トイレ掃除の仕方はこれで完璧! 簡単に隅々までキレイにするコツ!

「トイレの汚れが気になるので、隅々までキレイに掃除する仕方を知りたい」「なるべく短時間で簡単に掃除する方法はないか」とお探しではないでしょうか。トイレがいつもキレイに掃除されていると、気分がいいですよね。いつも気分よくキレイなトイレを使うためにも、正しい方法でしっかり掃除する必要があるでしょう。

そこで今回は、トイレ掃除の仕方について詳しく解説しましょう。

  1. トイレで特に汚れやすい部分は?
  2. トイレ掃除の頻度はどのくらいがベスト?
  3. トイレ掃除に必要な道具は?
  4. 便器を掃除する方法
  5. トイレの壁を掃除する方法
  6. トイレの床を掃除する方法
  7. トイレで見落としがちな場所の掃除方法
  8. トイレの汚れを防ぐには?
  9. トイレ掃除をプロに依頼する方法もある
  10. トイレ掃除の仕方に関するよくある質問

この記事を読むことで、トイレ掃除を効率よく行うコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.トイレで特に汚れやすい部分は?

最初に、トイレで特に汚れやすいのはどんな部分か見ていきましょう。

1-1.便器のフチの裏側

便器のフチの裏側は、排せつ物の汚れや水あかなどがたまりやすくなります。見えづらい部分なので、掃除を省いてしまうのが主な原因です。気付いたときには、ひどく汚れていることも多いでしょう。掃除しづらい部分なので、汚れがたまらないよう普段から意識して掃除することが大切です。

1-2.便座の裏

便座の裏も、汚水の飛び散りにより汚れやすいものです。特に、温水洗浄便座を使用している場合は注意しましょう。強い水圧で使用すると、便座の裏に排せつ物を含んだ汚水が飛び散り、想像以上に汚れてしまいます。温水洗浄便座を使用した後は、便座を上げて汚れていないかチェックし、汚れていたら軽く拭き取っておくといいでしょう。

1-3.便器の水たまり

便器の水たまりは、流しきれなかった排せつ物や水あか・カビなどが付着しやすい部分です。特に、節水型のトイレは水量が不十分なため、汚れが付着したままになることがあります。また、長期間掃除をしないことでカビが発生し、黒い輪ジミ汚れができることもあるでしょう。便器の水たまりは比較的掃除しやすい部分なので、こまめに掃除するように心がけましょう。

2.トイレ掃除の頻度はどのくらいがベスト?

トイレ掃除の適切な頻度を場所別に解説します。

2-1.便座・便器はなるべく毎日掃除する

便座の表側は肌が直接触れる部分なので、なるべく毎日掃除してください。次に、便座の裏側を掃除しましょう。使う都度掃除することで、汚れがこびり付くことなく常にキレイな状態を保つことができます。次回も、気持ちよく使えるので気分もいいでしょう。便器の汚れも、できる限り毎日掃除することをおすすめします。トイレ用洗剤と専用ブラシを使用して、目立つ汚れだけでも軽くこすって落としておくといいでしょう。

2-2.トイレの床や壁などは週1回程度掃除する

以下のような場所は、週1回程度掃除してください。週1回程度掃除すれば、しつこい汚れにならずに済みます。

  • トイレの床
  • トイレの壁
  • 手洗い場・水受け部分
  • 水洗レバー・操作ボタン周辺
  • トイレットペーパーホルダー周辺
  • 温水洗浄便座のノズル

2-3.数か月に1回程度トイレの大掃除をする

数か月に1回程度、普段手が届かない部分を中心にトイレの大掃除をしましょう。たとえば、以下のような部分を重点的に掃除してください。

  • 換気扇:分解・取り外してホコリなどを掃除する
  • 電灯周辺:かさや電球に付着したホコリを拭き取る
  • 天井:はたきやフロアーワイパーでホコリを落とす
  • 収納用具:たまったホコリを拭き取る
  • 温水洗浄便座:便器から取り外して隅々まで掃除する

3.トイレ掃除に必要な道具は?

トイレ掃除に必要な道具を詳しく見ていきましょう。

3-1.ゴム手袋・マスク

トイレ掃除をするときは、ゴム手袋とマスクを必ず着用してください。ゴム手袋を着用すれば、汚水や洗剤に直接触れることなく、衛生的かつ安全に掃除することが可能です。また、マスクを着用することで、ホコリやカビの胞子・トイレ洗剤の成分を吸い込まずに済みます。使い捨てタイプのものなら、使用後に捨てるだけで片付けができるのでおすすめです。

3-2.トイレブラシ

トイレブラシは、便器の掃除に欠かすことができません。トイレブラシを選ぶときは、先端部分が小さめで柄がまっすぐのものがおすすめです。小回りが利き、動かしやすいので便器の隅々まで掃除しやすいでしょう。最近では、先端部分が不織布で使い捨てできるタイプも出ています。しかし、従来のブラシタイプのほうが、細かなすき間まで汚れを落としやすいでしょう。なお、トイレブラシも汚れていては意味がないので、定期的に交換してください。

3-3.トイレ用中性洗剤

しつこい汚れには、トイレ用中性洗剤の使用が効果的です。洗剤成分がトイレ特有の汚れを分解し、スッキリ落とすことができます。ただし、洗剤成分を吸い込んだり皮膚に付着したりしないように気を付けてください。場合によっては、気分が悪くなったり皮膚炎を起こしたりすることがあります。

3-4.重曹やクエン酸

重曹やクエン酸も、トイレ掃除で使用すると便利です。重曹とクエン酸を便器の水たまりに適量振りかけて30分ほど放置し、トイレブラシで軽く便器をこすってみてください。その後、水を流すと汚れがキレイに落ちます。トイレ用洗剤を使用したくない、より安全な方法で掃除したいといった場合、重曹やクエン酸がおすすめです。また、重曹は消臭効果も期待できます。重曹水(水200mlに重曹大さじ1~2杯程度をよく溶かす)をスプレーすれば、嫌な臭いを軽減できるでしょう。広口のビンに入れて臭いの気になるところに置くのもおすすめです。

3-5.トイレ用掃除シート

トイレ用掃除シートは、汚れを簡単に拭き取ることができて便利です。常備しておけば、水洗レバーや操作ボタンの掃除にも使え、何かと重宝することでしょう。ドライタイプとウェットタイプがあるので、汚れの種類や場所により使い分けてください。なお、使用後に流せるタイプもありますが、大量に流すとトイレが詰まることがあるので注意しましょう。

3-6.そのほかにあると便利なもの

トイレ掃除では、以下のようなものがあるとさらに便利です。

  • ぞうきん:あらゆる部分の拭き掃除に使用する
  • はたき:天井や壁などに付着したホコリを除去する
  • 竹串や古歯ブラシ:細かなすき間の汚れをかき出す
  • 不要になったプラスチック製のカード:こびり付いた汚れをこそぎ落とす
  • キッチンペーパー:水に溶けないので長時間のつけ置きに向く
  • フロアーワイパー:トイレ用掃除シートと組み合わせて床や壁などを掃除する
  • ハンディータイプの掃除機:トイレの床や壁などのホコリやゴミを吸引する

4.便器を掃除する方法

便器を掃除する方法を、主な手順に沿って解説します。

4-1.便器のフタを拭く

最初に、便器のフタを拭きましょう。便器のフタには、ホコリや手あかが主な汚れとして付着しています。便器のフタはプラスチック製で傷に弱いものが多いので、いきなりから拭きしてはいけません。水拭き・から拭きの順番で掃除してください。なお、汚れがひどい場合は、ウェットタイプのトイレ用掃除シートで拭くとキレイになります。

4-2.便座の表・裏を拭く

まずは、便座の表をウェットタイプのトイレ用掃除シートで拭きましょう。便座の表には、主に角質汚れが付着しています。また、便座の裏には温水洗浄便座により飛び散った汚水が付着しやすいので忘れずにチェックし、汚れていたらウェットタイプのトイレ用掃除シートで掃除しましょう。しつこい汚れには、トイレ用中性洗剤を水で薄めたものをぞうきんに浸し、よく絞ってから拭き掃除してみてください。汚れが落ちたら、水拭きとから拭きで仕上げましょう。

4-3.便器の外側の汚れを拭く

便器の外側も忘れずに掃除してください。陶器製のものなら、力を入れてこすっても問題ありません。ウェットタイプのトイレ用掃除シートを使うか、トイレ用中性洗剤を水で薄めたものにぞうきんを浸して固く絞ったもので拭き掃除をしてください。トイレ用中性洗剤を使用した場合は、水拭き・から拭きもしておきましょう。

4-4.トイレ用中性洗剤とトイレブラシで便器を掃除する

トイレ用中性洗剤を便器に振りかけ、トイレブラシで汚れている部分をこすって掃除してください。便器のフチなども忘れずに掃除しましょう。便器の汚れがひどいときは、洗剤を振りかけた後、30分~1時間程度放置してからこすると落としやすくなります。汚れが落ちたら水を流してください。その後、トイレブラシを水たまりに入れ、再度水を流してトイレブラシの汚れをキレイにしましょう。最後にトイレブラシをよく乾かしたら完了です。

5.トイレの壁を掃除する方法

トイレの壁を掃除する方法を詳しく見ていきましょう。

5-1.表面のホコリをはたきなどで落とす

トイレの壁に付着しているホコリを、はたきなどで落としましょう。上から下に向かって落とすのがコツです。ドライタイプのトイレ用掃除シートや、ハンディータイプの掃除機を使っても構いません。ほとんどの汚れは、この時点で落ちるはすです。

5-2.汚れがひどい部分を水拭きする

手あかなどの汚れがひどい場合は、水拭きしてください。水拭きでも取れない場合は、トイレ用中性洗剤を水で薄めてぞうきんを浸し、固く絞ったもので拭いてから水拭きしましょう。壁紙の素材によっては、水拭きができないものもあります。心配な場合は、水拭きする前に目立たないところで試してみるといいでしょう。

5-3.から拭きで仕上げる

壁を水拭きした後は、必ずから拭きして仕上げてください。水分が残っていると、カビが生える原因になります。掃除後、窓を開けておいたり換気扇を回したままにしたりして、十分に乾燥させましょう。

6.トイレの床を掃除する方法

トイレの床を掃除する方法を手順に沿って解説します。

6-1.床の上を片付けて表面のゴミを取り除く

最初に、床の上にあるものをできるだけ移動させましょう。掃除が格段にしやすくなります。その後、床の表面に付着したゴミを取り除きましょう。トイレの床には、ホコリのほかに紙の毛や繊維くず・小さな虫の死がいなどが付着しています。フロアーワイパーを使用すると楽に掃除できるのでおすすめです。もしくは、トイレ掃除専用にハンディータイプの掃除機を用意してもいいでしょう。

6-2.便器周辺の汚れはトイレ用掃除シートの使用が便利

便器周辺の床が汚れているときは、ウェットタイプのトイレ用掃除シートで拭き掃除してください。なお、しつこい汚れが付着しているときは、適宜プラスチック製カードを使ってこそぎ落とすなどしましょう。再度トイレ用掃除シートを使用し、汚れが付かなくなるまで取り替えながら拭いてください。

6-3.カビには消毒用エタノールを塗布する

トイレの床にカビが生えているときは、消毒用エタノールを塗布してください。消毒用エタノールの効果で、カビの繁殖を抑えることができます。なお、カビが広範囲に生えている場合は対応しきれないことがあり、最悪の場合、床材を交換することもあるでしょう。

7.トイレで見落としがちな場所の掃除方法

普段のトイレ掃除で見落としがちな場所の掃除方法を詳しく解説します。

7-1.温水洗浄便座の脱臭フィルター

温水洗浄便座を快適に使うためにも、脱臭フィルターを定期的に掃除しましょう。具体的な掃除方法は、以下のとおりです。

  • 温水洗浄便座の便座を上げる
  • 温水洗浄便座の使用説明書などを参考にして、脱臭フィルターを取り外す
  • 脱臭フィルターのホコリを古歯ブラシなどでこすり落とす
  • 汚れが取れたら元の位置に取り付けて完了

7-2.トイレのタンク内

トイレのタンク内も、定期的に掃除することをおすすめします。主な手順は、以下を参考にしてください。重曹を使用すれば、タンク内にたまった汚れを浮かし、キレイにしてくれます。

  1. トイレのフタを開ける
  2. トイレタンク内に重曹200gを入れてよく混ぜる
  3. 3~6時間程度放置する
  4. トイレの水を流す

7-3.便器上部の水受け部分

便器の上部に水受けがある場合は、ホコリや水あかがたまっています。

  1. 水受け部分のホコリは水拭きする
  2. クエン酸水溶液(水200mlに小さじ1のクエン酸をよく混ぜたもの)を塗布する
  3. 30分~1時間程度置いてからこすり落とす
  4. 水拭き・から拭きで仕上げる

7-4.トイレのドアノブ

トイレのドアノブも忘れずに掃除してください。手あかの汚れがたまりやすい部分です。

  1. ウェットタイプのトイレ用掃除シートで汚れを拭き取る
  2. 水拭き・から拭きで仕上げる

なお、長期間掃除しなかった場合、手あかが固まって落としにくくなっていることがあります。しつこい汚れには、トイレ用中性洗剤を水で薄めたものにキッチンペーパーを浸したものを貼り付けておきましょう。20~30分程度で汚れがふやけ、落としやすくなります。最後に、水拭き・から拭きをしておきましょう。

8.トイレの汚れを防ぐには?

トイレの汚れを防ぐ方法やコツをご紹介します。

8-1.排せつ時に飛び散らないようにする

排せつ時に飛び散らないように気を付けましょう。勢いよく排せつした際に、水圧がかかりにくい場所に飛び散ることがあります。特に、男性が尿を出す際、便器のフチや周辺の床に飛び散りやすいものです。最近では、男性も座って用を足す人が増えています。トイレを汚さないためにも、座って用を足すことも考えてみてください。

8-2.置き型・スタンプ型の洗浄剤を使用する

置き型やスタンプ型の洗浄剤を設置しておくと、便器の汚れを予防することができておすすめです。トイレをキレイに掃除した後、このタイプの洗浄剤を適切な場所に設置しておきましょう。水を流すたびに、便器の洗浄が行われ、キレイに保つことができます。ただし、いずれのタイプの洗浄剤も徐々に効果が薄れるので、定期的に取り替えてください。

8-3.使わないトイレも定期的に水を流す

普段使わないトイレでも、水を定期的に流すことが大切です。家に複数のトイレがある場合、使用頻度が低いトイレでは、水を流さないことで便器の汚れが定着し、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。水がもったいないと考えず、3日に1回は流して汚れの定着を防止しましょう。

8-4.便器と床の境い目にすき間用テープを貼る

便器と床の境い目には、すき間用テープを貼るのもおすすめです。ホコリや排せつ物の飛び散りが入り込むのを防ぎ、清潔に保つことができます。汚れたら貼り替えるだけで簡単にキレイになり、掃除する手間が省けるのもメリットです。ただし、汚れたまま放置すると雑菌やカビの温床になるので、定期的に貼り替えてください。

9.トイレ掃除をプロに依頼する方法もある

トイレ掃除は、プロに依頼することもできます。信頼できる業者の選び方や注意点を併せて解説しましょう。

9-1.ハウスクリーニング業者に依頼できる

トイレ掃除は、ハウスクリーニング業者に依頼することができます。トイレ掃除を依頼する場合は、以下の流れを参考にしてください。

  1. 業者にトイレ掃除の見積もりを依頼する
  2. 業者から見積もりが送られてくる
  3. 内容を確認し、問題がなければ正式に依頼する
  4. 指定日時に業者がやってきてトイレ掃除に取りかかる
  5. 作業終了後、業者と依頼者で確認して完了

なお、見積もりなどで不明な点があるときは、必ず業者に確認してください。双方の認識違いが原因で、後日トラブルになることがあります。

9-2.信頼できるハウスクリーニング業者の選び方

トイレ掃除は、以下の条件を満たすハウスクリーニング業者に依頼すると安心です。

  • ハウスクリーニング分野で豊富な実績がある
  • 丁寧・高品質な仕上がりで定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ明確な料金システム
  • 希望の日時に作業可能
  • スタッフが丁寧で感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • きちんとした自社ホームページがあり連絡先を明記している

9-3.トイレ掃除の費用目安は8,000~20,000円程度

ハウスクリーニング業者にトイレ掃除を依頼した場合、8,000~20,000円程度が費用目安です。なお、業者によって、基本作業に含まれるものとオプション扱いになるものが異なります。金額だけで判断せず、どこまで掃除してくれるのかもきちんとチェックしてから依頼しましょう。

9-4.悪質業者に注意すること

悪質業者には、十分に注意しましょう。突然訪問してきたり電話をかけてきたりする場合は、悪質業者の可能性が高いので気を付けてください。最初は、「キャンペーン中でトイレ掃除を無料で行っている」「好きな部分の掃除が今だけ1,000円でできる」などと甘い言葉で家に上がり込もうとしてきます。いったん家に上げてしまうと業者の態度が変わり、何かと理由を付けて法外に高い契約を取ろうとするでしょう。中には、契約するまで居座られたり強い言葉を使って怖がらせたりすることもあります。悪質業者は、最初の段階でキッパリ断ってください。万が一家に上げてしまってトラブルになりそうなときは、警察へ通報することも大切です。

10.トイレ掃除の仕方に関するよくある質問

最後に、トイレ掃除の仕方に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.トイレ掃除の際に注意すべきことは?
A.以下の点に注意してください。

  • 窓を開けたり換気扇を回したりし、換気をよくする
  • マスクやゴム手袋を着用する
  • 塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜない

塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜると有毒ガスが発生し、非常に危険です。塩素系(アルカリ性)や酸性のトイレ用洗剤を使用するときは必ず使用説明をよく読み、必ず単体で使用してください。思わぬ事故を避けるためにも、トイレ用洗剤は中性タイプがおすすめです。なお、トイレ用洗剤の使用中に気分が悪くなったら、すぐに作業を中止して風とおしのいい場所で休みましょう。休んでも症状が改善しない場合は、早めに受診してください。

Q.トイレ掃除は毎日やらなくてはダメ?
A.いいえ。理想は毎日ですが、忙しい日などは掃除しなくても大丈夫です。ただし、汚れを放置したままでは不衛生で、掃除も大変になります。使用した都度、簡単に汚れを拭き取るなどしておけば、掃除をしない日があってもキレイなトイレを維持しやすいでしょう。

Q.何度掃除しても嫌な臭いが消えないのはなぜ?
A.掃除の仕方が不十分か、汚れを見落としていることが原因です。プロのハウスクリーニング業者に依頼して隅々までキレイにしてもらえば、解消できることがあります。まずは、相談してみるといいでしょう。

Q.子どもにもトイレ掃除をしてもらうためのアイデアは?
A.子どものやる気を高めることが重要です。たとえば、以下のような方法があります。

  • トイレ掃除をしたらカレンダーにシールを貼っていく
  • きちんと掃除ができるようになったらプチご褒美をあげる
  • 子ども専用の掃除道具を用意する

子どもは、親にほめてもらえるとやる気がアップします。トイレ掃除の後は、しっかりほめてあげましょう。継続してトイレ掃除をやる気になってくれます。

Q.トイレ掃除を効率よく行うコツは?
A.以下を参考にしてください。

  • トイレの床にあるものを片付ける
  • 上から下に掃除する
  • キレイな部分を先に掃除し、汚れがひどい部分は後回しにする
  • ひどい汚れはつけ置きを活用する

まとめ

今回は、トイレ掃除の仕方について詳しく解説しました。トイレをいつも清潔に保つためには、こまめに掃除する必要があります。まずは、この記事を参考にトイレの隅々まで掃除してみてください。なお、トイレ掃除は、プロのハウスクリーニング業者に依頼することもできます。労力と時間の節約になるほか、普段は手が届かない部分もキレイにしてもらえるなどメリットがたくさんです。信頼できるハウスクリーニング業者に相談して、トイレを隅々までピカピカにしてもらいましょう。