道具を用意しておきましょう。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 掃除機
  • フロアーワイパー
  • ぞうきん
  • バケツ
  • 住宅用中性洗剤
  • 消臭剤
  • 使い捨てタイプの掃除用シート
  • ダンボール箱
  • ゴミ袋
  • マジック
  • 古新聞紙
  • マスク
  • 手袋
  • 汚れてもよい服装

4-4.不用品と必要なものを仕分ける

部屋にあるすべてのものを、不用品と必要なものに仕分けましょう。不用品はダンボール箱に入れるなどして区別してください。大変な作業ですが、ゴミ屋敷を脱出するためには必ずやるべきことです。なお、不用品を仕分ける基準は、以下を参考にしてください。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 1年以上使わなかった
  • 今後使う予定がない
  • 同じようなものが複数ある
  • 特に思い入れがない

なお、不用品を仕分けるときは、深く考えないことがポイントです。思い出の写真やアルバムなど、手放すと後悔する可能性があるもの以外は、思いきって処分することをおすすめします。

4-5.必要なものだけを収納する

不用品を仕分けて必要なものだけになったら、実際にものを使う場所の近くに収納していきましょう。なお、ゴミ屋敷になりやすい人は、なるべく簡単に片付けられる方法で収納することをおすすめします。たとえば、種類別にカゴに入れるだけの収納にすれば、片付けやすいでしょう。最初からきっちり片付けようとすると、途中で挫折する可能性が高いので注意してください。

4-6.仕上げに掃除をして完了

すべてのものを収納できたら、最後の仕上げに掃除をして完了です。完了後、部屋本来の広さと快適さを実感できて驚くことでしょう。なお、長期間ゴミ屋敷状態だった場合、壁や床などにシミやカビ汚れが発生して、簡単には取れないことがあります。掃除をしても汚れが取れない場合はそのまま放置せず、早めに床材や壁紙などを交換してください。

4-7.ゴミや不用品の処分も忘れずに行うこと

ゴミ屋敷を片付けた後、ゴミや不用品の処分も忘れずに行ってください。大量のゴミや不用品を自分たちで処分するのが大変なら、不用品回収業者に依頼するのもよい方法です。不用品回収業者に依頼すれば、ゴミや不用品を種類ごとに分ける必要もなく、都合のよい日時に回収してもらえます。後述する5-3を参考にして信頼できる業者を選び、相談してみてください。

5.不用品回収業者に片付けを依頼する方法

ゴミ屋敷の片付けは、不用品回収業者に依頼すると何かと便利でおすすめです。

5-1.ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者にゴミ屋敷の片付けを依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分たちで片付けるよりキレイに仕上がる
  • 時間や労力を大幅に節約できる
  • 好きな日時を指定して作業してもらえる
  • 不用品の処分も依頼できる

5-2.ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼する場合の費用目安

不用品回収業者にゴミ屋敷の片付けを依頼した場合の費用目安は、以下を参考にしてください。

  • 1K:約35,000円~
  • 1DK:約60,000円~
  • 2DK:約120,000円~
  • 3DK:約180,000円~
  • 4DK:約223,000円~
  • 4LDK以上:約260,000円~

なお、実際の金額は物量や汚れ具合により大きく異なります。より正確な金額を知りたい場合は、業者に見積もりを依頼して確認してください。

5-3.信頼できる不用品回収業者の選び方

ゴミ屋敷の片付けは、以下の条件を満たす業者に依頼すると安心です。

  • ゴミ屋敷の片付け実績が豊富にある
  • 迅速かつ丁寧な作業で定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システムがある
  • 希望日時・場所で依頼できる
  • 不用品の処分だけでなく買取も積極的に行っている
  • 必要に応じて特殊清掃も依頼できる
  • スタッフが親切で感じがよい
  • 顧客からの評判がよい
  • 古物商や一般廃棄物収集運搬など業務に必要な許可を取得済み

6.ゴミ屋敷になるのを防ぐ方法は?

ゴミ屋敷になるのを防ぐ方法を詳しくご紹介します。

6-1.自分の家がゴミ屋敷になるのを防ぐ方法

自分の家がゴミ屋敷になるのを防ぐには、どんな方法が効果的か見ていきましょう。

6-1-1.ゴミ捨てを徹底する

自分の家をゴミ屋敷にしないためには、ゴミ捨てを徹底してください。ゴミ屋敷にしてしまう人は、ゴミ捨てを面倒がってやらないことが大きな問題です。自治体のゴミ集荷スケジュールを把握し、こまめにゴミを捨てましょう。なお、マンションなどの集合住宅は、住人専用のゴミ捨て場が設置されているケースもあるので、併せて確認してみてください。

6-1-2.定期的に不用品を処分する

定期的に不用品を処分して、物量を減らしましょう。ものが多過ぎると、収納しきれずに散らかってしまいます。また、掃除がしづらくなるので、あっという間にゴミ屋敷になりやすいのも問題です。1か月に1回程度、決まった日に不用品を仕分けて処分するようにすれば、スッキリした部屋を維持できます。

6-1-3.余分なものを買わないようにする

余分なものを買わないようにすることも大切です。ゴミ屋敷になる人は、安かったからとか何となく気になったなどの理由で、よく考えずにものを買ってしまう傾向があります。むやみにバーゲンやセールなどに行かない、値引きされていても不要なものは買わないことなどを徹底してください。

6-1-4.積極的にほかの人を招待する

積極的にほかの人を家に招待するのも効果的です。ほかの人を招待することになれば、汚い部屋を見せたくないので、自然と片付けや掃除をするようになります。なるべく定期的に招待すれば、部屋がキレイな樹夫体を維持できるでしょう。中でも、キレイ好きな人を招待することがポイントです。

6-2.自分の家以外がゴミ屋敷になるのを防ぐ方法

実家や近隣の家など、自分の家以外がゴミ屋敷になるのを防ぐ方法をご紹介します。

6-2-1.実家などは定期的に通って片付ける

実家や親類の家がゴミ屋敷になっている場合は、定期的に通って片付けを手伝うようにしましょう。親や親類が高齢などの理由により片付けやゴミ捨てができない以上、手を貸すことが一番の方法です。定期的に通うことで、親や親類とのコミュニケーションも良好になり、自ら片付けてくれる効果も期待できます。

6-2-2.住人に声をかけて片付けを促す

近隣がゴミ屋敷になって困っているのなら、住人に声をかけて片付けを促しましょう。ほかの人から言われることで現状を認識でき、片付けてもらえることがあります。住人が高齢などの理由でうまく片付けできないときは、手伝いを申し出ることも効果的です。無理のない範囲で手伝い、ゴミ屋敷の解消に協力しましょう。

6-2-3.公的な福祉サービスを利用する

ゴミ屋敷の住人が要介護状態の場合、公的な福祉サービスを利用することも考えましょう。心身の状態により要介護認定が下りた場合は、公的な福祉サービスの一つとして部屋の片付けを依頼できることがあります。要介護認定を受けるためには、自治体に申請することが必要です。詳しくは、自治体の担当窓口に相談してください。

6-2-4.民間のハウスクリーニングサービスを利用する

民間のハウスクリーニングサービスを定期的に利用することで、ゴミ屋敷になるのを防ぐことができます。片付けの手間や労力がかからず、プロの手により隅々までキレイにしてもらえるのがメリットです。状況に応じて、公的な福祉サービスと併用することも検討してください。

7.ゴミ屋敷の原因や対処法に関するよくある質問

最後に、ゴミ屋敷の原因や対処法に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.一度ゴミ屋敷になった家は再発しやすいと聞いたのですが?
A.根本的な原因が解決できていない場合は、再発しやすくなります。再発を防ぐには、何が原因でゴミ屋敷になったのかしっかり考えて対処することが大切です。

Q.複数人で暮らしている家ならゴミ屋敷にならない?
A.一人暮らしの家よりは、ゴミ屋敷になりにくいでしょう。ただし、子どもが小さい、高齢者だけの世帯などでは、複数人で暮らしていてもゴミ屋敷になる可能性はあります。

Q.隣のゴミ屋敷からはみ出したゴミを勝手に処分してよい?
A.いけません。ゴミであっても隣家の所有物になるからです。住人の許可を得ず勝手に処分すると、トラブルになりやすいので注意しましょう。

Q.近隣の空き家がゴミ屋敷になっていて困っているのですが?
A.自治体に連絡して対処してもらうとよいでしょう。空き家であっても、勝手に入り込んだり片付けたりしてはいけません。場合によっては、不法侵入などの罪に問われることがあるので、自治体の判断に任せるのが一番です。

Q.賃貸住宅がゴミ屋敷になった場合は退去を強制できる?
A.きちんと家賃が支払われており、賃貸契約書の内容に明らかな違反がない場合、いきなり退去を強制するのは難しいでしょう。まずは、住人に片付けを促して円満に解決することを考えてください。

まとめ

今回は、ゴミ屋敷の原因について詳しく解説しました。ゴミ屋敷になるには、さまざまな原因があります。まずは、何が原因でゴミ屋敷になったのかを突き止め、適切に対処することが大切です。なお、ゴミ屋敷の片付けは、専門業者に依頼することをおすすめします。自分たちで作業するよりもはるかに効率がよくキレイに仕上がるほか、不用品の処分なども依頼できるなど多くのメリットがあるからです。この記事を参考にして信頼できる業者を選び、早めに依頼してゴミ屋敷を解消しましょう。