カーペットは部屋の雰囲気を変えるだけでなく、保温・防音などの効果もあり便利な家具です。部屋ごとに違うカーペットを敷いているという家もあるでしょう。その一方で、不要になったカーペットの処分方法が分からず、悩んでいる人もいると思います。
そこで、今回はカーペットの処分方法や買い取ってもらえるカーペットの条件などを紹介しましょう。

  1. カーペットを廃棄処分する方法
  2. カーペットを回収や買取してもらう方法
  3. おわりに

この記事を読めば、カーペットの処分方法に悩むことはありません。カーペットの処分を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.カーペットを廃棄処分する方法

はじめに、カーペットを廃棄処分する方法について解説します。

1-1.廃棄処分が妥当なカーペットの特徴

以下のようなカーペットは、たとえ元値が高くても買い取ってもらえる可能性は低いので、廃棄処分が妥当です。

  • 目立つ汚れやほつれのある
  • 日光による退色がある
  • たばこの臭いなどがついている
  • 8畳以上の大きさがある

日本では、あまり大きすぎるカーペットは好まれません。広い部屋に敷きつめられるように大きなカーペットを特注したという例もありますが、そのようなものも廃棄処分が妥当です。

1-2.自治体に回収してもらう方法

カーペットは自治体にゴミとして回収してもらえます。カーペットの大きさや素材によって何ゴミに該当するかは異なるので、まずは自治体のホームページを確認しましょう。たとえば、45Lのゴミ袋に入る程度の大きさならば可燃ゴミ、マット裏に滑り止めのゴムがついている場合は不燃ゴミになることもあります。また、一定以上大きさのあるカーペットは、粗大ゴミになることが多いでしょう。切断すれば可燃ゴミとして出せる地域もありますが、カーペットの切断はなかなか骨が折れるので、無理をしないようにしましょう。なお、粗大ゴミは回収料がかかる自治体もあるので、ゴミに出す前にホームページで料金・申し込み方法・回収方法を確認してください

1-3.不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者とは、有料で家庭や企業から出た不用品を回収してくれる業者です。依頼をすれば最短でその日のうちに見積もりを出してくれるので、急遽カーペットを処分する必要が出たという場合に便利でしょう。また、カーペット以外にもいろいろなものを回収してくれるので、「不用品を一度に片付けたい」というときに利用するのもおすすめです。
不用品回収業者は、インターネットで検索すればすぐに最寄りの業者が見つかります。回収料は不用品の種類や量によって異なりますが、優良な業者なら正確で分かりやすい見積もりを作成してくれるでしょう。逆に、見積もりがいい加減だったり、理由をつけて作成してくれないような業者には、依頼しないほうがいいですね。なお、不用品回収業者には、買取もしてくれるところもあります。値段がつく場合は買取、つかなければ回収してほしいというときに利用するといいでしょう。なお、回収方法には宅配や出張があります。宅配とは、ダンボール等につめて郵送する回収方法、出張回収は業者が家まで回収に来てくれる方法です。宅配の方が安くつきますが、カーペットは宅配便が使えない大きさのものも多いので、大きいサイズは出張回収を理宇要しましょう。

1-4.廃棄処分をする際の注意点

自治体によっては、カーペットを回収してくれる日が、1か月に1度程度しかない場合もあります。ですから、カーペットを廃棄処分する予定がある場合は、早めに行動しましょう。なお、引っ越しをするのでカーペットを処分したいという場合は、引っ越し業者が有料で処分を引き受けてくれるところもあります。「カーペットだけを処分し忘れてしまった」という場合は、引っ越し業者に尋ねてみましょう。

2.カーペットを回収や買取してもらう方法

この項では、カーペットを買取・回収をしてもらう方法を紹介します。

2-1.カーペットを回収している店舗とは?

カーペットを専門に扱っている店舗やホームセンターの中には、不要になったカーペットを回収しているところもあります。同じ店舗で新しいカーペットを買い替えたいという場合は、引き取ってくれることもあるので問い合わせをしてみましょう。

2-2.売却可能なカーペットとは?

以下のようなカーペットは、買取をしてもらえる可能性があります。

  • ペルシャじゅうたんのような高価なカーペット
  • 使用感のない新しいカーペット
  • 100枚以上など、大量のカーペット(タイルカーペット含む)
  • 臭い・目立つ汚れ・日焼けによる退色がないカーペット

100枚以上のカーペットを使用している家庭はありませんが、企業ならば可能性があるでしょう。会社の移転等で大量のカーペットが不用になった場合は、売却先を探してみてください。

2-3.リサイクルショップに買取してもらう方法

リサイクルショップの中には、カーペットやじゅうたんなどを多数取り扱っているところもあります。ペルシャじゅうたんのように高価なカーペットは、専門のリサイクルショップに査定を依頼してもらいましょう。なお、前述したように大きすぎるじゅうたんは、きれいでも買取不可というところもあります。査定当日は、可能な限りきれいに掃除をして毛並みを整えておきましょう。
また、企業で大量のカーペットが不用になった場合は、オフィス家具を買い取る専門の業者に査定を依頼するといいですね。

2-4.買取相場や注意点

カーペットの買取相場は、数百円~数万円と幅があります。元値が高かったり希少価値があったりするものは高値がつきやすいですが、汚れや臭いがついているものは買い取ってもらえない可能性もあるでしょう。和室・洋室どちらでも合う無難な色合いのカーペットは人気があります。また、北欧デザインのものも人気が高く、思っている以上の値段で売れることもあるでしょう。オフィスで使用したカーペットの場合は、量が多いほど買い取ってもらえる可能性が高くなります。

2-5.インターネットオークションなどに出品する方法

インターネットオークションやフリマサイトでも、カーペットは盛んに取り引されています。価格を安くすれば、多少難ありでも買い手や落札者がつくこともあるでしょう。出品する場合は、メーカーとサイズ、色合い、瑕疵(かし)などを詳しく記載し、多方向から撮影した写真を添付するといいですね。なお、遠方に送付する場合は、多額の送料がかかる可能性もあります。事前に調べて記載しておくとトラブル防止に役立つでしょう。落札されたり売買が成立したりした場合は、速やかに発送してください。ただし、必ず買い手がつくとは限りません。

2-6.自分で売買する際の注意点

オークションサイトやフリマサイトの運営は、基本的に売買に干渉はしません。トラブルがあっても当人同士で解決する必要があります。ですから、不要なトラブルを避けたい場合は、入札などに制限を設けましょう。また、ノークレームノーリターンの但し書きをつけてもいいですね。自分で売買する方法は、手間と時間がかかります。「今すぐカーペットを処分したい」という場合にはおすすめできませんので、注意しましょう。

3.おわりに

いかがでしたか? 今回はカーペットの買取や処分する方法を解説しました。カーペットはよほどの高級品でない限り消耗品と考えましょう。また、まだほとんど使っていないカーペットが不用になった場合は、できる限り早く買取を依頼してください。ただ保管しておくだけでもカーペットは劣化します。


春は大掃除に適した季節です。冬は寒くて部屋の換気もままならなかったという方も多いでしょう。暖かい季節になり、汚れも緩み落としやすくなっています。また、新学期や新生活を迎えるにあたり、掃除を徹底的に行って、気持ちを新たに過ごそうという方もいるのです。春の大掃除は、スプリングクリーニングと呼びます。スプリングクリーニングを実行して、家の中を心地良い空間にしましょう。

今回は、スプリングクリーニングについてご紹介します。

  1. スプリングクリーニングとは?
  2. スプリングクリーニングにはメリットがいっぱい!
  3. スプリングクリーニングでそろえたい道具
  4. スプリングクリーニングの方法
  5. スプリングクリーニングでよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、スプリングクリーニングについてよく分かります。コツや手順などを覚え、春の大掃除に役立ててください。

続きを読む


木製家具は、自然の風合いを生かし、やさしい雰囲気を出すことができて人気です。ただし、長くキレイに使うためには、手入れやメンテナンスが必要になります。お気に入りの木製家具を長持ちさせるためにも、きちんと手入れをしましょう。しかし、どんな手入れをするといいのか、扱うときの注意点は何かなど、よく分からないことが多いものです。そこで、今回は、木製家具の手入れやメンテナンスについて詳しく解説します。

  1. 木製家具を扱うときの注意点
  2. 木製家具の手入れ方法
  3. 木製家具の手入れでよくある質問

この記事を読むことで、木製家具の手入れについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

続きを読む


食器棚の整理にお悩みでしょうか? 食器は、買ったりもらったりで、いつの間にか数が増えてしまうものです。そのため、食器棚にきれいに収納できない……と、お悩みの人は少なくありません。食器棚を、使いやすく見た目もきれいに整理するには、まずは基本を知ってポイントをおさえた収納方法を知ることが大切です。そこで、食器棚の上手な整理方法・ポイント・アイデア術などをご紹介します。

  1. 食器棚の整理について
  2. 食器棚の整理方法とポイント
  3. 食器棚の整理・アイデア術
  4. 食器棚の整理〜よくある質問&お役立ち情報〜

この記事を読んでいただければ、食器棚をきれいに整理するコツがわかります。ぜひお役立てください!

続きを読む


花粉対策は「室内の掃除を徹底的に行う」ことが大切になります。なぜならば、どんなにいい薬やマスクなどを使っても、「外から室内に花粉を持ち込んだまま」では元も子もないからです。花粉が飛び散る季節になると、屋外だけではなく室内にもたくさんの花粉が侵入します。それらをきちんと掃除して、クリーンな空気を取り戻すことで花粉症の悪化を食い止めることができるのです。そこで、花粉を掃除する方法やポイントなどの情報をわかりやすくまとめてみました。

  1. 花粉掃除の基本
  2. 花粉のたまり安い場所とは?
  3. 花粉を持ち込まない方法
  4. 花粉の掃除方法
  5. 花粉の掃除に関するよくある質問

この記事を読んでいただければ、掃除のコツがわかります。ぜひ、お役立てください。

続きを読む


最近、BTOパソコンの人気が高まっています。自分のほしい機能や性能を組み合わせることができて使い勝手がいいからです。メーカー完成品では過剰もしくは物足りないと感じていた人にとっても、好都合と言えます。しかし、故障や買い替えなどによって不要になったものの処分にお悩みではないでしょうか。どこにどんな方法で依頼すればいいのかなど、分からないことも多いですよね。そこで、今回は、BTOパソコンの処分や廃棄について詳しく解説します。

  1. BTOパソコンの処分について
  2. BTOパソコンメーカーに下取りを依頼する
  3. BTOパソコンの処分をパソコン3R促進協会に依頼する
  4. BTOパソコンをパーツごとに処分する
  5. BTOパソコンの処分を専門業者に依頼する
  6. BTOパソコンを処分する前にすべきこと
  7. BTOパソコンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、BTOパソコンの処分について詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

続きを読む


衣類をシーズンごとに新しいものに買い替えるという人は、珍しくありません。今は衣類が安く手に入る分、衣類の寿命も短くなっています。不要になった衣類はゴミとして捨てるのが一般的ですが、店舗での回収など衣類をリサイクルする動きも広まってきているのです。限られた資源を有効に使うためには、衣類をリサイクルしたいという人も多いことでしょう。
そこで、今回は衣類をリサイクルする方法について解説します。

  1. 衣類はどのくらいリサイクルされているの?
  2. リサイクルできる衣類とは?
  3. 衣類を売却・リサイクルする方法
  4. 衣類を寄付する方法
  5. 衣類のリサイクルに関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、洋服をリサイクルに出すメリットや効果もよく分かるでしょう。不要になった衣類を有効活用したいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


やかんはお湯を沸かすのに便利なだけでなく、コーヒーを入れるオシャレなグッズなどとしても人気です。ひとり暮らしでもやかんが1個あると何かと便利でしょう。その一方で、やかんが不要になった場合、捨て方に悩んでいるという人もいると思います。

そこで今回は、やかんの処分方法を紹介しましょう。

  1. やかんの基本的な捨て方とメリット
  2. 中古でも需要があるやかんとは?
  3. 無料でもいいので引き取り手を探したい場合は?
  4. 不用品回収業者を利用する方法
  5. 不用品回収業者を選ぶ際の注意点
  6. やかんの捨て方や廃棄に関するよくある質問
  7. おわりに

この記事を読めば、やかんの捨て方に悩むことはありません。悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


鍋は、フライパンと並んで使用頻度が高い調理器具です。ひとり暮らしでも、複数の鍋を持っているという人も多いことでしょう。鍋は比較的長持ちしするものですが、それでも定期的な買い替えは必要です。その際、「鍋は何ゴミに該当するのか?」と悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、鍋の捨て方や処分方法を解説します。

  1. 鍋の基本的な捨て方
  2. 中古の鍋に需要はあるの?
  3. 不用品回収業者を利用した方がいい場合
  4. 注意点
  5. 鍋の捨て方や廃棄に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、鍋の捨て方に悩むことはありません。鍋の処分方法に悩んでいるという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


老人ホームに入居するにあたって、「どんな準備が必要なのか?」「今住んでいる部屋の片付けを自分でするのが大変」という悩みをお持ちの人は多いでしょう。老人ホームに入居する際には、さまざまな手続きや引越しの準備が必要です。本人や家族がしなければならないことには、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、老人ホームへの入居準備について、必要な手続きや部屋・荷物の片付け方法などをご紹介したいと思います。

  1. 老人ホームへの入居準備について
  2. 老人ホームへの入居準備で知っておくべき注意点
  3. 老人ホームへの入居準備でやるべき片付けについて
  4. 老人ホームへの入居準備に関するよくある質問

この記事を読むことで、老人ホームへの入居準備をどのようにすすめていくべきか分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む