札幌市でテレビを処分する方法が知りたい! 買取に出す方法も解説

札幌市でテレビを処分する場合、何ゴミになるのか・どのような方法で処分すればいいのか……などで悩んでいる方は多いでしょう。きちんと正しい方法で処分しなければ、環境破壊につながる恐れがあります。特に、家電類には貴重な資源が含まれているため、リサイクルが推奨されているのです。

本記事では、札幌市でテレビを処分する方法について解説します。

  1. 札幌市でテレビを捨てるには?
  2. 家電リサイクル法に則(のっと)った処分方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使えるテレビは買取に出せる!?
  5. テレビの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、札幌市でテレビをお得に捨てる方法や注意点などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.札幌市でテレビを捨てるには?

最初に、札幌市でテレビを捨てるにはどうすればいいのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.テレビは自治体回収ができない

テレビは家電リサイクル法の対象品目になるため、自治体での回収ができません。札幌市だけでなく、全国区で定められている法律です。家電リサイクル法は、テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)・エアコンの4品目が対象となっています。それらの家電に含まれている貴重な資源を再利用すること、廃棄量を減らすことが目的です。家電リサイクル法の対象品目になっているものはメーカーによる回収とリサイクルが義務づけられているため、ゴミ捨て場に持っていっても回収されません。

1-2.適切な方法で処理することが大事

家電リサイクル法の対象品目になっているものは、正しく処理することが必要とされる家電です。不適切な方法で処分すると環境破壊につながり、汚染の原因となってしまいます。家電の処理は埋め立てることで成り立ってきましたが、埋め立て地にも限界がやってきているのです。環境を守るためにも、きちんと正しい方法で処理することが重要となります。面倒だからとゴミ捨て場に放置すると、不法投棄となり、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金が科せられる恐れがあるので注意してください。

2.家電リサイクル法に則(のっと)った処分方法

ここでは、家電リサイクル法に則った処分方法を解説します。

2-1.購入した店舗に回収してもらう

家電リサイクル法に則った処分方法として、テレビを購入した店舗に回収を依頼する方法があります。購入店が分かれば、そのお店に問い合わせてください。ほとんどの家電量販店や販売店が、家電リサイクル法対象品目の回収を行っているはずです。購入した店舗がなくなっていたり、引っ越しなどで遠く離れてしまったりしている場合は、代わりに回収してくれる一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクルセンターに依頼しましょう。回収依頼をする際は、リサイクル料金を先方に支払うことになります。

2-2.買い換えの場合は販売店に依頼する

新しいテレビへの買い換えを検討している方は、購入予定の販売店に回収を依頼する方法があります。先述したように、ほとんどの家電量販店が家電リサイクル法の対象品目を回収しているため、依頼すれば引き受けてくれるでしょう。買い換えの大きなメリットは、新しいテレビの購入と古いテレビの廃棄が同時にできることです。わざわざ自分で運び出す必要はありませんし、新しいテレビがやってくる日に古いテレビを回収してもらうことができます。ただし、リサイクル料金のほかに、出張・運搬費用がかかる可能性もあるので見積書の内容を細部まで確認しておきましょう。

2-3.自分で指定引取場所に持ち運ぶ

販売店に回収を依頼するほか、自分で引取場所に直接持ち運ぶ方法があります。札幌市における指定引取場所は、以下のとおりです。

  • 鈴木商会 札幌北事業所:東区北丘珠5条4丁目4-60(電話番号 011-790-1281)
  • 鈴木商会 札幌西事業所:西区発寒15条13丁目1-35(電話番号 011-662-2211)
  • 日立物流ダイレックス(株)発寒物流センター:西区発寒10条12丁目2-20(電話番号 011-666-9907)
  • 日立物流ダイレックス(株)清田物流センター:清田区清田2条3丁目3-20(電話番号:011-884-1921)

なお、自分で直接持ち込む場合は、事前に郵便局にある家電リサイクル券を購入する必要があります。家電リサイクル券に必要事項を記入し、リサイクル料金を振り込みましょう。郵便局の振り込みでは、別途、振込手数料が必要になるので注意してください。

3.不用品回収業者に依頼する方法

ここでは、不用品回収業者に依頼する方法を紹介します。

3-1.まとめてすぐに処分できる

テレビをすぐに処分したい・ほかにも不用品がたくさんあるという方は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者に依頼するメリットは、大量の不用品でも一気に処分できることです。もちろん、自治体で回収できない家電リサイクル法の対象品目も回収してもらうことができます。処分に困りがちな不用品をすぐに処分できるのも、大きなメリットといえるでしょう。また、出張回収を利用すれば、わざわざ自分たちで運んだりゴミを分けたりする手間も省けます。

3-2.処分費用など全部でいくらかかるのかチェックしよう

不用品回収業者はすぐに大量の不用品を処分できるのがメリットではありますが、不用品の量が多ければ多いほど回収費用も高くなってしまいます。回収業者の中には、後で高額な追加費用を請求する悪徳業者も存在しているので、十分に注意しなければなりません。悪徳業者とのトラブルを未然に防ぐためには、不用品1つ1つどのくらい処分費用がかかるのか確認することが大切です。あくまで目安ですが、テレビは1点あたり3,000~5,000円が処分費用になるでしょう。そのほか、基本料金や出張・運搬費用が数千円かかることもあるので、そのほかの費用も確認してください。

3-3.回収業者選びのポイント

不用品回収業者がたくさんあって、どこに依頼すればいいのか分からず悩んでいる方も多いでしょう。そんなときは、以下のポイントに注目してください。

  • 不用品の回収サービスに長(た)けているか
  • ホームページ等にサービスの詳細が記載されているか
  • 産業廃棄物収集運搬や古物商の許可を取得しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • どのような質問でも分かりやすく答えてくれるか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較することも大切です。複数の業者を比較することで、良しあしが分かりやすくなり、信用できる業者が見つかりやすくなるでしょう。

4.まだ使えるテレビは買取に出せる!?

まだ使えるテレビは、本当に買取に出すことができるのでしょうか。ここでは、テレビの買取について詳しく説明します。

4-1.正常に稼働できるかが重要

どのようなテレビが買い取ってもらえるのか、疑問を感じている方が多いと思いますが、最も重要なのは正常に稼働するか否かです。ほとんどの査定員は、まず、テレビが正常に動くかどうかをチェックします。映像が途切れ途切れになったり、途中で画面が消えたりするなど、不具合が出ている場合は買い取ってもらえません。問題なくテレビを見ることができれば、ほとんどの買取業者で買い取ってもらうことができます。そのため、査定に出す前に、テレビが正常に稼働するか確認してください。

4-2.需要がないテレビは買取不可になりやすい

中古市場で需要がないテレビは、買取不可になりやすい傾向があります。テレビを買取に出す前に、ぜひチェックしてほしいのが発売年月・型番・メーカーなどの基本情報です。特に、発売年月や型番はテレビの古さを表しているので、査定時の重要なポイントとなります。需要がないテレビは発売年月から8年以上経過しているものです。テレビの平均寿命は約8~10年といわれているため、8年以上経過しているテレビは査定額が一段と下がります。古いテレビほど買い取ってもらえなくなるので、早めに売却することも大切です。

4-3.買取専門店やリサイクルショップに売る

テレビの主な買取先としては、買取専門店・リサイクルショップがあります。家電を中心に買取を行っている専門店であれば、中古市場でどのようなテレビが売れるのか把握しているので、価値がある型番ほど高価買取が期待できるでしょう。発売されたばかりのテレビや人気メーカーは、買取専門店に依頼することをおすすめします。買取専門店で売却できなかったテレビは、リサイクルショップに依頼するといいでしょう。リサイクルショップは買取専門店よりも査定額が下がりますが、買い取ってもらえるかもしれません。

4-4.買取サービスを行っている不用品回収業者も

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。買取と回収が同時に利用できれば、買取不可になっても回収してもらえるので一石二鳥です。わざわざ、ほかの業者を探したり依頼したりする手間と時間が省けるでしょう。また、不用品をたくさん処分する場合、テレビ以外の不用品が買い取ってもらえることもあります。買い取ってもらえるものが多いほど、処分費用の節約につながるのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

5.テレビの処分に関してよくある質問

テレビの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.どのようなテレビが家電リサイクル法の対象になるのか?
A.家電リサイクル法の対象となっているテレビの種類は以下のとおりです。

  • ブラウン管テレビ
  • 液晶・プラズマ式テレビ
  • ラジカセ一体型テレビ

プロジェクションテレビや有機ELテレビなどは、家電リサイクル法の対象外となるので注意してください。また、業務用として製造・販売されたものは、家庭用として使用していても家電リサイクル法の対象外となります。

Q.テレビのリサイクル料金はいくらなのか?
A.テレビのリサイクル料金は、種類や画面の大きさで異なるので注意が必要です。

  • ブラウン管テレビ小(15型以下):1,296~3,094円
  • ブラウン管式テレビ大(16型以上):2,376~3,634円
  • 液晶・プラズマ式テレビ小(15型以下):1,836~3,148円
  • 液晶・プラズマ式テレビ大(16型以上):2,916~3,988円

メーカーによっても異なる可能性があるため、詳しい内容は、家電リサイクルセンターのリサイクル料金(再商品化等料金)一覧表を参考にしてください。

Q.いくらぐらいで売れるのか?
A.テレビを売却した場合、元値の約3~5%が査定額になる可能性があります。元値が高いテレビほど高価買取が期待できますし、安いテレビほど査定額が低くなるでしょう。たとえば、シャープのアクオス40型で約7,000円、東芝の55型液晶テレビで約25,000円の買取額となっています。あくまで目安となるため、具体的な買取額に関しては無料査定を依頼してください。

Q.テレビを高く売るポイントは?
A.リモコン・取扱説明書といった付属品を一式そろえることです。付属品をそろえるだけでも、査定額に数千円の差が生まれることもあります。また、ホコリや汚れがついている場合は、乾(かわ)いたタオルなどできれいに拭き取ることも大切です。見た目をきれいにすることで印象がよくなり、高価買取が期待できるでしょう。

Q.自分で売る方法は?
A.ネットオークションやフリマアプリを利用する方法があります。インターネットを通して全国から買い手を見つけられるのはもちろん、自分の希望額で出品できるのが大きな魅力です。ただし、必ずしもすぐに売れるとは限りません。また、落札されても自分でこん包して落札者に送る手間と時間が発生します。その点を理解した上で利用しましょう。

まとめ

札幌市でテレビを処分することはできません。テレビを含めたエアコン・冷蔵庫・洗濯機の家電4品目は、メーカーによる回収とリサイクルが義務づけられているからです。消費者はリサイクルに必要な費用をリサイクル料金として支払う義務があります。誤って自治体で処分しないようにしてくださいね。また、自治体以外の方法としては、不用品回収業者や買取業者・リサイクルショップへ買取に出す方法があります。正常に使えるテレビは買い取ってもらえるので、査定を依頼するといいでしょう。