換気扇の掃除でお困りの方へ! キッチン掃除のポイントとコツを解説!

「換気扇の汚れが気になるけど掃除方法が分からない」など、換気扇の掃除でお困りではないでしょうか。換気扇は台所の高い位置にあることから、普段お手入れしにくいため、汚れがたまったままになりがちです。しかし、キッチンという場所柄、きちんと掃除をして清潔に保つ必要があります。そこで、今回は、換気扇の掃除について詳しく解説しましょう。

  1. キッチンの換気扇の汚れや掃除について
  2. キッチンの換気扇の掃除方法
  3. キッチンの換気扇の汚れを予防する方法
  4. キッチンの換気扇の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、キッチンの換気扇の掃除が詳しく分かり、効率よく進めることができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.キッチンの換気扇の汚れや掃除について

最初に、キッチンの換気扇の汚れや掃除について見ていきましょう。

1-1.キッチンの換気扇について

キッチンの換気扇は、調理中の汚れた空気や煙・臭いを排出する役目があります。キッチンの換気扇の主な種類は、以下をご覧ください。

  • プロフペラファンタイプ:壁に設置し直接屋外に排気できるタイプで、従来の一戸建て住宅に多い
  • シロッコファンタイプ:ダクトを通じて廃棄するタイプで、マンションなどの集合住宅やキッチンが壁に接していない場合に向く

また、シロッコファンにはレンジフードを組み合わせて使うことが多く、ブーツ型・スリム型・浅型などのバリエーションがあります。

1-2.換気扇の汚れの正体は?

キッチンの換気扇の汚れは、主に油とホコリです。キッチンにも、ホコリが常に舞っているため、排気の際に吸着してしまいます。また、調理中は油の細かな粒子が飛び散り、空気と共に舞い上がることで、換気扇に付着するのです。そのため、キッチンの換気扇はベタベタしていて不潔になりやすいという特徴があります。

1-3.キッチンの換気扇掃除の重要性と頻度

キッチンの換気扇掃除は、清潔なキッチンを維持するために必要不可欠と言えます。換気扇が汚れたままでは、雑菌やカビが繁殖して不潔です。また、排気がきちんとできず、汚れた空気がキッチンに充満してしまいます。さらに、万が一、ガス調理器が不完全燃焼を起こした場合、排気がうまくいかず危険です。キッチンの機能を正常に保ち、安全に使うためにも換気扇掃除はきちんと行いましょう。換気扇の掃除は、できるだけこまめに行うのが理想です。見える部分は、月1~2回程度ふき掃除をしましょう。本格的な掃除は、半年に1回程度を目安に考えてください。

2.キッチンの換気扇の掃除方法

キッチンの換気扇の掃除方法を詳しく解説します。

2-1.キッチンの換気扇掃除で用意するもの

キッチンの換気扇掃除では、以下のものを用意してください。

  • 台所用中性洗剤
  • 古歯ブラシ
  • ぞうきん
  • 重曹
  • つけ置き用の入れもの
  • 新聞紙
  • キッチンペーパー
  • マスク
  • 手袋
  • 脚立

2-2.換気扇の掃除方法や流れ

換気扇の掃除方法や流れは、以下を参考にしてください。

  • 換気扇の電源を切り、周辺を養生する
  • 換気扇を取りはずす
  • つけ置き用の容器に水を入れ、住宅用中性洗剤を溶かして換気扇をつける
  • 古歯ブラシで汚れをこすり洗いする
  • 汚れが落ちたら水でよくすすぐ
  • よく乾燥させてから取りつけて完了

2-3.プロに依頼することも考えよう

キッチンの換気扇汚れがひどすぎる・忙しくて掃除をする時間がないなどの場合は、プロに掃除を依頼することも考えましょう。ハウスクリーニング業者では、換気扇の掃除を1回数千円程度~受けつけています。プロに依頼すれば、時間と労力を節約できるだけでなく、自分たちでやるよりもキレイに仕上がるなどの点がメリットです。普段のお手入れは自分たちでやり、大掃除など特別なときにプロに依頼するのもいいでしょう。

2-4.つけ置きを活用して時短しよう

換気扇のひどい汚れは、つけ置きを活用して時短しましょう。水1Lに重曹大さじ5杯程度を溶かし、換気扇をつけて1~2時間程度放置してください。汚れがゆるんで落としやすくなります。細かな部分は、古歯ブラシを使えばキレイになるでしょう。後は、水でよくすすいで乾かせば完了です。

3.キッチンの換気扇の汚れを予防する方法

キッチンの換気扇の汚れを予防する方法について詳しく解説します。

3-1.毎日気をつけること

換気扇の汚れを最小限にとどめるためには、毎日の気遣いも必要です。たとえば、換気扇を調理開始10分前から回しておくといいでしょう。調理中に回し始めるよりも、汚れがつきにくくお手入れが楽になるので試してみてください。

3-2.換気扇の汚れを予防する方法

換気扇の汚れを予防するには、便利グッズの活用もおすすめです。たとえば、以下のものを試してみるといいでしょう。

  • 換気扇フィルター:換気扇をホコリや汚れから守り、取り替えるだけで手入れができる
  • 換気扇汚れ防止剤:換気扇の周辺に塗り、汚れたらはがすことで簡単にキレイになる

3-3.汚れ防止対策は継続が肝心

換気扇の汚れは、キッチンを使用するたびに蓄積します。汚れ予防対策をしたことで安心してはいけません。便利グッズを使用していても、適切な時期に交換することを忘れないようにしましょう。予防対策の継続とこまめなチェック・掃除で、常に清潔な換気扇を維持してください。

4.キッチンの換気扇の掃除に関するよくある質問

最後に、キッチンの換気扇の掃除に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、役立ててください。

Q.キッチンの換気扇掃除におすすめの時間帯は?
A.午前中がおすすめです。ひどく汚れている場合、つけ置きが必要になることがあります。午前中から始めれば日中に作業が完了するほか、換気扇を乾かす時間も十分確保できるでしょう。

Q.キッチンの換気扇掃除でやってはいけないことは?
A.換気扇の電源を入れたまま掃除することはやめてください。掃除中に動作してケガをする可能性があります。また、調理器具のガスの元栓を切る・IH調理器具のスイッチをオフにするなども大切です。思わぬ事故を起こさないためにもしっかり注意してください。

Q.キッチンの換気扇が汚れやすい条件は?
A.たとえば、揚げものや炒(いた)めものの調理が多いと、換気扇が汚れやすくなります。家族に喫煙者がいれば、タバコの煙の影響も受けるでしょう。上記に当てはまる場合は、意識的に掃除をするようにしてください。

Q.換気扇の掃除をしたら異音がするのですが?
A.取りつけが間違っている可能性があります。換気扇の電源を切り、パーツを取りはずして再度取りつけてください。換気扇の使用説明書を確認しながら進めるといいでしょう。やり直しても異音がする場合は故障の可能性があるため、メーカーもしくは販売店に相談してみてください。

Q.換気扇の自動クリーニング機能とは?
A.キッチンの換気扇には、自動クリーニング機能がついているものがあります。フィルターやファン汚れをボタンひとつで自動洗浄することができ、お手入れが楽になる機能です。ただし、レンジフードやそのほかの部分の掃除は手動で行う必要があります、また、自動クリーニング機能では落ちない汚れについても、手動で掃除することになるでしょう。

まとめ

今回は、キッチンの換気扇の掃除について詳しく解説しました。キッチンの換気扇には、油汚れやホコリがたまりがちです。放置すると汚れが固まって落としにくくなるため、こまめに掃除をしてください。換気扇掃除は、つけ置きを活用すると少ない労力で効率よく進めることができます。また、普段から汚れを予防することも忘れないことです。この記事を参考に、いつも清潔でキレイな換気扇を維持できるよういろいろと試してみてください。