赤ちゃんがいる家庭のフローリング掃除を安全で楽にする方法を紹介!

「赤ちゃんがハイハイを始めたのでフローリングをしっかり掃除しておきたい」「赤ちゃんにも安心な洗剤は?」とお悩みではありませんか? 赤ちゃんがいると、特に清潔な環境作りに気を配る家庭が多いでしょう。ハイハイを始めたころから、フローリングの汚れも気になり出しますよね。こまめに掃除をして生活な状態にしておきたいものですが、赤ちゃんにも安全な掃除方法とはどのようなものなのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんがいる家庭におすすめのフローリング掃除方法や安全な洗剤・おすすめグッズなどをまとめてご紹介します。

  1. 赤ちゃんのためのフローリング掃除で知っておくべきこと
  2. 赤ちゃんにも安全安心なフローリング掃除を紹介
  3. 赤ちゃんがいる家庭のフローリング掃除方法は?
  4. 赤ちゃんがいる家庭のフローリング掃除におすすめのグッズ
  5. 赤ちゃんがいるときのフローリング掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、赤ちゃんがいるときのフローリング掃除の頻度やタイミング・注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

 

1.赤ちゃんのためのフローリング掃除で知っておくべきこと

まずは、赤ちゃんがいる家庭のフローリング掃除について、必要性や掃除頻度・タイミングなどをまとめました。

1-1.赤ちゃんをホコリや汚れから守る

フローリングは、ホコリや髪の毛・油汚れなどで汚れています。床に寝転んだりハイハイしたりする赤ちゃんがいる場合、汚れがついた手を赤ちゃんが口に入れてしまう可能性もあるでしょう。ハウスダストアレルギーなどの心配もあると思います。赤ちゃんがいると特に食べこぼしや手アカなどがつきやすいため、こまめに掃除をして清潔な状態を保つことが必要です。

1-2.汚れの種類に合った掃除を

フローリングの汚れにはさまざまなものがあるため、汚れに合った掃除をすることが基本です。たとえば、ホコリや髪の毛はフロアワイパーや掃除機で取り除くことができますが、こびりついた汚れや皮脂などは拭き掃除する必要があります。「毎日掃除機をかけて終わり」という家庭もあると思いますが、それだけでは不十分な場合も多いでしょう。掃除機がけだけでなく、定期的に水拭きや洗剤を使った掃除が必要です。

1-3.ホコリは毎日取り除き、週に1回は水拭きを

清潔なフローリングを保つためには、フロアワイパーやモップで毎日ホコリを取り、週に1回は水拭きをするのが理想でしょう。フロアワイパーやモップは赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりしながらでも使えるのでおすすめです。週に1回は水拭きをして油汚れや手アカなどを拭き取りましょう。もちろん、食べこぼしなどで汚れた部分があれば、その都度拭き掃除が必要です。

1-4.朝起きてすぐ掃除するのがベスト

フローリング掃除のタイミングは、朝起きてすぐがベストです。夜間は人の動きが少なく、舞い上がったホコリが床に落ちてきます。人が動き出す前の朝に掃除をするのが効果的でしょう。そのほか、長時間の外出から帰った後などもおすすめです。

1-5.毎日の水拭きは必要ない

フローリングを毎日水拭きすると、ワックスがはがれたりすき間から水分が入って床材を傷めたりする原因になります。そのため、毎日の掃除は乾(から)拭きだけにしておくのが理想です。定期的に水拭きをする際は、固く絞ったぞうきんやウェットシートを使い、できるだけ床に水分を残さないようにしましょう。

2.赤ちゃんにも安心安全なフローリング掃除方法を紹介

赤ちゃんがいる家庭では、フローリング掃除に使う洗剤も気になりますよね。赤ちゃんにも安全な洗剤やワックスの使用についてご紹介しましょう。

2-1.頑固な汚れには中性洗剤がおすすめ

こびりついた食べこぼしやベタつきには、中性洗剤を使うのがおすすめです。バケツに水を入れ、食器用洗剤などの中性洗剤を1~2滴たらしたものにぞうきんをひたして固く絞って使ってください。ただし、洗剤がフローリングに残っていて赤ちゃんが口に入れると大変なので、仕上げにしっかり水拭きをしましょう。

2-2.洗剤を使いたくないなら重曹を

洗剤を使いたくない場合は、重曹を使った掃除方法がおすすめです。重曹は人体に害を及ぼさないため、家中の掃除に使われています。ただし、濃度が高いとフローリングのワックスがはがれる原因になるため、以下の分量で作った重曹水を使って掃除するとよいでしょう。

  • 40℃のお湯2リットルに対して、重曹小さじ5杯を溶かす
  • マイクロファイバークロスをひたして固く絞ったもので拭く

2-3.ワックスも安全なものを

汚れに強く滑りにくいフローリングにするために、ワックスを使用する家庭も多いでしょう。しかし、ワックスを使用する際も赤ちゃんに害が及ばないか心配になりますよね。非水溶性のものや植物原料のものなど、赤ちゃんがいる家庭でも安心して使えるワックスも販売されているため、チェックしてみるとよいでしょう。

3.赤ちゃんがいる家庭のフローリング掃除方法は?

赤ちゃんがいる家庭でフローリングを掃除する手順やポイント・注意点をまとめました。

3-1.準備するもの

フローリングを掃除する前に、以下のものを用意しておきましょう。

  • フロアワイパーやモップ
  • 掃除機
  • ぞうきんまたはウェットシート
  • 中性洗剤または重曹水

3-2.掃除の手順を紹介

フローリング掃除の手順としては、まずフロアワイパーやモップを使って目に見えるホコリや髪の毛を取り除きます。その後に掃除機がけをして目に見えないゴミも吸い取りましょう。次に、ぞうきんやウェットシートで水拭きをし、最後に乾拭きをして完了です。頑固な汚れがある場合は、中性洗剤や重曹水を使って拭き掃除するとよいでしょう。

3-3.先に掃除機をかけるとホコリが舞い上がるので注意

フローリングの掃除でやりがちなのが、最初に掃除機をかけてしまうことです。最初に掃除機をかけるとホコリが舞い上がってしまい、そのホコリが床に落ちてくるまで数時間かかってしまいます。そうなると、せっかく掃除をしたフローリングが落ちてきたホコリで汚れてしまうため、意味がなくなってしまうでしょう。掃除機をかける前にフロアワイパーなどでホコリを取り除いておくことをおすすめします。

4.赤ちゃんがいる家庭のフローリング掃除におすすめのグッズ

赤ちゃんがいる家庭のフローリング掃除におすすめのグッズをご紹介しましょう。

4-1.すき間ブラシ

フローリングのすき間に入り込んだゴミは、掃除機やフロアワイパーで取り除くのが難しいでしょう。そこで、すき間ブラシがあると便利です。使い捨てのものや反対側がヘラになっていてワックスを塗る際にも使えるものなどもあるため、チェックしてみてください。

4-2.スチームモップ

食べこぼしなどのしつこい汚れも、スチームモップなら洗剤を使わず簡単に落とすことができます。赤ちゃんがいると「きれいにするだけでなく除菌もしたい」と思う人も多いでしょう。高温のスチームがフローリングを掃除・除菌してくれるため、赤ちゃんがいる家庭のフローリング掃除に最適です。

4-3.ワックスシート

フローリングの掃除とワックスがけが同時にできるワックスシートもおすすめです。汚れを落とすだけでなく除菌や消臭もできるものや、天然原料を使った安心安全なものもあるため、使用してみるとよいでしょう。掃除の時間をゆっくりとることができない赤ちゃんがいる家庭に最適です。

5.赤ちゃんがいるときのフローリング掃除に関するよくある質問

「赤ちゃんがいるときのフローリング掃除について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.フローリングを拭き掃除するときのポイントを教えてください。
A.拭いた部分を踏まないよう、部屋の奥から入り口に向かって拭いていきましょう。「コの字」を意識しながら、すみずみまで拭くのがポイントです。

Q.フローリングの掃除に米のとぎ汁を使うとよいというのは本当でしょうか?
A.ワックス効果もあるため使用している人もいると思います。ただし、カビや虫・においが発生する恐れがあるというデメリットもあるため、注意が必要です。

Q.フローリングに掃除機をかける際の注意点は何でしょうか?
A.フローリングの目に沿ってやさしく滑らせるようにしてください。掃除機に「フローリングモード」がある場合は活用しましょう。

Q.忙しくてフローリングを掃除する時間がありません。何かよい方法はないでしょうか?
A.ロボット掃除機を使うのも1つの手です。水拭き機能があるお掃除ロボットも販売されているため、チェックしてみるとよいでしょう。

Q.スチームクリーナーでフローリングのワックスがはがれることはありませんか?
A.床材によっては、長時間同じ箇所にスチームクリーナーを当てるとはがれる可能性もあるでしょう。目立たない箇所で試してから使用することをおすすめします。

まとめ

赤ちゃんがいる家庭のフローリング掃除について、詳しくご紹介しました。赤ちゃんがいると、フローリングの衛生状態が気になるものです。できるだけ赤ちゃんにも安全で、手軽に掃除できる方法を知っておくと安心でしょう。ぜひこの記事を参考にして、赤ちゃんが快適に過ごせるフローリングを維持してください。