遺品整理で起こりがちな失敗を紹介! 失敗を防ぐ方法も解説!

今、遺品整理に悩む人が増えています。遺品整理は、故人の愛用品や日用品を仕分けし、不用品を片付け愛用品を分配したりする作業です。また、財産価値のある遺品を見つけたりする作業も含まれます。しかし、遺品整理に失敗して後悔している人も珍しくありません。失敗談を聞くたびに「自分が遺品整理をするときは失敗したくない」と思っている人もいるでしょう。

今回は、遺品整理の失敗談や失敗をしないためのポイントを紹介します。

  1. 遺品整理で起こりがちな失敗
  2. 遺品整理の失敗を防ぐためにできること
  3. 遺品整理を依頼する業者の選び方
  4. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理を業者に依頼する際の注意点も分かるでしょう。遺品整理について詳しく知りたい人はぜひ読んでみてくださいね。

 

1.遺品整理で起こりがちな失敗

はじめに、遺品整理をする際にやってしまいがちの失敗を紹介します。

1-1.遺品の価値が分からないまま処分する

遺品の中には、愛好家に人気があるものや特定の人に高い価値があるものもあります。しかし、遺族がその価値を知らないと捨てたり安価で売却してしまうこともあるでしょう。手放してから遺品の価値に気づき、後悔する人もいます。

1-2.賃貸の退去期限までに遺品整理が終わらない

故人が賃貸物件に住んでいた場合、速やかに遺品を整理して退去しなければなりません。しかし、遺品整理に思ったより時間がかかったりして退去期限までに間に合わないこともよくあります。このような場合、家賃が余計にかかったり物件によっては違約金が発生したりすることもあるでしょう。

1-3.形見分けでトラブルが起こる

前述したように、資産価値がないが個人の思い出につながるような遺品は、遺族が自由に形見分けすることができます。しかし、金銭的な価値がある遺品があるときは、所有権を巡って遺族同士が争うこともあるでしょう。また、故人がコレクターだった場合、同好の士がコレクションを譲ってほしいと連絡してくることもあります。譲渡がスムーズにいけばいいのですが遺族が引き渡しを拒否した場合、トラブルになることもあるでしょう。

1-4.遺品整理業者に不当に高い処分費用を請求された

最近は、遺品整理業者に遺品整理を依頼する人も増えています。しかし、遺品整理の仕事はまだ歴史が浅く、業者も玉石混交です。そのため、不当に高い処分費用を請求する悪徳業者もいます。業者の言いなりに費用を払い、後からネットなどで費用相場を知って後悔する人もいるでしょう。

2.遺品整理の失敗を防ぐためにできること

この項では、遺品整理の失敗を予防するためにやっておくべきことや気をつけることを紹介します。

2-1.遺品整理は人手を集めて行う

遺品整理は引っ越し作業と同様、人手があるほど短期間で行えます。ですから、葬儀の後や49日法要の前後など親族が一堂に集まる期会に遺品整理を行うのがおすすめです。特に故人が賃貸物件に住んでいて、退去期限が決まっている場合は人手を集めて一気に遺品整理を行いましょう。

2-2.不用品だけでも手早く片づける

遺品整理は、故人への想いに一区切りがつかないと行えないケースもあります。しかし、遺品を手つかずに放っておくと傷んだり、維持にお金がかかったりするでしょう。そのようなときは、不用品だけでも処分し、故人の日用品や愛用品だけをまとめておきましょう。保管するものの量が減るだけでも管理が楽になります。

2-3.エンディングノートを作っておく

本人が生前にできる対策として、エンディングノートのさくせいがおすすめです。エンディングノートとは、家族への感謝の気持ちや葬儀への要望、死後遺族が困らないように伝えておくべきことなどを書いておくノートのことで、専用のものも販売されています。自分の愛用品や日用品の分配方法にこだわりがあるならば、エンディングノートを作っておきましょう。特に、コレクションがあるときは、コレクションの種類や価値、分配方法などを記しておくと遺族の負担がかなり減るはずです。

2-4.業者への依頼は早めに行う

時間に余裕がなくなってから遺品整理を業者に依頼すると、悪徳業者に引っかかりやすくなります。遺品整理は、最低でも半日はかかるため、時間に余裕がない、人手が集まらないと分かった時点で業者に依頼しましょう。早めに依頼すれば時間に余裕も生まれ、業者を選ぶ余裕も生まれます。

3.遺品整理を依頼する業者の選び方

この項では、優良な遺品整理業者を選ぶコツや業者に依頼するメリットを紹介します。

3-1.遺品整理業者に依頼すれば短期間で遺品整理が終わる

遺品整理業者に依頼すれば、遺品の整理と不用品の回収・処分を一度に行えます。また、業者によっては遺品の買取も行っているため、売却希望の遺品がある場合は回収だけでなく買取も行う業者に依頼しましょう。さらに、遺品を供養してくれる業者もあります。故人の愛用品や仏壇などの宗教道具は、不要になったからといって処分するのはためらいがあるでしょう。遺品供養をしてくれる業者に依頼すれば、わだかまりなく処分ができます。

3-2.遺品整理業者に依頼すれば「うっかり処分」がなくなる

優良な遺品整理業者は、遺品の取り扱いや相続に関する知識も豊富です。依頼すれば、処分してはならない遺品や、価値のある遺品をうっかり処分してしまう失敗を防ぐことができます。

3-3.遺品整理の相場は数万円~

遺品整理の費用は、遺品の量や部屋の広さによって異なります。ワンルームなど単身者向けの住居ならば、3万円~10万円が相場です。3LDK以上のファミリー向けタイプのマンションや一戸建てならば、20万円台~が相場となります。ただし、遺品の量が著しく多かったりゴミ屋敷だったりする場合は、費用が余計にかかることもあるでしょう。

3-4.優良な業者を選ぶコツ

優良な業者は以下のような特徴があります。

  • 見積もりが詳細で明瞭
  • 電話での対応や質問に対する説明が丁寧
  • 廃棄物収集運搬業や古物商などの許可を受け、事務所所在地なども明確にしている
  • 実績が豊富で遺品整理士の有資格者が在籍
  • 料金設定が相場より安過ぎず高すぎない

この条件をできるだけ満たしている業者を選びましょう。複数の業者から見積もりを取り、比べてみるのもおすすめです。

4.遺品整理に関するよくある質問

この項では、遺品整理に関する質問を紹介します。

Q.遺品整理は時間をかけたほうが失敗しにくいですか?
A.時間をかけて遺品整理できる環境ならば、焦らない方がうまくいくでしょう。しかし、時間に限りがあるときはのんびりしてはいけません。とりあえず不用品だけでも処分しましょう。

Q.価値が分かりにくい遺品にはどのようなものがありますか?
A.美術品や骨とう品類、最近ではカードゲーム類や限定発売のホビー類などが代表格です。ものによっては高値が古書もあるでしょう。

Q.遺品整理をする際、絶対に捨ててはいけないものはなんですか?
A.生命保険に関する書類や貯金通帳は古いものでも残しておきましょう。特に、貯金通帳は金銭の出入りが分かる大切なものです。また、パソコンも初期化する前にインターネットバンキングや証券口座の有無を調べておいてください。

Q.遺品整理は遺族以外が関わっても大丈夫ですか?
A.はい。問題ありません。

Q.遺産相続を放棄する場合、遺品整理ができなくなるんですか?
A.遺品の中には財産価値があるものがあり、これらを処分して現金を得ると遺産の相続放棄が認められなくなります。ただし、形見分けくらいは問題ないという事例もあるため、まずは弁護士に相談してください。

まとめ

今回は、遺品整理の失敗談や失敗を防ぐ方法などを紹介しました。遺品整理は引っ越しと同様に段取りを組んで時間をかけて行うことが大切です。特に、遺品整理をする時間が限られている場合は、業者の手を借りて早めに不用品を処分しましょう。