服の片付けに悩んでいる人必見! 片付け方や処分方法を一挙紹介!

「服が増えすぎてなかなか片付かない」「服の整理がどうしてもうまくいかず、クローゼットがいつもパンパン」といった服の片付けに関する悩みを抱えている人は、多いことでしょう。服は、シーズンごとに数着ずつ買い足す人も珍しくありません。その一方で、まだ着れる服を捨てることに抵抗を感じる人も多いと思います。

今回は、服を片付けてスッキリしたクローゼットを作る方法や、服の処分方法などについて紹介しましょう。

  1. 服が片付かない理由と対策方法
  2. いらない服の分別方法
  3. 不要になった服の処分方法
  4. 服の片付けに関するよくある質問

この記事を読めば、不要になった服の有効活用法も分かります。服の片付け方に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

1.服が片付かない理由と対策方法

この項では、服がなかなか捨てられない理由や、処分する踏ん切りをつける方法などを紹介します。

1-1.もったいない精神が服を増やしがち

服は、シーズンごとに流行が変わります。ですから、まだ着れる服がたくさんあっても流行に合わせた服を買い足していくことは、珍しくありません。しかし、その結果着ない服がクローゼットや押入れの中にたまりがちです。長い間袖を通していない服も、「まだ着れるならば捨てられない」と考える人も多いでしょう。ですから、服が増えてしまいがちなのです。

1-2.服が増えるほど管理は難しくなる

服が増えるほど、自分がどんな服を持っているのか分からなくなります。その結果、似たような色やデザインの服を頻繁に買ってしまうこともあるでしょう。また、「たくさん服があるのに、着たい服や着れる服が何もない」といった状態になりがちです。

1-3.服はルールを決めて処分することが大切

まだ十分着れる服を処分するのは、とても心苦しいものです。しかし、シーズンごとに服を買うならば、ルールを決めて処分しましょう。たとえば、以下のようなルールを定めると処分する踏ん切りもつきやすくなります。

  • 1年間袖を通さなかった服は処分する
  • 明らかに流行遅れな服は処分する
  • 服を手に取り「着てみたい」と思わなければ処分する
  • 痩せたら着られる服は処分する

また、服を処分する時期を定期的に作ることも大切です。たとえば、夏の終わりに春物と夏物の服を見直し、冬の終わりに秋物・冬物の

1-4.自分が必要な服を把握しておくことが大切

必要な服の枚数は、人によって異なります。たとえば、会社勤めをしている人ならば、通勤用の服とオフの日用の服が数着ずつは必要です。通勤用の服とオフの日用の服が同じでも大丈夫、という人でも改まった席用の服は必要になるでしょう。ですから、むやみに服を減らすのではなく、どのくらい服があれば日常生活がスムーズに送れるか考えて服を片付けていってください。

2.いらない服の分別方法

この項では、不要になった服と必要な服の分別方法の一例を紹介します。

2-1.持っている服を全部出す

服を片付けるときは、持っている服を全部収納スペースから出してみましょう。そして、トップス・ボトムズ・下着など、同類ごとに分類します。そうすれば、それぞれの量やデザイン・色の偏り、服の傷み具合なども把握しやすくなるはずです。その後は、1つずつ点検して捨てるか残すかを決めましょう。

2-2.誰かに譲るならば早いうちに行う

兄弟や友人にいらない服をあげたい場合は、できるだけ早く行うことが大切です。たとえば、流行の服はそれが過ぎ去れば着る機会もぐっと減ってしまいます。また、元値が高く流行に左右されないデザインのものでも、自宅で保管しているうちに取れないシミや汚れなどがついてしまうこともあるでしょう。

2-3.保留する服は量を決める

どうしても捨てる踏んぎりがつかず、保留にしたい衣服がある場合もあるでしょう。その場合は、量と期限を決めて保管してください。たとえば、衣類収納ケースを1個分保留用の服専門にすれば、際限なく保留用の服が増えることはありません。また、いつまでも取っておくのではなく、1か月後にもう一度「捨てるか、残すか」を判断してください。

2-4.クローゼットの収納方法を見直す

服の片付けをするときは、収納方法を変えるチャンスでもあります。服は、タンスや衣装ケースにしまったりつるしたりして収納するのが一般的ですが、よく使う衣服ほどつるして収納すれば、面倒がありません。また、衣服は重ねてしまうより立ててしまうと出し入れがしやすくなります。また、収納には常に2割ほどのあきを作っておけば、新しい服を買っても収納に困ることはありません。「どこに何が入っているか分からない」とお悩みの方は、まず服を減らし、その後、使う頻度・服の種類・使う季節などを考えて分別していきましょう。

3.不要になった服の処分方法

この項では、着ない服の処分方法をいくつか紹介します。捨てるだけが処分方法ではありません。

3-1.自治体にゴミとして回収してもらう

穴が開いていたり、落とせない汚れがついている服や下着類は、ゴミとして処分しましょう。元値が高いブランド物の服でも、汚れたり破れたりするものは買取不可です。何ゴミに該当するかは自治体によって異なりますが、リサイクルされて再利用されるところもあります。自治体のサイトなどで確認してから出してください。

3-2.リサイクルショップに買取してもらう

中古でも、以下のような服は需要があります。

  • 元値が高く人気があるアパレルブランドの服
  • グッチやシャネルなど、誰もが知っているハイブランドの服
  • 子供用の普段着や礼服
  • 着物

リサイクルショップによっては買い取れるブランドや買取強化中のブランドを広告やサイトで宣伝しているとこともあるので、確認してみましょう。なお、最近は古着専門のリサイクルネットショップも増えています。宅配便で服を送って査定してもらうので、全国から利用できるメリットがある一方、売買が成立しなかった場合に送料がかかるなどのデメリットもあるのでよく考えて利用しましょう。

3-3.自分で買い手を探す

バザー・フリーマーケット・ネットオークション・フリマサイトなどを利用すれば、自分で買い手を探すことができます。また、ノンブランドやユニクロなどファストファッションの服も売却できる可能性があるのも、メリットです。ただし、バザーやフリーマーケットは会場まで服を持っていき、自分で時間をかけて服を売らなければなりません。また、ネットオークションは、必ずしも買い手がつくとは限らないでしょう。時間に余裕がある人向けの方法です。なお、ネットオークションに出品する場合は、メーカー・サイズ・使用状況と、多方向から撮った写真を掲載すると入札者も安心できるでしょう。

3-4.店頭回収を利用する

ユニクロやH&Mなどのファストファッションでは、自社の商品を回収してリサイクルしています。また、自社の商品以外でも回収可能なメーカーもあるので、探してみましょう。店頭回収を実施しているメーカーでは、独自のルールがあります。利用する場合は、必ずルールをサイトなどで確認して利用してください。また、百貨店などでは、期間限定で洋服の回収を行うこともあります。インターネットでこまめに情報収集をしましょう。なお、実施場所によっては、回収ではなく下取りサービスとして新しい商品を割引してくれることもあります。

3-5.寄付する

古着は、常に寄付を募っている団体があります。条件に合う服がある場合は、寄付をしてみましょう。寄付前に必ず団体が定めた寄付のルールを確認し、厳守してください。また、公にしていないけれど服の寄付を受けつけている福祉団体もあります。身近にそのような団体がある場合は、利用してみてもいいでしょう。ただし、いきなり古着を持って行ったり送りつけたりしてはいけません。

4.服の片付けに関するよくある質問

この項では、服の片付けに関する質問を紹介します。

Q.元値が高いブランドものの服は、古いものでも売却可能ですか?
A.いいえ。服には流行があるため、販売から2年以上たった服は査定額が一気に下がります。ですから、2年以上前のブランド物の服は、買取不可というケースもあるでしょう。

Q.子ども服はノーブランドでも売却できますか?
A.子ども服は中古の需要が高く、ノ―ブランドでもきれいならば買取可能なリサイクルショップもあるでしょう。ノ―ブランドでも子ども服を買取すると、宣伝をしているショップを探してみてください。

Q.着物はどこで買取してもらうのがおすすめですか?
A.着物は専門のリサイクルショップがあるので、ぜひ利用してみましょう。

Q.服を整理整頓しようとしても、どうしても散らかってしまいます。
A.何回かきて洗濯しようと考えている服が多いと、どうしても散らかりがちです。脱いだ服置き場をきちんと決め、そこ以外はおかないようにするだけでも、散らかりにくくなります。

Q.服の寿命は何年ですか?
A.毎日着ている服は、1年もすれば生地が弱ってきます。流行を考えると2~3年が限度でしょう。

まとめ

今回は服の片付け方や処分方法を紹介しました。特に、売却を考えている場合は、こまめに服を片付けて不要になった服を選別することが大切です。ファストファッションやノンブランドの服が多い場合は、店頭回収を利用したり、リサイクルゴミとして回収してもらえば、資源の有効活用にもなります。