遺品整理をスムーズに進める手順を解説! 注意すべきポイントも!

「遺品整理をしたいけれど、片付けるのに時間がかかりそう……」と悩んでいる方は多いでしょう。また、遺品の量が多ければ多いほど、手間と時間がかかってしまいがちです。遺品整理をスムーズに終わらせるためには、まず作業を始める前に準備することがあります。どうしても自分たちで作業できない場合は、遺品整理業者に依頼するのも選択肢の1つです。

本記事では、遺品整理をスムーズに進める手順や注意点などを解説します。

  1. 遺品整理とは?
  2. 遺品整理を始める前に準備すること
  3. 遺品整理を始める手順と注意点
  4. 遺品整理を業者に依頼する選択肢も
  5. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理を始める前に準備することなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.遺品整理とは?

まずは、遺品整理がどのようなことなのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.亡くなった人が使っていたものを整理すること

亡くなった人が使っていたものを整理し、使っていた部屋をきれいにすることが遺品整理です。使わなくなったものをすべて処分するだけでなく、故人が大切にしていたものを形見として保管することも大切な遺品整理の作業となります。ただし、個人のものをすべて残しておくわけにはいかないので、形見として残すものは選別しなければなりません。不要になったものを正しく処分することも、遺品整理の重要なポイントとなります。

1-2.心を整理するのも遺品整理

遺品整理はただ故人のものを片付けるだけではありません。故人が大切にしていたものを手に取りながら思い出が蘇(よみがえ)り、心や気持ちを整理することも大切な要素となります。もちろん、遺品整理を行うには体力が必要ですし、どのように片付けていくのか計画を立てなければなりません。きちんと計画を立てた上で、故人が使っていたものに触れながら心を整理していく作業ともいえます。だからこそ、心の準備も必要になってくるでしょう。

1-3.つまずきやすいのは残すものと保管するものの区別

よく「遺品整理は大変」といいますが、その理由は残すものと保管するものの区別にあります。故人が大切な人であるほど、その人との思い出をできる限り残したい気持ちがあるでしょう。その結果、遺品が捨てられなくなってしまい、ほとんどの遺品を手元に置いてしまいがちです。処分するものと手元に残すものの区別が難しいこと、さらに、遺品の量が多いほど、どこから手をつけていいのか分からず途方に暮れてしまうのも難しさを感じる原因となっています。

2.遺品整理を始める前に準備すること

ここでは、遺品整理を始める前に準備することを解説します。

2-1.現場の様子をきちんと確認する

まず大切なのは、現場の様子をきちんと確認することです。故人が使っていた部屋を見渡し、どのくらいの遺品があるのかチェックしましょう。しっかりと確認することで、自分で作業ができる現場かどうか判断できます。たとえば、遺品の量が多すぎて手に負えなかったり、遺体の発見が遅れて強い腐敗臭が残ったりしている場合は、遺品整理業者の協力を得たほうがいいでしょう。室内に問題があるか・どこから片付けるべきなのか等、正しく判断するためにも現場の確認が必要不可欠です。

2-2.遺品整理のタイミングを決める

現場を確認した後は、遺品整理を行うタイミングを決めてください。自分たちで作業を行う場合は、財産相続の権利がある人全員にその旨を伝えなければなりません。いつに遺品整理を行うのか、きちんと伝えておかなければ、後で親族トラブルになってしまう恐れがあります。親族が遠方に住んでいる場合は、一堂に会する四十九日などの法要がベストでしょう。なるべく、相続権のある人たちが集まりやすい日に遺品整理を行ってください。

2-3.税金・各種契約内容の解約手続きを済ませておく

遺品整理を始める前に、税金や各種契約内容の解約手続きを済ませておくことも大切です。遺品整理=形見分け・不用品の処分と思われがちですが、亡くなった人の契約関連を解約することも、作業の中に含まれています。遺品の中には売却価値のあるものもたくさんありますし、相続者同士で価値があるものは分配しなければなりません。売却価値があるものほど、親族としっかり話し合って分配する必要があります。

2-4.遺品整理に必要な道具を準備する

遺品整理をスムーズに進めることができるか否かは、事前準備が大きなポイントとなります。遺品の量が多いほど作業に時間と手間がかかるため、少しでも作業効率をよくするためにも、以下の道具は準備しておきましょう。

  • 軍手・マスク
  • ビニール袋
  • ダンボール
  • ガムテープ・ビニール紐(ひも)
  • 手押し台車
  • 脚立

ビニール袋は45Lと90L両方のサイズを用意しておくと安心です。一般的なゴミ袋のサイズは45Lですが、90Lの大きめサイズは50cm以内のプラスチック製品を処分するときに役立ちます。また、高所作業では安全を確保するために脚立を、ダンボール箱やビニール袋を運ぶときには手押し台車があると役立つのでおすすめです。

3.遺品整理を始める手順と注意点

それでは、遺品整理を始める手順と注意点について解説します。

3-1.貴重品・重要な書類などを選別する

遺品整理で最初に手をつけてほしいのが、貴重品や重要な書類などの選別です。先に選別しておかないと、不用品と一緒に処分してしまう恐れがあります。現金・通帳・カードなどは相続品になるので、別の場所で保管しておきましょう。また、証券や保険などの書類も重要なものとなるため、捨てずに残すことが大切です。故人がタンスの奥にしまっていたり、へそくりをしていたりすることもあるので、十分に注意しながらチェックしてください。

3-2.残すものと処分するものを区別する

次に、貴重品や重要な書類などを除外した上で、残すものと処分するものの区別を行います。残しておくべきものは、故人との思い出があるもの相続者で形見分けすべきものです。また、買い取ってもらえるものも捨てずに残しておくといいでしょう。難しく考えずに、資産価値があるものは残す、資産価値がないものは捨てるという判断で構いません。どうしても残しておきたいものがあれば、写真に撮ってデジタル化する方法もあります。要らないものはできるだけ処分したほうが後の片付けも楽になるでしょう。

3-3.リサイクル可能なものはリサイクル、不用品は処分へ

残すものと要らないものを区別したら、次は要らないものをさらに区別します。リサイクル可能なものはリサイクルへ、不用品は自治体回収または不用品回収業者へ依頼するなどして処分しましょう。遺品整理では不用品がたくさん出てくると思うので、リサイクルできるものはリサイクルに出すことがポイントです。正常に使えるもの・再利用できるものは、買取業者やリサイクルショップで売却できます。特に、処分費用をなるべく抑えたい方は、リサイクルすることを心がけましょう。

3-4.遺言書に従って形見分けを行う

遺品整理で注意しておきたいのは、遺言書の存在を無視しないことです。遺言書は法的に効力があるものなので、きちんと書かれている内容のとおりに遺品整理を進めていかなければなりません。誰にどの形見を渡すのか・相続させるのかが記載されている場合は、その内容どおりに形見分けを行いましょう。また、前述したように、遺品整理を勝手に行うのはトラブルの原因になるので絶対にNGです。相続人が複数いる場合は、必ず相続人全員で遺品整理を行いましょう。

4.遺品整理を業者に依頼する選択肢も

自分で遺品整理を進めることができないときは、遺品整理業者に依頼するのも選択肢の1つです。それでは、遺品整理業者に依頼する際のポイントなどを解説します。

4-1.自分で行うよりもスピーディー

遺品整理業者に依頼する大きなメリットは、自分で作業するよりもスピーディーに終わらせることができる点です。遺品整理業者は名前のとおり、遺品整理に長(た)けている業者なので、どのように作業をすれば早く終わらせることができるのか把握しています。遺品の量が多くても、1日あれば遺品整理を終わらせることができるかもしれません。また、遠くに住んでいる人がわざわざ家を訪れなくとも、遺品整理業者に依頼すれば自分の代わりに作業をしてくれるのも大きなメリットです。

4-2.遺品整理業者の費用相場は約9万円~

部屋の広さや遺品の量などによって異なりますが、遺品整理業者に依頼する場合の費用相場は約9万円~20万円となっています。あくまで目安となるため、もっと安くなることもあれば、50万円程度と高くなることもあるでしょう。参考として、間取り別の相場を以下にまとめました。

  • 1LDK:6万~30万円程度
  • 2LDK:9万~45万円程度
  • 3LDK:15万~70万円程度
  • 4LDK:17万~85万円程度

4-3.遺品整理士が在籍している業者に依頼する

どの遺品整理業者に依頼すればいいのか分からない……と悩んでいる方は、遺品整理士が在籍しているかに注目するといいでしょう。遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会の民間資格で、遺品整理に関する知識を持っている資格者のことを指しています。遺品整理士が在籍している業者なら、安心して依頼できるでしょう。また、遺品整理業者を選ぶ際は、以下の要素に注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 遺品整理業の許可を各都道府県から取得しているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 料金設定が明確になっているか
  • どのような質問に対しても分かりやすく丁寧な説明をしてくれるか
  • サービス内容が充実しているか

5.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.故人が賃貸物件に住んでいたときの注意点は?
A.賃貸物件で故人が生活していた場合、遺品整理を終わらせない限り、家賃の支払いが発生してしまいます。大家さんにすぐ相談し、今後の契約についてどうすべきか相談すること、そして早めに遺品整理を終わらせることが大切です。室内の遺品整理が終了した時点で解約手続きを済ませると、日割り計算によってお得になる可能性があります。

Q.どのような遺品が高く売れるのか?
A.ブランドもの・着物類・宝石・アクセサリー類などは高く売れる可能性があります。テレビ・冷蔵庫・洗濯機といった生活家電も、そこまで古くなければ買い取ってもらえるでしょう。少しでも処分費用を安く抑えたい方は、正常に使えるものを査定に出してください。買値がつかないと思っていたものも売れる可能性があります。

Q.遺品を処分する方法は?
A.自治体でゴミとして出す・不用品回収業者に依頼する・リサイクルショップや買取専門店で売る・遺品整理業者に依頼する・フリマアプリなどに出品する方法があります。遺品整理業者に依頼する場合、不用品の回収を行っているところに依頼すると処分もしてもらえるので一石二鳥です。

Q.デジタル機器を処分する際の注意点は?
A.パソコンやスマホといったデジタル機器を処分する場合は、データを完全に消去してから捨てなければなりません。デジタル機器には個人情報がたくさん入っているので、データを消去しておかないと個人情報が流出してしまう恐れがあります。自分で完全消去できない場合は、業者に依頼するのも方法の1つです。

Q.依頼しないほうがいい遺品整理業者の特徴は?
A.相場よりも安すぎる業者や、遺品整理業の許可を取得していない業者は悪徳業者の可能性が高いので注意しておきたいところです。安すぎる業者は、後で高額な追加費用を請求してくる可能性があります。複数の業者を比較し、安心して依頼できるところを選んでくださいね。

まとめ

遺品整理をスムーズに進めるためには、まず現場の様子をしっかりと確認することが大切です。自分で作業できる様子であれば、必要な道具を準備し、貴重品や重要な書類の分別から始めましょう。自分で作業するのが無理な量の場合は、遺品整理業者の力を借りることも選択肢の1つです。遺品整理業者の中には、不用品の回収や買取を行っているところもあります。リサイクルできるものはリサイクルへ、不用品は処分することを心がけてくださいね。