一人暮らしの収納術を知りたい! 部屋がスッキリ片付くコツを解説!

「一人暮らしをしているが、ものをスッキリ収納するコツを知りたい」「一人暮らしの部屋が片付かなくて困っている」とお考えではありませんか。一人暮らしは、自分の思いどおりの暮らし方ができる一方で、散らかっていても誰も注意してくれないのがデメリットと言えます。快適な生活を楽しむためにも、きちんと収納してスッキリ片付けておきたいものです。

そこで今回は、一人暮らしの収納術について詳しく解説します。

  1. 一人暮らしの収納術の基本
  2. 一人暮らしの場所別収納術
  3. 一人暮らしの収納におすすめのグッズや収納用品
  4. 一人暮らしの不用品処分方法は?
  5. 一人暮らしの収納術でよくある質問

この記事を読むことで、一人暮らしの収納術についてよく分かり、楽に整理整頓できるようになります。まずは、記事を読んでみてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.一人暮らしの収納術の基本

最初に、一人暮らしの収納術の基本を見ていきましょう。

1-1.何をどれだけ持っているか確認しよう

収納を始める前に、何をどれだけ持っているか確認するしてください。ものの種類や量を把握することで、片付けに必要な時間や手間の目安を知ることができます。エリアごとに分けて、順番にすべてのものを出してチェックしてください。

1-2.ものを仕分ける・捨てる技術を身につけよう

ものを仕分ける・捨てる技術を身につけることで、片付けがスムーズにできるようになります。ものを捨てることが苦手だったり罪悪感を覚えたりする人は、不用品が増える一方になりがちです。不用品を増やさないためには適宜仕分けをして必要なものだけを残しましょう。使わなくなったものは、ものとしての使命を果たしたと考え、感謝の心を持って処分してください。

1-3.ものの定位置を決めて戻すことが大切

ものの定位置を決めることは、収納術の基本です。必要なものだけをそれぞれ定位置を決めて収納しましょう。もの使った後は、決まった定位置に戻せば、部屋が散らかることはありません。コツは、使った後にすぐ戻すことです。後で戻そうと考えて手元に置いておいたり適当な位置に入れたりすると、たちまち散らかってしまいます。

1-4.使う場所の近くに収納すると楽

ものは、使う場所の近くに収納するようにしましょう。使った後にすぐ片付けることができて楽です。使う場所と片付ける場所が離れていると、元に戻すのが面倒になるので注意しましょう。使用目的ごとにゾーン分けして収納するのもおすすめです。食事関連ゾーン・着替えゾーン・就寝ゾーンなどに分け、必要なものを近くに収納してみてください。

2.一人暮らしの場所別収納術

一人暮らしの収納アイデアを場所別に詳しくご紹介します。

2-1.衣類はクローゼット・押し入れに

衣類は、クローゼットや押し入れに収納し、脱いだままにしないことが大切です。収納が面倒だからと洗濯後、簡単にたたんで積み上げていないでしょうか。また、着た服を適当なところに脱ぎ捨てている人もいるはずです。大切な衣類を傷めずに保管し、着たいときにサッとと手に取れるよう、きちんと整理整頓して収納しておきましょう。取り出しやすさを考えると、ハンガーにかけてつるすほうがおすすめです。収納時にハンガーの向きをそろえることで、よりスッキリと見せることができます。衣装ケースに収納するときは、きちんとたたみ、縦に並べるように入れるといいでしょう。

2-2.リビングはテレビ周辺をスッキリさせる

一人暮らしのリビングで、ごちゃごちゃしやすいのがテレビ周辺です。配線同士が絡んでしまったり、リモコンやDVDなどが整頓せずに置かれたりしているとリビング全体が散らかって見えます。まずは、配線を結束バンドなどでまとめてテレビの裏に回して見えないようにしましょう。DVDなどはケースに入れてから専用のラックに収納し、見た後は必ず元に戻すことを心がけてください。

2-3.キッチンは調理用具や食品を整理して収納

キッチンは、必要最低限の調理用具だけ残し、使用頻度の高いものを取り出しやすい位置に収納してください。手元に近い引き出しにはスプーン・フォーム・はしなどを入れると取り出しやすいでしょう。食器棚は手前によく使うものを入れ、奥や上段・下段は使用頻度の低いものを収納すると、出し入れにストレスを感じずスムーズです。

2-4.洗面所は洗面台にものを置きすぎない

洗面所の上に、整髪料や化粧品などをズラっと並べないようにしましょう。掃除がしづらくて不衛生になりやすく、見た目にもスッキリしません。普段使うものだけを残して、処分してください。中には、すでに中身がほとんどない・変質しているものが含まれている可能性があります。常にスッキリと清潔な洗面所を維持するためにも、洗面台には必要最低限のものだけを置いてください。

2-5.お風呂はボトル類の整理整頓がコツ

お風呂は、シャンプーやコンディショナー・ボディーソープなどのボトル類を整理しましょう。定位置を決めて、使った後は必ず戻してください。使ったまま放置すると、つまずいたり踏んだりしてケガをする原因にもなります。また、掃除用具も、脱衣所の隅などに整頓して置いておきましょう。

2-6.玄関は靴と傘を出しっぱなしにしない

玄関は、靴と傘を出しっぱなしにしないようにしましょう。靴は、普段履くものだけを玄関の隅に並べ、ほかは処分するか靴箱などに収納してください。傘は、使用後に水気をよくきり、晴れた日に開いてよく乾燥させてからたたんで傘立てに入れておきましょう。

3.一人暮らしの収納におすすめのグッズや収納用品

収納家具や収納グッズの選び方などのアイデアを詳しく解説します。

3-1.デッドスペースも利用できる収納家具がおすすめ

収納家具を選ぶときは、以下のポイントに注意してください。ものをスッキリと収納するためという目的を見失わず、必要最低限の収納家具を選びましょう。

  • 収納家具ばかり購入しない
  • 収納つきベッドなどデッドスペースも活用しやすいものにする
  • できるだけ色や高さをそろえる

3-2.使い回しや処分が楽な収納グッズを選ぶ

収納グッズを選ぶときは、以下のポイントを押さえてください。やる気があるときほど、数量を余分に買ってしまいがちなので気をつけましょう。

  • 使い回しや処分が楽
  • 半透明で中身が見える
  • 必要以上に買いすぎない

3-3.壁やすき間などのデッドスペースを収納場所に活用する

壁やすき間などのデッドスペースは、アイデアしだいで収納場所に活用できます。壁は、軽いものを「見せる収納」に向くでしょう。たとえば、スカーフマフラー・ネクタイなどの服飾小物やアクセサリーなどがおすすめです。ハンモックを使って、ぬいぐるみを並べるのもいいでしょう。ベッド下・部屋の隅・シンク下などは、市販のすき間ラックを活用してみてください。

4.一人暮らしの不用品処分方法は?

スッキリ収納するためには、ものの数を減らすことが必要です。その時に出た不用品をどう処分するか、主な方法を見ていきましょう。

4-1.自治体に依頼すると安いが手間と時間がかかる

不用品は、自治体にゴミとして処分を依頼できます。可燃ゴミや不燃ゴミなどは無料、粗大ゴミも有料の場合で1個数百円程度~処分できるため、費用が安く済むのが最大のメリットでしょう。ただし、集荷場所まで運ぶ手間や回収日が決まっている・粗大ゴミは事前手続きが必要な自治体が多いことなどがデメリットです。

4-2.ネットオークションやフリマサイトは面倒なのがネック

ネットオークションやフリマサイトに出品し、不用品を売ることもできます。自分が決めた価格で出品できるのが最大のメリットでしょう。ネットオークションでは、思わぬ高額落札もあり得ます。ただし、出品してから買い手がつくまで時間がかかることがある・商品クレームや支払いの遅延が起きやすいなど、面倒やデメリットが多いのも事実です。普段からネットオークションやフリマサイトを利用し、すでにコツをつかんでいたり気長に買い手がつくのを待ったりすることができる人におすすめします。

4-3.不用品回収業者なら大量処分も楽にできる

不用品が大量にあるときは、不用品回収業者に依頼するといいでしょう。回収依頼で日時・場所指定をすれば、自分で運び出す手間や労力をかけずに済みます。1回につき数千円程度の費用がかかりますが、一人暮らしで片付けを手伝ってくれる人がいない・忙しくて不用品を処分する時間がない、といった人に特におすすめです。なお、新しい家電など買取してもらえるものがあれば、処分費用と相殺できて安く済むので業者に相談してみるといいでしょう。

5.一人暮らしの収納術でよくある質問

最後に、一人暮らしの収納術に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.収納グッズをDIYで簡単に作る方法は?
A.つっぱり棒と板を活用すると、簡単な棚を作ることができます。クローゼットの中、壁沿いなど、2本のつっぱり棒を並行に渡し、上に板を乗せれば軽いものを乗せることが可能です。クギを打たずに済むので、賃貸物件にもおすすめの収納となります。

Q.小物をスッキリ収納するアイデアは?
A.ひとつの大きな入れものに入れたり、引き出しに仕切りを作って収納したりするのがおすすめです。見せる収納をする場合は、数を厳選し、大きさや種類をそろえるといいでしょう。

Q.一人暮らしの収納で参考になるサイトは?
A.以下のようなサイトがおすすめです。収納家具や収納アイデアを見て、気に入ったものがあればどんどん取り入れてみてください。

  • インテリアハート:一人暮らしのインテリアコーディネートや収納DIY例を多数掲載
  • roomclip:一人暮らしのオシャレなインテリアコーディネート例が多く収納アイデアも豊富

Q.捨てる決心がつかない趣味のコレクションはどうする?
A.部屋に収納場所がないのなら、実家に置いてもらう・レンタルスペースを借りることなどがおすすめです。実家に置いてもらうと費用はかかりませんが、間違って捨てられるリスクもあります。心配ならば、毎月数千円程度~を支払っても、レンタルスペースを借りるほうがいいでしょう。

Q.ズボラな性格でもスッキリ収納するコツは?
A.「入れるだけ収納」を活用してみてください。大きめのカゴや収納ボックスを用意し、ただ入れるだけで簡単に収納できるようにするのです。たとえば、こまごまとした雑貨類や下着・服飾小物類などに向いています。ただし、必ず同じ種類のものだけを入れるようにすることがコツです。

まとめ

今回は、一人暮らしの収納術について詳しく解説しました。一人暮らしは、いくら部屋が散らかっても指摘する人がいないのでそのままになってしまいます。スッキリと片付いた部屋を維持するためにも、必要最低限のものを定位置に収納するようにしましょう。不用品は思いきって処分してください。また、不要なものを買わないように気をつけることも必要です。常にスッキリと片付けることができれば、掃除もしやすく清潔になり、ますます快適な空間を実現できるでしょう。