ゴミ屋敷の火事はなぜ起きる? 原因・具体的な事例・対処法をご紹介

ゴミ屋敷で火事が起こる事件が発生し続けています。なぜゴミ屋敷で火事が起きるのか、対策や対処法などはあるのかなど、さまざまな疑問が出てくるでしょう。少子高齢化社会となり、独居老人が増えました。寂しさからゴミ屋敷化してしまう例も多くなっています。ゴミ屋敷の火事について知っておき、事前に対策を整えておきましょう。

  1. ゴミ屋敷で火事が発生する理由
  2. 実際にあったゴミ屋敷の火事事例
  3. 周囲にゴミ屋敷がある場合の対策
  4. ゴミ屋敷化してしまった場合の対処法
  5. ゴミ屋敷の火事でよくある質問

ゴミ屋敷は社会問題となり、身近なものとなりました。近隣にゴミ屋敷があって困っている・実家がゴミ屋敷化しているなどの場合は、事前に放置するリスクなどを知っておくことで、対策を整えやすくなるでしょう。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ゴミ屋敷で火事が発生する理由

ゴミ屋敷は、深刻な社会問題となっています。治安の悪化だけでなく、不審火や火事などが起こるからです。なぜゴミ屋敷で火事が発生するのでしょうか?

1-1.家主の管理不足

ゴミ屋敷で火事が起こるのは、家主の管理不足が原因であることが多いでしょう。蚊取り線香や吸い殻などをきちんと処理せず、ゴミに火が移り、発火してしまうのです。ゴミの量が多いほど、被害は拡大していきます。寝タバコなども注意が必要です。

1-2.電気系統のトラブル

電気系統のトラブルも、火事の原因となります。電気系統のショートは、古くなった家電などから起こるものです。漏電やホコリが詰まったコンセントによるトラッキング現象で、発火してゴミに引火し、大規模な火事になることも珍しくありません。

1-3.生ゴミの発酵

生ゴミは自然に発酵が進み、有害ガスを放出します。そのため、前述の発火が起因し、有害ガスへ引火した場合、大爆発に発展する恐れがあるのです。

1-4.放火

ゴミ屋敷は、近隣の迷惑になるだけでなく、放火のターゲットになりやすいものです。家主が頑固で偏屈な態度でいる場合、周囲から怒りや反感を買うことがあります。近隣と溝ができ、火を放たれてしまうのです。隣家や周辺住宅まで延焼するケースもあります。

2.実際にあったゴミ屋敷の火事事例

実際にあったゴミ屋敷での火事について、具体例を挙げてみましょう。

2-1.愛知県豊田市の例

愛知県豊田市では、ゴミ屋敷で火事が起こりました。蚊取り線香を消さずに就寝し、近隣3軒まで延焼する火事を起こしています。

2-2.福島県郡山市の例

福島県郡山市では、原因は解明されていませんが、ゴミ屋敷が全焼する火事が起こりました。また、家主が火事が起きた際に逃げ遅れたと思われ、その後焼死体で発見されています。

2-3.福島県いわき市の例

福島県いわき市では、通行人によるタバコのポイ捨てが原因で火事が起こり、ゴミ屋敷が全焼する火事が起こりました。家主は外出中で巻き込まれずに済んだものの、国道沿いに面した家であったため、火事によって封鎖される事態となったのです。

2-4.東京都杉並区の例

東京都杉並区では、アパートの1室から火事が起こりました。ゴミの撤去に関する話し合いをしていたところで、アパートの2階と隣接する住宅2軒が被害に遭っています。また、家主は顔にケガをしました。

2-5.愛知県名古屋市の例

愛知県名古屋市では、ゴミ屋敷に積まれていたダンボールが燃えました。通行人や近隣住民によって早期発見されたため、ボヤで済んでいます。被害はダンボール数枚程度ですが、放火の可能性が高いとして捜査されているのです。

3.周囲にゴミ屋敷がある場合の対策

ゴミ屋敷による近隣への影響は大きいものです。どのような対策を整えればいいのでしょうか?

3-1.ゴミの撤去を要請する

ゴミ屋敷の住人と交渉し、ゴミの撤去を要請する方法があります。家主は寂しさや孤独からゴミを集める習性があり、頑固な性格であることが多いのです。交渉する際は、一方的に要求を突きつけるのではなく、心に寄りそうよう意識することが大切なポイントとなります。

3-2.行政に介入してもらう

近隣住民が直接交渉に行くとこじれそうな場合、行政に介入してもらう方法がおすすめです。ゴミ屋敷を放置することで起こるリスクや危険性を説明してもらいましょう。火事による死者が出た場合、失火法によって有罪判決を受けるケースもあるなど、家主が納得できる説明をしてもらうことが大切です。

3-3.見回りを強化する

家主が高齢で注意力が落ちている場合、近隣住民が協力して見回りを強化する方法もあります。早朝や夜間などは不審火が起こりやすく、日中でもタバコのポイ捨てをする人もいるでしょう。また、ゴミ屋敷に異変があった場合、周囲の見守りがあれば、早期に発見できるのもメリットです。

4.ゴミ屋敷化してしまった場合の対処法

特定の家がゴミ屋敷化してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

4-1.家主を刺激しないよう説得を試みる

ゴミ屋敷の家主は、ゴミを大切なものと思って集めています。単なるゴミとして処分するよう命じるのではなく、家主を刺激しないよう説得を試みることが大切です。何度も足を運び、家主と打ち解けられるようになってから、少しずつ片付けを提案するなど、ゴミ屋敷問題の解決に向けて動いてみましょう。

4-2.業者にゴミ屋敷の片付けを依頼する

家主が了承してくれたら、ゴミ屋敷の片付けを業者へ依頼しましょう。長年集めたゴミは、家主だけでなく、一般の人でも片付けが難しいものです。また、膨大なゴミを処分するのも肉体的負担が大きくなります。業者に依頼し、迅速に処理してもらうことで、短時間で解決できるでしょう。

4-3.行政代執行

行政が介入し、何度も片付けをするよう説得を続けていても改善されない場合、行政代執行がなされる場合があります。家主が行政からの通知を無視し続け、定められた期限までに片付けをしない場合、行政が代わってゴミを撤去するのです。まれに、行政代執行で家主と行政がトラブルになることもあります。しかし、近隣の治安を守るためには、行政代執行はやむを得ないでしょう。

5.ゴミ屋敷の火事でよくある質問

ゴミ屋敷の火事に関する質問を集めました。

Q.行政に相談すると、すぐに対応してくれるのか?
A.すぐに対応してくれるとは限りません。しかし、近隣とのトラブルが起きている場合や、治安が脅かされる場合は、早期に動いてくれる可能性が高いでしょう。ただし、行政代執行は段階を踏んでから着手となります。

Q.火事が起こる前に、近隣住民でゴミを片付けてはいけないのか?
A.いけません。ゴミ屋敷にあるものは、家主の所有物です。そのため、家主の許可を得てから処分することが、正しい手順となります。許可なく捨ててしまい、家主とトラブルになるどころか、不法侵入などの罪に問われるケースもあるのです。

Q.ゴミ屋敷はなぜ放火されやすいのか?
A.恨みや怒りを買うからです。ゴミ屋敷があることで不快感を抱く人は少なくありません。また、ストレス社会といわれる現代は、鬱憤を晴らす場がないことが多いものです。イライラした気分を、ゴミ屋敷の放火で発散するなど、誤った思考に陥る可能性も否定できません。

Q.ゴミ屋敷の火事で隣家などが被害に遭った場合、金銭的な補償はしてもらえるのか?
A.ゴミ屋敷の家主がきちんと火災保険に加入していれば、補償してもらえる可能性があります。ただし、保健会社の条件・被害状況などによって異なるので注意してください。

Q.ゴミ屋敷に灯油などが残っているストーブがある場合、火事の被害が拡大するのか?
A.灯油などは火事で爆発を誘引する原因となります。被害の拡大も想定できるでしょう。タンク内に残っている灯油だけでなく、漏れている・揮発しているなどの場合も注意が必要です。

まとめ

ゴミ屋敷は社会問題となっています。景観が悪くなるだけでなく、治安の悪化や火事のリスクも高まるからです。ゴミ屋敷で火事が起こる原因と対処法を知っておき、いざという時の参考にしてください。ゴミ屋敷でも、ものを勝手に片付ける・処分する行為は禁止されています。家主ときちんと話し合いをし、意思確認をして進めるよう心がけましょう。