不要な畳はどう処分すればいい? 処分方法選びのポイントや注意点も!

「畳の処分方法が分からない」とお困りではありませんか? 畳は大きくて重いので不要になったときの処分に悩むことも多いでしょう。処分方法はいくつかありますが、どの方法を選択すべきか慎重に考える必要があります。

この記事では、不要になった畳の処分方法や処分する際の注意点などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 畳の処分が必要になるケースは?
  2. 畳の処分方法を3つ紹介
  3. 畳の処分方法を選ぶポイントは?
  4. 畳を処分する流れ
  5. 畳を処分する際の注意点
  6. 畳の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、自分に合った畳の処分方法を選ぶポイントや、業者に依頼する場合の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

 

1.畳の処分が必要になるケースは?

まずは、どのようなときに畳の処分が必要になるのかをご紹介しましょう。

1-1.寿命を迎えたとき

畳が寿命を迎えたときは処分が必要です。畳はきちんとメンテナンスをしていれば10~15年は持つといわれています。色あせや傷などの劣化症状が現れても、裏返して使用することができるのです。傷みが激しくなってきて踏み心地が安定しなくなったら、畳が寿命を迎えたサインと考えて処分を検討しましょう。

1-2.新しくしたいとき

畳にはさまざまな素材・柄・色のものがあるため、新しいものに変えて気分を一新したいときもあるでしょう。今までと違う種類の畳に新調することで、部屋の雰囲気が大きく変わります。そんなときも、不要になった畳を処分しなければなりません。

1-3.フローリングに作り変えたいとき

畳をやめてフローリングに作り変えるという理由で畳を処分する人もいます。畳の表面だけを剝がして市販のフローリング素材を敷くだけなので簡単にDIYが可能です。和室を洋室に変更して家の雰囲気を一新するのもよいでしょう。

2.畳の処分方法を3つ紹介

畳を処分するには、以下のような方法があります。

2-1.畳屋さんに依頼する

畳の張り替えを依頼する場合は、そのまま古い畳を引き取ってもらえないか畳屋さんに聞いてみるとよいでしょう。対応は畳屋さんによって異なりますが、1枚2,000円程度で引き取ってくれるところが多くなっています。新しく畳を購入しない場合でも回収だけしてもらえるかは畳屋さんによるため、事前に確認してください。

2-2.自治体のゴミ回収を利用する

処分だけをする場合は、自治体のゴミ回収を利用する人が多いでしょう。畳を細かく切断すれば燃えるゴミとして出すことができる自治体もあるため、確認してみてください。切断するのが難しい場合は、粗大ゴミとして出すことになります。事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要になるため、時間に余裕を持って準備しましょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

畳は大きくて重いので粗大ゴミの収集場所まで1人で運ぶのは大変な作業です。そんなときは、不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。出張回収を利用すれば自宅まで回収に来てもらえます。また、ほかにも不用品があればまとめて処分してもらえるのも大きなメリットでしょう。

3.畳の処分方法を選ぶポイントは?

畳の処分方法を選ぶ際、ポイントにすべきことをご紹介しましょう。

3-1.安く処分したいか

できるだけ安く畳を処分したいなら、自治体のゴミ回収を利用するのがおすすめです。切断して燃えるゴミとして出すことができる場合は、ゴミ袋以外にお金はかかりません。粗大ゴミになる場合も1枚数百円で処分してくれる自治体が多くなっています。

3-2.手間をかけたくないか

手間をかけたくない人には、不用品回収業者がおすすめです。畳は1人だと玄関から搬出するのも大変な作業になるため、業者が運び出してくれるのは大きなメリットでしょう。即日対応が可能な業者もあるので都合のよいタイミングで処分してもらえます。

3-3.お得に処分したいか

お得に処分したいなら、畳を買取に出してみるとよいでしょう。新品に近い状態の畳なら買取対象になる可能性があります。不用品を処分してお金がもらえるのは大変お得ですよね。ただし、中古の畳はほとんど需要がないため、状態がよいものでも高価買取は期待できないでしょう。

4.畳を処分する流れ

畳を処分する際の流れをまとめました。

4-1.粗大ゴミの場合

粗大ゴミとして出す場合は、まず回収の申し込みが必要です。自治体ごとに電話やインターネット・LINEなどで申し込めるようになっているのでホームページで調べてみてください。申し込みの際に回収日時と回収場所・料金を確認し、料金分の粗大ゴミ処理券を購入します。粗大ゴミ処理券を畳に貼り、指定された回収日の朝に回収場所へ持っていくのが一般的な流れです。

4-2.不用品回収業者の場合

不用品回収業者に依頼する場合は、まず無料見積もりを依頼しましょう。ホームページに専用フォームを設けている業者も多いので確認してみてください。無料見積もりの内容に納得できたら自宅まで来てもらい、正式な見積もりを出してもらいましょう。回収作業後、精算という流れになる場合がほとんどです。

5.畳を処分する際の注意点

畳を処分する際に知っておきたい注意点をまとめました。

5-1.事業用の畳は自治体が回収できない

燃えるゴミや粗大ゴミとして自治体が回収できるのは、家庭で使用していた畳だけです。店舗や事務所などで使用していたものは事業用扱いになるため、産業廃棄物として処分しなければなりません。燃えるゴミや粗大ゴミとして捨てると不法投棄になるので注意してください。

5-2.不用品回収業者は比較して選ぶ

不用品回収業者を選ぶ際は、複数の業者に無料見積もりを依頼して比較するのがおすすめです。最初から1社に絞ると提示された金額が高いのか安いのか分からないため、まずは数社を比較して大まかな相場を把握しましょう。

5-3.悪徳業者に注意が必要

悪質な不用品回収業者の存在には十分注意してください。必要な許可を持たずに営業している違法業者も存在します。そのような業者を利用すると高額な料金をだまし取られたり回収した不用品を不法投棄されたりする可能性もあるのです。特に、突然訪問してきて不用品の回収を迫るような業者は利用しないでください。

6.畳の処分に関するよくある質問

「畳を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.畳を新しく張り替えるべきタイミングを教えてください。
A.4~5年たったら畳を裏返し、さらに4~5年たったころが張り替えどきといわれています。

Q.畳の張り替えを検討すべき症状はどのようなものですか?
A.表面が凸凹になっている・変色や裂けなどの傷みが目立つなどの症状がある場合は、張り替えたほうがよいでしょう。

Q.畳を細かく切断したら大量のゴミが出てしまいました。燃えるゴミとして出しても大丈夫ですか?
A.あまり大量だと回収してもらえないこともあるため、数回に分けて少しずつ出すことをおすすめします。

Q.畳の素材によって処分費用が異なるというのは本当ですか?
A.樹脂加工の畳は耐久性にすぐれており、天然素材の畳に比べて処分費用が安くなる傾向があります。

Q.悪質な不用品回収業者に多い特徴を教えてください。
A.ホームページがない・所在地を明らかにしていない・見積書に不明確な点が多いなどの特徴があります。

まとめ

畳の処分方法について、方法を選ぶポイントや処分する流れ・処分する際の注意点などを詳しくご紹介しました。畳を処分する際は、何を重視して処分方法を選ぶべきかしっかり考えましょう。ぜひこの記事を参考に、自分に合った畳の処分方法を見つけてください。