網戸の掃除が簡単にできる方法は? コツと裏ワザを徹底解説します!

網戸は外側・内側の両方から汚れがつきやすいため、こまめな掃除が必要になります。しかし、「網戸の掃除方法がよく分からない」「網戸を掃除したいけど手間がかかる」など、悩んでいる人もいることでしょう。何とかして簡単にキレイに掃除できる方法を知りたいですよね。そこで、今回は、網戸の掃除についてコツや裏ワザを含め、詳しく解説します。

  1. 網戸の掃除について
  2. 網戸の簡単な掃除方法やアイデア
  3. 網戸をキレイに保つ方法
  4. 網戸の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、網戸の掃除方法やコツが分かり、キレイにすることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.網戸の掃除について

最初に、網戸掃除の基本を見ていきましょう。

1-1.網戸の汚れの正体は?

網戸には、家の内外からさまざまな汚れが付着します。主な汚れについては、以下をご覧ください。

  • ホコリ
  • 虫の死がい・体液
  • 花粉
  • 手あか
  • キッチンからの排気
  • タバコのヤニ

1-2.網戸を掃除する頻度やタイミング

網戸の掃除は、1週間に1回を目安にするといいでしょう。また、以下のようなタイミングで掃除するのもおすすめです。

  • 大雨や台風の後
  • 季節の変わり目
  • 大掃除

2.網戸の簡単な掃除方法やアイデア

網戸の簡単な掃除方法やアイデアを解説します。

2-1.はずさないで掃除すると簡単

網戸掃除が面倒な理由に、はずしてから掃除をすることが挙げられます。しかし、網戸をはずさずに掃除をすることも可能です。ただし、網戸は押さえる力に弱くて破れやすいため、力加減に注意する必要があります。また、掃除中は周囲が汚れないように新聞紙をしくなどの準備をしてください。

2-2.網戸掃除の道具や洗剤について

網戸掃除の道具や洗剤には、以下のようなものがあります。

  • 掃除機
  • ハンディーモップ
  • ローラー
  • メラミンスポンジ
  • 重曹水(水200mlに重曹大さじ1~2杯を溶かしたもの)
  • 新聞紙
  • 古ストッキング・靴下
  • バケツ
  • 住宅用中性洗剤
  • マスク
  • 手袋

2-3.網戸の掃除方法

網戸の掃除方法を、主な道具別に解説します。

2-3-1.ハンディーモップ

ハンディーモップがあると、網戸の掃除に重宝します。掃除方法は、網戸の上にハンディーモップをすべらせるだけです。ホコリが簡単に取れてキレイになります。ただし、油汚れなどこびりついた汚れは落としきれないことがあるので、ほかの方法と併用するといいでしょう。

2-3-2.ローラー

網戸掃除用のローラーを使うと、簡単にキレイになるのでおすすめです。バケツに水を入れて住宅用中性洗剤を適量溶かし、ローラーをひたして水気を切ります。網戸の表面に、上から下に向かってローラーを動かしてください。汚れが浮き出るので、ぞうきんでふき取りましょう。最後は水ぶきをして仕上げ、よく乾燥させて完了です。

2-3-3.新聞紙

新聞紙を網戸の外側に貼りつけ、内側から掃除機で吸うとキレイに汚れが取れます。新聞紙が掃除機の吸引力をアップしてくれるからです。ただし、掃除機は「弱」の状態で使い、軽くかけるように心がけてください。強く押し当てたり吸引しすぎたりして網戸を破らないように注意しましょう。

2-3-4.メラミンスポンジ

メラミンスポンジも網戸の掃除に大活躍します。まずは、周辺を養生してから網戸全体に重曹水をスプレーしてください。10分程度放置してから水でぬらしたメラミンスポンジを使い、網戸をこすります。汚れが浮いてきたら、ぬれぞうきんでふき取りましょう。最後はからぶきをして仕上げてください。

2-3-5.古いストッキング・靴下

古いストッキングや靴下は、網戸掃除に活用しましょう。ストッキングや靴下を手にかぶせ、網戸をこするだけで掃除ができます。汚れたものは、そのまま燃えるゴミとして処分しましょう。

3.網戸をキレイに保つ方法

網戸をキレイに保つ方法について詳しく解説します。

3-1.網戸をキレイにキープするコツ

網戸をキレイにキープするためには、以下のことを心がけてください。

  • 部屋の掃除をこまめに行う
  • 雨の日・風の強い日には使わない
  • 汚れを発見したらすぐに取り除く
  • 洗っていない手で触れないようにする

3-2.網戸の汚れ防止フィルターについて

網戸の汚れを予防するために、市販の汚れ防止フィルターを貼ることもできます。防止フィルターに汚れがつくので、網戸に汚れがつかなくて済むのです。汚れたら取り替えるだけでお手入れができるのもメリットでしょう。ただし、フィルターを貼ると風とおしが悪くなるのが欠点です。

3-3.汚れ予防にはこまめな掃除が一番

網戸の汚れ予防には、こまめな掃除が一番です。汚れは、付着したばかりなら簡単に落ちます。こまめに掃除ができれば、特別なことをしなくてもキレイな状態で維持できるのです。時間があるときは、ざっくりとでいいので網戸のホコリを落とす・こびりつきがないかチェックして対応するなど心がけるといいでしょう。

4.網戸の掃除に関するよくある質問

最後に、網戸の掃除に関するよくある質問に回答します。それぞれ目をとおし、参考にしてください。

Q.網戸をはずして掃除してもいいですか?
A.問題ありません。網戸をはずすことができれば、屋外でホースを使って水をかけて丸洗いすることもできます。天気のいい日なら、そのまま乾燥させることもできて一石二鳥です。ただし、取りつけが面倒なので、家族などと協力して行うといいでしょう。

Q.網戸掃除をしたら穴が開いてしまった場合は?
A.穴の部分を補修できます。市販の網戸補修用シートを使って、穴の部分に貼りつければ完成です。網戸は力を入れて押しすぎると簡単に穴が空くので注意してください。

Q.掃除をしても汚れが落ちにくいものは寿命?
A.網戸の寿命の目安は、4~5年程度です。寿命を迎えたものは、変色・変形・破れなどが見られることがあります。掃除をしても汚れが落ちないようなら交換してください。

Q.乳幼児がいる場合の網戸掃除の注意点は?
A.網戸掃除中に、乳幼児が近づいてこないようにしましょう。掃除中は、親も手が離せなくなるはずです。乳幼児が寝ている時間に掃除を行うのもいいでしょう。

Q.網戸を使わない時期は掃除しなくていい?
A.冬場など、網戸を使わない時期は、こまめな掃除は必要ありません。ただし、少しずつホコリが積もって汚れている場合があります。大掃除のときなどにチェックし、汚れていたら掃除してください。

まとめ

今回は、網戸の掃除について詳しく解説しました。網戸は、想像以上に汚れています。汚れたままにすると、風とおしが悪くなって網戸の役目を果たすことができません。また、カビや雑菌が繁殖しやすくなり不潔です。こまめに掃除することで、常に清潔でキレイな網戸を維持しましょう。この記事を参考に、簡単に掃除できる方法を試してみてください。