遺品整理にかかる期間はどのくらい? 期間を短縮するコツも紹介!

「遺品整理にはどのくらいの期間がかかるのか?」「いつ始めるべきか迷っている」という人は多いでしょう。故人が残した遺品を整理する際には、遺品の仕分けや処分などやることがたくさんあります。もちろん、遺品の量や作業する人数にもよりますが、一般的にはどのくらいの期間が必要なのでしょうか。さまざまな事情から「できるだけ早く済ませたい」という人も多いと思います。

この記事では、遺品整理にかかる期間や急ぐべきケース・期間を短縮する方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 遺品整理について知っておきたいこと
  2. 遺品整理にかかる期間は?
  3. 遺品整理の期間を短くするためには業者に依頼を
  4. 遺品整理の期間に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理にかかる時間の内訳や期間を短縮するメリット・業者へ依頼した場合の費用などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.遺品整理について知っておきたいこと

まずは、遺品整理をするタイミングや急ぐべきケース・知っておくべき注意点などをまとめました。

1-1.余裕があるときは急ぐ必要はない

遺品整理をするタイミングについては特に決まりがあるわけではありません。そのため、余裕があるときは特に急ぐ必要はないでしょう。人が亡くなると健康保険や年金・保険金の請求など、やらなければならない手続きがたくさんあります。そうした手続きがすべて済んで落ち着いてから取りかかってもよいでしょう。また、四十九日や1周忌などの法要を目安に遺品整理を行う人も多くなっています。法要の際には親族が集まるため、相談し合いながら遺品整理ができるでしょう。ただし、大切な人が亡くなったことで気持ちの整理がつかないときは、無理をする必要はありません。人によっては傷が癒(い)えるまで何年もかかる場合もありますが、気持ちの整理がついてからゆっくりと行ってください。

1-2.相続税の課税対象になるものは先に確認を

預貯金や貴金属・不動産などは相続税の課税対象になるため、決められた期限までに申告・納税の義務があります。そのリミットは、被相続人が亡くなってから10か月です。期限を過ぎると重加算税がかかってしまうため、相続税の課税対象になるものだけでも、先に確認しておくことを忘れないでください。

1-3.賃貸物件の場合は明け渡し期限までに済ませる

故人が賃貸物件に住んでいた場合は、明け渡し期限までに遺品整理を済ませなければなりません。賃貸契約書で契約期間や退去日を確認しましょう。翌月の家賃が発生する前に物件の明け渡しができるよう、早めに遺品整理に取りかかる必要があります。

1-4.形見分けは四十九日法要の後に行う

一般的に、形見分けを行うのは四十九日法要の後とされています。四十九日は、故人の魂が仏様のもとへ向かう日です。そのお見送りとして形見分けを行うために、四十九日法要が済むまで待ちましょう。

1-5.空き家のまま長期間放置しない

遺品整理を急いで行う必要がない場合は、気持ちの整理がついてからゆっくり行っても問題ありません。しかし、いつまでも遺品整理を行わずに空き家のまま放置しておくのは危険です。不審火の発生や不審者の侵入・ゴミの放置など、さまざまな問題の原因になる可能性もあります。故人が住んでいた家が空き家になる場合は、できるだけ早く遺品整理をして売却や取り壊しなどの手続きにすすみましょう。

2.遺品整理にかかる期間は?

遺品整理にかかるだいたいの期間や時間の内訳・期間を短縮するコツやメリットなどをご紹介しましょう。

2-1.2週間~半年以上かかる場合も

遺品整理にかかる期間は、最低でも2週間、長いと半年以上かかる場合もあるといわれています。遺品整理では、実際に遺品の片付けをする以外にも、事前に手伝ってくれる人に依頼したりスケジュールを立てたりする準備期間が必要です。また、相続税などの手続きにかかる時間や、遺品整理で出た不用品を処分する時間なども考えなければなりません。もちろん、1日の作業時間や頻度によっても変わってくるため、余裕を持ってスケジュールを立てておくのがおすすめです。

2-2.期間が長くかかるケースは?

遺品整理の期間が長くかかるのは、以下のようなケースでしょう。

  • 家が広い
  • 遺品の量が大量にある
  • 遺品整理を手伝ってくれる人がいない
  • ゴミ屋敷化している
  • 処分に困る遺品が多い

2-3.プロに依頼して期間を短縮するのがおすすめ

遺品整理にかかる期間を短縮するには、プロの業者に依頼する方法がおすすめです。遺品整理業者に依頼した場合、数時間~2日程度で作業が完了します。明け渡し期限が迫っていて急いでいる場合も安心でしょう。また、長期間にわたって遺品整理をするのは、精神的にもつらいものです。業者に依頼して遺品整理を早くやり終えれることで精神的な負担やストレスも軽減できるでしょう。

3.遺品整理の期間を短くするためには業者に依頼を

遺品整理を短縮すべきケースや業者に依頼するメリット・費用などをまとめました。

3-1.遺品整理を短縮すべきなのはこんなとき

遺品整理の期間を短縮すべきケースには、以下のようなものがあるでしょう。業者に依頼して素早く終えることをおすすめします。

  • 賃貸物件の明け渡し期限が迫っている
  • 早めに遺品整理を終えて気持ちに整理をつけたい
  • 遠方に住んでいるため、通いながら片付けるのに時間がかかる
  • 長期間空き家の状態にしたくない

3-2.業者に依頼するとメリットが多い

遺品整理を業者に依頼すると、期間を短縮できる以外にもさまざまなメリットがあります。たとえば、遠方に住んでいてもスムーズに遺品整理ができること・大型の遺品も運び出してもらえることなどです。遺品整理には大変な労力と時間がかかるため、業者に依頼することでその負担を大きく軽減できます。また、思い出の品や貴重品を誤って処分せずに済む点もメリットでしょう。

3-3.業者による遺品整理の流れ

業者による遺品整理の流れは、一般的に以下のようになります。

  1. 業者に無料見積もりを申し込む
  2. 現場の確認・作業の打ち合わせ
  3. 遺品の仕分け
  4. 遺品の分別・搬出
  5. 清掃
  6. 支払い

3-4.費用相場は1LDKで50,000~250,000円

遺品整理を業者に依頼する場合の費用は部屋のサイズや遺品の量によって異なりますが、1LDKで50,000~250,000円前後が目安です。そのほかにも、分別作業の程度やエレベーターの有無などによっても料金は変わってくるでしょう。また、業者によっても料金体系が異なるため、複数の業者に無料見積もりを依頼して比較してみることをおすすめします。

3-5.信頼できる業者を選ぶには?

安心して遺品整理を任せられる業者を選ぶために、以下のポイントを参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が明確か
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

4.遺品整理の期間に関するよくある質問

「遺品整理にかかる期間について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品の仕分けに時間がかかり、困っています。どうすればスムーズに作業をすすめられるでしょうか?
A.一つ一つの遺品をどうするか迷っていると時間がかかりすぎてしまいます。迷ったものはひとまず後回しにし、まとめておきましょう。時間がたってから再度考えると冷静に判断できる可能性があります。

Q.気持ちの整理がついてから遺品整理をしようと思いますが、何か注意すべきことはあるでしょうか?
A.提出期限が設けられている書類は、先に探しておいてください。年金の受給停止手続きや国民健康保険証の返却などが必要です。

Q.遺品整理を早く終えるために業者へ依頼しようと思いますす。できるだけ安く済ますにはどうしたらよいですか?
A.遺品の買取も行っている業者に依頼するとよいでしょう。状態のよい遺品は買取してもらえるため、お得に利用できます。

Q.遺品整理を業者に依頼する場合、立ち会いは必要ですか?
A.必ず必要というわけではありませんが、作業前後だけでも立ち会いを希望する業者が多くなっています。

Q.遺品整理業者に依頼できることにはどのようなものがあるのでしょうか?
A.遺品の分別と処分・清掃以外にも、遺品の買取や供養を受け付けている業者もあります。また、写真のデータ化サービスを行う業者も増えてきているため、チェックしてみてください。

まとめ

遺品整理の時期や整理にかかる期間・期間を短くするコツなどをまとめてご紹介しました。遺品整理にかかる期間は遺品の量などによって変わりますが、できるだけ早く終えたい場合は業者への依頼がおすすめです。ぜひこの記事を参考にして、スムーズに遺品を片付けてください。