ガラクタを捨てる方法を紹介! 迷ったときにふんぎりをつけるコツは?

「家の中にガラクタがたくさんあってスッキリと片づかない」「家中のガラクタを捨てたいが、選別が難しい」と悩んでいる人はいませんか? ガラクタは役に立たない不要なものの総称であり、それが多いほど家の中は片づきにくくなります。その一方で、「ガラクタだけど捨てるふんぎりがつかない」という人もいることでしょう。

そこで今回は、ガラクタを整理して捨てる方法を紹介します。

  1. ガラクタの定義と片づけの必要性
  2. ガラクタを捨てるメリット
  3. ガラクタを捨てる基準
  4. ガラクタの捨てることに関するよくある質問

この記事を読めば、ガラクタの選別方法や捨てるときの注意点もよく分かるでしょう。ガラクタを捨てる方法に悩んでいる人は、ぜひこの記事の捨て方を参考にして部屋を片づけてみてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ガラクタの定義と片づけの必要性

始めに、ガラクタとは何かということや、片づけが必要な理由などを解説します。なぜ、ガラクタをため込んではいけないのでしょうか?

1-1.ガラクタとは不用品の総称

ガラクタとは、役に立たないものや不要なものという意味があります。つまり、値段に関係なく自分にとって不要ならばすべてガラクタです。

1-2.ガラクタをため込むとものの管理が大変になる

持ちものを管理するには、「家の中にガラクタがたくさんあってスッキリと片づかない」「家中のガラクタを捨てたいが、選別が難しい」と悩んでいる人はいませんか? ガラクタは役に立たない不要なものの総称であり、それが多いほど家の中は片づきにくくなります。その一方で、「ガラクタだけど捨てるふんぎりがつかない」という人もいることでしょう。そこで今回は、ガラクタを整理して捨てる方法を紹介します。

1-3.ガラクタをため込むと余計なお金がかかる

ガラクタをため込むほど、必要なものが見つかりにくくなります。そうなると、新しくものを買い直すこともあるでしょう。その結果、余計なお金を使って同じものが家にたまっていくことになります。1つ1つはそれほど高価なものでなくても、積み重なればそれなりの金額になることでしょう。

1-4.ストレスもたまりがちになる

散らかった部屋は、それだけでストレスがたまりがちになります。ガラクタが増えると片づけも大変になり、部屋がいつも散らかった状態になる可能性もあるでしょう。その結果、いつもストレスがたまってイライラした状態になる可能性もあります。

2.ガラクタを捨てるメリット

ガラクタを捨てると以下のようなメリットがあります。

  • 不要なものを買わないのでお金がたまる
  • 片づけが簡単になるので時間の余裕ができる
  • 本当に必要なものだけを身の回りに置けるので、心が豊かになる
  • 家が常に片づくようになるのでイライラしなくなる

3.ガラクタを捨てる基準

しかし、ガラクタを捨てるふんぎりがつかない人もいるでしょう。この項では、ガラクタを捨てる基準の一例を紹介します。

3-1.一定期間使わないものは捨てる

1年以上使わないものは、この先一生使うことはほとんどありません。ですから、まだ使えるものでも1年間全く使用していなかったものは、自分にとって「ガラクタ」と考えて捨てましょう。

3-2.似合わなくなったものは捨てる

ものによっては、似合う年齢が限られているものもあります。お気に入りのものであっても、年齢にそぐわないものであったら捨てましょう。

3-3.いつか使おうと考えているものは、一生使わない

いつか使うかもと考えて取っておくものは、おそらく一生使いません。また、ものは保管しているだけで劣化していきます。「いつか使う」という名目でものを取っておくのはやめましょう。

3-4.新しいうちに売却したり譲ったりすればガラクタも役に立つ

自分にとって不要なものでも、誰かに取っては必要なものかもしれません。新しいうちに売却したり譲ったりすれば、ガラクタも役立つでしょう。ですから、不要になったら早めに手放すことが大切です。

4.ガラクタの捨てることに関するよくある質問

この項では、ガラクタの捨てることに関する質問を紹介します。

Q.ガラクタが大量にある場合はどうやって捨てれば効率的ですか?
A.一度に捨てたい場合は、不用品回収業者を利用する方法がいいでしょう。

Q.ガラクタが思い出の品である場合、どうしても捨てるふんぎりがつきません。
A.写真に撮っておくなど、形を変えて保管できないか検討してみましょう。

Q.ガラクタの整理は定期的に行ったほうがいいですか?
A.はい。年に1度は持ちものを見直すのがおすすめです。

Q.中古でも需要があるガラクタにはどんなものがありますか?
A.発売されてから5年以内の家電、使用感の少ない家具、販売されてから3年以内のブランドものの洋服などが代表的です。また、ゲーム・書籍なども一定の需要があります。

Q.使用済みの食器などは売却したりすることはできませんか?
A.使用済みの食器やノーブランドの服などは中古の需要がほとんどないものですが、寄付を受け付けている団体もあります。利用してみてもいいでしょう。

まとめ

今回はガラクタの捨て方について紹介しました。不要になってもまだ使えるものは捨てにくいものです。しかし、ガラクタをため込んでいれば、結局お金がかかります。早いうちに手放せば売却したり譲ったりもできるでしょう。ガラクタは定期的に捨てることが大切です。