ダブルベッドの処分方法は? 買取や引き取りに出す際の費用やポイントなど

ダブルベッドは、大きくて重たいため、その処分方法に悩む方も多いでしょう。ダブルベッドの処分費用は高そう……どうやって運んだり処分したりしたらいいのかわからない……とお困りの方のために、ダブルベッドの処分方法をそれぞれまとめました。

  1. ダブルベッドを粗大ゴミで捨てるには?
  2. 買い替えでダブルベッドを処分する方法
  3. ダブルベッドを買取に出すには?
  4. ダブルベッドを回収業者に処分してもらうには?
  5. ダブルベッドの処分についてよくある質問

ダブルベッドの処分方法を知りたい方・買取に出したい方のためになる情報もまとめてあります。運搬コスト・粗大ゴミ費用など、料金についての説明もありますので、ダブルベッドの処分を検討している方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

1.ダブルベッドを粗大ゴミで捨てるには?

ダブルベッドを自治体の粗大ゴミ回収に出す方法や料金をご説明します。

1-1.ダブルベッドを自治体の粗大ゴミ回収に出すには?

ダブルベッドを自治体のゴミ回収に出すには、主に以下の流れとなります。

  1. 自治体のHPや市役所へ電話し、粗大ゴミ回収の申請を依頼する
  2. 点数・大きさを伝え、料金・回収日を確認する
  3. 自治体が指定する店舗で、粗大ゴミ処理券を購入する
  4. 回収日になったら、指定回収場所までダブルベッドを持って行く

1-2.ダブルベッドの捨て方は?

一般的に、ダブルベッドを自治体の粗大ゴミ回収で捨てる際は、フレームやマットレス部分などを分解する必要は特にありません。ダブルベッド一式をそのまま粗大ゴミとして捨ててOKです。しかし、枕・布団・毛布は別途粗大ゴミとして申請する必要があります。ただし、自治体によっては、ベッドマット・マットレスの有無で料金が変わることもあるので、捨てたいものに応じて購入する処理券を選ぶ必要があるでしょう。

1-3.ダブルベッドの粗大ゴミ回収費用は2,000~3,000円

ダブルベッドの回収費用は2,000~3,000円に設定しているところが多いでしょう。マットレスを単品で捨てる場合も、同額くらいかかりますが、個別に出すかまとめて出せるかは自治体によって異なります。シングルベッドの回収費用は1,000~1,500円くらいです。このように、体積が大きいと費用も高くなります。ゴミ処分場に直接持ち込むと半額程度になる自治体もあるので、自分で運搬できる方にはおすすめです。

1-4.ダブルベッドは回収場所まで運搬するのも大変

ダブルベッドを自治体回収に出す場合、近所の回収場所やマンションの共有部分まで、ベッドを自分で運搬する必要があります。シングルベッドなら、大人二人でなんとか運べるサイズですが、ダブルベッドを一般人だけで運ぶのは難しいかもしれません。また、重さを減らすためフレームとマットレス部分を分けて持って行く際は、何度も往復しなければならないという手間もあります。

2.買い替えでダブルベッドを処分する方法

次に、ベッドの買い替えの際に、古いベッドを持って行ってもらう方法についてご説明します。

2-1.引き取りサービスがあれば利用したほうがよい

新しいベッドを購入した際に、古いダブルベッドの引き取りサービス有無について確認しましょう。新しいベッドの搬入時に、古いものを持って行ってもらえるので、大変便利な方法です。

2-2.ダブルベッド購入時の引き取り料金は?

ベッドの引き取り料金は、お店によって異なりますが、無料~3,000円くらいとしているところが多いでしょう。ただし、無料引き取りは、同メーカー品に限る場合や、新規購入のベッドの価格がいくら以上などの条件もあります。引き取りサービスをいくらで利用できるかは、新しいベッドの購入時にしっかり確認しておきましょう。

2-3.ベッド買い替え時の引き取り注意点

搬入や搬出の際は、エレベーター(階段作業)の有無や吊り下げ作業の有無によって、料金がプラスされることがあります。2階以上の建物でエレベーターがない家にお住まいの方は事前に伝えておいたほうがよいでしょう。

3.ダブルベッドを買取に出すには?

次に、ダブルベッドを買取に出す際の注意点などについてご説明します。

3-1.売れるダブルベッドとは?

中古では人気のなさそうなダブルベッドですが、以下の条件なら売れる場合があります。

  • 新品同様
  • 安い価格設定(数万円のものを1,000円台で売るなど)
  • 配送料は出品者負担・購入者の自宅までお届けなど、配送料の心配がない

3-2.ダブルベッドの気になる配送料

ダブルベッドの売買をする場合、気になるのが配送料でしょう。ダブルベッドは、クロネコヤマトのらくらく家財宅急便で、東京→東京の発送でも2万円程度かかり、かなり高額です。県外発送だと3万円を超えるため、直接引き取りに来たいという方も多くなっています。そのため、フリマサイトなどでも、配送料については事前にコメントなどでやりとりされることが多いでしょう。

3-3.ダブルベッドを買取に出すのは一長一短

ダブルベッドを買取に出すには、送料に関するやりとりや配送手続きなど、買取額に含まれない費用がかかったり、手間・時間を使うことにもなります。買取額以上の手間や時間をかけてはあまり意味がありませんので、過去の買取価格なども参考にし、総合的に損をしないようにしましょう。

4.ダブルベッドを回収業者に処分してもらうには?

次に、ダブルベッドの処分を回収業者に依頼する方法についてご説明します。

4-1.運搬の難しいダブルベッドはプロに運んでもらう

自治体回収で、自分で運搬するのが難しい場合や、売るのが面倒・売れないダブルベッドの処分は、回収業者に依頼するという方法もあります。自宅まで取りに来てくれるので、重くて大きいダブルベッドを自分で運ぶ必要がありません。また、新しいもの・美品のものは、買取してもらえて、買取額で回収費用を相殺できる場合もあります。

4-2.ダブルベッドの回収費用は?

ダブルベッドの回収費用は、フレームのみ5,000円・マットレスのみ6,000円くらいが相場となります。別途出張費用が発生することがほとんどです。また、ダブルベッドのみの回収ではなく、不用品をまとめて依頼できるパック料金を利用できる場合もあるでしょう。体積によって料金が異なるので、一度問い合わせてみて概算を出してもらうのも一手です。

4-3.悪質不用品回収業者に注意!

便利な回収業者ですが、中には悪質なところもあるので注意してください。たとえば、事前にオプション料金などを伝えなかったり、当日になって急に請求したりするパターンです。契約する際は、金額やサービス内容などを書面やメールなど、後に残るものでもらうようにしましょう。

5.ダブルベッドの処分についてよくある質問

ダブルベッドの処分について、よくある質問をご説明します。

Q.フレームは折りたたんだり切ったりすれば不燃ゴミで出せる?
A.ほとんどの自治体で、粗大ゴミの価格設定は使用時の大きさや品目名で決まっているので、小さくしても粗大ゴミとして出す必要があります。

Q.ダブルベッドを粗大ゴミで回収してもらえなかったのですが
A.以下の原因が考えられます。

  • 処理券の料金不足(サイズ)
  • マットレスとフレームで別の券が必要
  • 回収日・回収時間が間違っている

Q.ダブルベッドを配送する場合どのようにこん包したらよいですか?

A.ダブルベッドのような大型家具を送る際は、前述のような家財専門の配送サービスを利用する必要があります。家財配送サービスにはこん包も含まれているので、自分でなにかをする必要はありません。

Q.ダブルベッド周りの処分費用を教えて

A.粗大ゴミ費用の相場は以下のとおりです。自治体のゴミ回収では、1点ごとに料金がかかりそれぞれに処理券が必要なので注意してください。

  • 布団カバー・シーツなど薄い布:資源ゴミ(古布)でOK
  • 毛布・布団:500円くらい
  • 枕:200円くらい
  • 照明器具:(サイズに応じて)200円~1,000円くらい
  • サイドボード:(サイズに応じて)1,000円くらい

Q.一番お得にダブルベッドを処分する方法は?

A.以下のとおりまとめました

<売れる場合>(お得順)

  • ◎買取に出す・送料は相手負担・もしくは取りに来てもらう
    • →買取額がそのまま利益になる
  • ○買取に出す・届けに行く
    • →買取額がそのまま利益になるが、配送の手間と時間がかかる
  • ×買取に出す・送料自己負担
    • →買取額-送料(2~3万円)が利益になる。買取額によってはマイナスになることも

<売れない場合>(安い順)

  • ベッド新規購入時の無料引き取り
    • →新規購入時に限定される
  • 自治体回収(数千円)
    • →運搬や処理券を買う手間
  • 回収業者の利用(数千円~1万円程度)
    • →時間・手間はほぼ無し

まとめ

ダブルベッドの処分方法についてそれぞれご説明しました。大きくて重いダブルベッドは、シングルベッドよりもやや運搬が困難になるでしょう。搬出時の経路の確保なども大変です。自分で運べれば安くすみますが、難しい場合は回収業者に依頼したり、送料を相手負担にして売却するなどの方法もあります。ダブルベッドを処分する際は、料金だけでなく、手間や時間などについても総合的に検討してみてください。